TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022089695
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-16
出願番号2020202302
出願日2020-12-04
発明の名称定着装置
出願人ブラザー工業株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/20 20060101AFI20220609BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】画像形成装置が印刷可能な最大のシートが通る領域の端部において、定着温度の低下を抑制できる定着装置を提供する。
【解決手段】定着装置は、ベルトと、ヒータ112と、ホルダと、熱伝導部材114とを備える。ヒータ112は、基板1121と、発熱体1122とを有する。熱伝導部材114は、ヒータ112とホルダとの間に位置し、本体部1141と、第1対向部1142Aと、第2対向部1142Bとを有する。第1対向部1142Aは、基板1121において発熱体1122の一端部E21がある領域に対向する。第2対向部1142Bは、基板1121において発熱体1122の他端部E22がある領域に対向する。第1対向部1142Aの断面積、および、第2対向部1142Bの断面積は、本体部1141の断面積よりも小さい。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
筒状のベルトと
前記ベルトの内周面に接触し、前記ベルトを加熱するヒータであって、前記ベルトの回転軸方向と平行な第1方向に延びる板状の基板と、前記基板に位置する発熱体と、を有するヒータと、
前記ベルトの内側に位置し、前記ヒータを支持するホルダと、
前記ヒータと前記ホルダとの間に位置し、熱伝導率が前記基板よりも高い熱伝導部材と、
を備え、
前記熱伝導部材は、
前記第1方向において前記発熱体の一端部と前記発熱体の他端部との間に位置する本体部と、
前記基板において前記発熱体の一端部がある領域に対向し、断面積が前記本体部よりも小さい第1対向部と、
前記基板において前記発熱体の他端部がある領域に対向し、断面積が前記本体部よりも小さい第2対向部と、を有する、定着装置。
続きを表示(約 950 文字)【請求項2】
前記第1対向部の前記本体部側の端部、および、前記第2対向部の前記本体部側の端部は、前記第1方向において、画像形成装置が印刷可能な最大のシートが通る領域内に位置する、請求項1に記載の定着装置。
【請求項3】
前記発熱体は、
前記第1方向の中央部である第1部分と、
前記第1方向において前記第1部分の一端部側に位置し、単位長さ当たりの抵抗値が前記第1部分よりも低い第2部分と、
前記第1方向において前記第1部分の他端部側に位置し、単位長さ当たりの抵抗値が前記第1部分よりも低い第3部分と、
を有し、
前記第1対向部の前記本体部側の端部は、前記発熱体の前記第1部分の前記一端部と対向し、
前記第2対向部の前記本体部側の端部は、前記発熱体の前記第1部分の前記他端部と対向する、請求項1または請求項2に記載の定着装置。
【請求項4】
前記熱伝導部材は、
前記第1方向において前記熱伝導部材の一端部と、前記第1対向部の前記本体部と反対側の端部との間に位置し、断面積が前記第1対向部よりも大きい第1端部と、
前記第1方向において前記熱伝導部材の他端部と、前記第2対向部の前記本体部と反対側の端部との間に位置し、断面積が前記第2対向部よりも大きい第2端部と、を有する、請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の定着装置。
【請求項5】
前記ヒータは、
前記第1方向において前記ヒータの一端部と前記発熱体との間に位置し、配線によって前記発熱体と電気的に接続される端子を、さらに有し、
前記熱伝導部材は、前記第1方向において、前記端子と前記発熱体との間の位置から前記ヒータの他端部まで延びる、請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の定着装置。
【請求項6】
前記熱伝導部材は、前記第1方向において、前記ヒータの一端部から前記ヒータの他端部まで延びる、請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の定着装置。
【請求項7】
前記第1対向部および前記第2対向部のそれぞれは、矩形状の穴を有する、請求項1から請求項6のいずれか一項に記載の定着装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、定着装置に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、定着フィルムと、定着フィルムを加熱する加熱用ヒータとを備える加熱装置が知られている。加熱装置は、断熱支持部材と加熱用ヒータとの間に、高熱伝導性部材である金属板を有する(下記特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平11-84919号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記した特許文献1に記載の加熱装置では、加熱用ヒータの全域にわたって、金属板が設けられているため、加熱用ヒータからの熱が、金属板によって、画像形成装置が印刷可能な最大のシートが通る領域の外側まで伝わってしまう。
【0005】
そのため、画像形成装置が印刷可能な最大のシートが通る領域の端部において、定着温度が低下してしまう場合がある。
【0006】
そこで、本開示の目的は、画像形成装置が印刷可能な最大のシートが通る領域の端部において、定着温度の低下を抑制できる定着装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
(1)本開示の定着装置は、筒状のベルトと、ヒータと、ホルダと、熱伝導部材とを備える。ヒータは、ベルトの内周面に接触する。ヒータは、ベルトを加熱する。ヒータは、板状の基板と、発熱体とを有する。基板は、第1方向に延びる。第1方向は、ベルトの回転軸方向と平行である。発熱体は、基板に位置する。ホルダは、ベルトの内側に位置する。ホルダは、ヒータを支持する。熱伝導部材は、ヒータとホルダとの間に位置する。熱伝導部材の熱伝導率は、基板の熱伝導率よりも高い。
【0008】
熱伝導部材は、本体部と、第1対向部と、第2対向部とを有する。本体部は、第1方向において、発熱体の一端部と、発熱体の他端部との間に位置する。第1対向部は、基板において発熱体の一端部がある領域に対向する。第1対向部の断面積は、本体部の断面積よりも小さい。第2対向部は、基板において発熱体の他端部がある領域に対向する。第2対向部の断面積は、本体部の断面積よりも小さい。
【0009】
このような構成によれば、熱伝導部材において、第1対向部の断面積、および、第2対向部の断面積は、本体部の断面積よりも小さい。
【0010】
そのため、熱伝導部材において、第1対向部における熱伝導、および、第2対向部における熱伝導は、本体部における熱伝導と比べて、抑制される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
2か月前
キヤノン電子株式会社
羽根駆動装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
16日前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
25日前
キヤノン株式会社
トナー
13日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
日本電産株式会社
光学ユニット
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
株式会社ニコン
露光装置
4日前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
シャープ株式会社
画像形成装置
2か月前
三菱製紙株式会社
レジストの形成方法
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
定着器
2か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
2か月前
続きを見る