TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022094323
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-24
出願番号2021195459
出願日2021-12-01
発明の名称ディスプレイノイズのためのソース出力電圧補償
出願人シナプティクス インコーポレイテッド
代理人個人,個人
主分類G09G 3/20 20060101AFI20220617BHJP(教育;暗号方法;表示;広告;シール)
要約【課題】ノイズ軽減を図る入力表示装置、タッチ表示ドライバ集積(TDDI)回路及び入力表示装置のディスプレイを駆動する方法を提供する。
【解決手段】入力表示装置は、ディスプレイ基板に形成された表示スクリーンは、多数の表示画素と、表示スクリーンの検知領域において容量センシングのための多数の容量センシング電極と、多数の表示画素のうちの一の表示画素に対応する画素回路を駆動するためのデータ電圧を生成し、データ電圧の補償変調のタイミングを決定するソースドライバ回路と、を備える。データ電圧の補償変調のタイミングは、容量センシングのセンシング波形を用いて決定される。ソースドライバ回路はまた、補償変調の振幅を決定し、データ電圧に対して補償変調を行うことで変調後データ電圧を生成し、変調後データ電圧を用いて画素回路を駆動する。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
ディスプレイ基板の上に形成され、複数の表示画素を備える表示スクリーンと、
前記表示スクリーンの検知領域における容量センシングのための複数の容量センシング電極と、
前記複数の表示画素のうちの一の表示画素に対応する画素回路を駆動するためのデータ電圧を生成し、
前記データ電圧の補償変調のタイミングを前記容量センシングのセンシング波形を用いて決定し、
前記補償変調の振幅を決定し、
前記補償変調を前記データ電圧に対して行うことによって変調後データ電圧を生成し、
前記変調後データ電圧を用いて前記画素回路を駆動する
ように構成されたソースドライバ回路と、
を備える
入力表示装置。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記ソースドライバ回路と、
前記容量センシングのためのアナログフロントエンドであって、前記容量センシング電極とのインタフェースとして動作して複数のタッチ信号を取得し、前記センシング波形を生成するアナログフロントエンドと、
を備えるタッチ表示ドライバ集積(TDDI)回路を更に備え、
前記ソースドライバ回路が、処理後画像信号に基づいて前記データ電圧を生成するように構成されている、
請求項1に記載の入力表示装置。
【請求項3】
前記TDDI回路が、
ホストアプリケーションプロセッサから取得された受信画像信号に基づいて前記処理後画像信号を生成するように構成された画像処理回路と、
前記複数のタッチ信号を処理することによりタッチ出力信号を生成するように構成されたタッチ処理回路と、
を更に備える
請求項2に記載の入力表示装置。
【請求項4】
前記補償変調の前記タイミングを決定することは、前記アナログフロントエンドから前記タイミングを取得することを含む
請求項2に記載の入力表示装置。
【請求項5】
前記補償変調の振幅が、寄生容量を介して前記データ電圧に結合された前記センシング波形に関連する前記画素回路での前記データ電圧の歪みを少なくとも部分的に補償するように選択されている
請求項1に記載の入力表示装置。
【請求項6】
前記データ電圧に対して前記補償変調を行うことは、前記データ電圧に前記補償変調を追加的に重畳することを含む
請求項1に記載の入力表示装置。
【請求項7】
前記ソースドライバ回路が、更に、ガンマ変換を行って入力画像データによって指定された階調から前記データ電圧を得るように構成され、
前記ガンマ変換を行うことが、振幅増分として前記補償変調を前記データ電圧に対して行うことを含む、
請求項1に記載の入力表示装置。
【請求項8】
前記表示スクリーンが、OLED表示スクリーンである
請求項1に記載の入力表示装置。
【請求項9】
前記表示スクリーンがディスプレイカソードを備えており、
前記ディスプレイカソードが、前記複数の容量センシング電極の一つである
請求項1に記載の入力表示装置。
【請求項10】
タッチ表示ドライバ集積(TDDI)回路であって、
表示スクリーンの画素に対応する画素回路を駆動するためのデータ電圧を処理後画像信号に基づいて生成し、
前記データ電圧の補償変調のタイミングを容量センシングのセンシング波形を用いて決定し、
前記補償変調の振幅を決定し、
前記補償変調を前記データ電圧に対して行うことによって変調後データ電圧を生成し、
前記変調後データ電圧を用いて前記画素回路を駆動する
ように構成されたソースドライバ回路を備える
TDDI回路。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本願は、2020年12月14日に出願された米国仮特許出願63/125,344号への米国特許法第119条(e)の利益を主張する。米国仮特許出願63/125,344号は、参照することにより、本願にそのまま組み込まれる。
続きを表示(約 1,500 文字)【0002】
記載された実施形態は、全体としては電子装置に関しており、より具体的には、入力表示装置のノイズ軽減に関する。
【背景技術】
【0003】
近接センサ装置(例えば、タッチパッドやタッチセンサ装置)を備える入力装置は、様々な電子システムに広く用いられている。近接センサ装置は、典型的には、しばしば表面で区画された検知領域を含んでおり、この検知領域において、近接センサ装置は、一以上の入力物体の存在、位置及び/又は動きを検出する。近接センサ装置は、電子システムのインタフェースを提供するために用いられることがある。例えば、近接センサ装置は、より大きなコンピュータシステムのための入力装置(例えば、ノートブックやデスクトップパソコンに組み込まれ、又はその周辺に設けられる不透明なタッチパッド)としてしばしば用いられる。近接センサ装置は、しばしば、(携帯電話に組み込まれるタッチスクリーンのような)入力表示装置として動作するために表示装置と組み合わされる。
【0004】
入力表示装置では、近接センサ装置と表示装置とが高度に集積化され得る。高度な集積化は、近接センサ装置の構成要素と表示装置の構成要素との間の寄生容量を生じさせ得る。その結果、近接センサ装置から発せられるセンシング波形は、表示装置の信号に容量的に結合し、これにより表示歪みを生じさせ得る。
【発明の概要】
【0005】
全体として、一の観点では、一以上の実施形態が、ディスプレイ基板に設けられた表示スクリーンを備える入力表示装置に関連している。表示スクリーンは、複数の表示画素と、表示スクリーンの検知領域における容量センシングのための容量センシング電極と、ソースドライバ回路とを備えている。ソースドライバ回路は、複数の表示画素のうちの一の表示画素に対応する画素回路を駆動するためのデータ電圧を生成し、データ電圧の補償変調のタイミングを容量センシングのセンシング波形を用いて決定し、補償変調の振幅を決定し、データ電圧に対して補償変調を行うことで変調後データ電圧を生成し、変調後データ電圧を用いて画素回路を駆動するように構成されている。
【0006】
全体として、一の観点では、一以上の実施形態がタッチ表示ドライバ集積(TDDI)回路に関連している。TDDI回路は、処理後画像信号に基づいて、表示スクリーンの画素に対応する画素回路を駆動するためのデータ電圧を生成し、データ電圧の補償変調のタイミングを容量センシングのセンシング波形を用いて決定し、補償変調の振幅を決定し、データ電圧に対して補償変調を行うことで変調後データ電圧を生成し、変調後データ電圧を用いて画素回路を駆動するように構成されたソースドライバ回路を備えている。
【0007】
全体として、一の観点では、一以上の実施形態が入力表示装置のディスプレイを駆動する方法に関連している。該方法は、ディスプレイの画素回路を駆動するためのデータ電圧を生成することと、容量センシングのセンシング波形を用いてデータ電圧の補償変調のタイミングを決定することと、補償変調の振幅を決定することと、データ電圧に補償変調を行うことで変調後データ電圧を生成することと、変調後データ電圧を用いて画素回路を駆動することとを含む。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、一以上の実施形態による入力装置を図示している。
【0009】
図2Aは、一以上の実施形態による入力装置を図示している。
【0010】
図2Bは、一以上の実施形態による入力装置を図示している。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
壁掛け具
1か月前
個人
ノギス練習器
1か月前
個人
サイン表示具
2か月前
個人
文通支援システム
22日前
シャープ株式会社
支持装置
16日前
個人
立体ドットコード画像システム
17日前
個人
小児骨格模型
2か月前
積水ハウス株式会社
住宅展示場
1か月前
株式会社リコー
表示装置
1か月前
シャープ株式会社
表示装置
18日前
豊田合成株式会社
表示装置
4日前
三菱電機株式会社
表示装置
2か月前
シャープ株式会社
表示装置
16日前
三甲株式会社
カードホルダ
1か月前
キヤノン株式会社
発光装置
23日前
凸版印刷株式会社
表示装置
18日前
シャープ株式会社
表示装置
22日前
日新シール工業株式会社
包装ラベル
9日前
大阪シーリング印刷株式会社
ラベル
8日前
個人
音程計算装置
1か月前
イービーエム株式会社
模擬臓器モデル
1か月前
一般社団法人テトラcoco
算数教育用教具
1か月前
株式会社東洋レーベル
表示装置、表示板
11日前
株式会社デンソー
表示装置
14日前
株式会社東洋レーベル
表示装置、表示板
11日前
シャープ株式会社
ディスプレイ支持装置
今日
株式会社デンソー
表示装置
今日
株式会社フォトクラフト社
表示システム
1か月前
東レ株式会社
表示装置および表示装置の製造方法
1か月前
株式会社オガワ
内照式サイン及びネジ
11日前
株式会社ケー・シー・シー・商会
注射練習具
1か月前
富士フイルム株式会社
画像表示システム
1か月前
株式会社はくぶん
電磁石実験装置
1か月前
株式会社大林組
地盤評価方法
今日
個人
表示システム
1日前
株式会社メディア・ファイブ
教育用自動情報提示装置
18日前
続きを見る