TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022074229
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-18
出願番号2020184100
出願日2020-11-04
発明の名称健康具
出願人個人
代理人
主分類A63B 23/04 20060101AFI20220511BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】
小形で快適、簡便かつ安全な歩行感覚の健康器具の提供
【解決手段】
上下動する踏み込み形態のステップ機器に支持ハンドルを設けフットプレートを前後にスライド可能とし各過程における移動負荷や変位等の運動要素を任意に調整可能とする。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
踏み込みステップにともなう左右のフットプレートを利用者が自在に前後移動可能としかつ可動プレートのスライド機能はその相互の間隔、抗力、移動量、角度といった諸運動機能の向上ファクターをそれぞれ任意に調整可能としたことを特徴とする健康具。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
健康維持あるいは運動機能の向上を図るための装具やフィットネス機器は様々に商品化され一般に広く普及しているが、本発明はこうした分野における歩行や踏み込みステップ運動具に関するものである。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
体力や運動機能の向上に一般に用いられているステップ形式の器具には左右のフットプレートが図2、3のように相互に並行上下するものや、図8のように支軸の揺動によりピボット転移する形態等があり、いずれも反力に抗する踏み込みステップによる下半身の脚力保持、強化を目的とするものである。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
こうした器具は左右脚の交互踏み込みによりダンパー圧に抗し上下、揺動を繰り返し反復するものであり単調なきらいは否めない。またクランクを採用し脚の軌跡を円(回転)、さらに左右連動の前後運動を付加した(略楕円)製品等もあるがその作用する航跡自体は機器の構造に制約されて受け身なものでありトレーニング能力にも自ずと限度がある。
【課題を解決するための手段】
【0004】
上記難点の克服を目的としこれを達成するために、本発明では一般のステップおよびサイドステップ踏み込み器具のフットプレート面を、足にフィットしつ適宜な移動脚力を要して前後自由に可動な構造としている。
【発明の効果】
【0005】
このように構成された器具では従来のステップ運動に加え使用者が脚蹴り時の反発抗力を感じつ自発、能動的に前後移動し得るので、受身に既定の軌道運動や動作を繰り返すのではない普段の昇段歩行に似た知覚が得られ、これは平坦回動するベルトに追従して歩、走行する自走ウォーキングマシーンなどとも異なる有意な感覚であり、省スペースでの持続な下肢力の向上、健康に結びつくものである。
【図面の簡単な説明】
【0006】
本発明の一形態による簡略側面図である。
本発明の一形態をわかりやすくした簡略正面図である。
本発明による形態の片プレートを踏み込んだ状態の簡略正面図。
本発明の使用形態をわかりやすくした主構成部品の簡略側面図である。
本発明による一スライド形態の簡略側面図および部分矢視断面図である。
本発明の一形態による簡略側面図である。
本発明の一形態による簡略正面図である。
本発明の一形態による簡略側面図である。
【発明を実施するための形態】
【0007】
ステップおよびサイドステップ踏み込み形式器具の移動ベースに、脚を掛けるフットプレートを適宜な抗力を持して前後にスライド可能に敷設、かつ運動時の支持安定にハンドルを立設配置する。
【実施例】
【0008】
図1はサイドステップ形式への応用例を簡潔に示した側面図で、機長(a)内に制御ダンパー(12)、クッションダンパー(33)等を備えるサイドステップ器具があり図2,3はそのステップ機能を示した簡略正面図で、図2透視箇所のベース(1)に立設する支承プレート(2b)に軸動する対の並行アーム(2a)によりステッププレート(2)が水平もしくは任意の傾斜、間隔をもって左右相互いに上下揺動(c)する。同機能には左右個別にシリンダー(図4-34)を用いる等の他手段を使ってももちろんよい。
【0009】
ガイドベース(3)はサイドステップ機のステッププレート(2)上に間隔適宜に緊着、その内両サイド伸張方向には曲げ加工によりガイド部(b)を設け該ガイド部(b)に嵌合転動するローラー(4b)を枢着するローラー軸(4a)を側配設してスライドベース(4)が前後に移動する。
【0010】
ローラー(4b)軌道上の衝撃吸収パッド(5)はスライドベース(4)の移動量を規定するためガイドベース(3)のガイド部(b)にボルト(5a)に調整自在に取り付ける。スライドベース(4)上面には基体(6a)を固設してあり、該基体(6a)には踏み込みに適した形状、材質のフットプレート(6)が換装してある。(14)はガイドベース(3)両端に嵌合螺着のエンドプレートであり図2正面図においては説明のため透視してある。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
健康具
1か月前
個人
遊技機
4か月前
個人
ラケット
1か月前
個人
足運動具
2か月前
個人
名前ゲーム
1か月前
個人
玩具
1か月前
個人
剣玉様玩具
11日前
個人
トスマシーン
27日前
個人
健康輪セット
4か月前
個人
スノードーム
3か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
個人
チョークバッグ
17日前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
山佐株式会社
遊技機
1か月前
山佐株式会社
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
続きを見る