TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022092780
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-23
出願番号2020205673
出願日2020-12-11
発明の名称遊技機
出願人株式会社三共
代理人
主分類A63F 7/02 20060101AFI20220616BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】不正に信号を発生させ、遊技点(データ)を増加させる不正行為を防止する遊技機を提供すること。
【解決手段】遊技価値としての遊技点に関する情報を管理し、遊技点により遊技が可能な遊技機(封入式パチンコ遊技機1)であって、遊技点の加算を指示する信号を送信する第1制御基板(主制御基板21)と、前記信号にもとづいて遊技点を加算する第2制御基板(枠制御基板34)と、を備え、前記第1制御基板と前記第2制御基板との間の信号線(配線L1、L2、L3)を複数系統に分割し、少なくとも1の系統の配線(配線L1)について裏面側から視認可能とする。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
遊技価値としての遊技点に関する情報を管理し、遊技点により遊技が可能な遊技機であって、
遊技点の加算を指示する信号を送信する第1制御基板と、
前記信号にもとづいて遊技点を加算する第2制御基板と、を備え、
前記第1制御基板と前記第2制御基板との間の信号線を複数系統に分割し、少なくとも1の系統の配線について裏面側から視認可能としたことを特徴とする遊技機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、遊技球を内部に封入した封入式パチンコ遊技機や、メダル等の遊技媒体の代わりに遊技点(データ)を用いて遊技を行うスロットマシン(メダルレススロット)等の遊技機に関する。
続きを表示(約 3,500 文字)【背景技術】
【0002】
店舗内設備(補給設備、揚送装置、研磨装置)の削減、店員の作業軽減(球箱運搬作業、メンテナンス作業等の軽減)のため、遊技球を内部に封入した封入式パチンコ遊技機(例えば、特許文献1)や、メダル等の遊技媒体の代わりに遊技点(データ)を用いて遊技を行うスロットマシン(メダルレススロット)(例えば、特許文献2)が開発されている。遊技により得た遊技価値(出玉)は、遊技点としてデータ化され、カード等の記憶媒体に記憶される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-166002号公報
特開2020-116297号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
実物の球(メダル等)の払い出しがある従前の遊技機の場合には、不正に信号を発生させ出玉を増加させた場合には、見た目にも異常な数の遊技球等が払い出されるため、早期に発見が容易であったが、特許文献1や2の遊技機は、実物の球(メダル等)の払い出しが無いため、不正行為により遊技点(データ)が増加した場合に発見しにくいという課題があった。
【0005】
本発明は、係る実情に鑑み考え出されたものであり、その目的は、不正に信号を発生させ、遊技点(データ)を増加させる不正行為を防止する遊技機を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
(1)遊技価値としての遊技点に関する情報を管理し、遊技点により遊技が可能な遊技機(封入式パチンコ遊技機1)であって、
遊技点の加算を指示する信号を送信する第1制御基板(主制御基板21)と、
前記信号にもとづいて遊技点を加算する第2制御基板(枠制御基板34)と、を備え、
前記第1制御基板と前記第2制御基板との間の信号線(配線L1、L2、L3)を複数系統に分割し、少なくとも1の系統の配線(配線L1)について裏面側から視認可能とした。
このような構成によれば、以下のような効果を得ることができる。不正基板を作成する場合には、複数系統の信号線について通信を行う必要があるため、入出力回路等やプログラムが複雑になり、不正基板の作成(開発)の手間(コスト)を増大させ、不正基板の作成を困難にすることができる。また、不正基板の取り付け作業には、複数系統の信号線の取り外しが必要になるため、取り付け作業に手間(時間)がかかり、取り付け作業の発見が容易になる。また、少なくとも1の系統の信号線が裏面側から視認可能であるため、不正基板が取り付けられた場合に発見が容易になる。
(2)遊技価値としての遊技点に関する情報を管理し、遊技点により遊技が可能な遊技機(封入式パチンコ遊技機1)であって、
遊技点の加算を指示する信号を送信する第1制御手段(主制御基板21、または、主制御CPU)と、
前記信号にもとづいて遊技点を加算する第2制御手段(枠制御基板34、または、枠制御CPU)と、
前記第1制御手段と前記第2制御手段とを収容する収容体(基板収容ボックス)と、を備え
一部を破壊しない限り開封できない封止手段(封止部品)を前記収容体に設け、前記第1制御手段と前記第2制御手段とを封止した。
このような構成によれば、以下のような効果を得ることができる。不正基板を接続するには、収容体を開封しなければならず、取り付け作業に手間(時間)がかかり、取り付け作業の発見が容易になる。また、開封の痕跡が残るため不正基板が取り付けられた場合に発見が容易になる。
(3)遊技価値としての遊技点に関する情報を管理し、遊技点により遊技が可能なスロットマシン(メダルレススロットS1)であって、
遊技点の加算を指示する信号を送信する第1制御基板(PS主制御基板S21)と、
前記信号にもとづいて遊技点を加算する第2制御基板(PSメダル数制御基板S34)と、を備え、
前記第1制御基板と前記第2制御基板との間の信号線(配線SL1、SL2)を複数系統に分割し、少なくとも1の系統の配線(配線SL1)について前面扉(前面扉S3F)を開放した状態にて視認可能とした。
このような構成によれば、以下のような効果を得ることができる。不正基板を作成する場合には、複数系統の信号線について通信を行う必要になるため、入出力回路等やプログラムが複雑になり、不正基板の作成(開発)の手間(コスト)を増大させ、不正基板の作成を困難にすることができる。また、不正基板の取り付け作業には、複数系統の信号線の取り外しが必要になるため、取り付け作業に手間(時間)がかかり、取り付け作業の発見が容易になる。また、少なくとも1の系統の信号線が前面扉を開放した状態にて視認可能であるため、不正基板が取り付けられた場合に発見が容易になる。
(4)遊技価値としての遊技点に関する情報を管理し、遊技点により遊技が可能なスロットマシン(メダルレススロットS1)であって、
遊技点の加算を指示する信号を送信する第1制御手段(PS主制御基板S21、または、PS主制御CPU)と、
前記信号にもとづいて遊技点を加算する第2制御手段(PSメダル数制御基板S34、または、PSメダル数制御CPU)と、
前記第1制御手段と前記第2制御手段とを収容する収容体(基板収容ボックス)と、を備え
一部を破壊しない限り開封できない封止手段(封止部品)を前記収容体に設け、前記第1制御手段と前記第2制御手段とを封止した。
このような構成によれば、以下のような効果を得ることができる。不正基板を接続するには、収容体を開封しなければならず、取り付け作業に手間(時間)がかかり、取り付け作業の発見が容易になる。また、開封の痕跡が残るため不正基板が取り付けられた場合に発見が容易になる。
【0007】
尚、本発明は、本発明の請求項に記載された発明特定事項のみを有するものであって良いし、本発明の請求項に記載された発明特定事項とともに該発明特定事項以外の構成を有するものであっても良い。
【図面の簡単な説明】
【0008】
実施形態Pの封入式パチンコ遊技機及びカードユニットを示す正面図である。
実施形態Pの封入式パチンコ遊技機を示す裏面図である。
実施形態Pの封入式パチンコ遊技機の主制御基板と枠制御基板との間の配線系統の模式図及び信号の一覧表である。
変形例P1の封入式パチンコ遊技機の主制御基板と枠制御基板を示す図である。
変形例P2の封入式パチンコ遊技機の主制御/枠制御基板を示す図である。
実施形態Sのメダルレススロット及びカードユニットを示す正面図である。
実施形態Sのメダルレススロットの前面扉を開放した状態を示す図である。
実施形態SのメダルレススロットのPS主制御基板とPSメダル数制御基板との間の配線系統の模式図及び信号の一覧表である。
変形例S1のメダルレススロットのPS主制御基板とPSメダル数制御基板を示す図である。
変形例S2のメダルレススロットのPS主制御/PSメダル数制御基板を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
図1を参照し、封入式パチンコ遊技機1、カードユニット4について説明する。
【0010】
遊技者が遊技を開始する際には、紙幣投入口41へ紙幣を投入する。投入金額に応じたプリペイド残高(金額)が表示器43に表示される。貸出ボタン44を1回押すと、プリペイド残高から500円分が差し引かれ、500円に相当する遊技点(125P)が封入式パチンコ遊技機1側の持玉表示器32に表示(加算)され遊技可能な状態となる。
なお、遊技点とは発射できる遊技球数と同数である。次にハンドル31を操作し発射装置により遊技球を発射する。発射された遊技球が、釘が植設された遊技領域を流下し、始動入賞口24に入賞すると、乱数抽選を行い、抽選結果を液晶表示器23に表示し、大当りとなった場合には大入賞口25が開放され、大入賞口25に遊技球が入賞することで多くの遊技点を得ることが可能となっている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
17日前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
17日前
株式会社三共
遊技機
17日前
株式会社三共
遊技機
17日前
株式会社三共
遊技機
17日前
株式会社三共
遊技機
17日前
株式会社三共
遊技機
17日前
株式会社三共
遊技機
17日前
株式会社三共
遊技機
17日前
株式会社三共
遊技機
17日前
株式会社三共
遊技機
10日前
株式会社三共
スロットマシン
4日前
株式会社三共
スロットマシン
16日前
株式会社三共
スロットマシン
4日前
株式会社三共
スロットマシン
4日前
株式会社三共
スロットマシン
4日前
株式会社三共
スロットマシン
4日前
株式会社三共
スロットマシン
4日前
株式会社三共
スロットマシン
4日前
株式会社三共
スロットマシン
4日前
株式会社三共
遊技機
16日前
株式会社三共
遊技機
16日前
株式会社三共
遊技機
2日前
個人
健康具
2か月前
個人
足運動具
3か月前
個人
ラケット
3か月前
個人
玩具
2か月前
個人
名前ゲーム
2か月前
個人
剣玉様玩具
1か月前
個人
カードセット
1か月前
個人
トスマシーン
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
3か月前
続きを見る