TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022094963
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-27
出願番号2021205546
出願日2021-11-30
発明の名称発電機及び電動機
出願人個人
代理人
主分類H02K 21/24 20060101AFI20220620BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】基本的な発電機及び電動機は、磁石と有芯コイルが交差する事を利用するが、これで発生する引力の抵抗を除去する。
【解決手段】磁石3を円周に等間隔で複数取り付けたロータ1と、磁石と同数の有芯コイル4を配置するステータ2を有する発電機及び電動機にあって、ロータの円周に、磁石と同じ放射線上に同数の打消し用第1磁石5を配置する。ロータに対峙する、ステータに有芯コイルと同じ数の打消し用第2磁石6を配置する。発電機及び電動機で発生し抵抗となる引力に、相応する斥力を作る仕組みを組み込み、必然とみなされる引力の抵抗を除去する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
回転軸で回転する、磁石を円周に等間隔で複数取り付けたロータと、前記磁石と同数の有芯コイルを配置するステータを有する発電機及び電動機にあって、
前記ロータの円周に、前記磁石と同じ放射線上に同数の打消し用第1磁石を配置する前記ロータに対峙する、前記ステータに前記有芯コイルと同じ数の打消し用第2磁石と、を有するか、
または、別に用意した、前記ロータと同じ軸上に、前記磁石と同期する同数の前記打消し用第1磁石を配置した前記打消し用ロータと、その前記打消し用ロータに対峙する前記打消し用第2磁石を配置した、前記打消し用ステータを持つ発電機及び電動機。
続きを表示(約 130 文字)【請求項2】
回転軸を共有する、有芯コイルと打消し用第1磁石とを同心で同じ円周上に等間隔で交互に配置したステータと、それに対峙する、前記有芯コイルと前記打消し用第1磁石とを合計した数の引力斥力兼用磁石を円周上に配置したロータを持つ発電機及び電動機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、発電機及び電動機に関するものです。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
磁石を利用する発電及び電動機で固定子に有芯コイルを配置し、それに対峙する同数の磁石を持つロータを回す発電または電動機は効率が良いとされるが、引力の抵抗が大きい。
【0003】
特許文献1には回転軸で回転する、発電用磁石を回転周辺に複数取り付けた発電用ロータと、その発電用ロータの前記発電用磁石に対座して、複数の有芯コイルを配置した発電用ステータを有する発電方法が提案されている。
【先行技術文献】
【0004】
特開2009-72010公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
有芯コイルに磁石を反応させる発電機及び電動機は、引力の抵抗が効率低下を招くくは必然と見なされるが、膨大なエネルギーの浪費を低減すること。
【発明を解決するための手段】
【0006】
本発明は、上記の課題を解決するために、下記発電機及び電動機を提案する。
(1)回転軸で回転する、磁石を円周に等間隔で複数取り付けたロータと、前記磁石と同数の有芯コイルを配置するステータを有する発電機及び電動機にあって、前記ロータの円周に、前記磁石と同じ放射線上に同数の打消し用第1磁石を配置する前記ロータに対峙する、前記ステータに前記有芯コイルと同じ数の打消し用第2磁石と、を有すするか、または、別に用意した、前記ロータと同じ軸上に、前記磁石と同期する同数の前記打消し用第1磁石を配置した前記打消し用ロータと、その前記打消し用ロータに対峙する前記打消し用第2磁石を配置した、前記打消し用ステータを持つ発電機及び電動機。
(2)回転軸を共有する、有芯コイルと打消し用第1磁石とを同心で同じ円周上に等間隔で交互に配置したステータと、それに対峙する、前記有芯コイルと前記打消し用第1磁石とを合計した数の引力斥力兼用磁石を円周上に配置したロータと、を持つ発電機及び電動機。
【発明の効果】
【0007】
本発明は、有芯コイルに永久磁石を作用させる発電機及び電動機で起こる、引力による効率の低下を阻止し、エネルギーはじめ、数多くの問題解決に対応する。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明の一部断面を含む鳥瞰図です。
図1のa-a‘位置の断面を表す図です。
本発明の図1のアキシャル型ステータの立面図を表す。
図3のステータに対峙するロータの立面図を表す。
図1の中心部にある斥力発生装置部分を外部に配置した断面図です。
図5にあるアキシャル型斥力発生装置をラジアル型にした立面図です。
図1と機能が同じでラジアル形の斜視図です。
図7の中心部を表す立面図です。
図1の斥力発生磁石と有芯コイルを同じ円周上に配置し、現実に近い形状で表現にしたアキシャル型ステータの立面図です。
図9のステータに対峙するロータの立面図です。
図1~図6までの構造の装置が作る引力と斥力の説明図です。
図7~図10までの構造の装置が作る引力と斥力の説明図です。
【発明を実施するための形態】
【0009】
図1はロータ1の円周付近で、回転軸9の中心から等距離に磁石3を等間隔に配置、また同芯の内円上に打消し用第1磁石5を等間隔に配置し、それと回転軸9を共有し並列するステータ2には回転軸9の中心から等距離の外側円周上に有芯コイル4と、内側の円周上には斥力を生む打消し用第2磁石5に対峙する磁石3と、を配置した発電機及び電動機を表す、一部断面を含む鳥瞰図です。
【0010】
図2は図1のa-a‘断面図で、図3はステータ2の立面図で、外周部は有芯コイル4を、内側円部には斥力を生む打消し用第2磁石5を等間隔に配置したものです。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
充放電装置
13日前
個人
複合単相モーター
18日前
エクボ株式会社
磁気浮上装置
4日前
FDK株式会社
電力供給装置
12日前
トヨタ自動車株式会社
電気機器
18日前
西芝電機株式会社
充電システム
1日前
株式会社深松組
太陽光発電装置
4日前
サンデン株式会社
インバータ装置
14日前
株式会社アイシン
ステータ
20日前
古河樹脂加工株式会社
配線ボックス
20日前
株式会社GSユアサ
電源装置
15日前
大都技研株式会社
自立移動電源装置
21日前
株式会社島津製作所
高周波電源装置
7日前
河村電器産業株式会社
輪番充電装置
6日前
三菱電機株式会社
ガス絶縁開閉装置
今日
個人
自動充電型携帯端末
20日前
株式会社ダイヘン
電圧調整装置
4日前
株式会社豊田自動織機
回転電機
13日前
株式会社豊田自動織機
回転電機
13日前
東西商事株式会社
可搬型非常用蓄電池
18日前
株式会社永木精機
掴線器
今日
FDK株式会社
蓄電装置及び電子機器
11日前
寶トク科技股フン有限公司
マウスパッド
今日
個人
温度変化抑制装置および自走式車両
19日前
住友電装株式会社
ワイヤハーネス
13日前
日本ケーブル株式会社
索道設備の電力供給装置
12日前
住友電装株式会社
ワイヤハーネス
11日前
住友重機械工業株式会社
電力変換装置
20日前
オムロン株式会社
太陽光発電システム
6日前
ミネベアミツミ株式会社
ステッピングモータ
14日前
トヨタ自動車株式会社
車両用回転電機
15日前
株式会社今仙電機製作所
電源システム
6日前
株式会社デンソー
電力変換装置
6日前
株式会社今仙電機製作所
電源システム
6日前
株式会社デンソー
電力分配装置
18日前
キヤノン株式会社
振動波駆動装置
8日前
続きを見る