TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022094941
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-27
出願番号2021198661
出願日2021-12-07
発明の名称文字入力方法、文字入力プログラム、及び文字入力装置
出願人個人
代理人
主分類G06F 3/023 20060101AFI20220620BHJP(計算;計数)
要約【課題】キーボードなどの文字入力装置を用いた文字入力では、入力に使用するキーが多く、また、遠く離れた位置に指を移動してキーを打つ必要がある。このため、キーを打鍵しにくく、また文字入力に時間を要した。
【解決手段】文字入力方法は、属性情報と当該属性情報に対応した詳細情報を含む群情報を文字入力装置の文字キーに割り付ける情報割付工程と、属性情報が割り付けられた第1文字キーを押下して、表示装置の所定領域に群情報を表示させる情報表示工程と、前記第1文字キーを操作して、群情報を表示させながら、選択する詳細情報が表示された方向に位置情報入力装置を操作させて、群情報の一つを選択する情報選択工程とを備える。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
属性情報と当該属性情報に対応した詳細情報を含む群情報を文字入力装置の文字キーに割り付ける情報割付工程と、
属性情報が割り付けられた第1文字キーを押下して、表示装置の所定領域に群情報を表示させる情報表示工程と、
前記第1文字キーを操作して、群情報を表示させながら、選択する詳細情報が表示された方向に位置情報入力装置を操作させて、群情報の一つを選択する情報選択工程と、を備えることを特徴とする文字入力方法。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記第1文字キーが解放されたときに、選択した群情報が決定される群情報決定工程を、さらに備えることを特徴とする請求項1に記載の文字入力方法。
【請求項3】
前記情報選択工程において、群情報の一つを選択する際に、位置情報入力装置を操作するごとに表示された詳細情報の領域が移動するように構成されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の文字入力方法。
【請求項4】
前記情報割付工程は、前記属性情報を文字入力装置の文字キーに割り付ける属性情報割付工程と、前記属性情報を割り付けた文字キーに対応させた詳細情報を割り付ける詳細情報割付工程とを有することを特徴とする請求項1~3のいずれか一項に記載の文字入力方法。
【請求項5】
属性情報と当該属性情報に対応した詳細情報を含む群情報を文字入力装置の文字キーに割り付ける情報割付処理と、
属性情報が割り付けられた第1文字キーを押下して、表示装置の所定領域に群情報を表示させる情報表示処理と、
前記第1文字キーを操作して、群情報を表示させながら、選択する詳細情報が表示された方向に位置情報入力装置を操作させて、群情報の一つを選択する情報選択処理と、を実行する文字入力プログラム。
【請求項6】
前記第1文字キーが解放されたときに、選択した群情報が決定される群情報決定処理を、さらに含むことを特徴とする請求項5に記載の文字入力プログラム。
【請求項7】
文字入力装置の文字キーに割り付けられる属性情報と当該属性情報に対応した詳細情報を含む群情報を保存する記憶装置と、
所定領域に上記群情報を表示させるための表示装置と、
群情報の中から所定の属性情報または詳細情報を選択する演算部と、を備え、
文字入力制御装置の第1文字キーを押したときに、上記の記憶装置から群情報を読み出して、群情報を表示装置に表示すると共に、選択する詳細情報が表示された方向に位置情報入力装置を操作することで、群情報の一つを選択するように構成されたことを特徴とする文字入力装置。
【請求項8】
群情報の一つを選択する際に、位置情報入力装置を操作するごとに表示された詳細情報の領域が移動するように構成されていることを特徴とする請求項7に記載の文字入力装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、文字入力方法、文字入力プログラム、及び文字入力装置に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
従前より、日本語のかな入力方法には、かな文字入力、ローマ字入力、トグル入力、フリック入力が知られている。
また、かなを漢字に変換する際には、スペースキーを連続して打鍵し、かなの読みに対応する漢字を選択する方法が知られている。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
かな文字入力は、かな文字をその表記のまま打つ事ができる利点があるが、40以上のキーを使用するためキーの配列を記憶・習得するのに時間がかかる、かながキーボードの4段に配列されているため、いわゆるホームポジションから遠く離れた位置に指を移動してキーを打たなければならず、キーを打鍵しにくいというデメリットがあった。
【0004】
一方ローマ字入力では、ユーザが頭の中でかな文字をローマ字表記に変換して入力をしなければならないため入力の際に負荷がかかる、ひとつのかな文字を打つのに複数のキーを打鍵しなければならず面倒である、ローマ字表記を記憶していない幼年の児童などにとっては使用できない、かな文字入力よりは少ないとはいえ20以上のキーを使用するため、キーの配列を記憶・習得するのに時間がかかるというデメリットがあった。
【0005】
また従前より、トグル入力と呼ばれる入力方法が知られている。トグル入力とは、文字入力方法のうち、ひとつのキーに複数の文字が割り当てられており、キーを連打することで入力対象となる文字を切り替える方法である。同方法では、キーの数が相対的に少なく配列を覚えやすいというメリットはあるものの、1つの数字キーに複数の文字が割り当てられ、あいうえお順に打鍵した回数で選択する方法が一般的に用いられているので、例えば、あ行の「お」のような5段目に配置された文字を選択する場合には5回の打鍵が必要となり、目的の文字に到達するまでの打鍵動作の回数が多くなる。また、かな50音の同じ行に属する文字を連続して入力する際にはその都度[→]キーを打鍵しなければならず、文字入力に多くの時間を要するというデメリットがあった。
【0006】
また従前より、フリック入力と呼ばれる入力方法が知られている。フリック入力とは、タッチパッド上にテンキー状に配置された各行のあ段(あかさたなはまやらわ)のかなの周囲に、十字型等の形に、他のい段・う段・え段・お段の4段のかなが潜在的に配置され、あ段のかなのキーを押しつつ目的の文字の方向に指をスライドさせることで、文字を入力する方法である。フリック入力では、キーの数が少なく配列を覚えやすいというメリットはあるものの、押圧の起点と終点をそれぞれ一定の狭く限定された範囲内に納めなければならないため、正確な範囲に起点と終点を定める運指が求められ、入力が面倒であるというデメリットがあった。
【0007】
また従前、日本語のかなを漢字に変換する際、変換候補が表示部4のウィンドウ上に下向きに一列に直線状に並んで表示された候補のうちから、ユーザがスペースキーを連絡して打鍵して選択する方法が主流であったが、下向きに一列に直線状に並んで表示されているため一覧性に欠け、目的の文字がなかなか表示されない、スペースキーを連絡して打鍵して選択する方法であるため、目的の文字に到達するまでの打鍵の動作の回数が多くなる、といった欠点があった。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明に係る文字入力方法は、属性情報と当該属性情報に対応した詳細情報を含む群情報を文字入力装置の文字キーに割り付ける情報割付工程と、属性情報が割り付けられた第1文字キーを押下して、表示装置の所定領域に群情報を表示させる情報表示工程と、前記第1文字キーを操作して、群情報を表示させながら、選択する詳細情報が表示された方向に位置情報入力装置を操作させて、群情報の一つを選択する情報選択工程と、を備えることを特徴とする。
【0009】
本発明に係る文字入力方法では、かな入力、ローマ字入力に比べて相対的にキーボード上の少数のキーの使用で入力することができる。また、トグル入力に比べて相対的に文字入力に必要なキーの打鍵回数が少なくて済む、また、フリック入力のようなタッチパネル上の特定の狭い範囲への指の移動を要求されず、相対的に単純な指の動作で文字入力ができる。
【0010】
また、本発明に係る文字入力方法は、前記第1文字キーが解放されたときに、選択した群情報が決定される群情報決定工程を、さらに備えることを特徴としてもよい。これにより、第1文字キーが解放されたときに、選択した群情報を決定することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
スキャナー装置
2日前
個人
エア入力システム
11日前
個人
ランド形成システム
11日前
個人
保険契約者保護システム
1日前
日本精機株式会社
操作認識装置
3日前
個人
発想支援プログラム及び方法
7日前
辰巳電子工業株式会社
情報処理装置
7日前
株式会社ツガワ
端末処理装置
9日前
個人
配送管理システム
今日
日本信号株式会社
読取装置
3日前
株式会社末広システム
駅伝蓄電システム
11日前
個人
情報マップ生成プログラム及び方法
7日前
中国電力株式会社
書類管理システム
4日前
京セラ株式会社
RFIDタグ
9日前
株式会社 ミックウェア
情報処理システム
今日
個人
商品生産システム及びプログラム
2日前
大阪瓦斯株式会社
料理情報提案システム
3日前
個人
評価装置及び評価プログラム
1日前
株式会社イシダ
通信システム
2日前
個人
メッセージ配信システム
4日前
株式会社野村総合研究所
アクセス制御装置
1日前
トヨタ自動車株式会社
車両用制御装置
1日前
株式会社Smart119
情報処理システム
今日
トヨタ自動車株式会社
車両用制御装置
今日
アットラーニング株式会社
資産管理システム
9日前
日本電波工業株式会社
電子機器
2日前
トヨタ自動車株式会社
サーバ装置
4日前
日立建機株式会社
鉱山管理システム
4日前
大日本印刷株式会社
携帯端末およびプログラム
7日前
株式会社UPDATER
空気質情報提供システム
11日前
株式会社日立製作所
公差解析システム
3日前
株式会社春うららかな書房
情報処理システム
7日前
株式会社デンソーウェーブ
タッチパネル装置
11日前
富士通株式会社
制御装置及び制御方法
1日前
株式会社デンソーウェーブ
タッチパネル装置
11日前
株式会社まなひめ
ウェブサイト管理システム
1日前
続きを見る