TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022097100
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-30
出願番号2020210492
出願日2020-12-18
発明の名称電気コネクタ
出願人SMK株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類H01R 12/77 20110101AFI20220623BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】フレキシブル基板に反りが発生した場合であっても、プラグをソケットに挿入して嵌合する際の挿入力の増大を抑制すること。
【解決手段】電気コネクタ1は、FFC100を保持するプラグ6と、プラグ6と嵌合するソケット2と、を有する。ソケット2は、プラグ6と嵌合する嵌合凹部31と、嵌合凹部31に突出すると共にFFC100に対向する対向面321を有する突出部32と、を備える絶縁ハウジング3と、対向面321よりFFC100との対向方向に突出してFFC100の導電部102に接続する接続部41と、絶縁性ハウシング3より外部に突出する端子部42と、を備え、絶縁ハウジング3に保持される導電性コンタクト4と、を有する。突出部32は、対向面321の嵌合凹部31の開放端部31a側に対向面321より対向方向に突出するリブ323を備える。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
板状のフレキシブル基板を保持するプラグと、前記プラグと嵌合するソケットと、を有する電気コネクタであって、
前記ソケットは、
前記プラグと嵌合する第1の嵌合凹部と、前記第1の嵌合凹部に突出すると共に前記フレキシブル基板に対向する対向面を有する突出部と、を備える絶縁性の第1のハウジングと、
前記対向面より前記フレキシブル基板との対向方向に突出して前記フレキシブル基板の導電部に接続する接続部と、前記第1のハウシングより外部に突出する端子部と、を備え、前記第1のハウジングに保持される導電性のコンタクトと、
を有し、
前記突出部は、
前記対向面の前記第1の嵌合凹部の第1の開放端部側に前記対向面より前記対向方向に突出するリブを備える、
ことを特徴とする電気コネクタ。
続きを表示(約 760 文字)【請求項2】
前記プラグは、
前記突出部と嵌合すると共に前記対向面と対向する位置に前記フレキシブル基板を露出させる第2の嵌合凹部と、前記フレキシブル基板の前記対向面と対向する対向部の幅方向の両端部を支持する支持部と、を備える絶縁性の第2のハウジングを有し、
前記リブは、
前記突出部の前記幅方向の中央部に設けられる、
ことを特徴とする請求項1記載の電気コネクタ。
【請求項3】
前記対向面は、
前記突出部の突出方向の先端部において前記突出方向に向けて前記突出部の上下方向の幅が徐々に小さくなるように傾斜する傾斜面を備え、
前記リブは、
前記傾斜面に設けられる、
ことを特徴とする請求項1又は請求項2記載の電気コネクタ。
【請求項4】
前記リブは、
前記接続部よりも前記第1の開放端部側に設けられる、
ことを特徴とする請求項1から請求項3のいずれかに記載の電気コネクタ。
【請求項5】
前記プラグは、
前記突出部と嵌合すると共に前記対向面と対向する位置に前記フレキシブル基板を露出させる第2の嵌合凹部と、前記第2の嵌合凹部の第2の開放端部側に設けられて前記リブと係合する係合溝と、を備える絶縁性の第2のハウジングを有する、
ことを特徴とする請求項1記載の電気コネクタ。
【請求項6】
前記第2のハウジングは、
前記第2の嵌合凹部に設けられると共に前記フレキシブル基板の前記第2の開放端部への移動を規制する規制部を備え、
前記係合溝は、
前記規制部を切り欠いて設けられる、
ことを特徴とする請求項5記載の電気コネクタ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、板状のフレキシブル基板を保持するプラグと、プラグと嵌合するソケットと、を有する電気コネクタに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、FPC(Flexible printed circuits)又はFFC(Flexible Flat Cable)等の板状のフレキシブル基板を回路基板に接続する電気コネクタが知られている。このような電気コネクタとしては、フレキシブル基板と導電性コンタクトとの接続部に異物等が混入して接続不良とならないように、フレキシブル基板を保持したプラグを、導電性コンタクを有するソケットに嵌合することにより、フレキシブル基板の導電部と導電性コンタクトとを接続する構成を有するものがある。特に、車両に搭載される電気コネクタは、このような構成を有することが多い。
【0003】
このような状況において、特許文献1は、FFCを挿入固定したFFC用挿入ガイドを、FFC用コネクタに挿入して、FFCとFFC用コネクタとを電気的に接続させる電気コネクタを開示している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2006-85989号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、特許文献1においては、種々の要因によってFFCに反りが発生した場合に、FFCを挿入固定したFFC用挿入ガイドをFFC用コネクタに挿入して嵌合する際に、反ったFFCがFFC用コネクタの嵌合面に摺接して挿入力が増大し、FFCの摩耗が促進されてしまうという課題を有する。
【0006】
本発明の目的は、フレキシブル基板に反りが発生した場合であっても、プラグをソケットに挿入して嵌合する際の挿入力の増大を抑制することができる電気コネクタを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明に係る電気コネクタは、板状のフレキシブル基板を保持するプラグと、前記プラグと嵌合するソケットと、を有する電気コネクタであって、前記ソケットは、前記プラグと嵌合する第1の嵌合凹部と、前記第1の嵌合凹部に突出すると共に前記フレキシブル基板に対向する対向面を有する突出部と、を備える絶縁性の第1のハウジングと、前記対向面より前記フレキシブル基板との対向方向に突出して前記フレキシブル基板の導電部に接続する接続部と、前記第1のハウシングより外部に突出する端子部と、を備え、前記第1のハウジングに保持される導電性のコンタクトと、を有し、前記突出部は、前記対向面の前記第1の嵌合凹部の第1の開放端部側に前記対向面より前記対向方向に突出するリブを備える。
【0008】
プラグとソケットとを嵌合する際にリブによってフレキシブル基板を対向方向に押圧することにより、フレキシブル基板に反りを生じた場合であっても、フレキシブル基板と突出部の対向面とが摺接することに伴うプラグをソケットに挿入して嵌合する際の挿入圧を低減する。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、フレキシブル基板に反りが発生した場合であっても、プラグをソケットに挿入して嵌合する際の挿入力の増大を抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明の実施形態に係る電気コネクタの斜視図である。
図1のA-A断面図である。
本発明の実施形態に係る電気コネクタのソケットの斜視図である。
本発明の実施形態に係る電気コネクタのソケットの正面図である。
図4のB-B断面図である。
図4のC-C断面図である。
本発明の実施形態に係る電気コネクタのプラグの斜視図である。
本発明の実施形態に係る電気コネクタのプラグの平面図である。
本発明の実施形態に係る電気コネクタのプラグの背面図である。
本発明の実施形態に係る電気コネクタのプラグの正面図である。
図8のD-D断面図である。
図10のE-E断面図である。
本発明の実施形態に係る電気コネクタのプラグの一部の拡大断面図である。
本発明の実施形態に係る電気コネクタに接続されるフレキシブル基板の斜視図である。
本発明の実施形態に係る電気コネクタのソケットとプラグとの嵌合開始時及び嵌合中の状態を示す図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本電気株式会社
発振器
7日前
オムロン株式会社
端子台
18日前
日立金属株式会社
絶縁トランス
7日前
日本電気株式会社
発振器
7日前
三菱製紙株式会社
熱伝導性シート
13日前
エイブリック株式会社
半導体装置
11日前
日立金属株式会社
非可逆回路素子
7日前
株式会社大真空
発光装置のリッド
14日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
12日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
6日前
株式会社フジクラ
レーザ装置
1日前
イビデン株式会社
モジュール
1日前
株式会社日本製鋼所
給電装置
11日前
IDEC株式会社
安全スイッチ
13日前
日亜化学工業株式会社
発光装置
14日前
太陽誘電株式会社
キャパシタ部品
今日
トヨタ自動車株式会社
コンセント
15日前
株式会社コロナ
静電容量型操作スイッチ
1日前
ローム株式会社
半導体装置
1日前
東レエンジニアリング株式会社
転写装置
7日前
株式会社東京精密
テープ貼付装置
1日前
国立大学法人富山大学
アンテナ装置
4日前
株式会社ヨコオ
車載用アンテナ装置
12日前
富士電機株式会社
半導体装置
13日前
三菱電機株式会社
半導体パッケージ
1日前
富士電機株式会社
半導体装置
1日前
株式会社共和電業
無線通信端末装置
今日
トヨタ自動車株式会社
コンセント装置
8日前
ミネベアミツミ株式会社
操作入力装置
6日前
旭化成株式会社
紫外線照射装置
12日前
キヤノン株式会社
光電変換素子
18日前
旭化成株式会社
紫外線発光素子
6日前
TDK株式会社
電子部品
4日前
AGC株式会社
車両用窓ガラス
13日前
ヤーマン株式会社
接続装置
18日前
株式会社デンソー
電気機器
7日前
続きを見る