TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022097193
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-30
出願番号2020210636
出願日2020-12-18
発明の名称ワイヤハーネス
出願人住友電装株式会社
代理人個人,個人
主分類H02G 3/04 20060101AFI20220623BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】良好な経路規制と屈曲性とを両立できるワイヤハーネスを提供する。
【解決手段】ワイヤハーネス10は、電線部材と、電線部材の外周を覆う筒状の外装部材30と、外装部材30の外周に取り付けられて外装部材30の経路を規制する経路規制部材40とを備える。外装部材30は、直線状部31と、直線状部31に連なる蛇腹部32とを有し、蛇腹部32は、直線状部31よりも屈曲性に優れている。経路規制部材40は、外装部材30の外周のうち外装部材30の周方向の一部を覆う本体部41と、本体部41における周方向の両端部によって形成され、経路規制部材40の長さ方向と直交する方向に開口するとともに当該長さ方向の全体にわたって延びており、外装部材30が挿入可能に構成された挿入口とを有する。経路規制部材40は、直線状部31に取り付けられている。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
電線部材と、
前記電線部材の外周を覆う筒状の外装部材と、
前記外装部材の外周に取り付けられて前記外装部材の経路を規制する経路規制部材と、を備え、
前記外装部材は、直線状部と、前記直線状部に連なる蛇腹部と、を有し、
前記蛇腹部は、前記直線状部よりも屈曲性に優れており、
前記経路規制部材は、前記外装部材の外周のうち前記外装部材の周方向の一部を覆う本体部と、前記本体部における周方向の両端部によって形成され、前記経路規制部材の長さ方向と直交する方向に開口するとともに当該長さ方向の全体にわたって延びており、前記外装部材が挿入可能に構成された挿入口と、を有し、
前記経路規制部材は、前記直線状部に取り付けられている、
ワイヤハーネス。
続きを表示(約 640 文字)【請求項2】
前記直線状部の外径寸法は、前記蛇腹部の外径寸法よりも小さい、
請求項1に記載のワイヤハーネス。
【請求項3】
前記経路規制部材の長さは、前記直線状部の長さよりも短い、
請求項2に記載のワイヤハーネス。
【請求項4】
前記直線状部に取り付けられた状態における前記経路規制部材の外径寸法は、前記蛇腹部の外径寸法以下である、
請求項3に記載のワイヤハーネス。
【請求項5】
前記本体部の形状は優弧である、
請求項1から請求項4のいずれか1項に記載のワイヤハーネス。
【請求項6】
前記経路規制部材は、前記本体部における周方向の両端部の内面から前記外装部材に向かって突出して前記外装部材の外面に接触する突出部を有している、
請求項5に記載のワイヤハーネス。
【請求項7】
前記直線状部は、前記突出部が嵌まる凹部を有している、
請求項6に記載のワイヤハーネス。
【請求項8】
前記凹部は、2つ設けられている、
請求項7に記載のワイヤハーネス。
【請求項9】
前記凹部は、3つ以上設けられている、
請求項7に記載のワイヤハーネス。
【請求項10】
前記本体部の形状は劣弧である、
請求項1から請求項4のいずれか1項に記載のワイヤハーネス。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、ワイヤハーネスに関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
従来、電線部材の外周を覆う外装部材としての蛇腹状のコルゲートチューブと、コルゲートチューブの周方向の一部を覆うとともに、電線部材が配索される経路を規制する経路規制部材とを備えるワイヤハーネスが知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
特許文献1に記載のワイヤハーネスにおけるコルゲートチューブは、長さ方向に沿って形成されたスリットを有している。経路規制部材は、コルゲートチューブの外周に沿って設けられた経路維持部材と、スリット内に設けられた取付部材とを備えている。取付部材は、スリットの内周側部分と、経路維持部材の外周側部分とにそれぞれ係止可能に構成されている。これらコルゲートチューブ、経路維持部材、及び取付部材がテープ巻きなどによって固定されることにより、電線部材の経路が規制されている。このようなワイヤハーネスでは、経路規制部材が取り付けられた部位では電線部材が曲がらないように経路が規制され、経路規制部材が取り付けられていない部位では電線部材が曲げ易い構成とされる。これにより、例えば、ワイヤハーネスの経路規制部材が取り付けられた部位は、車両に組み付けられた状態で垂れ下がってしまうことを防止できる。また、例えば、ワイヤハーネスの経路規制部材が取り付けられていない部位は、車両に組み付ける際に作業車が自由に曲げて組み付けることが可能となる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2013-55760号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上記のようなワイヤハーネスでは、外装部材が蛇腹状のコルゲートチューブであって、長手方向全体が曲げ易い構成であるため、十分な経路の規制を行うためには、例えば、経路規制部材の厚さを十分に厚くする必要があった。ワイヤハーネスでは、簡素な構成で、部分的に十分な経路の規制を行うことができるとともに、部分的に曲げ易い構成が求められている。
【0006】
本開示の目的は、良好な経路規制と屈曲性とを両立できるワイヤハーネスを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本開示のワイヤハーネスは、電線部材と、前記電線部材の外周を覆う筒状の外装部材と、前記外装部材の外周に取り付けられて前記外装部材の経路を規制する経路規制部材と、を備え、前記外装部材は、直線状部と、前記直線状部に連なる蛇腹部と、を有し、前記蛇腹部は、前記直線状部よりも屈曲性に優れており、前記経路規制部材は、前記外装部材の外周のうち前記外装部材の周方向の一部を覆う本体部と、前記本体部における周方向の両端部によって形成され、前記経路規制部材の長さ方向と直交する方向に開口するとともに当該長さ方向の全体にわたって延びており、前記外装部材が挿入可能に構成された挿入口と、を有し、前記経路規制部材は、前記直線状部に取り付けられている。
【発明の効果】
【0008】
本開示のワイヤハーネスによれば、良好な経路規制と屈曲性とを両立できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
図1は、一実施形態のワイヤハーネスを示す概略構成図である。
図2は、一実施形態のワイヤハーネスの一部を示す側面図である。
図3は、図2の3-3線に沿った断面図である。
図4は、図2の4-4線に沿った断面図である。
図5は、図2の5-5線に沿った断面図である。
図6は、図2の6-6線に沿った断面図である。
図7は、別例のワイヤハーネスを説明するための断面図である。
図8は、別例のワイヤハーネスを説明するための断面図である。
図9は、別例のワイヤハーネスを説明するための断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
[本開示の実施形態の説明]
最初に本開示の実施態様を列記して説明する。
本開示のワイヤハーネスは、
[1]電線部材と、前記電線部材の外周を覆う筒状の外装部材と、前記外装部材の外周に取り付けられて前記外装部材の経路を規制する経路規制部材と、を備え、前記外装部材は、直線状部と、前記直線状部に連なる蛇腹部と、を有し、前記蛇腹部は、前記直線状部よりも屈曲性に優れており、前記経路規制部材は、前記外装部材の外周のうち前記外装部材の周方向の一部を覆う本体部と、前記本体部における周方向の両端部によって形成され、前記経路規制部材の長さ方向と直交する方向に開口するとともに当該長さ方向の全体にわたって延びており、前記外装部材が挿入可能に構成された挿入口と、を有し、前記経路規制部材は、前記直線状部に取り付けられている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
直流モータ
25日前
個人
複合単相モーター
18日前
個人
充放電装置
13日前
エクボ株式会社
磁気浮上装置
4日前
FDK株式会社
電力供給装置
12日前
西芝電機株式会社
充電システム
1日前
トヨタ自動車株式会社
電気機器
18日前
株式会社深松組
太陽光発電装置
4日前
サンデン株式会社
インバータ装置
14日前
株式会社アイシン
ステータ
20日前
株式会社島津製作所
高周波電源装置
7日前
三菱電機株式会社
ガス絶縁開閉装置
今日
株式会社GSユアサ
電源装置
15日前
大都技研株式会社
自立移動電源装置
21日前
古河樹脂加工株式会社
配線ボックス
20日前
河村電器産業株式会社
輪番充電装置
6日前
株式会社豊田自動織機
回転電機
13日前
個人
自動充電型携帯端末
20日前
株式会社豊田自動織機
回転電機
13日前
FDK株式会社
蓄電装置及び電子機器
11日前
株式会社永木精機
掴線器
今日
株式会社ダイヘン
電圧調整装置
4日前
東西商事株式会社
可搬型非常用蓄電池
18日前
個人
温度変化抑制装置および自走式車両
19日前
日本ケーブル株式会社
索道設備の電力供給装置
12日前
中国電力株式会社
架空線用着雪防止装置
22日前
住友電装株式会社
ワイヤハーネス
11日前
寶トク科技股フン有限公司
マウスパッド
今日
住友電装株式会社
ワイヤハーネス
13日前
株式会社今仙電機製作所
電源システム
6日前
オムロン株式会社
太陽光発電システム
6日前
株式会社今仙電機製作所
電源システム
6日前
トヨタ自動車株式会社
車両用回転電機
15日前
株式会社デンソー
電力変換装置
26日前
株式会社デンソー
電力変換装置
6日前
ミネベアミツミ株式会社
ステッピングモータ
14日前
続きを見る