TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022094154
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-24
出願番号2020207010
出願日2020-12-14
発明の名称真贋判定装置およびプログラム
出願人大日本印刷株式会社
代理人個人
主分類G06T 7/00 20170101AFI20220617BHJP(計算;計数)
要約【課題】本人確認証の真贋判定を好適に行うことのできる真贋判定装置等を提供する。
【解決手段】真贋判定装置3は、文字情報とユーザの顔画像が形成されたIDカードの真贋判定装置である。真贋判定装置3は、IDカードを撮影した撮影画像を用い、顔画像から得られるIDカードの製造時におけるユーザの推定年齢と、文字情報から得られるIDカードの製造時におけるユーザの推定年齢とを比較することにより、IDカードの真贋判定を行う真贋判定手段302を有する。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
文字情報とユーザの顔画像が形成された本人確認証の真贋判定装置であって、
前記本人確認証の画像を用い、前記顔画像から得られるユーザ属性と、前記文字情報から得られるユーザ属性とを比較することで真贋判定を行う真贋判定手段を有することを特徴とする真贋判定装置。
続きを表示(約 810 文字)【請求項2】
前記ユーザ属性は、前記本人確認証の製造時におけるユーザの推定年齢であることを特徴とする請求項1記載の真贋判定装置。
【請求項3】
前記文字情報は、ユーザの生年月日と前記本人確認証の有効期限であることを特徴とする請求項2記載の真贋判定装置。
【請求項4】
前記真贋判定手段は、
前記本人確認証の有効期限から所定期間遡った日付を前記本人確認証の製造時とし、前記本人確認証の製造時におけるユーザの推定年齢をユーザの生年月日を用いて求め、
前記顔画像から推定されるユーザの推定年齢を、前記本人確認証の製造時におけるユーザの推定年齢とし、
ユーザの生年月日を用いて求めた推定年齢と、前記顔画像から推定されるユーザの推定年齢とを比較することを特徴とする請求項3記載の真贋判定装置。
【請求項5】
前記真贋判定装置は、
前記顔画像から前記本人確認証の製造時における推定年齢が得られたユーザについて、前記本人確認証の製造時における実年齢が、前記文字情報から得られた前記本人確認証の製造時における推定年齢である確率を表示する表示手段をさらに有することを特徴とする請求項2から請求項4のいずれかに記載の真贋判定装置。
【請求項6】
前記真贋判定装置は、前記本人確認証の画像をユーザ端末から受信する受信手段を有することを特徴とする請求項1から請求項5のいずれかに記載の真贋判定装置。
【請求項7】
コンピュータを、
文字情報とユーザの顔画像が形成された本人確認証の真贋判定装置であって、
前記本人確認証の画像を用い、前記顔画像から得られるユーザ属性と、前記文字情報から得られるユーザ属性とを比較することで真贋判定を行う真贋判定手段を有する真贋判定装置として機能させるためのプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、真贋判定装置とそのプログラムに関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
金融機関では口座開設時に運転免許証等のIDカードによる本人確認が必要であるが、特殊詐欺などの犯罪目的から別人になりすましての口座開設を行うためにIDカードを偽造するケースが増えつつある。
【0003】
通常の金融機関では、ユーザが金融機関に出向いてIDカードを提出し、金融機関側は提出されたIDカードを用いて対面により本人確認するのが一般的である。この場合、IDカードをじっくりと観察でき、カードの触感でも不自然さを検出できる。また、最近のIDカードにはIC機能が付与されているので、ICをチェックすることで、より確かな本人確認が可能になる。
【0004】
また特許文献1にはIDカードの券面をスキャナで撮影した画像からIDカードの真贋を判定する真贋判定装置が記載されており、提出されたIDカードをスキャナで読取ることでIDカードの真贋判定を行うことも可能である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2011-34535号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
最近ではネット銀行などインターネット上の金融機関も一般的になってきている。この種の金融機関では、スマートフォン等のカメラでIDカードの券面を撮影し、その画像を金融機関に送ることで本人確認が行われるものもある。
【0007】
この場合、本人確認は対面でなく画像だけで行われるので、偽造を見破るための工夫が望まれている。例えばIDカードの顔画像の欄に市販のプリンタで偽の顔画像を印刷した印刷物を貼り付けるような偽造を行うと、券面の画像だけでは偽造がわからない場合もある。
【0008】
このような偽造の検出のため、IDカードの厚みがわかる画像の提出を要求する例もあるが、偽のIDカードに貼り付けられる印刷物が薄いと、上記画像によっても偽造は見破りにくい。
【0009】
本発明は上記の問題に鑑みてなされたものであり、本人確認証の真贋判定を好適に行うことのできる真贋判定装置等を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
前述した課題を解決するための第1の発明は、文字情報とユーザの顔画像が形成された本人確認証の真贋判定装置であって、前記本人確認証の画像を用い、前記顔画像から得られるユーザ属性と、前記文字情報から得られるユーザ属性とを比較することで真贋判定を行う真贋判定手段を有することを特徴とする真贋判定装置である。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
対話システム
25日前
個人
スキャナー装置
2日前
個人
接触型ICカード
1か月前
個人
エア入力システム
11日前
個人
ランド形成システム
11日前
個人
保険契約者保護システム
1日前
個人
情報処理装置
1か月前
日本精機株式会社
操作認識装置
3日前
株式会社リコー
学習装置
24日前
個人
発想支援プログラム及び方法
7日前
個人
配送管理システム
今日
株式会社クボタ
刈取計画装置
1か月前
辰巳電子工業株式会社
情報処理装置
7日前
株式会社ツガワ
端末処理装置
9日前
株式会社末広システム
駅伝蓄電システム
11日前
個人
故人を偲び仏行のお勤めできる仏壇
16日前
有限会社田中光学
PC操作補助具
29日前
金井電器産業株式会社
キーボード
18日前
日本信号株式会社
入力装置
29日前
個人
情報マップ生成プログラム及び方法
7日前
日本信号株式会社
読取装置
3日前
株式会社サマデイ
スカウトシステム
1か月前
株式会社PSI
情報処理装置
18日前
株式会社ノンピ
情報処理装置
15日前
個人
情報処理システム、及び情報処理方法
18日前
個人
情報処理システム
1か月前
株式会社 ミックウェア
情報処理システム
今日
CKD株式会社
データ管理システム
29日前
個人
電子文書の閲覧用電子機器、表示方法
28日前
京セラ株式会社
RFIDタグ
9日前
中国電力株式会社
書類管理システム
4日前
個人
商品生産システム及びプログラム
2日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
16日前
株式会社フクモト工業
情報管理システム
1か月前
株式会社東進
受講生評価システム
24日前
個人
評価装置及び評価プログラム
1日前
続きを見る