TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022085251
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-08
出願番号2020196842
出願日2020-11-27
発明の名称映像表示装置
出願人三菱電機株式会社
代理人個人,個人
主分類G06F 3/04842 20220101AFI20220601BHJP(計算;計数)
要約【課題】タッチ式パネルを不要とし、コンテンツを作成する側のユーザにとってリンク機能を有するコンテンツの作成が簡単で、タッチ式パネルのコストを削減でき、しかもタッチ式パネルを使用しなくてもコンテンツを提示される側のユーザが簡単に入力操作を行うことができる映像表示装置を提供する。
【解決手段】コンテンツ編集モードにおいて、映像表示装置100の画像解析部5は、ユーザが操作したとボタン判定部4に判定されたボタンである被操作ボタンの情報であって記憶部7に記憶されているボタンの情報に基づいて、コンテンツの映像から被操作ボタンの情報に関連する領域を少なくとも1つ抽出し、抽出した少なくとも1つの領域の中から1つの領域の指定をし、コンテンツ編集部6は、被操作ボタンであるボタンと、画像解析部5で指定をされた1つの領域と、1つの領域からのリンク先の情報と、を互いに紐づけた情報であるリンク情報を記憶部7に保存する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
コンテンツを再生および編集可能な映像表示装置であって、
物理的なボタンであってユーザが視覚的に識別可能な特徴を有するボタンをユーザが操作した時に生じる操作入力信号が入力される操作入力部と、
表示部と、
記憶部と、
制御部と、
を備え、
前記制御部は、ボタン判定部と画像解析部とコンテンツ編集部とを備え、
前記ボタン判定部は前記操作入力部に入力された前記操作入力信号からユーザが操作したボタンがどの前記ボタンであるかを判定し、
前記記憶部は前記ボタンのユーザが識別可能な前記特徴に関する情報を記憶し、
前記表示部は、前記コンテンツを編集するコンテンツ編集モードおよび前記コンテンツを再生するコンテンツ再生モードにおいて、前記コンテンツの映像を表示し、
前記画像解析部は、前記コンテンツ編集モードにおいて、前記操作入力部に前記操作入力信号が入力された場合に、当該前記操作入力信号からユーザが操作したと前記ボタン判定部に判定されたボタンである被操作ボタンの情報であって前記記憶部に記憶されている前記ボタンの前記情報に基づいて、前記表示部に表示されている前記コンテンツの前記映像から前記被操作ボタンの前記情報に関連する領域を少なくとも1つ抽出し、抽出した前記少なくとも1つの領域の中から1つの領域の指定をし、
前記コンテンツ編集部は、前記コンテンツ編集モードにおいて、リンク情報を前記記憶部に保存し、
前記リンク情報は、前記被操作ボタンであるボタンと、前記画像解析部で前記指定をされた前記1つの領域と、前記1つの領域からのリンク先の情報と、を互いに紐づけた情報である、
映像表示装置。
続きを表示(約 2,000 文字)【請求項2】
請求項1に記載の映像表示装置であって、
前記リンク先は前記記憶部に予め保存されている画像である、
映像表示装置。
【請求項3】
請求項1または2に記載の映像表示装置であって、
インターネットに接続する通信部をさらに備え、
前記リンク先の前記情報はURLである、
映像表示装置。
【請求項4】
請求項1に記載の映像表示装置であって、
前記コンテンツ再生モードにおいて、前記リンク情報に含まれる前記1つの領域が前記表示部に表示されている状態で、前記操作入力部に操作入力信号が入力され、前記操作入力信号からユーザが操作したと前記ボタン判定部に判定されたボタンが前記リンク情報に含まれるボタンであった場合に、前記制御部は、前記リンク情報に含まれる前記1つの領域にアニメーション処理を行う、
映像表示装置。
【請求項5】
請求項1から4のいずれか1項に記載の映像表示装置であって、
前記操作入力信号は、前記映像表示装置が備える物理的なボタンをユーザが操作した時に生じる操作入力信号である、
映像表示装置。
【請求項6】
請求項1から4のいずれか1項に記載の映像表示装置であって、
前記操作入力信号は、前記映像表示装置とは別に設けられたリモコンが備える物理的なボタンをユーザが操作した時に生じる操作入力信号である、
映像表示装置。
【請求項7】
請求項1から請求項6のいずれか1項に記載の映像表示装置であって、
前記画像解析部が前記コンテンツ編集モードにおいて前記抽出をする前記少なくとも1つの領域は、色で区分された領域である、
映像表示装置。
【請求項8】
請求項1から請求項6のいずれか1項に記載の映像表示装置であって、
前記ボタン判定部は、前記操作入力部に入力された前記操作入力信号から、色で区別されたカラーボタンをユーザが操作したか否かを判定し、
前記記憶部は、予め前記カラーボタンの色情報が設定されており、
前記画像解析部は、前記コンテンツ編集モード時において、前記操作入力信号が入力され、前記カラーボタンをユーザが操作したと前記ボタン判定部で判定された場合に、前記ボタン判定部で判定された前記カラーボタンの前記色情報を前記記憶部から読み出し、当該読み出した前記カラーボタンの前記色情報に基づいて指定される色の領域を、前記表示部に表示されている前記コンテンツの前記映像から少なくとも1つ抽出し、抽出した前記少なくとも1つの領域の中から1つの領域の前記指定をする、
映像表示装置。
【請求項9】
請求項1から請求項6のいずれか1項に記載の映像表示装置であって、
前記ボタン判定部は、前記操作入力部に入力された前記操作入力信号から、数字で区別された数字ボタンをユーザが操作したか否かを判定し、
前記記憶部は、予め前記数字ボタンの数字情報が設定されており、
前記画像解析部は、前記コンテンツ編集モード時において、前記操作入力信号が入力され、前記数字ボタンをユーザが操作したと前記ボタン判定部で判定された場合に、前記ボタン判定部で判定された前記数字ボタンの前記数字情報を前記記憶部から読み出し、当該読み出した前記数字ボタンの前記数字情報に基づいて、前記表示部に表示されている前記コンテンツの前記映像から当該読み出した前記数字ボタンの前記数字情報で指定される数字の検出を行い、検出された前記数字が含まれる領域であって色で区分された領域を少なくとも1つ抽出し、抽出した前記少なくとも1つの領域の中から1つの領域の前記指定をする、
映像表示装置。
【請求項10】
請求項1から請求項6のいずれか1項に記載の映像表示装置であって、
前記ボタン判定部は、前記操作入力部に入力された前記操作入力信号から、文字列で区別された文字ボタンをユーザが操作したか否かを判定し、
前記記憶部は、予め前記文字ボタンの文字情報が設定されており、
前記画像解析部は、前記コンテンツ編集モード時において、前記操作入力信号が入力され、前記文字ボタンをユーザが操作したと前記ボタン判定部で判定された場合に、前記ボタン判定部で判定された前記文字ボタンの前記文字情報を前記記憶部から読み出し、当該読み出した前記文字ボタンの前記文字情報に基づいて、前記表示部に表示されている前記コンテンツの前記映像から当該読み出した前記文字ボタンの前記文字情報で指定される文字列の検出を行い、検出された前記文字列が含まれる領域であって色で区分された領域を少なくとも1つ抽出し、抽出した前記少なくとも1つの領域の中から1つの領域の前記指定をする、
映像表示装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、映像表示装置に関する。
続きを表示(約 2,500 文字)【背景技術】
【0002】
近年、デジタルサイネージ(Digital Signage)と呼ばれる、広告媒体の機能を持った映像表示装置が普及している。最近では、デジタルサイネージからの一方的な情報発信だけでなく、ユーザと双方向で通信できるデジタルサイネージが注目されている。例えば、特許文献1の広告表示板は、広告情報が表示される大型フラット電子ディスプレイと、タッチ式パネルからなり、指先もしくは専用ペンで入力操作可能にしたことにより、興味をもった人は誰でも簡単にこの広告表示板を通して必要な広告情報を入手し、かつ場合によってはカード決済等により商品購入を行うことができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2000-66840号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1の広告表示板は、タッチ式パネルを用いているため、広告される側のユーザにとって便利である反面、リンク機能を有するコンテンツの作成は、広告する側の特に慣れていないユーザにとっては難しく、また、タッチ式パネルの価格が高く、広告表示板自体のコストも上がってしまうという問題点があった。
【0005】
本開示は上記のような問題点を解決するためになされたものであり、タッチ式パネルを不要とすることにより、コンテンツを作成する側のユーザにとってリンク機能を有するコンテンツの作成が簡単で、タッチ式パネルのコストを削減でき、しかもタッチ式パネルを使用しなくてもコンテンツを提示される側のユーザが簡単に入力操作を行うことができる映像表示装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示の映像表示装置は、コンテンツを再生および編集可能な映像表示装置であって、物理的なボタンであってユーザが視覚的に識別可能な特徴を有するボタンをユーザが操作した時に生じる操作入力信号が入力される操作入力部と、表示部と、記憶部と、制御部と、を備え、制御部は、ボタン判定部と画像解析部とコンテンツ編集部とを備え、ボタン判定部は操作入力部に入力された操作入力信号からユーザが操作したボタンがどのボタンであるかを判定し、記憶部はボタンのユーザが識別可能な特徴に関する情報を記憶し、表示部は、コンテンツを編集するコンテンツ編集モードおよびコンテンツを再生するコンテンツ再生モードにおいて、コンテンツの映像を表示し、画像解析部は、コンテンツ編集モードにおいて、操作入力部に操作入力信号が入力された場合に、当該操作入力信号からユーザが操作したとボタン判定部に判定されたボタンである被操作ボタンの情報であって記憶部に記憶されているボタンの情報に基づいて、表示部に表示されているコンテンツの映像から被操作ボタンの情報に関連する領域を少なくとも1つ抽出し、抽出した少なくとも1つの領域の中から1つの領域の指定をし、コンテンツ編集部は、コンテンツ編集モードにおいて、リンク情報を記憶部に保存し、リンク情報は、被操作ボタンであるボタンと、画像解析部で指定をされた1つの領域と、1つの領域からのリンク先の情報と、を互いに紐づけた情報である、映像表示装置、である。
【発明の効果】
【0007】
タッチ式パネルを不要とすることにより、コンテンツを作成する側のユーザにとってリンク機能を有するコンテンツの作成が簡単で、タッチ式パネルのコストを削減でき、しかもタッチ式パネルを使用しなくてもコンテンツを提示される側のユーザが簡単に入力操作を行うことができる映像表示装置を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
実施の形態1の映像表示装置の構成を示すブロック図である。
実施の形態1または2の映像表示装置の外観を示す図である。
実施の形態1の映像表示装置における色情報を示す図である。
実施の形態1の映像表示装置における数字情報を示す図である。
実施の形態1の映像表示装置における文字情報を示す図である。
実施の形態1の映像表示装置におけるリンク情報を示す図である。
実施の形態1の映像表示装置のコンテンツ編集モードにおける動作を示すフローチャートである。
実施の形態1の映像表示装置の表示部のコンテンツ編集モードにおける画面を示す図である。
実施の形態1の映像表示装置の表示部のコンテンツ編集モードにおける画面を示す図である。
実施の形態1の映像表示装置の表示部のコンテンツ編集モードにおける画面を示す図である。
実施の形態1の映像表示装置の表示部のコンテンツ編集モードにおける画面を示す図である。
実施の形態1の映像表示装置のコンテンツ再生モードにおける動作を説明するための図である。
実施の形態1の映像表示装置のコンテンツ再生モードにおける動作を説明するための図である。
実施の形態1の映像表示装置のコンテンツ再生モードにおける動作を説明するための図である。
実施の形態2の映像表示装置の構成を示すブロック図である。
実施の形態2の映像表示装置におけるリンク情報を示す図である。
実施の形態1の映像表示装置の制御部のハードウェア構成を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
<A.実施の形態1>
<A-1.構成>
図1に示すように、映像表示装置100は、操作入力部2、制御部3、記憶部7、映像処理部8及び表示部9を備える。また、図2に示すように、映像表示装置100は、筐体40と、支持部41と、を備える。
【0010】
操作入力部2は、操作入力信号を入力され、当該操作入力信号を制御部3に出力する。操作入力信号は、ユーザが、物理的なボタンであってユーザが視覚的に識別可能な特徴を有するボタン、を操作した時に生じる信号である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三菱電機株式会社
照明器具
1日前
三菱電機株式会社
貯湯式給湯装置
1日前
三菱電機株式会社
送受信モジュール
6日前
三菱電機株式会社
高周波モジュール
4日前
三菱電機株式会社
設計支援システム
4日前
三菱電機株式会社
半導体パッケージ
1日前
三菱電機株式会社
ガス絶縁開閉装置
今日
三菱電機株式会社
火災報知システム
1日前
三菱電機株式会社
ノイズフィルタ回路
今日
三菱電機株式会社
制御装置及び制御方法
1日前
三菱電機株式会社
光源ユニットおよび照明器具
1日前
三菱電機株式会社
デジタル/アナログ変換回路
1日前
三菱電機株式会社
加熱調理器及び加熱調理システム
4日前
三菱電機株式会社
表示灯およびそれを備えた制御盤
今日
三菱電機株式会社
半導体試験装置および半導体試験方法
4日前
三菱電機株式会社
車両追尾システムおよび車両追尾方法
1日前
三菱電機株式会社
半導体製造装置および半導体装置の製造方法
今日
三菱電機株式会社
コンパイル方法、開発支援装置および制御システム
1日前
三菱電機株式会社
半導体装置、電力変換装置および半導体装置の製造方法
1日前
三菱電機株式会社
加熱調理器
4日前
三菱電機株式会社
空気調和機
4日前
三菱電機株式会社
車載表示装置、車載表示システム、及び表示制御プログラム
今日
三菱電機株式会社
テレビジョン受信機、テレビジョン受信システムおよびテレビジョン受信方法
1日前
三菱電機株式会社
充電計画作成装置、充電システム、充電計画作成方法および充電計画作成プログラム
1日前
三菱電機株式会社
プラント監視支援システム、プラント監視支援方法、およびプラント監視支援プログラム
1日前
三菱電機株式会社
運転支援情報配信装置、交通システム、車両、車両制御装置およびコンピュータプログラム
6日前
三菱電機株式会社
ローター、ローターを使用した回転電機、ローターのバランス調整方法、ローターの製造方法および回転電機の製造方法
1日前
三菱電機株式会社
データ圧縮装置、データ復号装置、データ圧縮方法、データ復号方法、データ圧縮プログラム及びデータ復号プログラム
4日前
三菱電機株式会社
運転支援情報配信装置、交通システム、車両、車両制御装置およびコンピュータプログラム
6日前
個人
データ構造
1か月前
個人
対話システム
22日前
個人
エア入力システム
8日前
個人
接触型ICカード
1か月前
個人
ランド形成システム
8日前
株式会社リコー
学習装置
21日前
日本精機株式会社
操作認識装置
今日
続きを見る