TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022084022
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-06
出願番号2021191141
出願日2021-11-25
発明の名称硬化性組成物
出願人積水フーラー株式会社
代理人個人
主分類C08L 101/10 20060101AFI20220530BHJP(有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物)
要約【課題】雰囲気(空気)中の湿気により硬化して、耐汚染性に優れると共に、優れたゴム弾性を長期間に亘って維持することができる硬化物を生成する硬化性組成物を提供する。
【解決手段】本発明の硬化性組成物は、加水分解性シリル基を有する有機重合体(I)、ポリオキシエチレン鎖を含有する(メタ)アクリル酸エステル単位を5質量%以上且つ50質量%未満含む(メタ)アクリル酸エステル系重合体(B)、融点が20℃以上であるアミン化合物(C)を含有することを特徴とする。本発明の硬化性組成物の硬化物は、耐汚染性に優れていることから雨筋汚れの発生を低減できると共に、耐久性にも優れていることから優れたゴム弾性を長期間に亘って維持することもできる。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
加水分解性シリル基を有する有機重合体(I)、ポリオキシエチレン鎖を含有する(メタ)アクリル酸エステル単位を5質量%以上且つ50質量%未満含む(メタ)アクリル酸エステル系重合体(B)、融点が20℃以上であるアミン化合物(C)を含有することを特徴とする硬化性組成物。
続きを表示(約 260 文字)【請求項2】
加水分解性シリル基を有する有機重合体(I)が、加水分解性シリル基を有するポリアルキレンオキサイド(A)を含むことを特徴とする請求項1に記載の硬化性組成物。
【請求項3】
ポリアルキレンオキサイド(A)は、数平均分子量が20,000以上であり、且つ分子量分布が1.3以下であることを特徴とする請求項2に記載の硬化性組成物。
【請求項4】
加水分解性シリル基を含有していないアクリル系重合体(D)を含有していることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の硬化性組成物。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、雰囲気(空気)中の湿気により硬化して、耐汚染性及び耐久性の双方に優れた硬化物を与える硬化性組成物に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、架橋可能な加水分解性シリル基を有するオキシアルキレン系重合体を含有する硬化性組成物が知られている(例えば、特許文献1)。硬化性組成物は、雰囲気中に含まれる湿気により架橋可能な加水分解性シリル基が加水分解した後に脱水縮合することによって、接着性に優れた硬化物を生じる。
【0003】
硬化性組成物として、特許文献2に、アルコキシシリル基含有ポリオキシアルキレン系重合体に、有機カルボン酸塩や有機アミンを含有することを特徴とする湿気硬化性組成物が開示されている。
【0004】
このような硬化性組成物は、例えば、建築構造物の外壁などにおいて、モルタル板、コンクリート板、ALC(Autoclaved Light-weight Concrete)板、金属板などの外壁部材間の接合部(いわゆる「目地」)に充填することによって、外壁部材同士を接合するために用いられている。このように硬化性組成物を使用することによって、外壁部材間の接合部から建築構造物内部へ雨水が浸入することを抑制している。
【0005】
建築構造物の外壁では、温度変化に伴って外壁部材が膨張又は収縮したり、地震や強風による振動や外力によって外壁部材が移動したりするために、目地幅は僅かであるが変化を生じる。そのため、硬化性組成物には、硬化後に優れたゴム弾性を有し、伸縮可能とすることによって、外壁としっかり密着し目地幅の変化に追随できることが必要とされている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特許5698422号公報
特許5289755号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
しかしながら、硬化性組成物の硬化物は、耐汚染性が低いという問題があった。耐汚染性が低い場合、硬化性組成物の硬化物表面に経時的に雨筋汚れが発生する。雨筋汚れは、雨が降った後に、硬化性組成物の硬化物表面に雨水が流れ落ちた箇所が筋状の跡となって残ることで発生する。雨筋汚れは、黒色又は白色などの筋状の跡となって残ることが多い。雨筋汚れが発生すると、硬化性組成物の硬化物表面において雨筋汚れが発生した部分と雨筋汚れが発生していない部分との差が生じて、外観が損なわれる。したがって、硬化性組成物には、硬化後に雨筋汚れの発生を低減して美麗な外観を維持できるように、優れた耐汚染性を有することが求められている。
【0008】
さらに、硬化性組成物の硬化物は、耐久性が低いという問題もあった。硬化性組成物の硬化物の耐久性が低い場合、硬化性組成物の硬化物が空気中の湿気や雨水などの水と接触することによって、硬化性組成物の硬化物のゴム弾性が経時的に低下し、外壁部材間の目地幅の変化に追随して上記硬化物が伸縮することが困難となる。このように硬化性組成物の硬化物のゴム弾性が低下すると、硬化性組成物の硬化物が外壁部材との接着界面から剥離したり、外壁部材が損傷したりして、結果として雨水が建築構造物内へ浸入し、漏水を引き起こすといった問題が生じる。
【0009】
したがって、本発明は、雰囲気(空気)中の湿気により硬化して、耐汚染性に優れると共に、優れたゴム弾性を長期間に亘って維持することができる硬化物を生成する硬化性組成物を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本発明の硬化性組成物は、加水分解性シリル基を有する有機重合体(I)、ポリオキシエチレン鎖を含有する(メタ)アクリル酸エステル単位を5質量%以上且つ50質量%未満含む(メタ)アクリル酸エステル系重合体(B)、融点が20℃以上であるアミン化合物(C)を含有することを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社日本触媒
鎖長延長剤
4日前
株式会社カネカ
硬化性組成物
13日前
株式会社日本触媒
空孔形成剤
2か月前
株式会社日本触媒
硬化性組成物
1か月前
株式会社日本触媒
硬化性組成物
1か月前
個人
アスファルト混合物の配合
2か月前
シャープ株式会社
フィルム
1か月前
三菱製紙株式会社
エッチング装置
今日
東レ株式会社
共重合ポリエステル
1か月前
東ソー株式会社
保護膜形成用組成物
20日前
ユニチカ株式会社
ポリアミドイミド
22日前
JNC株式会社
シロキサンポリマー
2か月前
東レ株式会社
ポリエーテルニトリル
7日前
株式会社日本触媒
樹脂組成物
1か月前
花王株式会社
乳化組成物
4日前
株式会社日本触媒
接着剤用樹脂組成物
4日前
東レ株式会社
ポリエステル樹脂組成物
1か月前
東ソー株式会社
ブロー成形用樹脂組成物
18日前
株式会社トクヤマ
シリコーン樹脂組成物
2か月前
アイカ工業株式会社
ウレタン樹脂組成物
6日前
東ソー株式会社
アミン組成物及びその用途
2か月前
東レ株式会社
包装用ポリエステルフィルム
8日前
凸版印刷株式会社
化粧シート
1か月前
積水フーラー株式会社
硬化性組成物
2か月前
ユニチカ株式会社
ポリアミドイミド組成物
12日前
積水フーラー株式会社
硬化性組成物
2か月前
株式会社カネカ
無機材料膜を有する成形体
1か月前
東ソー株式会社
ペースト塩化ビニル系樹脂
1か月前
三洋化成工業株式会社
熱硬化性樹脂組成物
1か月前
積水フーラー株式会社
硬化性組成物
2か月前
上野製薬株式会社
液晶ポリマー
8日前
東ソー株式会社
アミン系硬化剤及びその用途
2か月前
三洋化成工業株式会社
硬化性ウレタン組成物
22日前
日本製紙株式会社
分散体組成物
7日前
東レ株式会社
高純度共役系化合物の製造方法
2か月前
ダウ・東レ株式会社
硬化性シリコーン組成物
2か月前
続きを見る