TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022075160
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-18
出願番号2020185761
出願日2020-11-06
発明の名称毛髪化粧料
出願人株式会社コーセー
代理人
主分類A61K 8/40 20060101AFI20220511BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】本発明の課題は、仕上がりのなめらかさ、仕上がりの軽さ、ボリュームアップ感を付与しつつ、適度な粘度であり、経時安定性も良好な毛髪化粧料を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)~(E);
(A)カチオン性界面活性剤 0.1~0.3質量%
(B)(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー及びアクリルアミド骨格をモノマー単位として含むポリマーから選ばれる少なくとも一種の増粘性ポリマー 0.12~0.4質量%
(C)皮膜形成ポリマー
(D)油剤
(E)水又は水溶性成分
を含有する毛髪化粧料。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
次の成分(A)~(E);
(A)カチオン性界面活性剤 0.1~0.3質量%
(B)(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー及びアクリルアミド骨格をモノマー単位として含むポリマーから選ばれる少なくとも一種の増粘性ポリマー 0.12~0.40質量%
(C)皮膜形成ポリマー
(D)油剤
(E)水性成分
を含有する毛髪化粧料。
続きを表示(約 220 文字)【請求項2】
成分(C)がビニルピロリドンをモノマー単位として含むポリマー及び(メタクリル酸エチルベタインス/アクリレーツ)コポリマーから選ばれる少なくとも一種である請求項1に記載の毛髪化粧料。
【請求項3】
成分(A)が疎水性の二鎖型構造を有するものである請求項1又は2に記載の毛髪化粧料。
【請求項4】
成分(A)がベシクル構造を形成していることを特徴とする請求項1~3のいずれかの項に記載の毛髪化粧料。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は毛髪化粧料に関し、さらに詳しくは、使用後の毛髪にふんわりとしたボリューム感を付与し、安定性に優れる毛髪化粧料に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来より、毛髪化粧料には、毛髪へのなめらかさを付与するために、カチオン性界面活性剤が用いられている。また、製剤の安定化および粘度付与のために、高級アルコールを合わせて配合することが多い。しかしながら、カチオン性界面活性剤や高級アルコールを用いた組成物は、仕上がりが重くなる傾向があるため、ふんわりとしたボリュームアップ効果を得ることが難しかった。
一方、ケラチン繊維にボリュームアップ効果を与える技術としては、被膜形成ポリマーやワックスを用いる組成物(例えば、特許文献1参照)が挙げられる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-070248号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1の組成物は、毛髪化粧料として使用する場合、ワックス等の固形油を配合することにより、仕上がりのなめらかさに欠けたり、また、仕上がりが重くなり、ボリュームアップ効果を十分に発揮できないという課題があった。また、増粘ポリマーや被膜形成ポリマーには、カチオン性界面活性剤と凝集し易いものが多く、感触や安定性に影響を与えるため、カチオン性界面活性剤と併用しつつ、毛髪に塗布する際に流れ落ちず伸び広げやすい粘度を保ったり、製剤の安定性を保つことが難しかった
【0005】
従って本発明の課題は、仕上がりのボリュームアップ効果を十分に確保しながらも、毛髪へのなめらかさの付与と仕上がりの軽さとを兼ね備え、さらには適度な粘性があり、経時安定性にも優れた毛髪化粧料を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
かかる実情に鑑み、本発明者らは鋭意検討を行った結果、特定の増粘性ポリマーと、皮膜形成ポリマーとの組合せを検討することにより、上記の課題を解決できることを見出し、本発明を完成するに至った。
【0007】
すなわち本発明は、
[1]次の成分(A)~(E);
(A)カチオン性界面活性剤 0.1~0.3質量%
(B)(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー及びアクリルアミド誘導体をモノマー単位として含むポリマーから選ばれる少なくとも一種の増粘性ポリマー 0.12~0.40質量%
(C)皮膜形成ポリマー(但し、成分(B)を除く)
(D)油剤
(E)水又は水溶性成分
を含有する毛髪化粧料である。
【0008】
また[2]成分(C)がビニルピロリドンをモノマー単位として含むポリマー、(メタクリル酸エチルベタインス/アクリレーツ)コポリマーから選ばれる少なくとも一種である前記毛髪化粧料、
[3]成分(A)が疎水性の二鎖型構造を有するものである前記毛髪化粧料、
[4]成分(A)がベシクルを形成していることを特徴とする前記毛髪化粧料である。
【発明の効果】
【0009】
本発明の毛髪化粧料は、ボリュームアップ感と仕上がりの軽さを兼ね備え、適度な粘度で使用性が良好であり、さらには経時安定性にも優れるものである。そのため、特にコンディショニング剤として有用である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、本発明について詳細に説明する。なお、本明細書においては、「~」を用いて数値範囲を表す際は、その範囲は両端の数値を含むものとする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
耳栓
15日前
個人
火塩湯
11日前
個人
指圧器
2か月前
個人
健康装置
1日前
個人
無痕灸灸具
8日前
個人
コンドーム
1か月前
個人
たんぽぽ生茶
11日前
個人
介護用ベッド
24日前
個人
妊娠治療薬。
1か月前
個人
どくだみ生茶
11日前
個人
UVC照射容器
2か月前
個人
移乗用補助装置
7日前
個人
車椅子連結装置
2日前
個人
排泄通知システム
2か月前
山梨県
手術器具
1か月前
株式会社いうら
車椅子
1か月前
個人
残尿打撃排出器1
2か月前
個人
鼻腔拡張具
7日前
個人
人工呼吸器
2か月前
個人
薬液噴霧装置
1か月前
個人
車椅子階段昇降装置
1か月前
大正製薬株式会社
固形物
25日前
個人
鼻腔内留置ボックス
9日前
グンゼ株式会社
下着
10日前
株式会社ダリヤ
皮膚化粧料
24日前
個人
点滴注射キット
1か月前
株式会社ニデック
検眼装置
1か月前
個人
人体吊り上げ用補助具
1か月前
個人
呼吸数測定装置
23日前
個人
抗毛嚢炎用外用組成物
2か月前
個人
漏れない生理ショーツ
1か月前
株式会社コーセー
毛髪化粧料
1か月前
個人
車椅子正面操作ハンドル
2か月前
株式会社コーセー
油性化粧料
2か月前
株式会社東洋新薬
皮膚外用剤
1か月前
株式会社成和化成
皮膚外用剤
11日前
続きを見る