TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022094355
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-24
出願番号2022022871,2020206571
出願日2022-02-17,2020-12-14
発明の名称申請用シート
出願人トッパン・フォームズ株式会社
代理人個人,個人
主分類G09B 21/00 20060101AFI20220617BHJP(教育;暗号方法;表示;広告;シール)
要約【課題】視覚障がい者でも申請情報の付与を容易に行えるようにする。
【解決手段】申請用シート1を用いて手続きを申請するための必要情報12,22a,22b,32,42,52,62が表示され、必要情報12,22a,22b,32,42,52,62に基づいて手続きの申請に必要な申請情報を付与するための記入日記入欄10、住所記入欄20、氏名記入欄30、写真貼付欄50及び押印欄60を有し、記入日記入欄10、住所記入欄20、氏名記入欄30、写真貼付欄50及び押印欄60のそれぞれの枠部11,21,31,41,51,61に、ドット状のエンボスが連なるようにエンボス加工が施され、エンボス加工の周囲にはミシン線が施されていない。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
手続きの申請に用いられる申請用シートであって、
基材シートの表面に、前記申請用シートを用いて手続きを申請するための必要情報が表示され、
前記基材シートの表面に、前記必要情報に基づいて前記手続きの申請に必要な申請情報を付与するための申請情報付与欄を有し、
前記申請情報付与欄の枠部に、ドット状のエンボスが連なるようにエンボス加工が施され、
前記エンボス加工の周囲には、ミシン線が施されていない、申請用シート。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、手続きの申請に用いられる申請用シートに関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来より、手続きを申請するために様々なフォーマットの申請用シートが用いられている。このような申請用シートにおいては、手続きに必要な情報を記入するための記入欄が設けられており、手続きを申請する者はこの記入欄に必要事項を記入することになる(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
実用新案登録第3103988号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、上述したような申請用シートを用いて手続きを申請する者には、健常者のみならず、全盲や弱視といった視力に障がいがある、いわゆる視覚障がい者もいる。視覚障がい者が申請用シートを用いて手続きをする場合、例え介護者の補助があったとしても、申請用シートに設けられた記入欄を認識することは困難であり、手続きを円滑に進めることができないという問題点がある。
【0005】
本発明は、上述したような従来の技術が有する問題点に鑑みてなされたものであって、所定の申請情報を付与することで手続きの申請を行うための申請用シートにおいて、視覚障がい者でも、申請情報の付与を容易に行うことができる申請用シートを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記目的を達成するために本発明は、
手続きの申請に用いられる申請用シートであって、
基材シートの表面に、前記申請用シートを用いて手続きを申請するための必要情報が表示され、
前記基材シートの表面に、前記必要情報に基づいて前記手続きの申請に必要な申請情報を付与するための申請情報付与欄を有し、
前記申請情報付与欄の枠部に、ドット状のエンボスが連なるようにエンボス加工が施され、
前記エンボス加工の周囲には、ミシン線が施されていない。
【0007】
上記のように構成された本発明においては、申請用シートに表示された必要情報に基づいて手続きに必要な申請情報を申請情報付与欄に付与することで手続きの申請を行うことになるが、申請情報付与欄の枠部にエンボス加工が施されていることで、申請情報付与欄を視覚によらずに認識することができる。また、エンボス加工によって申請情報付与欄が認識しやすくなっていることで、健常者にとっても申請情報付与欄がわかりやすく、介護者が記入ミスをしてしまうことが回避される。また、エンボス加工によって申請用シートの表裏を視覚によらずに判別することができ、申請情報を付与する面を間違えてしまう虞がない。また、申請情報付与欄に申請情報を記入する場合、申請情報付与欄の枠部にエンボス加工が施されていることで、申請情報が申請情報付与欄からはみ出そうになっても、申請情報を記入するためのペン先がエンボス加工による凸部にひっかかるような感じを与え、それにより、申請情報が申請情報付与欄からはみ出てしまうことが回避される。さらに、申請情報付与欄に申請情報を記入する場合、エンボス加工が申請情報付与欄の全体ではなく枠部に施されていることで、エンボス加工によって申請情報付与欄に申請情報を記入しにくくなってしまうことがない。
【0008】
また、必要情報が点字によって表されていれば、視覚障がい者が介護者の補助によらなくても必要情報を認識することができる。
【0009】
また、エンボス加工が、ドット状のエンボスが連なるように施されていることで、エンボスによる凹凸の変化によって申請情報付与欄の枠部がさらに認識しやすくなる。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、手続きの申請に必要な申請情報を付与するための申請情報付与欄の枠部にエンボス加工が施されていることにより、申請情報付与欄を視覚によらずに認識することができ、視覚障がい者でも、申請情報の付与を容易に行うことができる。また、エンボス加工によって申請情報付与欄が認識しやすくなっていることで、健常者にとっても申請情報付与欄がわかりやすく、介護者が記入ミスをしてしまうことが回避される。また、エンボス加工によって申請用シートの表裏を視覚によらずに判別することができ、申請情報を付与する面を間違えてしまう虞がない。また、申請情報付与欄に申請情報を記入する場合、申請情報付与欄の枠部にエンボス加工が施されていることで、申請情報が申請情報付与欄からはみ出そうになっても、申請情報を記入するためのペン先がエンボス加工による凸部にひっかかるような感じを与え、それにより、申請情報が申請情報付与欄からはみ出てしまうことを回避できる。さらに、申請情報付与欄に申請情報を記入する場合、エンボス加工が申請情報付与欄の全体ではなく枠部に施されていることで、エンボス加工によって申請情報付与欄に申請情報を記入しにくくなってしまうことを回避できる。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
壁掛け具
1か月前
個人
文通支援システム
22日前
シャープ株式会社
支持装置
16日前
個人
立体ドットコード画像システム
17日前
株式会社リコー
表示装置
1か月前
シャープ株式会社
表示装置
18日前
凸版印刷株式会社
表示装置
18日前
シャープ株式会社
表示装置
22日前
キヤノン株式会社
発光装置
23日前
三甲株式会社
カードホルダ
1か月前
豊田合成株式会社
表示装置
4日前
シャープ株式会社
表示装置
16日前
日新シール工業株式会社
包装ラベル
9日前
大阪シーリング印刷株式会社
ラベル
8日前
個人
音程計算装置
1か月前
イービーエム株式会社
模擬臓器モデル
1か月前
一般社団法人テトラcoco
算数教育用教具
1か月前
株式会社デンソー
表示装置
今日
株式会社デンソー
表示装置
14日前
株式会社東洋レーベル
表示装置、表示板
11日前
シャープ株式会社
ディスプレイ支持装置
今日
株式会社東洋レーベル
表示装置、表示板
11日前
株式会社ケー・シー・シー・商会
注射練習具
1か月前
株式会社オガワ
内照式サイン及びネジ
11日前
株式会社大林組
地盤評価方法
今日
富士フイルム株式会社
画像表示システム
1か月前
株式会社メディア・ファイブ
教育用自動情報提示装置
18日前
個人
表示システム
1日前
株式会社はくぶん
電磁石実験装置
1か月前
大阪シーリング印刷株式会社
POPラベル
10日前
個人
理数に関する超高速学習視聴用デジタルコンテンツ
28日前
シャープ株式会社
表示装置および表示方法
14日前
大日本印刷株式会社
積層体および表示装置
1か月前
キヤノン株式会社
表示素子、及び表示装置
2日前
株式会社JVCケンウッド
表示装置及びその制御方法
4日前
株式会社JVCケンウッド
表示装置及びその制御方法
4日前
続きを見る