TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022074533
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-18
出願番号2020184646
出願日2020-11-04
発明の名称電力供給車
出願人株式会社船橋総行
代理人個人,個人,個人
主分類H02J 9/08 20060101AFI20220511BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】緊急時に複数の種類の交流電力を供給する。
【解決手段】本発明に係る電力供給車1は、緊急時における電力供給に利用可能である。電力供給車1は、単相の交流電力及び三相の交流電力の双方を出力可能な発電装置10と、複数のグループに分けられた複数の充電器30の各グループへの電力供給のオン/オフを切り替え可能な電力切替装置20と、を備える。発電装置10は、単相の交流電力を出力する第1出力端子11と、三相の交流電力を出力する第2出力端子12とを備える。電力切替装置20は、第1出力端子11及び第2出力端子12のいずれかに接続され、単相の交流電力及び前記三相の交流電力のいずれかの交流電力について、複数の充電器30の各グループへの電力供給のオン/オフを切り替え可能である。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
緊急時における電力供給に利用可能な電力供給車であって、
単相の交流電力及び三相の交流電力の双方を出力可能な発電装置と、
複数のグループに分けられた複数の充電器の各グループへの電力供給のオン/オフを切り替え可能な電力切替装置と、を備え、
前記発電装置は、単相の交流電力を出力する第1出力端子と、三相の交流電力を出力する第2出力端子とを備え、
前記電力切替装置は、前記第1出力端子及び前記第2出力端子のいずれかに接続され、前記単相の交流電力及び前記三相の交流電力のいずれかの交流電力について、前記複数の充電器の各グループへの電力供給のオン/オフを切り替え可能である、電力供給車。
続きを表示(約 480 文字)【請求項2】
請求項1に記載の電力供給車において、
前記電力切替装置は、所定時間が経過する毎に、前記複数の充電器の各グループへの電力供給のオン/オフを切り替える、電力供給車。
【請求項3】
請求項1又は2に記載の電力供給車において、
バッテリと、
前記バッテリから供給される直流電力を交流電力に変換するインバータと、を更に備える、電力供給車。
【請求項4】
請求項3に記載の電力供給車において、
複数の前記バッテリと、複数の前記インバータと、を備え、
前記電力供給車は、複数の前記インバータのうちのどのインバータから交流電力を供給するかを切り替える切替装置を更に備える、電力供給車。
【請求項5】
請求項1から4のいずれか一項に記載の電力供給車において、
前記電力供給車は、2つの前記電力切替装置を備え、
2つの前記電力切替装置のうちの一方は前記第1出力端子に接続され、2つの前記電力切替装置のうちの他方は前記第2出力端子に接続されている、電力供給車。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、緊急時の電力供給に用いられる電力供給車に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
災害発生に伴って大規模停電が起こっているときなどのような緊急時に、電力を供給することができると、停電の影響を軽減することができる。
【0003】
例えば特許文献1は、車両が備える蓄電装置に充電された電力を商用電力に変換し、災害時などに商用電力を供給可能な電力供給車を開示している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2013-107519号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
特許文献1に記載の電力供給車によれば、緊急時に、単相の交流電力である商用電力を供給することが可能である。
【0006】
しかしながら、大規模停電が起こっているときなどのような緊急時には、単相の交流電力だけでなく、三相の交流電力が必要とされることも多い。三相の交流電力を供給することが可能であれば、例えば、エレベータなどのような大型の電気設備を動作させることが可能となる。
【0007】
かかる点に鑑みてなされた本発明の目的は、緊急時に複数の種類の交流電力を供給することができる、電力供給車を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明に係る電力供給車は、緊急時における電力供給に利用可能である。前記電力供給車は、単相の交流電力及び三相の交流電力の双方を出力可能な発電装置と、複数のグループに分けられた複数の充電器の各グループへの電力供給のオン/オフを切り替え可能な電力切替装置と、を備える。前記発電装置は、単相の交流電力を出力する第1出力端子と、三相の交流電力を出力する第2出力端子とを備える。前記電力切替装置は、前記第1出力端子及び前記第2出力端子のいずれかに接続され、前記単相の交流電力及び前記三相の交流電力のいずれかの交流電力について、前記複数の充電器の各グループへの電力供給のオン/オフを切り替え可能である。
【発明の効果】
【0009】
本発明に係る電力供給車によれば、緊急時に複数の種類の交流電力を供給することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明の一実施形態に係る電力供給車の概略構成を示す図である。
図1の電力切替装置の概略構成を示す図である。
本発明の第1変形例に係る電力供給車の概略構成を示す図である。
本発明の第2変形例に係る電力供給車の概略構成を示す図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
太陽電池
10日前
個人
三相誘導性負荷電流制御法
13日前
個人
慣性力を利用して発電
2日前
ニチコン株式会社
蓄電システム
3日前
住友ベークライト株式会社
構造体
11日前
矢崎総業株式会社
電圧変換装置
11日前
中国電力株式会社
配電自動化システム
10日前
中国電力株式会社
配電自動化システム
10日前
三菱電機株式会社
回転電機及び換気装置
12日前
アシスト株式会社
回転装置
12日前
三菱電機株式会社
回転電機及び換気装置
12日前
株式会社豊田自動織機
電力変換装置
10日前
株式会社カネカ
太陽電池モジュール
11日前
株式会社IHI
電力変換装置
9日前
富士電機株式会社
受配電設備用装置
4日前
株式会社デンソー
回転電機
5日前
トヨタ自動車株式会社
電池パック
13日前
ミツミ電機株式会社
半導体集積回路装置
10日前
株式会社豊田自動織機
回転電機のロータ
11日前
ストローブ株式会社
静電発電装置
12日前
スズキ株式会社
エンジン始動装置
11日前
NITTOKU株式会社
巻線装置及び巻線方法
2日前
株式会社ミツバ
ブラシレスモータ
17日前
日立Astemo株式会社
制御装置
10日前
エイブリック株式会社
充放電制御回路及びバッテリ装置
11日前
河村電器産業株式会社
独立電源装置給電システム
13日前
大和ハウス工業株式会社
電力供給システム
3日前
大和ハウス工業株式会社
電力供給システム
3日前
本田技研工業株式会社
電源システム
11日前
キヤノン株式会社
電源装置及び画像形成装置
9日前
株式会社神戸製鋼所
磁場発生装置及び電動機
13日前
三洋テクノソリューションズ鳥取株式会社
充電装置
6日前
株式会社デンソー
電源システム
2日前
日本精工株式会社
ロータリーアクチュエータ
9日前
本田技研工業株式会社
電動装置
2日前
綾農業大学株式会社
ハイブリッドソーラー発電施設
10日前
続きを見る