TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022085576
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-08
出願番号2020197333
出願日2020-11-27
発明の名称インターホン装置
出願人アイホン株式会社
代理人個人
主分類H04M 9/00 20060101AFI20220601BHJP(電気通信技術)
要約【課題】 訪問者が玄関子機を操作しなくても、訪問者が玄関子機に近づいたらそれを認識して居室親機が呼出動作し、応答操作すれば通話が可能となるインターホン装置を提供する。
【解決手段】 居住者を呼び出すための玄関子機1は、訪問者を検知して訪問者が所定の第1の距離まで玄関子機1に近づいたら第1の信号を出力するToFセンサモジュール17と、第1の信号を受けて、居室親機2に呼出信号を送信すると共に、呼び出していることを訪問者に通知するメッセージを玄関子機1から報音させる子機CPU18とを有する。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
訪問者を撮像するカメラを備えると共に、居住者を呼び出して通話する機能を備えた玄関子機と、前記カメラの撮像映像を表示するモニタを備えると共に、前記玄関子機からの呼び出しに応答する機能を備えた居室親機とを有するインターホン装置において、
前記玄関子機は、訪問者を検知して、当該訪問者が所定の第1の距離まで前記玄関子機に近づいたら第1の信号を出力するToFセンサモジュールと、
前記第1の信号を受けて、前記居室親機に呼出信号を送信すると共に、呼び出していることを訪問者に通知するメッセージを前記玄関子機から報音させる子機制御部と、を有することを特徴とするインターホン装置。
続きを表示(約 590 文字)【請求項2】
前記ToFセンサモジュールは、訪問者が前記第1の距離に近づく前に、前記第1の距離より遠い所定の第2の距離まで近づいたら第2の信号を出力し、
前記子機制御部は、前記第2の信号を受けて、前記カメラを起動させて撮像を開始すると共に、前記カメラの前に誘導するメッセージを前記玄関子機から報音させ、更に前記カメラの撮像映像を前記居室親機に送信して前記モニタに表示させることを特徴とする請求項1記載のインターホン装置。
【請求項3】
前記玄関子機は深紫外LEDを具備し、
前記子機制御部は、前記第1の信号を受けたら、前記深紫外LEDを発光させて、
手を前記深紫外LEDに翳して頂くメッセージを前記玄関子機から報音させることを特徴とする請求項1又は2記載のインターホン装置。
【請求項4】
前記ToFセンサモジュールが距離計測のために具備する光源が深紫外LEDであり、
前記子機制御部は、前記第1の信号を受けたら、手を前記深紫外LEDに翳して頂くメッセージを前記玄関子機から報音させることを特徴とする請求項1又は2記載のインターホン装置。
【請求項5】
前記ToFセンサモジュールは、前記第1の信号の出力に合わせて、前記深紫外LEDの出力を上げることを特徴とする請求項4記載のインターホン装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、訪問者が居住者を呼び出すインターホン装置に関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
訪問者が居住者を呼び出すインターホン装置は、玄関に設置された玄関子機の呼出ボタンが押下されることで居室親機で呼出音が鳴動し、居住者は訪問者があることを認識するが、呼出操作しなくても訪問者の存在を把握できるインターホン装置がある。
例えば、特許文献1のインターホンシステムでは、玄関或いはその近くにセンサカメラを設置して、センサカメラが人物を検知したら、カメラの撮像映像を居室親機に表示させ、居室親機で警報音を発報させた。この動作により、玄関子機が操作されなくても居住者は玄関先にいる訪問者或いは人物の存在を把握できた。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2009-272819号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
一方で、玄関子機の呼出ボタンは、だれが操作したかわからないため、触りたくない訪問者が増えている。
しかしながら上記従来の技術は、人物の存在を把握できる程度であり、玄関子機と居室親機との間で通話路が形成されないため、居住者が訪問者に対して話しかけることができなかった。
【0005】
そこで、本発明はこのような問題点に鑑み、訪問者が玄関子機を操作しなくても、訪問者が玄関子機に近づいたらそれを認識して居室親機が呼出動作し、応答操作すれば通話が可能となるインターホン装置を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決する為に、請求項1の発明は、訪問者を撮像するカメラを備えると共に、居住者を呼び出して通話する機能を備えた玄関子機と、カメラの撮像映像を表示するモニタを備えると共に、玄関子機からの呼び出しに応答する機能を備えた居室親機とを有するインターホン装置において、玄関子機は、訪問者を検知して、当該訪問者が所定の第1の距離まで玄関子機に近づいたら第1の信号を出力するToFセンサモジュールと、第1の信号を受けて、居室親機に呼出信号を送信すると共に、呼び出していることを訪問者に通知するメッセージを玄関子機から報音させる子機制御部と、を有することを特徴とする。
この構成によれば、訪問者が玄関子機に近づくと呼出動作するので、訪問者は呼出操作する必要がない。よって、呼出ボタンを押下する必要が無く、ボタンを触って不安な思いをすることがない。また、呼び出していることが訪問者に通知されるため、安心できる。
尚、ToFセンサはTime of flightセンサの略で、発した信号が対象物に反射して帰ってくるまでの時間を基に距離を計測するセンサであり、ToFセンサモジュールは設定された距離まで対象物が近づいたら、それを通知する機能を備えたモジュールである。
【0007】
請求項2の発明は、請求項1に記載の構成において、ToFセンサモジュールは、訪問者が第1の距離に近づく前に、第1の距離より遠い所定の第2の距離まで近づいたら第2の信号を出力し、子機制御部は、第2の信号を受けて、カメラを起動させて撮像を開始すると共に、カメラの前に誘導するメッセージを玄関子機から報音させ、更にカメラの撮像映像を居室親機に送信してモニタに表示させることを特徴とする。
この構成によれば、訪問者が例えば玄関子機まで10メートルの距離まで来たら、カメラが撮像を行い、その映像が居室親機に表示されるため、呼び出しを受けなくても居住者は玄関先に誰か居るのを認識でき、セキュリティの向上に役立つ。
また、カメラの前に移動することを促すため、モニタの表示映像から訪問者を判別し易い。
【0008】
請求項3の発明は、請求項1又は2に記載の構成において、玄関子機は深紫外LEDを具備し、子機制御部は、第1の信号を受けたら、深紫外LEDを発光させて、手を深紫外LEDに翳して頂くメッセージを玄関子機から報音させることを特徴とする。
この構成によれば、深紫外LEDの発光により訪問者の手を殺菌できるため、居住者は安心して訪問者を迎え入れることができる。
【0009】
請求項4の発明は、請求項1又は2に記載の構成において、ToFセンサモジュールが距離計測のために具備する光源が深紫外LEDであり、子機制御部は、第1の信号を受けたら、手を深紫外LEDに翳して頂くメッセージを玄関子機から報音させることを特徴とする。
この構成によれば、深紫外LEDを訪問者の手の殺菌に使用するため、居住者は安心して訪問者を迎え入れることができるし、ToFセンサモジュールの深紫外LEDを殺菌に使用するため、殺菌専用の光源を設ける必要がない。
【0010】
請求項5の発明は、請求項4に記載の構成において、ToFセンサモジュールは、第1の信号の出力に合わせて、深紫外LEDの出力を上げることを特徴とする。
この構成によれば、深紫外LEDの殺菌作用を最大限に活用することが可能となる。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
イヤーピース
2か月前
個人
スピーカ装置
2か月前
個人
電子機器載置台
2か月前
個人
自動通訳イヤホン
4日前
個人
デジタル通信方式
2か月前
個人
音響再生システム
12日前
個人
立体映像表示装置
2か月前
株式会社駒村商会
撮像装置
12日前
ヤマハ株式会社
パネル
1か月前
サクサ株式会社
画像処理装置
2か月前
TOTO株式会社
リモコン装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
クレードル
1か月前
個人
デジタルコンテンツ表示装置
20日前
船井電機株式会社
録画装置
今日
個人
スマホのアプリ、かきかえ記録
22日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像読取装置
1日前
シャープ株式会社
電波測定装置
2か月前
日本電音株式会社
拡声器
1か月前
日本電音株式会社
拡声器
1か月前
シャープ株式会社
電波測定装置
2か月前
シャープ株式会社
電波測定装置
2か月前
株式会社iソフト
呼出システム
4日前
オンキヨーサウンド株式会社
イヤホン
1か月前
京セラ株式会社
3次元表示装置
11日前
ブラザー工業株式会社
読取装置
2か月前
ヤマハ株式会社
間仕切りパネル
1か月前
キヤノン株式会社
電子機器
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
1か月前
株式会社特殊金属エクセル
構造体
1か月前
株式会社竹中工務店
案内システム
8日前
キヤノン株式会社
撮像機器
2か月前
キヤノン株式会社
読取装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
27日前
サクサ株式会社
電話システム
11日前
続きを見る