TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022096171
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-29
出願番号2020209122
出願日2020-12-17
発明の名称車両
出願人トヨタ自動車株式会社
代理人個人
主分類B60R 16/02 20060101AFI20220622BHJP(車両一般)
要約【課題】 衝突時に電気コネクタ同士の接続が外れることを抑制することができる車両を提供する。
【解決手段】 車両は、フロントコンパートメント内に装置が搭載された車両において、第1電気ケーブルの端部に設けられ、前記車両の正面視における前記装置の背面に固定された第1電気コネクタと、第2電気ケーブルの端部に設けられ、前記第1電気コネクタに接続された第2電気コネクタと、前記第2電気コネクタに連結し、前記第2電気ケーブルの配線方向を規制する規制部材と、前記車両の正面視における前記規制部材の後方に配置されたカウルと、前記第1電気コネクタを前記装置の背面に固定する固定部とを有し、前記固定部は、前記規制部材が前記カウルにより前記車両の前方に押し出されたとき、前記第1電気コネクタに繋がる第1部分、及び前記装置の背面に繋がる第2部分に分離する。
【選択図】図5

特許請求の範囲【請求項1】
フロントコンパートメント内に装置が搭載された車両において、
第1電気ケーブルの端部に設けられ、前記車両の正面視における前記装置の背面に固定された第1電気コネクタと、
第2電気ケーブルの端部に設けられ、前記第1電気コネクタに接続された第2電気コネクタと、
前記第2電気コネクタに連結し、前記第2電気ケーブルの配線方向を規制する規制部材と、
前記車両の正面視における前記規制部材の後方に配置されたカウルと、
前記第1電気コネクタを前記装置の背面に固定する固定部とを有し、
前記固定部は、前記規制部材が前記カウルにより前記車両の前方に押し出されたとき、前記第1電気コネクタに繋がる第1部分、及び前記装置の背面に繋がる第2部分に分離する、
車両。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、車両に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
例えばプラグインハイブリッド車(PHV: Plug-in Hybrid Vehicle)や電気自動車のフロントコンパートメントには、パワーコントロールユニット(PCU: Power Control Unit)が搭載されている。PCUは、インバータ及びコンバータなどの車両の電気系統の装置を収容する。
【0003】
PCUに関し、例えば特許文献1には、PCUの上部のコネクタが車両の衝突時に他の構造物と接触して破損し、高電圧の端子が露出することを抑制する点が記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2019-111982号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
例えばバッテリからエアコンディショナに電力を供給する電源ケーブルは、車両の生産工程を効率化するため、車両の正面視におけるPCUの背面上で互いに接続された一対の電気コネクタを介して配線される。一方の電気コネクタは、例えばブラケットを介してPCUの背面にねじ止めされているが、他方の電気コネクタは、PCUに固定されておらず、ケーブルの配線方向を規制するプロテクタに連結されている。
【0006】
車両の正面視におけるプロテクタの後方には、車幅方向に広がるカウルが配置されている。このため、車両の衝突時、PCUが衝撃で車両の後方に移動すると、プロテクタにカウルが接触することにより電気コネクタ同士の接続が外れて電気ケーブルの端子が露出するおそれがある。
【0007】
そこで本発明は上記の課題に鑑みてなされたものであり、衝突時に電気コネクタ同士の接続が外れることを抑制することができる車両を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本明細書に記載の車両は、フロントコンパートメント内に装置が搭載された車両において、第1電気ケーブルの端部に設けられ、前記車両の正面視における前記装置の背面に固定された第1電気コネクタと、第2電気ケーブルの端部に設けられ、前記第1電気コネクタに接続された第2電気コネクタと、前記第2電気コネクタに連結し、前記第2電気ケーブルの配線方向を規制する規制部材と、前記車両の正面視における前記規制部材の後方に配置されたカウルと、前記第1電気コネクタを前記装置の背面に固定する固定部とを有し、前記固定部は、前記規制部材が前記カウルにより前記車両の前方に押し出されたとき、前記第1電気コネクタに繋がる第1部分、及び前記装置の背面に繋がる第2部分に分離する。
【発明の効果】
【0009】
そこで本発明は上記の課題に鑑みてなされたものであり、衝突時に電気コネクタ同士の接続が外れることを抑制することができる車両を提供することを目的とする。
【図面の簡単な説明】
【0010】
比較例の車両のフロントコンパートメント90内の構成を示す側面図である。
比較例におけるPCUの背面を示す図である。
比較例の車両の前方で衝突が発生した場合のフロントコンパートメント内の構成を示す側面図である。
実施例におけるPCUの背面を示す図である。
実施例の車両の前方で衝突が発生した場合のフロントコンパートメント内の一対のブラケットの分離の様子を示す側面図である。
上部プロテクタに溝部を設けた場合のPCUの背面を示す図である。
車両の前方で衝突が発生した場合のフロントコンパートメント90内の上部プロテクタの分離の様子を示す側面図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
駆動力分配装置
2か月前
個人
タイヤ滑り止め装置
1か月前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
井関農機株式会社
制御装置
1か月前
日本化薬株式会社
ガス発生器
10日前
マツダ株式会社
車両制御装置
1か月前
個人
ヨーモーメント制御方法
3日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
13日前
株式会社辰巳菱機
電動車両
27日前
井関農機株式会社
作業車両
25日前
株式会社FUJI
搬送台車
13日前
日本精機株式会社
車両用報知装置
2か月前
個人
燃料発電蓄電池電気車両
17日前
日本化薬株式会社
ガス発生器
1か月前
豊田合成株式会社
エアバッグ
1か月前
株式会社高知丸高
水陸両用車
24日前
株式会社日新
移動用家屋構造
1か月前
日本化薬株式会社
ガス発生器
1か月前
エムケー精工株式会社
車両処理装置
18日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
ダイハツ工業株式会社
制御装置
26日前
マツダ株式会社
車両用操作装置
1か月前
マツダ株式会社
車両用操作装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
極東開発工業株式会社
荷役車両
2か月前
ダイハツ工業株式会社
制御装置
1か月前
有限会社古賀設計
キャスターストッパ
1か月前
マツダ株式会社
車両用操作装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
株式会社森山鉄工
キャスター装置
1か月前
川崎重工業株式会社
走行車
1か月前
株式会社JVCケンウッド
車載器
25日前
豊田合成株式会社
エアバッグ装置
1か月前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
続きを見る