TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022094001
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-24
出願番号2020206770
出願日2020-12-14
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人特許業務法人中川国際特許事務所
主分類G03G 15/20 20060101AFI20220617BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】定着部のニップ圧を調整するための操作性を向上させる。
【解決手段】加熱部材と加圧部材とによりシートに画像を定着する定着部を有する画像形成装置であって、画像形成装置に開閉可能に設けられた開閉部材と、加熱部材を支持するフレームと、加圧部材を支持し、一端がフレームに揺動可能に支持され、他端に受け部を有する支持アームと、加熱部材と加圧部材とを押圧する付勢部材と、フレームに回動可能に設けられ、受け部に当接する第一カム部と第二カム部とを有し、第一カム部を受け部に当接して支持アームを第一の押圧力で押圧する第一の押圧位置に保持し、第二カム部を受け部に当接して支持アームを第一の押圧力より小さい第二の押圧力で押圧する第二の押圧位置に保持する切替部材と、開閉部材に設けられ、開閉部材の移動により、切替部材に接触し、支持アームを第一の押圧位置に向けて移動させる力を切替部材に発生させる突起部と、を備えた。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
加熱部材と前記加熱部材に押圧された加圧部材とによりシートに画像を定着する定着部を有する画像形成装置であって、
前記画像形成装置に開閉可能に設けられ、前記画像形成装置に係合した閉位置と、前記係合を解除して前記閉位置から退避した開位置との間を変位可能な開閉部材と、
前記加熱部材を支持するフレームと、
前記加圧部材を支持し、一端が前記フレームに揺動可能に支持され、他端に受け部を有する支持アームと、
前記フレームと前記支持アームの間に設けられ、前記加熱部材と前記加圧部材とを押圧する付勢部材と、
前記フレームに回動可能に設けられ、前記受け部に当接する第一カム部と、回動中心からの距離が前記第一カム部までの距離よりも長い位置に設けられ、前記受け部に当接する第二カム部と、を有し、前記第一カム部を前記受け部に当接して前記支持アームを第一の押圧力で押圧する第一の押圧位置に保持し、前記第二カム部を前記受け部に当接して前記支持アームを前記第一の押圧力より小さい第二の押圧力で押圧する第二の押圧位置に保持する切替部材と、
前記開閉部材に設けられ、前記開閉部材の開位置から閉位置への移動により、前記支持アームを前記第二の押圧位置に保持している前記切替部材に接触し、前記支持アームを前記第一の押圧位置に向けて移動させる力を前記切替部材に発生させる突起部と、
を備えたことを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 360 文字)【請求項2】
前記突起部は、前記開閉部材の厚さよりも薄い、2つ以上の板状のリブで形成されていることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記突起部は、前記支持アームを前記第二の押圧位置に保持している前記切替部材に接触する接触部を有し、前記接触部は、前記開閉部材の開位置から閉位置への移動により、前記切替部材に対して前記支持アームを前記第一の押圧位置に向けて移動させる力を発生させる傾斜を有することを特徴とする請求項1又は2に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記接触部が有する傾斜は、前記開閉部材の回転中心から前記切替部材との接触点までの距離が、前記開閉部材の開位置から閉位置への移動に応じて徐々に長くなる傾斜であることを特徴とする請求項3に記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、シートに画像を形成する画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来よりシートに画像を形成する画像形成装置として、感光体に形成された画像を転写部にてシートに転写し、転写された画像を定着部にてシートに定着し、画像が定着されたシートを装置上部の排出トレイに排出する構成が知られている。
【0003】
そして近年、普通紙、厚紙、封筒などの様々な種類のシートに対応することがユーザから要求されている。このような様々な種類のシートに対応することを目的として、装置側面(もしくは装置背面)の外装カバーを開放して、定着部にて画像が定着されたシートを、装置側面から水平方向に排出する構成が知られている。
【0004】
またシートの坪量が普通紙より大きい厚紙、あるいはシートのサイズが普通紙より小さい封筒などのシートに対応することを目的として、定着部における加熱ローラと前記加熱ローラに押圧された加圧ローラとのニップ圧を調整する構成が開示されている。
【0005】
特許文献1には、圧調整レバーを操作して、定着部のニップ圧を、通常(普通紙の通紙)の第1の押圧力と、厚紙や封筒を通紙させる前記第一の押圧力より小さい第二の押圧力とに切り替える構成が開示されている。そして、圧調整レバーは、例えば封筒を用いる場合にニップ圧が第2の押圧力になるように操作され、その操作後の位置で姿勢が保持される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特開2018-106028公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
したがって、上記従来の技術では、封筒に印刷を行う場合、外装カバーを開き、圧調整レバーを操作して定着部のニップ圧を第2の押圧力に切り替えて、封筒への印刷を行う。
【0008】
しかしながら、上記従来の技術では、封筒の印刷を終了した後、定着部のニップ圧を通常の第一の押圧力に切り替えずに外装カバーを閉じてしまう可能性があった。この場合、普通紙に印刷を行った際に、定着部のニップ圧不足で画像不良が発生してしまうという問題があった。
【0009】
そこで本発明の目的は、定着部のニップ圧を調整するための操作性を向上させることである。
【課題を解決するための手段】
【0010】
上記目的を達成するため、本発明は、加熱部材と前記加熱部材に押圧された加圧部材とによりシートに画像を定着する定着部を有する画像形成装置であって、前記画像形成装置に開閉可能に設けられ、前記画像形成装置に係合した閉位置と、前記係合を解除して前記閉位置から退避した開位置との間を変位可能な開閉部材と、前記加熱部材を支持するフレームと、前記加圧部材を支持し、一方の端部が前記フレームに揺動可能に支持され、他方の端部に受け部を有する支持アームと、前記フレームと前記支持アームの間に設けられ、前記加熱部材と前記加圧部材とを押圧する付勢部材と、前記フレームに回動可能に設けられ、前記受け部に当接する第一カム部と、回動中心からの距離が前記第一カム部までの距離よりも長い位置に設けられ、前記受け部に当接する第二カム部と、を有し、前記第一カム部を前記受け部に当接して前記支持アームを第一の押圧力で押圧する第一の押圧位置に保持し、前記第二カム部を前記受け部に当接して前記支持アームを前記第一の押圧力より小さい第二の押圧力で押圧する第二の押圧位置に保持する操作部材と、前記開閉部材に設けられ、前記開閉部材の開位置から閉位置への移動により、前記支持アームを前記第二の押圧位置に保持している前記操作部材に接触し、前記支持アームを前記第一の押圧位置に向けて移動させる力を前記操作部材に発生させる突起部と、を備えたことを特徴とする。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン電子株式会社
羽根駆動装置
1か月前
株式会社リコー
画像投影装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
18日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
8日前
キヤノン株式会社
定着器
2か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
三菱製紙株式会社
レジストの形成方法
1か月前
シャープ株式会社
画像形成装置
2か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
株式会社ニコン
露光装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
27日前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
日本電産株式会社
光学ユニット
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
2か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
トナー
15日前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
2か月前
続きを見る