TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022090762
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-20
出願番号2020203260
出願日2020-12-08
発明の名称容器
出願人三甲株式会社
代理人個人
主分類B65D 25/20 20060101AFI20220613BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】側面に取付けられる無線タグの読取り易さの向上を図ることのできる容器を提供する。
【解決手段】容器1は、底壁構成部2と、底壁構成部2の外周縁から上方に延出する側壁部3、4と、底壁構成部2の外周部から外方側に延出する下フランジ部8とを備える。長辺側側壁部3の外面側に設けられ、無線タグ21を取付可能な取付部22は、無線タグ21の下部の容器1の内方側への変位を規制する内下規制部36と、無線タグ21の上部の容器1の内方側への変位を規制する内上規制部33と、無線タグ21の下部の容器1の外方側への変位を規制する外下規制部34と、無線タグ21の上部の容器1の外方側への変位を規制する外上規制部35とを備える。内下規制部36は、側壁部3(内板部28)から容器1の外方側に突出して設けられる上、内上規制部33よりも内板部28から容器1の外方側に離間した位置で無線タグ21の容器1の内方側への変位を規制する。
【選択図】 図7
特許請求の範囲【請求項1】
底壁構成部と、前記底壁構成部の外周縁から上方に延出する側壁部と、前記側壁部の外面、又は、前記底壁構成部の外周部から外方側に延出する受壁部とを備える合成樹脂製の容器において、
前記側壁部の外面側には、無線タグを取付可能な取付部が設けられ、
前記取付部は、
前記受壁部の上面側に設けられ、前記無線タグの下方への変位を規制する下方規制部と、
前記無線タグの上方への変位を規制する上方規制部と、
前記無線タグの前記容器の内方側への変位を規制する内方規制部と、
前記無線タグの下部の前記容器の外方側への変位を規制する外下規制部と、
前記無線タグの上部の前記容器の外方側への変位を規制する外上規制部とを備え、
前記内方規制部は、
前記外下規制部、及び、前記外上規制部よりも前記容器の内方側の位置に設けられ、前記無線タグの下部の前記容器の内方側への変位を規制する内下規制部と、
前記内下規制部よりも上方位置において、前記無線タグの上部の前記容器の内方側への変位を規制する内上規制部と備え、
前記外下規制部と、前記内下規制部との間に前記無線タグの下部が挿入されて、前記無線タグの下部の前記容器の内外方向への変位が規制される構成であり、
前記内下規制部は、前記側壁部から前記容器の外方側に突出して設けられるとともに、前記内上規制部よりも前記側壁部から前記容器の外方側に離間した位置で前記無線タグの前記容器の内方側への変位を規制し、
前記外下規制部、及び、前記外上規制部のうち少なくとも一方は、突状に構成されるとともに、前記容器の外方側の部位において、突出方向先端部側に向けて前記容器の内方側に傾斜する面取部を備えていることを特徴とする容器。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記容器の内外方向において、前記外下規制部と、前記内下規制部とが互いに対向配置され、
前記受壁部のうち、前記容器の内外方向において、前記外下規制部と、前記内下規制部との間の位置には、上下に貫通する貫通孔が設けられ、
前記内下規制部の前記規制面は前記受壁部の前記貫通孔の周縁部に連結され、当該規制面を前記受壁部の上面よりも下方に延長させるようにして延長壁部が設けられていることを特徴とする請求項1に記載の容器。
【請求項3】
前記内下規制部は、前記受壁部よりも上方位置において前記側壁部から前記容器の外方側に突出する天壁部と、前記天壁部から下方に延びて前記受壁部と連結される縦壁部と、前記天壁部、前記縦壁部、前記受壁部、及び、前記側壁部の間を連結する連結壁部とを備えるとともに、下方に開口されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の容器。
【請求項4】
前記受壁部よりも上方において、前記側壁部から前記容器の外方側に延びる上壁部と、
前記上壁部の外側縁部から下方に延びる折返し壁部とを備え、
前記無線タグが取付けられる前記側壁部は、当該側壁部の一部を前記容器の内方側に窪ませるようにして設けられ、前記無線タグの少なくとも一部を収容可能な窪み部を備え、
前記折返し壁部から前記外上規制部までの間の部位により、作業者が手を掛けることを可能とする手掛け部が構成され、
前記手掛け部は、前記無線タグが取付けられる前記側壁部の横幅方向において、前記取付部の形成範囲を含む範囲に設けられていることを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の容器。
【請求項5】
前記底壁構成部は、略板状の底壁部と、前記底壁部から下方に突出して前記底壁部を支持する支持リブとを備え、
前記上方規制部は、前記窪み部の上方を閉塞する上板部により構成され、
前記容器同士を積み重ねた状態において、上側の前記容器の支持リブが、下側の前記容器の前記側壁部の内側に挿入され、上側の前記容器の支持リブの下端部が、下側の前記容器の前記上板部から上方に離間していることを特徴とする請求項4に記載の容器。
【請求項6】
前記受壁部には、当該受壁部の外側縁部のうち、前記取付部に対応する範囲を含む部位を、その他の部位よりも前記容器の内方側に位置させる切欠き部が設けられていることを特徴とする請求項1乃至5のいずれかに記載の容器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、無線タグが取付けられる容器に関するものである。
続きを表示(約 2,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来、容器等に対して無線タグを取付け、物流管理等を効率的に行うことが知られている(例えば、特許文献1等参照。)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2002-366915号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、無線タグが容器の側面に取付けられる構成において、容器の側面が傾いている場合には、当該側面に取付けられた無線タグについても同様に傾いてしまう。この場合、無線タグの記憶情報、或いは、無線タグの表面の表示情報を容器の側方から読取る際に、無線タグに対するリーダライタの角度や位置、或いは、作業者の視点の位置等を合わせ難くなってしまうことが懸念される。
【0005】
本発明は、上記例示した問題点等を解決するためになされたものであって、その目的は、側面に取付けられる無線タグの読取り易さの向上を図ることのできる容器を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
以下、上記目的等を解決するのに適した各手段につき項分けして説明する。なお、必要に応じて対応する手段に特有の作用効果等を付記する。
【0007】
手段1.底壁構成部と、前記底壁構成部の外周縁から上方に延出する側壁部と、前記側壁部の外面、又は、前記底壁構成部の外周部から外方側に延出する受壁部とを備える合成樹脂製の容器において、
前記側壁部の外面側には、無線タグを取付可能な取付部が設けられ、
前記取付部は、
前記受壁部の上面側に設けられ、前記無線タグの下方への変位を規制する下方規制部と、
前記無線タグの上方への変位を規制する上方規制部と、
前記無線タグの前記容器の内方側への変位を規制する内方規制部と、
前記無線タグの下部の前記容器の外方側への変位を規制する外下規制部と、
前記無線タグの上部の前記容器の外方側への変位を規制する外上規制部とを備え、
前記内方規制部は、
前記外下規制部、及び、前記外上規制部よりも前記容器の内方側の位置に設けられ、前記無線タグの下部の前記容器の内方側への変位を規制する内下規制部と、
前記内下規制部よりも上方位置において、前記無線タグの上部の前記容器の内方側への変位を規制する内上規制部と備え、
前記外下規制部と、前記内下規制部との間に前記無線タグの下部が挿入されて、前記無線タグの下部の前記容器の内外方向への変位が規制される構成であり、
前記内下規制部は、前記側壁部から前記容器の外方側に突出して設けられるとともに、前記内上規制部よりも前記側壁部から前記容器の外方側に離間した位置で前記無線タグの前記容器の内方側への変位を規制し、
前記外下規制部、及び、前記外上規制部のうち少なくとも一方は、突状に構成されるとともに、前記容器の外方側の部位において、突出方向先端部側に向けて前記容器の内方側に傾斜する面取部を備えていることを特徴とする容器。
【0008】
手段1によれば、内上規制部と、外上規制部との間に、無線タグの上部を挿入してから、無線タグの下部を容器の内方側に押し込むようにして(受壁部や外下規制部を弾性変形させつつ、無線タグを回動させて)、当該無線タグの下部を内下規制部と、外下規制部との間に挿入することで、無線タグを容器に取付けることができる。或いは、内下規制部と、外下規制部との間に、無線タグの下部を挿入してから、無線タグの上部を容器の内方側に押し込むようにして、当該無線タグの上部を内上規制部と、外上規制部との間に挿入することで、無線タグを容器に取付けることができる。若しくは、外上規制部と外下規制部との両方が取付部の側部から取付部の内方側に突出して設けられる場合には、取付部の一側部側に設けられた内上規制部、及び、内下規制部と、外上規制部、及び、外下規制部との間に、無線タグの一側部側を挿入してから、無線タグの他側部側を容器の内方側に押し込むようにして(取付部の他側部側に設けられた外下規制部、及び、外上規制部を弾性変形させつつ、無線タグを回動させて)、当該無線タグの他側部側を取付部の他側部側に設けられた内上規制部、及び、内下規制部と、外上規制部、及び、外下規制部との間に挿入することで、無線タグを容器に取付けることができる。このとき、外下規制部、及び、外上規制部のうち少なくとも一方に面取部が設けられていることで、無線タグの下部、又は、上部が外下規制部、又は、外上規制部を相対的に乗り越え易くなり、無線タグの取付作業性の向上等を図ることができる。
【0009】
また、例えば、側壁部が上方に向けて容器の外方側に傾斜している等して、側壁部の外面側に無線タグを取付ける場合に、無線タグが上方に向けて容器の外方側に傾きがちな構成を具備している場合であっても、内下規制部が設けられていることにより、容器に取付けられた無線タグの下部を、容器の外方側に位置させて、無線タグを略鉛直方向に延在させた姿勢とすることができる。従って、無線タグの記憶情報、或いは、無線タグの表面の表示情報を容器の側方から読取る際に、無線タグに対するリーダライタの角度や位置、或いは、作業者の視点の位置等を合わせ易くすることができる。結果として、容器の側壁部の外面側に取付けられる無線タグの読取り易さの向上を図ることができる。
【0010】
尚、「前記側壁部は、上方に向けて、前記容器の外方側に傾斜していること」としてもよい。この場合、内下規制部を設けることで、容器に取付けられた無線タグの姿勢(設置方向)を極力鉛直方向とするといった作用効果がより確実に奏される。また、受壁部の上面の一部が下方規制部を構成することとしてもよい。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
袋。
2か月前
個人
袋開口機
4か月前
個人
収納容器
1か月前
個人
食品掴む具
2か月前
個人
水切りごみ袋
3か月前
個人
部品供給装置
14日前
個人
食品包装容器
4か月前
個人
テープ巻付機
2か月前
個人
水切りごみ袋
21日前
個人
部品供給装置
19日前
個人
組立容器
21日前
個人
圧縮蓋付ゴミ箱
2か月前
個人
袋綴じ具
3か月前
個人
卵トレイ
2か月前
個人
包装容器
1か月前
株式会社KY7
蓋部材
4か月前
個人
ごみ袋拡張固定具
12日前
個人
容器の閉鎖蓋構造
19日前
凸版印刷株式会社
蓋材
3か月前
個人
飲料用容器
1か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
14日前
凸版印刷株式会社
包装体
1か月前
個人
円筒缶容器のホルダ
3か月前
凸版印刷株式会社
パウチ
3か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
3か月前
凸版印刷株式会社
包装体
3か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
3か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
3か月前
大倉工業株式会社
包装体
2か月前
凸版印刷株式会社
パウチ
2か月前
個人
紙パック開封用把手
14日前
凸版印刷株式会社
パウチ
19日前
凸版印刷株式会社
包装体
19日前
個人
チューブ容器の分別
11日前
凸版印刷株式会社
包装体
2か月前
株式会社イシダ
印字装置
2か月前
続きを見る