TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022095158
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-28
出願番号2020208318
出願日2020-12-16
発明の名称画像形成装置
出願人沖電気工業株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/08 20060101AFI20220621BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】画像品位を保ちつつ現像剤の詰まりを抑制する。
【解決手段】画像形成装置201は、トナーを収容するトナー収容部20を有する画像形成ユニット12と、トナーを貯蔵し排出口から排出するトナーカートリッジ13と、排出口からトナー収容部20に向かってトナーが内部を通過するトナー供給接続部26と、トナー供給接続部26の少なくとも一部に振動を与える上下動機構28と、次の印刷に必要な推定トナー消費量を見積もるデータ解析部34と、上下動機構28を制御する装置制御部230とを設け、装置制御部230は、推定トナー消費量の値がトナー消費量閾値61以上になるとき上下動機構28を作動させる。
【選択図】図12


特許請求の範囲【請求項1】
現像剤を収容する現像剤収容部を有する画像形成ユニットと、
前記現像剤を貯蔵し排出口から排出する現像剤貯蔵部と、
前記排出口から前記現像剤収容部に向かって前記現像剤が内部を通過する現像剤供給接続部と
前記現像剤供給接続部の少なくとも一部に振動を与える振動付与機構と、
次の印刷に必要な推定現像剤消費量を見積もる現像剤消費量見積手段と、
前記振動付与機構を制御する制御部と
を有し、
前記制御部は、
前記推定現像剤消費量の値が閾値以上になるとき前記振動付与機構を作動させる
ことを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記現像剤貯蔵部は、前記画像形成装置に対して着脱可能な現像剤カートリッジであり、
前記現像剤カートリッジの装着を検知する現像剤カートリッジ装着検出手段をさらに有し、
前記制御部は、
前記現像剤カートリッジ装着検出手段によって装着が確認された後の印刷前に、前記振動付与機構を作動させる
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前回の前記現像剤貯蔵部から前記現像剤収容部への現像剤供給からの経過時間を記憶する経過時間算出手段をさらに有し、
前記制御部は、
前記経過時間が閾値以上であることを検知した場合に、印刷後に前記振動付与機構を作動させる
ことを特徴とする請求項1又は請求項2の何れかに記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記振動付与機構は、
前記画像形成ユニットを画像形成位置から非画像形成位置に移動させる移動機構であり、
前記制御部は、前記移動機構を作動させることで前記現像剤供給接続部に振動を与える
ことを特徴とする請求項1乃至請求項3の何れかに記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記移動機構は、
前記画像形成ユニットを上下に移動させて転写部材と像担持体とを離接させる機構である
ことを特徴とする請求項4に記載の画像形成装置。
【請求項6】
温度又は湿度の少なくとも何れか一方を検知する環境情報検知部をさらに有し、
前記温度又は前記湿度の少なくとも何れか一方の値において、所定の第1の値における前記振動付与機構を作動させる第1の時間と、前記第1の値よりも大きい第2の値における前記振動付与機構を作動させる、前記第1の時間以上である第2の時間とを有する
ことを特徴とする請求項1乃至請求項5の何れかに記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記現像剤供給接続部は、
内部で前記現像剤を通過させる第1の部材と
前記第1の部材の外形よりも大きい内形である第2の部材とを有し、
前記第2の部材は前記第1の部材に挿通され、
前記振動付与機構に伴って、前記第1の部材又は前記第2の部材の少なくとも何れか一方が移動することで、前記現像剤供給接続部に振動を与える
ことを特徴とする請求項1乃至請求項6の何れかに記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記現像剤供給接続部は、
上部から下部へ向かって前記現像剤が通過する
ことを特徴とする請求項1乃至請求項7の何れかに記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は画像形成装置に関し、例えば電子写真方式のプリンタに適用して好適なものである。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
従来、プリンタ、複写機、ファクシミリ装置や複合機等の電子写真プロセスを用いた画像形成装置においては、画像形成装置に対し着脱可能な現像剤貯蔵部と、現像剤を現像剤貯蔵部から画像形成ユニットに搬送するための搬送経路と、搬送経路に振動を与えることにより搬送経路における現像剤の詰まりを抑制する振動付与手段とを有する画像形成装置が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2017-58434号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、そのような画像形成装置においては、印刷動作途中に振動を加える場合があり、画像形成ユニットへ振動が伝わり画像品位を損なう可能性がある。したがって、画像品位を保ちつつ現像剤の詰まりを抑制することが求められている。
【0005】
本発明は以上の点を考慮してなされたもので、画像品位を保ちつつ現像剤の詰まりを抑制し得る画像形成装置を提案しようとするものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
かかる課題を解決するため本発明の画像形成装置においては、現像剤を収容する現像剤収容部を有する画像形成ユニットと、現像剤を貯蔵し排出口から排出する現像剤貯蔵部と、排出口から現像剤収容部に向かって現像剤が内部を通過する現像剤供給接続部と現像剤供給接続部の少なくとも一部に振動を与える振動付与機構と、次の印刷に必要な推定現像剤消費量を見積もる現像剤消費量見積手段と、振動付与機構を制御する制御部とを設け、制御部は、推定現像剤消費量の値が閾値以上になるとき振動付与機構を作動させるようにした。
【0007】
本発明は、現像剤貯蔵部から画像形成ユニットへの現像剤供給量が多くなることが予想されるときに、印刷動作前に予め振動付与機構を作動させることで現像剤供給接続部に振動を与えることにより現像剤供給接続部の内壁面に付着した現像剤をゆすり落とし、現像剤が詰まりにくい状況を作り出すことで、印刷動作途中に現像剤の詰まりを解消するための動作が必要になる機会を低減できる。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、画像品位を保ちつつ現像剤の詰まりを抑制し得る画像形成装置を実現できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
第1、第2及び第4の実施の形態による画像形成装置の構成を示す左側面図である。
画像形成ユニットの構成を示す左側面図である。
トナー供給接続部の構成を示し、(A)は前後方向に沿った断面図、(B)は(A)におけるA-A矢視断面図である。
上下動機構及び画像形成ユニットの上下動を示す左側面図である。
第1の実施の形態による画像形成装置の制御構成を示すブロック図である。
第1の実施の形態によるトナー詰まり解消処理手順を示すフローチャートである。
第2の実施の形態による画像形成装置の制御構成を示すブロック図である。
解消判定テーブルを示すブロック図である。
第2の実施の形態によるトナー詰まり解消処理手順を示すフローチャートである。
第3の実施の形態による画像形成装置の構成を示す左側面図である。
第3の実施の形態による画像形成装置の制御構成を示すブロック図である。
第3の実施の形態によるトナー詰まり解消処理手順を示すフローチャートである。
第3の実施の形態による新品交換検出フラグ処理手順を示すフローチャートである。
第4の実施の形態による画像形成装置の制御構成を示すブロック図である。
第4の実施の形態によるトナー詰まり解消処理手順を示すフローチャートである。
第4の実施の形態によるトナー供給処理手順を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、発明を実施するための形態(以下実施の形態とする)について、図面を用いて説明する。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社リコー
画像形成装置
16日前
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
13日前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
三菱製紙株式会社
レジストの形成方法
1か月前
日本電産株式会社
光学ユニット
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
25日前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
株式会社ニコン
露光装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
日産自動車株式会社
表示装置
1か月前
凸版印刷株式会社
露光装置および露光方法
1か月前
キヤノン株式会社
磁性トナー
13日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
26日前
ブラザー工業株式会社
ドラムカートリッジ
1か月前
ブラザー工業株式会社
ドラムカートリッジ
11日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
三菱製紙株式会社
レジストパターンの形成方法
1か月前
キヤノン株式会社
トナー製造方法
1か月前
ブラザー工業株式会社
現像カートリッジ
4日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー搬送装置
1か月前
続きを見る