TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022084342
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-07
出願番号2020196153
出願日2020-11-26
発明の名称シフト装置
出願人朝日電装株式会社
代理人個人
主分類B60K 20/02 20060101AFI20220531BHJP(車両一般)
要約【課題】軸部材の変位を精度よく検出することができるとともに、外部からの磁気の影響を抑制して誤作動を防止することができるシフト装置を提供する。
【解決手段】車両のシフトペダルのシフト操作に応じて変位し得る軸部材Lと、軸部材Lが変位端に達した状態で一体的に移動して車両の変速操作を行わせ得るハウジング2と、軸部材Lと共に変位可能とされた永久磁石Mと、永久磁石Mの磁気変化を検出することにより軸部材Lの変位を検出する磁気センサ5とを具備したシフト装置1であって、ハウジング2は、開口部2aが形成され、当該開口部2aにケース3が取り付けられるとともに、ケース3は、開口部2aを覆うカバー部3bと、カバー部3bからハウジング2の収容空間Dまで突出する突出部3cとを有し、当該突出部3cに磁気センサ5を収容可能な収容凹部3aが形成されたものである。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
車両のシフトペダルのシフト操作に応じて変位し得る軸部材と、
前記軸部材を変位可能に収容する収容空間を有するとともに、当該軸部材が変位端に達した状態で一体的に移動して車両の変速操作を行わせ得るハウジングと、
前記軸部材に形成され、当該軸部材と共に変位可能とされるとともに、磁気を発生する磁気発生手段と、
前記磁気発生手段の磁気変化を検出することにより、前記ハウジングに対する前記軸部材の変位を検出する検出手段と、
を具備したシフト装置であって、
前記ハウジングは、前記磁気発生手段の配設位置に応じた部位に開口部が形成され、当該開口部にケースが取り付けられるとともに、前記ケースは、前記開口部を覆うカバー部と、前記カバー部から前記ハウジングの収容空間まで突出する突出部とを有し、当該突出部に前記検出手段を収容可能な収容部が形成されたことを特徴とするシフト装置。
続きを表示(約 820 文字)【請求項2】
前記収容部は、前記カバー部の所定位置で開口した収容凹部から成り、当該収容凹部の開口を介して前記検出手段が取り付け可能とされるとともに、当該開口から前記検出手段の配線を外部に延設させたことを特徴とする請求項1記載のシフト装置。
【請求項3】
前記ケースにおけるカバー部に取り付けられて前記収容凹部の開口を覆う蓋部材を具備したことを特徴とする請求項2記載のシフト装置。
【請求項4】
前記蓋部材は、前記収容凹部の開口を含む前記カバー部の表面領域を覆うとともに、当該開口から延設した配線に沿って膨出した膨出部が形成されたことを特徴とする請求項3記載のシフト装置。
【請求項5】
前記蓋部材は、立体的な形状から成り、前記カバー部の表面領域を覆うとともに、前記ケースと共に共締めされて固定されたことを特徴とする請求項3又は請求項4記載のシフト装置。
【請求項6】
前記ケースに挿通可能とされ、前記収容凹部に収容された前記検出手段を外部から遮蔽し得る遮蔽部材を具備したことを特徴とする請求項2記載のシフト装置。
【請求項7】
前記収容部は、前記突出部の側面及びカバー部の所定位置で開口した収容凹部から成り、前記突出部の側面の開口を介して前記検出手段が取り付け可能とされるとともに、前記カバー部側の開口を介して前記検出手段の配線を外部に延設させたことを特徴とする請求項1記載のシフト装置。
【請求項8】
前記収容凹部における前記突出部の側面の開口と前記カバー部側の開口とが連続した開口を成すことを特徴とする請求項7記載のシフト装置。
【請求項9】
前記収容凹部における前記突出部の側面の開口と前記カバー部側の開口とが別個に形成され、前記突出部の側面の開口を閉止する閉止部材を具備したことを特徴とする請求項7記載のシフト装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、車両のシフトペダルのシフト操作を変速機に伝達して変速操作を行わせるためのシフト装置に関するものである。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
二輪車等の変速機は、運転者によるシフトペダルのシフト操作に応じて変速操作可能とされており、従来、シフトペダルの操作力を変速機に伝達させる伝達経路の途中にシフト装置が取り付けられたものが提案されている。従来のシフト装置は、例えば特許文献1にて、シフトペダルのシフト操作に応じて変位し得る軸部材と、軸部材を変位可能に収容したハウジングと、軸部材に取り付けられた磁石と、ハウジングに取り付けられた磁気センサとを有したものが開示されている。
【0003】
かかる従来のシフト装置は、二輪車等の運転者がシフトペダルを操作開始して、ハウジングに対して軸部材が変位したことを磁気センサが検出すると、車両のエンジンを制御して駆動トルクを調整するとともに、当該軸部材が変位端に達した状態で軸部材とハウジングとが一体的に移動することにより変速機の変速操作を行わせるよう構成されていた。これにより、二輪車等の運転者は、クラッチを操作することなく変速操作を行うことができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
独国特許102010015036号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上記従来技術においては、磁気センサがハウジングの外側に取り付けられていたため、磁気センサと軸部材の磁石との間の離間寸法が大きくなってしまい、軸部材の変位に伴う磁石の磁気変化を精度よく検出するのが困難な場合があった。また、上記従来技術は、磁気センサがハウジングの外側に取り付けられていたので、外部の磁気の影響を受けて誤作動してしまう虞があった。
【0006】
本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、軸部材の変位を精度よく検出することができるとともに、外部からの磁気の影響を抑制して誤作動を防止することができるシフト装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
請求項1記載の発明は、車両のシフトペダルのシフト操作に応じて変位し得る軸部材と、前記軸部材を変位可能に収容する収容空間を有するとともに、当該軸部材が変位端に達した状態で一体的に移動して車両の変速操作を行わせ得るハウジングと、前記軸部材に形成され、当該軸部材と共に変位可能とされるとともに、磁気を発生する磁気発生手段と、前記磁気発生手段の磁気変化を検出することにより、前記ハウジングに対する前記軸部材の変位を検出する検出手段とを具備したシフト装置であって、前記ハウジングは、前記磁気発生手段の配設位置に応じた部位に開口部が形成され、当該開口部にケースが取り付けられるとともに、前記ケースは、前記開口部を覆うカバー部と、前記カバー部から前記ハウジングの収容空間まで突出する突出部とを有し、当該突出部に前記検出手段を収容可能な収容部が形成されたことを特徴とする。
【0008】
請求項2記載の発明は、請求項1記載のシフト装置において、前記収容部は、前記カバー部の所定位置で開口した収容凹部から成り、当該収容凹部の開口を介して前記検出手段が取り付け可能とされるとともに、当該開口から前記検出手段の配線を外部に延設させたことを特徴とする。
【0009】
請求項3記載の発明は、請求項2記載のシフト装置において、前記ケースにおけるカバー部に取り付けられて前記収容凹部の開口を覆う蓋部材を具備したことを特徴とする。
【0010】
請求項4記載の発明は、請求項3記載のシフト装置において、前記蓋部材は、前記収容凹部の開口を含む前記カバー部の表面領域を覆うとともに、当該開口から延設した配線に沿って膨出した膨出部が形成されたことを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
自動運転車
10日前
個人
音による速度計
16日前
個人
携帯電話保持具
24日前
個人
検査用車両
13日前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
日本精機株式会社
照明装置
4日前
日本精機株式会社
照明装置
4日前
スズキ株式会社
車両
1か月前
個人
車両の予見制御システム
20日前
日本精機株式会社
乗員監視装置
5日前
株式会社クボタ
作業車両
1か月前
株式会社豊田自動織機
牽引車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
24日前
ダイハツ工業株式会社
車両
16日前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
1か月前
個人
これは良いベ!!ルトカバー
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
2日前
ダイハツ工業株式会社
車両
2日前
株式会社クボタ
作業機
1か月前
日本化薬株式会社
ガス発生器
11日前
豊田合成株式会社
エアバッグ
2か月前
日本化薬株式会社
ガス発生器
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
2か月前
株式会社デンソー
制御装置
11日前
株式会社小糸製作所
車両用前照灯
4日前
株式会社小糸製作所
車両用前照灯
4日前
株式会社小糸製作所
車両システム
20日前
コイト電工株式会社
座席用カバー
9日前
住友電装株式会社
車載装置
17日前
続きを見る