TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022085518
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-08
出願番号2020197252
出願日2020-11-27
発明の名称車両用表示装置
出願人日本精機株式会社
代理人
主分類B60K 35/00 20060101AFI20220601BHJP(車両一般)
要約【課題】 使用者によるディスプレイに表示されたアイコンのタッチ操作を補助することができる車両用表示装置を提供する。
【解決手段】 本発明に係る車両用表示装置は、車両に固定して設置される固定部と、固定部に振動可能に支持された振動部と、振動部に設けられ、使用者の手指によるタッチ操作が可能なアイコンを表示するディスプレイと、振動部を振動させるアクチュエータと、アクチュエータを制御する制御部とを備え、制御部は、ディスプレイにアイコンが表示されているときに、ディスプレイにおける手指の接触が検出された位置とアイコンの表示位置との距離が最も短いアイコンを決定し、その距離が最も短いアイコンが所定時間変わらなかった場合に、そのアイコンを目標アイコンとして決定し、目標アイコンに向けて手指を誘導するようにアクチュエータを制御して振動部を振動させる。
【選択図】 図8
特許請求の範囲【請求項1】
固定部と、
前記固定部に振動可能に支持された振動部と、
前記振動部に設けられ、使用者の手指によるタッチ操作が可能なアイコンを表示するディスプレイと、
前記振動部を振動させる振動発生部と、
前記振動発生部を制御する制御部とを備え、
前記制御部は、前記ディスプレイに前記アイコンが複数表示されているときに、前記ディスプレイにおける前記手指の接触が検出された位置と各アイコンの表示位置との距離が最も短いアイコンを決定し、前記距離が最も短いアイコンが所定時間変わらなかった場合に、そのアイコンを目標アイコンとして決定し、前記目標アイコンに向けて前記手指を誘導するように前記振動発生部を制御して前記振動部を振動させることを特徴とする車両用表示装置。
続きを表示(約 480 文字)【請求項2】
前記制御部は、前記ディスプレイに前記アイコンが複数表示されているときに、前記距離が最も短いアイコンを決定し、前記距離が最も短いアイコンが前記所定時間未満で変わった場合に、前記距離が最も短くなったアイコンを前記目標アイコンとして決定することを特徴とする請求項1に記載の車両用表示装置。
【請求項3】
前記制御部は、前記目標アイコンに固有の振動パターンで前記振動部が振動するように、前記振動発生部を制御することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の車両用表示装置。
【請求項4】
前記制御部は、前記手指が前記目標アイコンに近づくと前記振動部の振動が強くなるように、前記振動発生部を制御することを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載の車両用表示装置。
【請求項5】
前記制御部は、前記距離が複数のアイコンについて等距離の場合に、等距離時に固有の振動パターンで前記振動部が振動するように、前記振動発生部を制御することを特徴とする請求項1乃至請求項4のいずれか1項に記載の車両用表示装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、使用者によるタッチ操作を振動で触覚フィードバックするハプティクス機能を備えた車両用表示装置に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
使用者によるタッチ操作を振動で触覚フィードバックするハプティクス機能を備えた車両用表示装置として、例えば特許文献1に記載の車両用操作ユニットが知られている。この車両用操作ユニットでは、操作面を備えるディスプレイアセンブリとして構成された操作要素が第1ばね及び第2ばねを介して筐体上で弾性的に支持されるとともに、アクチュエータの駆動要素が操作要素に機械的に連結され、触覚フィードバック時に操作要素が並進運動を行う。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
国際公開第2017/129557号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、使用者がディスプレイに表示されたアイコンをタッチ操作して所望の機能を実行しようとする場合、ディスプレイ上のアイコンの位置とそうでない位置との間に凹凸等がなく手探りの操作が難しい一方、使用者が運転者で車両の運転操作中であれば、アイコンを注視し難いことが多く、使用者が運転者又は同乗者で視覚障害を有する場合も、その手指を直ちにアイコンの位置に動かしてタッチ操作することが容易ではない。視覚障害者については、表示の大きさや配色によってはアイコンの配置の認識が難しく、思いどおりに操作ができないという問題がある。
【0005】
本発明は、上記の事情に鑑みてなされたもので、使用者によるディスプレイに表示されたアイコンのタッチ操作を補助することができる車両用表示装置を提供することを課題としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために、本発明に係る車両用表示装置は、固定部と、前記固定部に振動可能に支持された振動部と、前記振動部に設けられ、使用者の手指によるタッチ操作が可能なアイコンを表示するディスプレイと、前記振動部を振動させる振動発生部と、前記振動発生部を制御する制御部とを備え、前記制御部は、前記ディスプレイに前記アイコンが複数表示されているときに、前記ディスプレイにおける前記手指の接触が検出された位置と各アイコンの表示位置との距離が最も短いアイコンを決定し、前記距離が最も短いアイコンが所定時間変わらなかった場合に、そのアイコンを目標アイコンとして決定し、前記目標アイコンに向けて前記手指を誘導するように前記振動発生部を制御して前記振動部を振動させることを特徴とする。
【0007】
前記制御部は、前記ディスプレイに前記アイコンが複数表示されているときに、前記距離が最も短いアイコンを決定し、前記距離が最も短いアイコンが前記所定時間未満で変わった場合に、前記距離が最も短くなったアイコンを前記目標アイコンとして決定してもよい。
【0008】
前記制御部は、前記目標アイコンに固有の振動パターンで前記振動部が振動するように、前記振動発生部を制御してもよい。
【0009】
また、前記制御部は、前記手指が前記目標アイコンに近づくと前記振動部の振動が強くなるように、前記振動発生部を制御してもよい。
【0010】
さらに、前記制御部は、前記距離が複数のアイコンについて等距離の場合に、等距離時に固有の振動パターンで前記振動部が振動するように、前記振動発生部を制御してもよい。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
自動運転車
12日前
個人
携帯電話保持具
26日前
個人
音による速度計
18日前
個人
検査用車両
15日前
スズキ株式会社
車両
1か月前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
日本精機株式会社
照明装置
6日前
個人
キャスター装置
2か月前
日本精機株式会社
照明装置
6日前
個人
車両の予見制御システム
22日前
株式会社豊田自動織機
牽引車両
2か月前
日本精機株式会社
乗員監視装置
7日前
株式会社クボタ
作業車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
4日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
2か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
4日前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
個人
これは良いベ!!ルトカバー
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
26日前
ダイハツ工業株式会社
車両
18日前
ダイハツ工業株式会社
車両
1か月前
日本精機株式会社
車両用表示装置
2か月前
豊田合成株式会社
エアバッグ
2か月前
株式会社クボタ
作業機
1か月前
日本化薬株式会社
ガス発生器
13日前
ダイハツ工業株式会社
シート
2か月前
日本化薬株式会社
ガス発生器
1か月前
日本精機株式会社
移動体用表示装置
2か月前
コイト電工株式会社
座席装置
2か月前
朝日電装株式会社
シフト装置
2か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
2か月前
続きを見る