TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022083520
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-06-06
出願番号2020194871
出願日2020-11-25
発明の名称保険契約管理方法
出願人個人
代理人
主分類G06Q 40/08 20120101AFI20220530BHJP(計算;計数)
要約【課題】保険のオンライン契約においてユーザが保険に加入しやすいように申込情報を分割させて、加入した保険の契約管理が容易となるように構成した保険加入システムと保険契約管理方法を提供する。
【解決手段】保険会社のウェブサイトに掲載する各種保険商品を一覧にしてその種類名を示すPDFを文字情報で表示し更に保険商品毎に申込情報を分離させその情報にアクセスするPDF又はURLを文字情報で表示してユーザ端末で保険に加入できるようする。保険会社は保険証券に保険約款を示すPDFと契約保険解説情報のアクセス先を示すURLをQRコードに変換又は文字情報で表示する。更にその保険証券をユーザ端末に送信するとともにその保険証券をQRコードに変換して縮小した貼付可能なラベルとそれを貼付する保険契約管理台帳をユーザに送付する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
保険のオンライン契約において、ユーザのユーザ端末が保険会社サーバとインターネットを介して接続可能であって、
前記保険会社サーバは、前記ユーザ端末がインターネットを介して送信した前記保険の申込書を受信して受信した前記申込書を基に作成した保険証券をインターネットを介して前記ユーザ端末に送信する送受信手段と、
前記ユーザ端末が送信した前記申込書と、該申込書を基に作成した前記保険証券を紐付けて記憶保存する記憶保存手段と、
保険商品の種類名と申込情報を示すPDF(Portable Document Format)形式のファイル又はURL(Uniform Resource Locator)と、保険約款を示すPDF形式のファイル又はURLを文字情報で表示する文字表示手段と、
前記保険の保険約款を示すPDF形式のファイル又はURLと、前記保険の解説及び保険金請求、異動、解約手続きに関する説明を音声付動画と画像で案内する契約保険解説情報のアクセス先を示すURLを、それぞれQRコード(登録商標)に変換するQRコード変換手段と、
前記保険会社が取扱う複数の前記保険商品の前記申込情報を示す保険商品一覧をウェブページに掲載するウェブページ表示手段と、を備え、
前記保険商品一覧は、前記保険会社が取扱う複数の前記保険商品の種類名が前記ウェブページに表示され、
該ウェブページに表示された複数の前記保険商品の種類名は、それぞれPDF形式のファイル又はURLを示す文字情報であって、
前記ユーザ端末が前記保険商品の種類名をクリック又はタップすることによりそれぞれ保険種類毎に以下(1)―(6)に分割した前記申込情報を画面上に表示し、
前記(1)―(6)の申込情報は、
(1)商品概要(2)アカウント設定(3)保険料見積(4)申込書類(5)保険料決済
(6)保険約款 であって、
前記(1)商品概要と、前記(6)保険約款はそれぞれを文字情報で表示したPDF形式のファイル又はURLあって、
前記(2)アカウント設定と、前記(3)保険料見積と、前記(4)申込書類と、前記(5)保険料決済は、それぞれを文字情報で表示したURLであって、
前記ユーザ端末は、前記(1)―(6)の文字部をクリック又はタップすることにより前記(1)―(6)の情報が取得可能となることを特徴とする保険加入システム。
続きを表示(約 2,500 文字)【請求項2】
前記ユーザ端末は、インターネットを介して前記保険会社サーバのウェブページにアクセスして画面上に前記保険商品一覧を表示し、
前記ユーザが加入を希望する前記保険商品の文字部をクリック又はタップするステップ1と、
前記ステップ1により画面上に表示した前記(1)商品概要の文字部をクリック又はタップして前記商品概要を画面上に表示して前記ユーザがそれを確認するステップ2と、
前記ステップ1により画面上に表示した前記(2)アカウント設定の文字部をクリック又はタップして画面上に表示された入力欄に前記ユーザのIDとパスワードをそれぞれ入力してユーザアカウントを設定登録するステップ3と、
前記ステップ1により画面上に表示した前記(3)保険料見積の文字部をクリック又はタップして画面上に表示された設問の入力欄に前記ユーザの生年月日や建物構造などを入力することにより前記保険の保険料が算出されるステップ4と、
前記ステップ1により画面上に表示した前記(4)申込書類の文字部をクリック又はタップして前記保険の申込に必要な前記申込書の入力欄に前記ユーザの個人情報や被保険者名などの必要事項を入力して更に前記申込書の内容が前記ユーザの意向に沿った内容であるかを確認する意向確認書の確認欄にチェックを入力し、入力した前記申込書と前記意向確認書を前記保険会社サーバに送信するステップ5と、
前記ステップ1により画面上に表示した前記(5)保険料決済の文字部をクリック又はタップして前記保険料を決済する決済方法を前記ユーザが選択して決定するステップ6と、
前記ステップ1により画面上に表示した前記(6)保険約款の文字部をクリック又はタップして前記保険約款を画面上に表示し前記ユーザがその内容を確認するステップ7と、
により前記ユーザは、前記保険に加入する必要な情報を入手できて契約手続きが可能となることを特徴とする請求項1に記載の保険加入システム。
【請求項3】
前記ユーザ端末が、前記保険会社サーバのウェブページにアクセスして前記ステップ1から前記ステップ7を実行することにより前記ユーザは前記保険に加入可能となり、
前記保険会社サーバは、
前記契約保険解説情報のアクセス先を示すURLと、
前記保険の保険約款を示すPDF形式のファイル又はURLを前記QRコード変換手段を
用いてそれぞれ契約保険解説情報QRコードと保険約款QRコードに変換し、
前記契約保険解説情報のアクセス先を示すURLと、
前記保険の保険約款を示すPDF形式のファイル又はURLを前記文字表示手段を用いて前記契約保険解説情報と前記保険約款をそれぞれ文字情報で表示し、
前記ユーザ端末が送信した前記申込書を基に前記保険会社が作成する前記保険証券には、以下の
(ア)前記契約保険解説情報QRコードを前記保険約款に表示した該保険約款をQRコードに変換した前記保険約款QRコード
(イ)前記契約保険解説情報QRコードと前記保険約款QRコード
(ウ)前記契約保険解説情報を示すURLを文字情報として前記保険約款に表示した該保険約款を示すPDF形式のファイル又はURLを文字情報として表示した前記保険約款
(エ)前記契約保険解説情報を示すURLを文字情報として表示した該契約保険解説情報と前記保険約款を示すPDF形式のファイル又はURLを文字情報として表示した該保険約款、の何れかが表示されており、
前記保険会社サーバは、
前記(ア)―(エ)の何れかが表示された前記保険証券の画像ファイルを前記ユーザ端末にインターネットを介して送信するとともに前記ユーザ端末から受信した前記申込書の画像ファイルと紐付けて記憶保存することを特徴とする請求項1又は2に記載の保険加入システム。
【請求項4】
前記ユーザ端末は、QRコードを読み取る読み取り手段を備え、
前記保険会社サーバから受信した前記保険証券の画像ファイルを記憶保存し、
前記保険会社サーバは、前記ユーザ端末に送信した前記保険証券の画像ファイルを前記QRコード変換手段を用いて保険証券QRコードに変換し、
前記保険会社は、更にQRコードに変換した前記保険証券QRコードを前記ユーザ端末が読み取り可能に縮小した貼付可能な保険証券QRコードラベルを作成して該保険証券QRコードラベルと、
該保険証券QRコードラベルを貼付する保険契約管理台帳と、
前記(ア)―(エ)の何れかが表示された書面の前記保険証券と、
を前記ユーザに送付することを特徴とする請求項1又は3に記載の保険加入システム。
【請求項5】
前記ユーザが加入した前記保険証券を示す前記保険証券QRコードラベルを貼付して前記保険の契約管理が可能となる前記保険契約管理台帳は、複数の保険種類名が表示されその下部方向又は横方向には前記保険証券QRコードラベルを貼付する複数のラベル貼付欄が設けられ、
複数の前記ラベル貼付欄の最初の前記ラベル貼付欄は前記ユーザが最初に加入した保険の前記保険証券QRコードラベルを貼付する貼付欄であって、
次の下部方向又は横方向又の前記ラベル貼付欄は、前記ユーザが最初に加入した保険を継続した場合に前記保険証券QRコードラベルを貼付する貼付欄であって、
以下同様に前記保険を継続した場合に下部方向又は横方向又の前記ラベル貼付欄に前記保険証券QRコードラベルを貼付する貼付欄であって、
前記保険証券QRコードラベル貼付欄の上部又は下部には貼付する前記保険証券QRコードラベルを前記ユーザ端末が読み取ることによって画面に表示される保険期間を記入する満期日記入欄が設けられており、
前記ユーザは前記ユーザ端末を用いて前記保険証券に表示された前記保険の満期日を
前記満期日記入欄に記入することを特徴とする請求項4に記載の保険加入システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、オンライン上で契約する保険において保険会社が保険の申込情報を文字情報で示し保険加入者が契約した保険の保険約款と契約保険解説情報を示すPDF(Portable Document Format)又はURL(Uniform Resource Locator)を文字情報又はQRコード(登録商標)で表示した保険証券及びその保険証券をQRコードに変換した保険に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
インターネットの利用端末は2019年版情報通信白書によると約6割をスマートフォンが占めPCを上回っている。そのため、スマートフォンからインターネットを利用しての買い物や保険加入も増加し更にQRコード決済も普及している。
【0003】
従来、オンラインで保険に加入できる保険商品の種類は限定的であった。しかし、近時新型コロイルス感染拡大の影響によりオンラインで保険に加入できる保険商品が拡大されている。
【0004】
スマートフォンからオンラインで保険に加入する場合、画面が小さいため知りたい情報を直ぐに見つけ出すことが困難であった。
【0005】
特許文献1には保険契約取扱者がモバイル端末を使用して保険申込時に必要な書類情報等を画面上に表示する。保険加入者が申込した内容の確認や同意を入力欄などに入力することにより処理する。そして保険料決済においては二次元バーコードで表示された保険契約システムが記載されている。
【0006】
特許文献2にはQRコード付きNFCタグに保険などの特定な情報を記憶させ商品説明のURLや保険会社のURLの情報を提供する情報提供手段が記載されている。
【0007】
非特許文献1には東京海上日動火災保険株式会社の2020年9月18日のプレスリリースによればQRコードやURLにスマホなどからアクセスすることで2020年12月から個人の自動車保険の新規および継続の契約手続きが完結できるように記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0008】
特許第6096352号公報
特開2020-009280号公報
オンライン商談手続きの導入(2020年9月18日東京海上日動火災保険プレスリリース)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
保険のオンライン契約には以下のような問題があった。
(1)契約した保険の情報をパーソナルコンピュータ、タブレット端末、スマートフォンなどに保存することは盗難や火災又は水害などの事故の他、電気的機械的事故によるリスクもある。
(2)保険加入者が死亡した場合など、保険証券の保存場所が不明であったりパーソナルコンピュータやスマートフォンにロックがかかっていたりすることも想定される。
(3)保険の説明はウェブサイト上では情報量が多いがスマートフォンの場合は少ない。
(4)保険加入者が死亡した場合又は認知症を発症した場合には親族などが契約した保険証券を捜すことが困難である上その保険の内容や異動解約などの手続きが判らない場合がある。
【0010】
保険には以下のようなリスクがある。
(1)保険はその保険が補償又は保障する事象が起きた場合に保険金が支払われることを前提として加入者は保険料を支払う射幸性契約であるが、一般に大規模災害などを除き保険事故が起きた場合には保険会社や保険代理店に保険金請求をしなければ保険金は給付されない。
(2)保険は、保険事故以外にも異動や解約の場合は請求手続きをしなければ保険契約は正常に機能しないか或いはその保険契約は無駄になる。
(3)保険事故が起きた時には、保険証券番号や保険金請求書等が必要となるが一般に保険契約情報が一元化されていない上、それらが書面の保険証券の場合は焼失や紛失のリスクがある。
(4)保険は、無体物であるため契約した本人しか知らないこともある。
(5)保険加入者が死亡又は認知症を発症した場合は契約した保険の詳細が不明瞭又は不明となることがあるため未請求となる可能性もある。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
データ構造
1か月前
個人
対話システム
22日前
個人
エア入力システム
8日前
個人
接触型ICカード
1か月前
個人
ランド形成システム
8日前
日本精機株式会社
車載表示装置
1か月前
個人
情報処理装置
1か月前
凸版印刷株式会社
メタルカード
1か月前
株式会社リコー
学習装置
21日前
日本精機株式会社
操作認識装置
今日
個人
発想支援プログラム及び方法
4日前
個人
結婚活動支援システム
1か月前
株式会社クボタ
刈取計画装置
1か月前
辰巳電子工業株式会社
情報処理装置
4日前
株式会社ツガワ
端末処理装置
6日前
凸版印刷株式会社
非接触通信ICシート
1か月前
日本信号株式会社
読取装置
今日
個人
情報マップ生成プログラム及び方法
4日前
株式会社末広システム
駅伝蓄電システム
8日前
株式会社ノーリツ
給湯装置
1か月前
個人
故人を偲び仏行のお勤めできる仏壇
13日前
有限会社田中光学
PC操作補助具
26日前
日本信号株式会社
入力装置
26日前
金井電器産業株式会社
キーボード
15日前
株式会社ノンピ
情報処理装置
12日前
CKD株式会社
データ管理システム
26日前
個人
電子文書の閲覧用電子機器、表示方法
25日前
個人
情報処理システム
1か月前
中国電力株式会社
書類管理システム
1日前
個人
情報処理システム、及び情報処理方法
15日前
株式会社PSI
情報処理装置
15日前
株式会社サマデイ
スカウトシステム
1か月前
京セラ株式会社
RFIDタグ
6日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
13日前
オグラ金属株式会社
食品カウンタ装置
1か月前
大阪瓦斯株式会社
料理情報提案システム
今日
続きを見る