TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022075424
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-18
出願番号2020193861
出願日2020-11-04
発明の名称車椅子階段昇降装置
出願人個人
代理人
主分類A61G 5/06 20060101AFI20220511BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】火事・水害・災害等発生時に車椅子に乗った要介護者を1人の介護者で車椅子ごと昇降装置に乗せ、安全に階段を降下又は上昇する車椅子階段昇降装置を提供する。
【解決手段】ソリ式又はベルト式階段昇降装置に要介護者の乗る車椅子を乗せて固定して階段を降下する時、介護者は装置の階段下部に立ちハンドルとブレーキレバーを握り、階段下部を視認しながら降下する車椅子階段昇降装置。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
ソリ式又はベルト式階段昇降装置に要介護者の乗る車椅子を乗せて固定して階段を降下する時、介護者は装置の階段下部に立ちハンドルとブレーキレバーを握り、階段下部を視認しながら降下する車椅子階段昇降装置
続きを表示(約 230 文字)【請求項2】
ソリ式又はベルト式階段昇降装置に要介護者の乗る車椅子を乗せて固定して階段を降下する時、介護者は装置の階段下部に立ちテコ棒とプッシャーを接続しブレーキをON/OFFしながらテコ棒を揺動・移動して階段を上昇する車椅子階段昇降装置
【請求項3】
装置デッキ後部に蝶番式スロープがあり、車椅子の乗降時はスロープとして使用。デッキへの車椅子搭乗後、直立・固定して遮蔽板として上部からの落下物の人への直撃を防止する車椅子階段昇降装置

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は火事・水害・災害等発生時に車椅子に乗った要介護者を1人の介護者で車椅子ごと昇降装置に乗せ、安全に階段を降下又は上昇する車椅子階段昇降装置に関するものである。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
階段を昇降するには、電動レール式と介護者が要介護者の後ろに立つバッテリー式電動昇降装置が知られている。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
電動式は停電時またはバッテリー低下時に階段の昇降が出来ない。
通常時は当然昇降可能だが、従来の階段昇降装置は車椅子の水平を保つため、要介護者は階段面より離れ高くなる。その結果、恐怖感を感じる。
又、常に昇降装置を操作する介護者は階段上部におり、昇降装置が目視の妨げとなり階下が見え難く、周囲や足元に何があるか分からず降下時の階段では非常に危険である。
【課題を解決しようとするための手段】
【0004】
階段降下時は図1のように要介護者は階段上部が見えるように車椅子に乗車し安全に固定され、介護者は装置の下部におり前方を視認しながら階段を降下する。足元が良く見え安全で、且つ要介護者も安心感が大きい。
【0005】
階段上昇時は図2のように要介護者は階段上部が見えるように車椅子に乗車し安全に固定され、介護者は装置の下部より上を見て装置を押して階段を押して階段を上昇する。
【0006】
図6のように台車デッキへ車椅子の乗り込み時のスロープが乗り込み完了後、蝶番で直立し壁となり階段昇降時や災害時の落下物の要介護者への直撃を防ぐことができる。又、転倒のリスクや介護者と向き合うことで階下を見下ろすことがなくなり、移動時の恐怖感から守られていると感じられる。
【発明の効果】
【0007】
1.要介護者は階段上、低位置であり且つ後ろ(階段下部)に介護者がいるので安心感が大きい。
2.降下時、介護者は前を向き足元を見ながら降りられるので安全である。
3.上昇時は介護者は上を向き、要介護者の状態を確認しながら登れるため安心である。
4.車椅子乗り込み時のスロープが乗り込み後直立し壁となるため、昇降時の落下物等の不測の事態から要介護者への直撃を避けることができる。又、降下時に要介護者は階上を見上げる体勢になり、階下を見下ろすことがなくなることで階下を見下ろし転倒の恐怖感を感じることがなくなる。
5.人力により昇降するので、装置がコンパクト且つ安価である。
【図面の簡単な説明】
【0008】
ソリ(スライダー)式昇降装置 階段降下時の側面図
ソリ(スライダー)式昇降装置 階段上昇時の側面図
ソリ(スライダー)式昇降装置 正面図
ソリ(スライダー)式昇降装置 上面図
ソリ(スライダー)式昇降装置 側面図
ベルト式昇降装置 側面図
【0009】
【以下、本発明の形態を説明する】
【0010】
1.左右一対のソリ(3)又はベルトコンベア(24)をステイで連接された側板(6)に設ける。ソリ及びベルトコンベアは加圧力調整可能なスプリング(4)により下部は加圧されている。
2.側板先端部より一対の支柱(12)を立てる。
3.上記支柱に直交する、一対のハンドル(13)及びブレーキレバー(14)を設ける。
4.階段降下時は介護者(12)が上記ハンドルとブレーキレバーを握り階段を下降する。
5.ブレーキレバーはリンク(16)(17)、ブレーキプレート(18)に接続し、ブレーキレバーの握りを放すとガススプリング(5)に接続されているブレーキプレートがソリ又は、ベルトコンベアを加圧して階段途中でも停止する構造とする。
6.階段上昇時は一対のテコ棒(19)、プッシャー(21)を回転自在のピン(22)へ支柱(13)にはピン(23)で連接する。ブレーキレバー(14)は介護者が上下させることにより、ブレーキレバー保持板(20)のピンプランジャーがブレーキレバーの孔部に出入りし、ブレーキのON/OFFができる。介護者はテコ棒の下部を支点にして階段を上昇する。
7.側板(6)に車椅子(10)用デッキ(7)を設け、スロープ(9)を使って要介護者の乗った車椅子を乗せて支柱(12)に固定する。
8.車椅子を乗せた後、スロープを蝶番(8)で直立、固定する。
【産業上の利用可能性】
【】
車椅子利用者が居住する病院、高齢者施設、マンション、家庭、商業施設、公共施設に必要と思われる。
【符号の説明】
【】
1.階段 2.平面走行用キャスター
3.ソリ 4.スプリング
5.ガススプリング 6.側板
7.車椅子用デッキ 8.蝶番
9.スロープ 10.要介護者用車椅子
11.介護者 12.支柱
13.ハンドル 14.ブレーキレバー
15.車椅子車輪ストッパ 16.リンク
17.リンク 18.ブレーキプレート
19.テコ棒 20.ブレーキレバー保持板
21.プッシャー 22.ピン
23.ピン 24.ベルトコンベア

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
耳栓
15日前
個人
指圧器
2か月前
個人
火塩湯
11日前
個人
健康装置
1日前
個人
コンドーム
1か月前
個人
無痕灸灸具
8日前
個人
どくだみ生茶
11日前
個人
介護用ベッド
24日前
個人
たんぽぽ生茶
11日前
個人
殺菌乾燥方法
3か月前
個人
妊娠治療薬。
1か月前
個人
把持鉗子
2か月前
個人
UVC照射容器
2か月前
個人
移乗用補助装置
7日前
個人
車椅子連結装置
2日前
個人
排泄通知システム
2か月前
個人
鼻腔拡張具
7日前
山梨県
手術器具
1か月前
個人
人工呼吸器
2か月前
個人
残尿打撃排出器1
2か月前
株式会社いうら
車椅子
1か月前
大正製薬株式会社
固形物
25日前
個人
車椅子階段昇降装置
1か月前
個人
鼻腔内留置ボックス
9日前
個人
薬液噴霧装置
1か月前
グンゼ株式会社
下着
10日前
株式会社ダリヤ
皮膚化粧料
24日前
マニー株式会社
医療用鑷子
2か月前
個人
人体吊り上げ用補助具
1か月前
個人
呼吸数測定装置
23日前
個人
抗毛嚢炎用外用組成物
2か月前
個人
点滴注射キット
1か月前
個人
漏れない生理ショーツ
1か月前
株式会社ニデック
検眼装置
1か月前
株式会社東洋新薬
皮膚外用剤
1か月前
株式会社コーセー
油性化粧料
2か月前
続きを見る