TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022094206
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-24
出願番号2020207102
出願日2020-12-14
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人
主分類G03G 21/16 20060101AFI20220617BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】 画像形成装置の背面側に設けられる電装ユニット内の基板を効率よく冷却する。
【解決手段】 画像形成装置の支持枠体の内、背面側に設けられる支持部に支持される電装ユニットを冷却するためのエアフローの吸気口を、画像形成装置の前後方向において背面側に設けられる支持部よりも正面側に位置させる。
【選択図】 図6
特許請求の範囲【請求項1】
シートに画像を形成する画像形成装置であって、
シートを搬送する搬送ユニットと、
前記搬送ユニットのシート搬送方向と鉛直方向と直交する方向において一端側に設けられる第1支持部と、前記直交する方向において他端側に設けられ前記第1支持部と共に前記搬送ユニットを支持する第2支持部とを有する支持枠体と、
前記支持枠体を覆う外装カバーの一部であって、前記直交する方向の一端側において、前記支持枠体に対して開閉可能に設けられるカバーと、
内部に基板を有し、前記直交する方向において前記第2支持部の他端側の面に保持される電装ユニットと、
前記直交する方向において前記第2支持部よりも一端側に設けられる吸気口を有し、前記吸気口から吸気した空気を前記電装ユニットへ送出するための風路を形成するダクトユニットと、
前記直交する方向において前記第2支持部よりも他端側に設けられ、前記吸気口から吸気した空気を前記電装ユニットに設けられる排気口から排出するようにエアフローを形成するファンと、
を備えることを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記後側板は、鉛直方向下側に設けられた開口を有し、
前記ダクトユニットは、前記開口を通過するように設けられ、
前記吸気口は、前記直交する方向において前記画像形成装置の中心よりも前記一端側に設けられる、
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記電装ユニットは、前記鉛直方向における下端部に、前記ダクトユニットから空気を吸気する他の吸気口を有し、
前記排気口は、前記鉛直方向において上端部に設けられる、
ことを特徴とする請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記支持枠体を覆う外装カバーの一部であって、前記直交する方向において他端側に設けられ、前記支持枠体に固定される他のカバーをさらに備え、
前記ファンは、前記他のカバーに設けられる他の排気口を介して前記排気口から空気を排出する、
ことを特徴とする請求項3に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記画像形成装置は、
シートにトナー像を形成する作像ユニットを有する第1筐体と、
前記作像ユニットによって形成されたトナー像をシートに定着させる定着ユニットを有し、前記第1筐体と隣接して配置される第2筐体と、を備え、
前記搬送ユニットは、前記定着ユニットを含む、
ことを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記第2筐体に設けられ、前記定着ユニットを通過したシートを冷却する冷却ユニットをさらに備え、
前記搬送ユニットは、前記冷却ユニットを含む、
ことを特徴とする請求項5に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記電装ユニットは、前記シート搬送方向において前記冷却ユニットよりも下流側に設けられる、
ことを特徴とする請求項6に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記冷却ユニットは、シートを搬送する一対の搬送ベルトと、前記搬送ベルトの内周面に接触するヒートシンクと、前記ヒートシンクを冷却する冷却ファンと、を備え、
前記冷却ファンは、前記直交する方向において前記第2支持部よりも前記他端側に設けられ、前記画像形成装置の外部へ排気を行うエアフローを形成する、
ことを特徴とする請求項6または7に記載の画像形成装置。
【請求項9】
前記直交する方向において前記第2支持部よりも前記他端側に設けられ、前記定着ユニット近傍の空気を前記画像形成装置の外部へ排気する定着排気ファンをさらに備える、
ことを特徴とする請求項5乃至8のいずれか1項に記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、複写機、プリンタ、ファクシミリ、及びこれらの機能を複数備える複合機等の電子写真方式の画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来の画像形成装置は、トナー画像を形成する作像部、トナーを加熱してシートに定着する定着部及び装置全体の電源供給を行う電源部等の装置内部に設けられる様々なユニットが装置の稼働に伴って発熱する場合がある。そこで、送風ファンを設けてエアフローを形成し、各ユニットから吸気した空気を排気口から装置外部へ排気することで各ユニットの排熱を行う構成が一般的に用いられている。
【0003】
特許文献1では、画像形成装置の背面側に吸気ファンを設け、冷却対象である感光体を冷却し、ダクトを通じて画像形成装置の背面側に排気するエアフローを形成し、装置の内部を冷却する画像形成装置が提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2003-228260号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
近年、オフィスから商業印刷へと普及した電子写真方式の画像形成装置においては、高生産、高画質、高安定、高寿命、高機能化に伴い装置が大型化し、消費電力も増加する傾向にある。そして、消費電力の増加に伴い画像形成装置内に設けられる電源部における発熱量も増加するため、電源部の排熱を行う送風ファンを設ける必要がある。
【0006】
ここで、電源部を冷却するためのエアフローを設ける場合、特許文献1のように画像形成装置の背面側に吸気口と排気口の両方を設けてしまうと、電源部を通過した空気を吸気口から取り込んでしまう虞がある。電源部を通過した空気は、電源部によって発生した熱により温められているため、この空気を吸気口から吸気してしまうと、電源部の冷却効率が低下してしまう場合があった。
【0007】
そこで本発明は、画像形成装置の背面側に設けられ、基板を有する電装ユニットを効率よく冷却することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明に係る画像形成装置は、シートに画像を形成する画像形成装置であって、シートを搬送する搬送ユニットと、前記搬送ユニットのシート搬送方向と鉛直方向と直交する方向において一端側に設けられる第1支持部と、前記直交する方向において他端側に設けられ前記第1支持部と共に前記搬送ユニットを支持する第2支持部とを有する支持枠体と、前記支持枠体を覆う外装カバーの一部であって、前記直交する方向の一端側において、前記支持枠体に対して開閉可能に設けられるカバーと、内部に基板を有し、前記直交する方向において前記第2支持部の他端側の面に保持される電装ユニットと、前記直交する方向において前記第2支持部よりも一端側に設けられる吸気口を有し、前記吸気口から吸気した空気を前記電装ユニットへ送出するための風路を形成するダクトユニットと、前記直交する方向において前記第2支持部よりも他端側に設けられ、前記吸気口から吸気した空気を前記電装ユニットに設けられる排気口から排出するようにエアフローを形成するファンと、を備えることを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
本発明を用いることで、画像形成装置の背面側に設けられ、基板を有する電装ユニットを効率よく冷却することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
画像形成装置を含む画像形成システムの概略断面図。
画像形成装置の画像形成部の概略断面図。
画像形成装置の定着搬送部の概略断面図。
画像形成装置のエアフロー配置の背面図。
画像形成装置のファン風量のブロック図。
画像形成装置の定着搬送部におけるDC電源エアフローを示す概略断面図。
画像形成装置の画像形成部と定着搬送部の接続部の一部を示す概略断面図。
画像形成装置の定着搬送部を左側面側から見た定着ユニットのエアフローを示す概略断面図。
画像形成装置の定着搬送部を右側面側から見た定着ユニットのエアフローを示す概略断面図。
画像形成装置の定着搬送部を右側面側から見た定着ユニットのエアフローを示す概略断面図。
画像形成装置の定着搬送部のエアフローを示す概略断面図。
画像形成装置の定着搬送部を左側面側から見た定着ユニットのエアフローを示す概略断面図。
画像形成装置の定着搬送部を左側面側から見た冷却装置のエアフローを示す概略断面図。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
15日前
キヤノン株式会社
多面鏡
13日前
キヤノン株式会社
投影装置
今日
キヤノン株式会社
定着装置
12日前
キヤノン株式会社
光学機器
6日前
キヤノン株式会社
電子機器
12日前
キヤノン株式会社
撮像装置
12日前
キヤノン株式会社
現像装置
12日前
キヤノン株式会社
投影装置
15日前
キヤノン株式会社
磁性トナー
15日前
キヤノン株式会社
磁性トナー
6日前
キヤノン株式会社
磁性トナー
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
液晶表示装置
15日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
光電変換素子
18日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
18日前
キヤノン株式会社
視線検出装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
7日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
18日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
11日前
キヤノン株式会社
画像読取装置
11日前
キヤノン株式会社
画像読取装置
1日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
13日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
信号処理装置
13日前
キヤノン株式会社
画像投写装置
8日前
キヤノン株式会社
振動波駆動装置
8日前
キヤノン株式会社
トナー搬送装置
11日前
キヤノン株式会社
放射線撮影装置
15日前
キヤノン株式会社
投射型表示装置
14日前
キヤノン株式会社
画像形成システム
15日前
キヤノン株式会社
画像形成システム
15日前
続きを見る