TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022079180
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-26
出願番号2020190196
出願日2020-11-16
発明の名称トナー
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人
主分類G03G 9/097 20060101AFI20220519BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】転写安定性と画像強度に優れたトナーの提供。
【解決手段】結着樹脂、無機微粒子を含有するトナー粒子を有するトナーであって、前記結着樹脂は式(1)で表される変性ポリエステルを含有し、前記無機微粒子はシリコーンオイルで表面処理されたものであることを特徴とする。
<com:Image com:imageContentCategory="Drawing"> <com:ImageFormatCategory>TIFF</com:ImageFormatCategory> <com:FileName>2022079180000015.tif</com:FileName> <com:HeightMeasure com:measureUnitCode="Mm">33</com:HeightMeasure> <com:WidthMeasure com:measureUnitCode="Mm">91</com:WidthMeasure> </com:Image>
(式中、Rは、それぞれ独立して、水素、メチル基、又はフェニル基を表し、Aは、ポリエステル部位を表し、Bは、ポリエステル部位、または、-R1OH、-R1COOH、-R1エポキシ基、-R1NH2からなる群から選択されるいずれかの官能基を表し、R1は、単結合または炭素数1以上4以下のアルキレン基を表し、平均繰り返し数nは10以上80以下である。)
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
結着樹脂、無機微粒子を含有するトナー粒子を有するトナーであって、
前記結着樹脂は下記一般式(1)で表される変性ポリエステルを含有し、
前記無機微粒子はシリコーンオイルで表面処理されたものであることを特徴とするトナー。
TIFF
2022079180000013.tif
33
91
(式中、Rは、それぞれ独立して、水素、メチル基、又はフェニル基を表し、
Aは、ポリエステル部位を表し、
Bは、ポリエステル部位、または、-R
1
OH、-R
1
COOH、
TIFF
2022079180000014.tif
13
58
-R
1
NH
2
からなる群から選択されるいずれかの官能基を表し、R
1
は、単結合または炭素数1以上4以下のアルキレン基を表し、
平均繰り返し数nは10以上80以下である。)
続きを表示(約 440 文字)【請求項2】
前記トナー粒子が、結着樹脂100質量部に対して、無機微粒子を0.5質量部以上10質量部以下含有する請求項1に記載のトナー。
【請求項3】
前記無機微粒子は、シリコーンオイルに由来する炭素量が2.0質量%以上6.0質量%以下である請求項1または2に記載のトナー。
【請求項4】
前記無機微粒子は、シリカあるいはアルミナである請求項1乃至3のいずれか1項に記載のトナー。
【請求項5】
前記結着樹脂は、前記変性ポリエステルを50質量%以上98質量%以下含有する請求項1乃至4のいずれか1項に記載のトナー。
【請求項6】
前記変性ポリエステルは、シリコーンユニットを0.5質量%以上5.0質量%以下含有する請求項1乃至5のいずれか1項に記載のトナー。
【請求項7】
前記シリコーンユニットは、前記一般式(1)中、Rがいずれもメチル基である請求項1乃至6のいずれか1項に記載のトナー。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、電子写真方式、静電記録方式、静電印刷方式、トナージェット方式に用いられるトナーに関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
近年、電子写真方式のフルカラー複写機が広く普及に伴い、更なる高速化、高画質化はもちろんのこと、省エネルギー性能、色味安定性能、およびメンテナンスフリー性能など、維持費用等の付加的な性能の向上も要求されている。
求められる具体的なトナーとしては、メンテナンスフリー対応策として、サービスマンによる現像剤の交換頻度を抑えるために、長期の画像出力においても劣化しにくいトナーが求められている。
そこで、長期の画像出力においても劣化しにくいトナーとして、トナーの表面に大粒径の無機微粒子を添加し、スペーサー効果を発現させる提案(特許文献1)がなされている。
一方、フルカラー複写機の印刷市場への適用も始まっており、印刷物の画像強度も重要視されている。そこで、印刷物の強度を向上させるために、ラジカル反応性の不飽和結合を有する結着樹脂を、紫外線を照射することで架橋させるトナーが提案されている(特許文献2および特許文献3)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2012-063607号公報
特開2004-151145号公報
特開2013-57868号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載のトナーは、初期の画像出力においては、スペーサー効果によるトナーの流動性や付着性が担保され、高画質の画像出力が可能となっている。しかし、結着樹脂としてポリエステルやスチレンアクリル樹脂を用いているため、長期の画像出力における現像器の撹拌等により、大粒径の無微微粒子がトナー表面に埋没し、トナーの付着性が高くなることから、転写効率が低下し、画質濃度が低下する場合があった。
また、特許文献2および特許文献3に記載のトナーは、結着樹脂の架橋によって印刷物の画像強度が可能となっている。しかし、印刷物の裁断等によって印刷物が折り曲げられる場合には、印刷物の画像がひび割れて、メディアから剥がれる場合があった。
本発明は、上述した課題を解決するためになされるものであり、その目的は、転写安定性と画像強度に優れたトナーを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明者らは、鋭意検討を重ねた結果、本発明の構成を用いることにより、転写安定性と画像強度に優れたトナーを提供することが可能となった。本発明は以下のとおりである。
本発明のトナーは、結着樹脂、無機微粒子を含有するトナー粒子を有するトナーであって、前記結着樹脂は下記一般式(1)で表される変性ポリエステルを含有し、
前記無機微粒子はシリコーンオイルで表面処理されたものであることを特徴とするトナーである。
【0006】
TIFF
2022079180000001.tif
33
91
(式中、Rは、それぞれ独立して、水素、メチル基、又はフェニル基を表し、
Aは、ポリエステル部位を表し、
Bは、ポリエステル部位、または、-R
1
OH、-R
1
COOH、
【0007】
TIFF
2022079180000002.tif
13
58
-R
1
NH
2
からなる群から選択されるいずれかの官能基を表し、R
1
は、単結合または炭素数1以上4以下のアルキレン基を表し、
平均繰り返し数nは10以上80以下である。)
【発明の効果】
【0008】
本発明により、転写安定性と画像強度に優れたトナーを提供することができる。
【発明を実施するための形態】
【0009】
本発明において、数値範囲を示す「○○以上××以下」や「○○~××」の記載は、特に断りのない限り、端点である下限及び上限を含む数値範囲を意味する。
【0010】
本発明者らは、転写安定性と画像強度の更なる向上を目的として、鋭意検討をした結果、下記一般式(1)で表される変性ポリエステルを含有する結着樹脂と、シリコーンオイルで表面処理された無機微粒子を含有するトナー粒子を含有するトナー用いることで、従来にない優れた転写安定性と画像強度が得られることを見出した。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン電子株式会社
羽根駆動装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
16日前
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
三菱製紙株式会社
レジストの形成方法
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
日本電産株式会社
光学ユニット
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社ニコン
露光装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
25日前
キヤノン株式会社
トナー
13日前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
三洋化成工業株式会社
トナーの製造方法
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
キヤノン株式会社
定着装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
現像装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
ドラムカートリッジ
1か月前
キヤノン株式会社
磁性トナー
13日前
キヤノン株式会社
像加熱装置
1か月前
株式会社リコー
画像投影装置
1か月前
凸版印刷株式会社
露光装置および露光方法
1か月前
ブラザー工業株式会社
ドラムカートリッジ
11日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
26日前
日産自動車株式会社
表示装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
続きを見る