TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022094310
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-24
出願番号2021184329
出願日2021-11-11
発明の名称フィルター
出願人王子ホールディングス株式会社
代理人特許業務法人三枝国際特許事務所
主分類A61L 9/014 20060101AFI20220617BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】空気等の気体が通過する際の気体との接触効率を高めることができるフィルターを提供する。
【解決手段】フィルター1は、厚みが3mm以下でありかつ厚み方向に積層された複数のハニカム構造体2を備え、それぞれのハニカム構造体2は、厚み方向に垂直な面に沿って並びかつ互いに区画された複数の空間3を含むシート基材4を備え、それぞれのハニカム構造体2の空間3は、厚み方向に隣り合う他のハニカム構造体2のシート基材4の一部が該空間3の一部に重なるように並べられている。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
厚みが3mm以下でありかつ厚み方向に積層された複数のハニカム構造体を備え、
それぞれの前記ハニカム構造体は、前記厚み方向に垂直な面に沿って並びかつ互いに区画された複数の空間を含むシート基材を備え、
それぞれの前記ハニカム構造体の前記空間は、前記厚み方向に隣り合う他の前記ハニカム構造体の前記シート基材の一部が該空間の一部に重なるように並べられている、フィルター。
続きを表示(約 880 文字)【請求項2】
前記シート基材は、平面視で直線的に延びる複数のライナー部材と、平面視で前記ライナー部材の延伸方向に沿って山部及び谷部が交互に連なる波状の複数のコルゲート部材と、を備え、かつ、2つの前記ライナー部材の間に前記コルゲート部材が挟まれるように前記複数のライナー部材及び前記複数のコルゲート部材が交互に接合されている、請求項1に記載のフィルター。
【請求項3】
それぞれの前記ハニカム構造体における前記ライナー部材の延伸方向は、前記厚み方向に隣り合う他の前記ハニカム構造体における前記ライナー部材の延伸方向と異なる、請求項2に記載のフィルター。
【請求項4】
それぞれの前記ハニカム構造体における前記ライナー部材の延伸方向は、前記厚み方向に隣り合う他の前記ハニカム構造体における前記ライナー部材の延伸方向と90°異なる、請求項3に記載のフィルター。
【請求項5】
それぞれの前記ハニカム構造体における前記コルゲート部材の波の高さ及び/又はピッチは、前記厚み方向に隣り合う他の前記ハニカム構造体における前記コルゲート部材の波の高さ及び/又はピッチと異なる、請求項2に記載のフィルター。
【請求項6】
少なくとも一部の前記ハニカム構造体は、前記シート基材が薬剤を担持している、請求項1~5のいずれかに記載のフィルター。
【請求項7】
一部の前記ハニカム構造体の前記シート基材は、他の少なくとも一部の前記ハニカム構造体の前記シート基材と異なる種類の薬剤を担持している、請求項6に記載のフィルター。
【請求項8】
少なくとも一部の前記ハニカム構造体は、少なくとも一部の前記空間に多孔質の充填剤を充填している、請求項1~7のいずれかに記載のフィルター。
【請求項9】
前記ハニカム構造体を4枚以上備える、請求項1~8のいずれかに記載のフィルター。
【請求項10】
総厚みが25mm以下である、請求項1~9のいずれかに記載のフィルター。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、例えば脱臭等の目的で使用するフィルターに関する。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
例えば空気清浄機等において、脱臭等の目的で使用されるフィルターとしては、ライナー部材とコルゲート部材とを交互に複数重ねることで、多数の区画されたセル(空間)を含むハニカム構造体が従来から知られている(例えば特許文献1から4を参照)。ハニカム構造体は、例えば吸着剤等の薬剤を担持させた紙を用いて形成されており、例えば処理対象である空気が流路となるセルを通る間に悪臭成分等を吸着し、これにより空気を浄化する。ハニカム構造体は、空気がセルを通る間に空気が十分に接触することで、効果的に除去対象成分を除去できる。そのため、従来のフィルターに用いられるハニカム構造体は、セルの長さを大きくしてセルを通る空気との接触面積を高めており、その厚み(セルの長さ)は、10mmから30mm程度が一般的である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2007-125466号公報
特開2017-074309号公報
特許3719356号公報
特許4040889号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1から4に記載のハニカム構造体は、図17に示すように、ハニカム構造体100の厚み方向にセル101がほぼ真っ直ぐに延びており、セル101は空気が通り抜けやすい構造である。そのため、ハニカム構造体100は、空気との接触効率が低く、フィルターとして用いた場合の一過性除去効率に限界がある。ハニカム構造体100の空気との接触効率を高める方法としては、単位面積当たりのセル101の数を多くする方法が挙げられるが、この方法では、ハニカム構造体100に用いる紙や吸着剤等の薬剤の使用量が増加するデメリットがある。
【0005】
本発明は、上記課題に着目してなされたものであり、空気等の気体が通過する際の気体との接触効率を高めることができるフィルターを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明者は鋭意検討した結果、フィルターに用いるハニカム構造体の厚みを従来のハニカム構造体の厚みよりも薄く設計するとともに、厚みを薄くしたハニカム構造体を厚み方向に複数積層させてフィルターを形成し、その際に、複数のハニカム構造体のセル(空間)を通る空気等の流れが乱流となるように、複数のハニカム構造体のセル(空間)の配列を設計することで、上記課題を解決できることを見出し、本発明に到達した。つまり、本発明のフィルターは、以下項1に記載の構成を包含する。
【0007】
項1.厚みが3mm以下でありかつ厚み方向に積層された複数のハニカム構造体を備え、
それぞれの前記ハニカム構造体は、前記厚み方向に垂直な面に沿って並びかつ互いに区画された複数の空間を含むシート基材を備え、
それぞれの前記ハニカム構造体の前記空間は、前記厚み方向に隣り合う他の前記ハニカム構造体の前記シート基材の一部が該空間の一部に重なるように並べられている、フィルター。
【0008】
また、本発明のフィルターは、好ましくは以下項2~項11に記載の構成を包含する。
【0009】
項2.前記シート基材は、平面視で直線的に延びる複数のライナー部材と、平面視で前記ライナー部材の延伸方向に沿って山部及び谷部が交互に連なる波状の複数のコルゲート部材と、を備え、かつ、2つの前記ライナー部材の間に前記コルゲート部材が挟まれるように前記複数のライナー部材及び前記複数のコルゲート部材が交互に接合されている、上記項1に記載のフィルター。
項3.それぞれの前記ハニカム構造体における前記ライナー部材の延伸方向は、前記厚み方向に隣り合う他の前記ハニカム構造体における前記ライナー部材の延伸方向と異なる、上記項2に記載のフィルター。
項4.それぞれの前記ハニカム構造体における前記ライナー部材の延伸方向は、前記厚み方向に隣り合う他の前記ハニカム構造体における前記ライナー部材の延伸方向と90°異なる、上記項3に記載のフィルター。
項5.それぞれの前記ハニカム構造体における前記コルゲート部材の波の高さ及び/又はピッチは、前記厚み方向に隣り合う他の前記ハニカム構造体における前記コルゲート部材の波の高さ及び/又はピッチと異なる、上記項2に記載のフィルター。
項6.少なくとも一部の前記ハニカム構造体は、前記シート基材が薬剤を担持している、上記項1~5のいずれかに記載のフィルター。
項7.一部の前記ハニカム構造体の前記シート基材は、他の少なくとも一部の前記ハニカム構造体の前記シート基材と異なる種類の薬剤を担持している、上記項6に記載のフィルター。
項8.少なくとも一部の前記ハニカム構造体は、少なくとも一部の前記空間に多孔質の充填剤を充填している、上記項1~7のいずれかに記載のフィルター。
項9.前記ハニカム構造体を4枚以上備える、上記項1~8のいずれかに記載のフィルター。
項10.総厚みが25mm以下である、上記項1~9のいずれかに記載のフィルター。
【発明の効果】
【0010】
本発明のフィルターによれば、空気等の気体が通過する際の気体との接触効率を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
耳栓
15日前
個人
指圧器
2か月前
個人
火塩湯
11日前
個人
健康装置
1日前
個人
無痕灸灸具
8日前
個人
コンドーム
1か月前
個人
殺菌乾燥方法
3か月前
個人
妊娠治療薬。
1か月前
個人
介護用ベッド
24日前
個人
どくだみ生茶
11日前
個人
たんぽぽ生茶
11日前
個人
車椅子連結装置
2日前
個人
把持鉗子
2か月前
個人
移乗用補助装置
7日前
個人
UVC照射容器
2か月前
株式会社いうら
車椅子
1か月前
個人
鼻腔拡張具
7日前
山梨県
手術器具
1か月前
個人
排泄通知システム
2か月前
個人
残尿打撃排出器1
2か月前
個人
人工呼吸器
2か月前
個人
鼻腔内留置ボックス
9日前
個人
薬液噴霧装置
1か月前
大正製薬株式会社
固形物
25日前
個人
車椅子階段昇降装置
1か月前
個人
呼吸数測定装置
23日前
株式会社ニデック
検眼装置
1か月前
個人
人体吊り上げ用補助具
1か月前
グンゼ株式会社
下着
10日前
株式会社ダリヤ
皮膚化粧料
24日前
個人
漏れない生理ショーツ
1か月前
マニー株式会社
医療用鑷子
2か月前
個人
点滴注射キット
1か月前
個人
抗毛嚢炎用外用組成物
2か月前
個人
筋膜リリース用具
2か月前
個人
経鼻胃管固定装置
2か月前
続きを見る