TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022086326
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-09
出願番号2020198271
出願日2020-11-30
発明の名称車両用表示装置
出願人日本精機株式会社
代理人
主分類B60K 35/00 20060101AFI20220602BHJP(車両一般)
要約【課題】電源異常に対する耐力を向上した車両用表示装置を提供する。
【解決手段】車両Cに搭載され、車両情報を表示すヘッドアップディスプレイ1であって、車両情報を表示するディスプレイDiと、ディスプレイDiを制御するプロセッサ10と、外部から印加される電源電圧VBを第1電圧V1へ変圧し、プロセッサ10へ電力を供給する第1電源V1と、電源電圧VBを第2電圧V2へ変圧する第2電源12と、第2電圧V2に基づいて動作し、第1電圧V1が第1閾値電圧未満である場合に、第1電源11を通常動作させ、第1電圧V1が第1閾値電圧以上である場合に、第1電源11を停止させる電圧判定部とを備える車両用表示装置。
【選択図】図2

特許請求の範囲【請求項1】
車両に搭載され、車両情報を表示する車両用表示装置であって、
前記車両情報を表示するディスプレイと、
前記ディスプレイを制御するプロセッサと、
外部から印加される電源電圧を第1電圧へ変圧し、前記プロセッサへ電力を供給する第1電源と、
前記電源電圧を第2電圧へ変圧する第2電源と、
前記第2電圧に基づいて動作し、
前記第1電圧が第1閾値電圧未満である場合に、前記第1電源を通常動作させ、
前記第1電圧が第1閾値電圧以上である場合に、前記第1電源を停止させる電圧判定部と
を備える車両用表示装置。
続きを表示(約 230 文字)【請求項2】
前記プロセッサは、前記第1電圧が前記第1閾値電圧未満かつ第2閾値電圧以上の場合、外部の装置へ電圧異常発生信号を出力する
請求項1に記載の車両用表示装置。
【請求項3】
前記車両用表示装置はヘッドアップディスプレイであり、
前記装置はメータである
請求項2に記載の車両用表示装置。
【請求項4】
前記電圧判定部は、リセットICである
請求項1に記載の車両用表示装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、車両用表示装置に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
従来の車両用表示装置として、例えば特許文献1に記載された構成が知られている。特許文献1が示す車両用表示装置は、ヘッドアップディスプレイ(1)であり、バッテリ(45)から電力を供給されることで動作する。電源部(22)は変圧器であり、ヘッドアップディスプレイ(1)に対してバッテリ(45)から印加される電圧を変圧してからヘッドアップディスプレイ(1)を構成する各部品へ電力を供給する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014-144743号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1に記載の構成では、ヘッドアップディスプレイへ電圧を印加する外部電源が異常を起こした場合、異常な電圧がヘッドアップディスプレイを構成する各部品にまで印加されてしまい、装置の不良につながる虞があった。
【0005】
そこで本発明の目的とするところは、上述課題に着目し、電源異常に対する耐力を向上した車両用表示装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記目的を達成するため、本発明に係る車両用表示装置は、
車両に搭載され、車両情報を表示する車両用表示装置であって、
前記車両情報を表示するディスプレイと、
前記ディスプレイを制御するプロセッサと、
外部から印加される電源電圧を第1電圧へ変圧し、前記プロセッサへ電力を供給する第1電源と、
前記電源電圧を第2電圧へ変圧する第2電源と、
前記第2電圧に基づいて動作し、
前記第1電圧が第1閾値電圧未満である場合に、前記第1電源を通常動作させ、
前記第1電圧が第1閾値電圧以上である場合に、前記第1電源を停止させる電圧判定部と
を備える
【図面の簡単な説明】
【0007】
本発明の実施形態におけるヘッドアップディスプレイ1の構成を示す図。
HUD1とメータ2の構成を示すブロック図。
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下に、本開示の車両用表示装置の一例として、ヘッドアップディスプレイ(HUD)1を車両Cに搭載された実施形態及び変形例として例にあげ、添付図面を用いて次の順序で説明する。なお図面に示される方向F,B,L,R,U,Dはそれぞれ車両Cにおける前,後,左,右,上,下方向にそれぞれ対応する。また左右方向は方向X、上下方向は方向Y、前後方向は方向Zと呼称される場合がある。
【0009】
[第1実施形態]
1-1.構成の説明
1-2.挙動の説明
[変形例]
【0010】
[第1実施形態]
<1-1.構成の説明>
図1に示される通り、ヘッドアップディスプレイ(HUD)2は、車両Cに設けられたウインドシールドWSの下方に搭載可能である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
自動運転車
10日前
個人
携帯電話保持具
24日前
個人
音による速度計
16日前
個人
検査用車両
13日前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
スズキ株式会社
車両
1か月前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
日本精機株式会社
照明装置
4日前
日本精機株式会社
照明装置
4日前
個人
車両の予見制御システム
20日前
株式会社クボタ
作業車両
1か月前
日本精機株式会社
乗員監視装置
5日前
株式会社豊田自動織機
牽引車両
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
個人
これは良いベ!!ルトカバー
1か月前
日本精機株式会社
車両用表示装置
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
24日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
2か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
16日前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
2日前
ダイハツ工業株式会社
車両
2日前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
コイト電工株式会社
座席装置
2か月前
日本化薬株式会社
ガス発生器
11日前
日本化薬株式会社
ガス発生器
1か月前
日本精機株式会社
移動体用表示装置
2か月前
株式会社クボタ
作業機
1か月前
豊田合成株式会社
エアバッグ
2か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
2か月前
住友電装株式会社
車載装置
17日前
株式会社デンソー
制御装置
1か月前
続きを見る