TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022094342
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-24
出願番号2021201674
出願日2021-12-13
発明の名称場所推薦方法、システム、及びプログラム
出願人ネイバー コーポレーション,NAVER Corporation
代理人個人,個人,個人
主分類G06Q 30/02 20120101AFI20220617BHJP(計算;計数)
要約【課題】予約情報に基づいて、予約情報と関連性がある情報を推薦する方法、システム及びプログラムを提供する。
【解決手段】場所を推薦する方法は、ユーザ端末機で行われた予約イベントに基づいて、予約イベントに対応する予約場所情報を収集するステップと、ユーザ端末機で検索された検索情報に基づいて、予約イベントに関連する関連場所情報を収集するステップと、予約場所情報及び関連場所情報にそれぞれ対応する単語を含む文章を生成するステップと、文章に対して単語の埋め込みを行うステップと、を含む。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
場所推薦方法であって、
ユーザ端末機で発生した予約イベントに基づいて、前記予約イベントに対応する予約場所情報を収集するステップと、
前記ユーザ端末機で検索された検索情報に基づいて、前記予約イベントに関連する関連場所情報を収集するステップと、
前記予約場所情報及び前記関連場所情報にそれぞれ対応する単語を含む文章を生成するステップと、
前記文章に対して単語の埋め込みを行い、前記文章に含まれる単語をベクトル空間上に表現するステップと、
前記ベクトル空間から前記予約場所情報に関連する推薦場所情報を抽出するステップと、
を含む、ことを特徴とする方法。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
前記関連場所情報は、異なる複数の関連場所情報を含み、
前記文章を生成するステップは、
前記予約場所情報に対応する予約場所単語と、前記複数の関連場所情報にそれぞれ対応する複数の関連場所単語とを組み合わせ、前記文章を生成すること、を含む、
請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記文章を生成するステップは、
前記複数の関連場所単語間に前記予約場所単語を少なくとも1つ配置し、前記文章を生成すること、を含む、
請求項2に記載の方法。
【請求項4】
前記文章において、
前記予約場所単語と前記複数の関連場所単語間の距離は、
前記複数の関連場所単語のそれぞれに対応する検索情報が検索された日付及び前記予約イベントに関連する日付に基づいて決定される、
請求項3に記載の方法。
【請求項5】
前記関連場所情報を収集するステップは、
前記予約イベントに関連する予め設定された期間に前記ユーザ端末機で検索された検索情報に含まれる場所情報を、前記関連場所情報として収集すること、を含む、
請求項1~4のいずれか一項に記載の方法。
【請求項6】
前記文章を生成するステップは、
前記ユーザ端末機を含む少なくとも1つの端末機で異なる複数の予約イベントが発生すると、
前記複数の予約イベントのそれぞれに該当する複数の文章を生成し、
前記複数の文章に対して単語の埋め込みを行い、前記複数の文章のそれぞれに含まれる単語を前記ベクトル空間上に表現する、
ことを含む、
請求項1~5のいずれか一項に記載の方法。
【請求項7】
前記推薦場所情報を抽出するステップは、
前記ベクトル空間上で、前記予約場所情報に対応する予約場所単語ベクトルから予め設定された距離内に位置する少なくとも1つの推薦場所単語ベクトルを特定し、
前記推薦場所単語ベクトルの少なくとも1つに該当する場所情報を、前記推薦場所情報として抽出すること、
を含む、
請求項1~6のいずれか一項に記載の方法。
【請求項8】
前記推薦場所情報を抽出するステップは、
前記推薦場所情報に異なるカテゴリーに対応する場所情報が含まれるように、前記推薦場所単語ベクトルに対して正規化を行うステップ、
を含む、請求項7に記載の方法。
【請求項9】
ユーザ端末機と通信する通信部と、
前記ユーザ端末機で行われた予約イベントに基づいて、前記予約イベントに対応する予約場所情報を受信する制御部と、を含み、
前記制御部は、
前記ユーザ端末機で検索された検索情報に基づいて、前記予約イベントに関連する関連場所情報を受信し、
前記予約場所情報及び前記関連場所情報にそれぞれ対応する単語を含む文章を生成し、
前記文章に対して単語の埋め込みを行い、前記文章に含まれる単語をベクトル空間上に表現し、
前記ベクトル空間から前記予約場所情報に関連する推薦場所情報を抽出する、
ことを特徴とする、場所推薦システム。
【請求項10】
ユーザ端末機で行われた予約イベントに基づいて、前記予約イベントに対応する予約場所情報を収集するステップと、
前記ユーザ端末機で検索された検索情報に基づいて、前記予約イベントに関連する関連場所情報を収集するステップと、
前記予約場所情報及び前記関連場所情報にそれぞれ対応する単語を含む文章を生成するステップと、
前記文章に対して単語の埋め込みを行い、前記文章に含まれる単語をベクトル空間上に表現するステップと、
前記ベクトル空間から前記予約場所情報に関連する推薦場所情報を抽出するステップと、
を実行する、
ことを特徴とする、場所推薦プログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、場所を推薦する方法、システム、及びプログラムに関する。
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
技術が発展するにつれて、電子機器(例えば、スマートフォン、タブレットPC、など)の普及が進み、よって、日常生活の多くの部分でインターネット依存度がますます高くなっている。
【0003】
このようなインターネットを含む様々な技術の発展に伴い、従来のオフライン(off-line)への依存度が高かった消費パターンは、次第にオンライン(on-line)に移り、現在は、オンライン中心の消費が幾何級数的に増えている。
【0004】
また、旅行産業や食品産業のように、サービスの特性上、オフラインをベースとした産業分野においても、オンラインでの様々なマーケティングにより顧客を誘致することが普遍化している。
【0005】
このような変化に伴い、オフラインをベースとした産業分野においては、ユーザの利便性を向上させるために、インターネットによる予約サービスを導入している。よって、顧客、すなわちユーザは、インターネットに接続された電子機器を何回かクリックするだけで、宿泊施設、飲食店など様々な場所の予約を行うことができるようになった。
【0006】
このような技術として、特許文献1は、サービス連携による汎用予約方法及びシステムと記録媒体に関する技術を開示しており、オンラインによるサービス予約及び決済プロセスを提供している。
【0007】
一方、ユーザは、電子機器を用いて特定の場所の予約を行う場合、当該特定の場所に関連する周辺場所を検索することにより、食べ物、遊び物、楽しめる物などを見つける行動パターンを示す。
【0008】
よって、ユーザに対して、単に特定の場所の予約サービスを提供するだけでなく、特定の場所に関連する様々な場所を推薦する方法に関するニーズがある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0009】
韓国公開特許第10-2016-0105090号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
本発明は、予約情報に基づいて、予約情報と関連性がある情報を推薦することのできる場所推薦方法、システム、及びプログラムを提供するものである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許