TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022073815
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-17
出願番号2020192058
出願日2020-11-02
発明の名称レシピ表示装置
出願人株式会社ゆずくる
代理人
主分類G06Q 50/10 20120101AFI20220510BHJP(計算;計数)
要約【課題】食材の外観を撮影するだけでその食材を使用したレシピを参照することができる画像認識レシピ表示装置を提供する。
【解決手段】撮影画像とあらかじめ登録された食材の画像との画像比較(s3)をおこなって食材を特定し、あらかじめ登録されたレシピ情報からその食材を使用したレシピを検索して表示(s5)をおこなう
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
食材の外観を撮影する撮影装置を備えた情報端末機と、
この情報端末機とネットワークを介して接続された管理サーバとから構成され、
予めこの管理サーバ内に登録された複数の食材画像情報の中から、撮影された食材の外観の情報をもとに撮影された食材を特定し、
予めこの管理サーバ内に登録された複数のレシピ情報の中から、その特定された食材を使用したひとつまたは複数のレシピを検索し、
その検索されたレシピのレシピ情報を、そのネットワークを介してこの情報端末機に表示することを特徴とするレシピ表示装置。
続きを表示(約 150 文字)【請求項2】
前記管理サーバ内に登録されている前記食材画像情報と、前記特定される食材は画像番号で紐づくことが可能であり、
前記特定される食材と前記レシピ情報は検索されるひとつまたは複数のレシピ毎で使用されている食材番号で紐づくことが可能であることを特徴とする請求項1のレシピ表示装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、レシピ情報を情報端末機に表示するにあたり、食材の画像認識を利用する技術に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来のレシピ検索表示システムでは、レシピ情報を情報端末機に表示する際には、文字情報を元に関連するレシピを検索し表示するものがある。類似する技術として特許文献1をご参照ください。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2015-28767号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ある食材を使ったレシピを調べる場合、情報端末機を用い文字入力や光学式文字読取装置によって文字認識をおこない関連するレシピを表示するということが一般的におこなわれている。
【0005】
その際、その食材を特定する文字で検索することが必要となり、似た名称の食材を除外し、その食材を特定する文字を類推し検索する必要がある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
請求項1に記載の本発明は、食材の外観を撮影する撮影装置を備えた情報端末機と、
この情報端末機とネットワークを介して接続された管理サーバとから構成され、
予めこの管理サーバ内に登録された複数の食材画像情報の中から、撮影された食材の外観の情報をもとに撮影された食材を特定し、
予めこの管理サーバ内に登録された複数のレシピ情報の中から、その特定された食材を使用したひとつまたは複数のレシピを検索し、
その検索されたレシピのレシピ情報を、そのネットワークを介してこの情報端末機に表示することを特徴とする。
【0007】
請求項2に記載の本発明は、請求項1に記載のレシピ表示装置において、前記管理サーバ内に登録されている前記食材画像情報と、前記特定される食材は画像番号で紐づくことが可能であり、
前記特定される食材と前記レシピ情報は検索されるひとつまたは複数のレシピ毎で使用されている食材番号で紐づくことが可能であることを特徴とする。
【0008】
本発明で使用する食材の画像認識技術はすでに広く利用されている画像認識技術などを用いる(例えば米国Intel社の「Open CV」など各種画像処理ライブラリの活用)。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、撮影装置を備えた情報端末機によって撮影された食材の外観の情報を用いレシピ表示をすることで、レシピを検索したいユーザの文字入力の手間を効率良く低減することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本実施形態に係るレシピ表示装置の利用環境を示す図である。
撮影装置を備えた情報端末機のハードウェア構成を示す図である。
管理サーバのハードウェア構成を示す図である。
本実施形態に係るレシピ表示プログラムの処理動作を示すフローチャートである。
情報端末機で食材を撮影した図である。
情報端末機で食材を特定できなかったときに再撮影を促す図である。
情報端末機で食材を撮影した情報を元に特定した食材を利用したレシピ情報を表示した図である。
食材画像情報と食材情報とレシピ情報の結びつきを表す構造図である。
図8の実データ例である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
保険契約管理方法
27日前
個人
回覧支援システム
24日前
株式会社理研
演算装置
12日前
個人
電子旅程システム
24日前
個人
マルチ集計シート
1か月前
個人
喋るハイテク家電
17日前
個人
遺言書作成システム
25日前
個人
家系図作成システム
25日前
個人
ライフ情報提供装置
24日前
個人
曲目音声入力システム
17日前
株式会社鶴
管理サーバ
24日前
日本精機株式会社
車載表示装置
2日前
凸版印刷株式会社
メタルカード
5日前
個人
結婚活動支援システム
10日前
個人
ゴーグル表示システム
24日前
個人
災害管理サーバ
27日前
個人
情報提供システム
17日前
HENNGE株式会社
サーバ
20日前
東レ株式会社
シミュレーション方法
20日前
シャープ株式会社
家電システム
17日前
個人
統計モデルによる勤務時間の推定
13日前
個人
個人間外貨両替マッチングシステム
1か月前
凸版印刷株式会社
非接触通信ICシート
2日前
株式会社ノーリツ
給湯装置
3日前
キヤノン株式会社
情報処理システム
1か月前
ヤマキ有限会社
値引き管理システム
19日前
東洋計器株式会社
ガスの集中監視方法
18日前
三菱電機株式会社
映像表示装置
25日前
オグラ金属株式会社
食品カウンタ装置
4日前
テルモ株式会社
表示装置
20日前
中国電力株式会社
業務時間管理システム
6日前
ビィデザイン株式会社
仮想空間システム
17日前
株式会社リコー
情報処理装置および方法
24日前
積水ハウス株式会社
情報処理装置
27日前
積水ハウス株式会社
地図生成装置
27日前
アズウェル株式会社
図書データ保存装置
1か月前
続きを見る