TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022086946
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-09
出願番号2020207946
出願日2020-11-30
発明の名称電子旅程システム
出願人個人
代理人
主分類G06Q 50/10 20120101AFI20220602BHJP(計算;計数)
要約【課題】 代理旅行でも、現実の募集型企画旅行が持っていた「旅程感覚」を実現する。
【解決手段】
旅行者に代わって代理で旅行/取材した記録をオンデマンドで配信する募集型企画旅行において、Web上に表示した電子旅程1上の旅程項目を指示すると、その項目に関連した配信12等が行われる電子旅程システム。実際の代理者による取材日時と参加者が参加する旅行日程の2つを具有し、取材日時は指定があれば、表示手段13によって表示される。また、出発式、解散式など、リアルタイムに参加者が集合する項目については、指示によってリアルタイム配信手段11が起動される。記録者が取材した配信コンテンツに、記録者と現地の人の会話など現地語(参加者から見て、なじみの薄い外国語の場合)が含まれている場合、参加者のなじみのある言語での字幕を付ける字幕付与手段131を持つことを特徴とする。さらに、参加者とサービス提供側の対話を可能とする手段14を持たせる。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
旅行者に代わって代理で旅行/取材した記録をオンデマンドで配信する募集型企画旅行で用いるものであって、Web上に表示した電子旅程上の計画項目を指示すると、その項目に関連した配信が行われる電子旅程システム
続きを表示(約 570 文字)【請求項2】
参加者が参加する旅行日程の表示に加え、指定があれば旅程項目ごとに、実際の代理者による取材日時を表示する取材日時表示手段を持つことを特徴とする電子旅程システム
【請求項3】
旅行者に代わって代理で旅行/取材した記録をオンデマンドで配信する募集型企画旅行で用いるものであって、出発式、解散式などをリアルタイムに表示する設定になっている場合は、当該旅程項目が指定された場合、参加者がリアルタイムに集合し対話可能なリアルタイム配信ツールが起動される電子旅程システム
【請求項4】
旅行者に代わって代理で旅行/取材した記録をオンデマンドで配信する募集型企画旅行で用いるものであって、記録者が取材した配信コンテンツに、記録者と現地の人の会話など参加者から見て、なじみの薄い外国語が含まれている場合、参加者のなじみのある言語での字幕を付与することを特徴とする電子旅程システム
【請求項5】
旅行者に代わって代理で旅行/取材した記録をオンデマンドで配信する募集型企画旅行で用いるものであって、各参加者と、現地を取材したレポーター、企画者・案内者・ナレーター等がQA等対話を行うため、および、全参加者と全関係者が情報を共有し会話をすることのできるメッセ―交換手段を有する電子旅程システム

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
現実の旅行に行けない人に代わって代理で旅行/取材し、現実の旅行に近い旅の気分を届けるサービスのシステムに関わる。
旅行会社が提供している企画旅行サービスには、現実に足を運ぶ企画旅行(募集型および手配型)と、代理で旅行/取材しその様子・結果をインターネットを介して参加者に配信する代理旅行があり、さらに代理旅行サービスには、利用者がいつでも配信を受けられるオンデマンド型のものと、所定の時刻に配信を受けるリアルタイム(LIVE配信)型のものがある。オンライン旅行とは、通常、リアルタイム(LIVE配信)型を指す場合が多い。本発明は代理旅行サービスに分類されるものであって、さらにオンデマンド配信を基本とするものである(図1)。なお、以下、従来の現実の企画旅行(募集型および手配型)を「募集型企画旅行」を総称する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
代理旅行サービスに関連した発明には、予め観光情報などを収集して、利用者の要望に沿って編集・提供するオンデマンド型のものとして、設置カメラ映像を利用者行程に沿って編集し提供する発明(特許文献1)がある。一方、リアルタイム型のものとしては、現地のガイドが代理で旅する様子を双方向で提供する(つまりリアルタイムでガイドに話しかけることもできる)システムが既に多く商用化され、関連発明としてもドローンを活用したもの(特許文献2)などがある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第5581287号公報
特開2017-204253公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
直接足を運ぶ現実の旅行に対して、代理旅行(または仮想旅行)サービスを提供する場合、主要な観光地にフォーカスして数時間程度あるいは1日以内に縮退してしまうことが多く、本来の旅行が持っていた数日間におよぶ「旅程感覚」(準備の楽しさ、移動感(はるばる感)、宿泊感等含む)を実現できなくなっている。代理旅行であっても、この「旅程感覚」という旅の楽しみを実現するのが課題である。
【課題を解決するための手段】
【0005】
課題を解決するために、これまでに無かった以下の電子旅程システムを実現する。
【0006】
旅行者に代わって代理で旅行/取材した記録を、旅程項目ごとにオンデマンドで配信可能な音声付き動画に編集し、Web上に表示した旅程上の計画項目を指示すると、その項目に関連した配信が行われる「電子旅程1」を設ける。
【0007】
この電子旅程1は、実際の代理者による取材日時と参加者が参加する旅行日程の2つを具有し、国内時間に合わせて配信を受ける利用者が、容易に実際の取材日時を確認することができる「取材日時表示手段15」を持つ。
【0008】
またこの電子旅程1には、必要に応じて、一部のたとえば出発式、解散式などの項目を指定した場合に、参加者がリアルタイムに集合し対話可能なWebミーティングのシステムを起動する「リアルタイム配信ツール13」を具備させる。
【0009】
また電子旅程1で配信する内容では、記録者が取材した配信コンテンツに、記録者と現地の人の会話など現地語(参加者から見て、なじみの薄い外国語の場合)が含まれている場合、参加者のなじみのある言語での字幕を付けるための「字幕付与手段14」を持つ。
【0010】
さらに電子旅程には、各参加者と、現地を取材したレポーター、企画者・案内者・ナレーター等がQA等対話を行うため、および、全参加者と全関係者が情報を共有し会話をすることのできる「メッセ―交換手段17」を具有させる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
対話システム
22日前
個人
エア入力システム
8日前
個人
接触型ICカード
1か月前
個人
ランド形成システム
8日前
日本精機株式会社
操作認識装置
今日
個人
情報処理装置
1か月前
株式会社リコー
学習装置
21日前
個人
発想支援プログラム及び方法
4日前
株式会社クボタ
刈取計画装置
1か月前
株式会社ツガワ
端末処理装置
6日前
辰巳電子工業株式会社
情報処理装置
4日前
日本信号株式会社
入力装置
26日前
個人
故人を偲び仏行のお勤めできる仏壇
13日前
金井電器産業株式会社
キーボード
15日前
個人
情報マップ生成プログラム及び方法
4日前
株式会社末広システム
駅伝蓄電システム
8日前
有限会社田中光学
PC操作補助具
26日前
日本信号株式会社
読取装置
今日
CKD株式会社
データ管理システム
26日前
中国電力株式会社
書類管理システム
1日前
個人
電子文書の閲覧用電子機器、表示方法
25日前
株式会社PSI
情報処理装置
15日前
株式会社ノンピ
情報処理装置
12日前
個人
情報処理システム
1か月前
京セラ株式会社
RFIDタグ
6日前
個人
情報処理システム、及び情報処理方法
15日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
13日前
株式会社SUBARU
個人認識システム
1か月前
株式会社東進
受講生評価システム
21日前
栗田工業株式会社
水処理システム
18日前
株式会社リコー
媒体、及び収容体
12日前
株式会社フクモト工業
情報管理システム
1か月前
大阪瓦斯株式会社
料理情報提案システム
今日
個人
情報出力装置及びプログラム
15日前
株式会社はくぶん
学校教材販売システム
15日前
株式会社デンソー
色比較装置
26日前
続きを見る