TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022073413
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-17
出願番号2020183377
出願日2020-10-31
発明の名称輸送システム
出願人株式会社日建設計
代理人個人
主分類G06Q 50/06 20120101AFI20220510BHJP(計算;計数)
要約【課題】人、物及びエネルギ資源を効率的に輸送して、エネルギの有効利用、交通渋滞の緩和、そして、新規社会基盤の実現化を企図できる輸送システムを提供する。
【解決手段】見守り支援システム100には、比較的小範囲の居住地域に存在する少なくとも、住宅21、マンション22を含む生活拠点間を連絡して走行する配送車11と、エネルギ資源を生成及び供給するエネルギ供給施設と、少なくとも、人Pが利用する交通施設、物Aを販売する商業施設、廃棄物Tを処理する処理施設を保有する公共施設と、配送車11、エネルギ供給施設5、公共施設6を通信回線(有線通信回線41、無線通信回線42)を介して接続し、これらを管理する管理センター30と、から構成する。配送車11は、同時に、人Pを乗車させ、物Aを積載することができると共に、エネルギ資源を輸送することができる。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
比較的小範囲の居住地域に存在する生活拠点間を連絡して走行する配送車と、エネルギ資源を生成及び供給するエネルギ供給施設と、少なくとも、人が利用する交通施設、物を販売する商業施設、廃棄物を処理する処理施設を保有する公共施設と、前記配送車、前記エネルギ供給施設、前記公共施設を通信回線を介して接続し、これらを管理する管理センターと、から構成したことを特徴とする輸送システム。
続きを表示(約 230 文字)【請求項2】
前記生活拠点は、少なくとも、住宅、マンションを含むものであることを特徴とする請求項1に記載の輸送システム。
【請求項3】
前記配送車は、同時に、人を乗車させ、物を積載させることができると共に、エネルギ資源を輸送することができるものであることを特徴とする請求項1又は2に記載の輸送システム。
【請求項4】
前記配送車は、自動運転車であることを特徴とする請求項1乃至3の何れか1に記載の輸送システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、比較的小範囲の市街地、過疎地、特に、スマートシティに適用して好適な、人、物及びエネルギ資源の輸送システムに関するものである。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来、居住者、就労者が多い市街地、居住者等が少ない過疎地の何れにあっても、図15に示すように、電気Eは地上に設置した電線211、電柱212を介して、上水W、ガスGは地中に埋設した上水管路213、ガス管路214を介して、又、下水Dは地中に埋設した下水管路215を介して、各住宅221、マンション222、オフィスビル223、商業施設へと供給し、又、回収していた。
【0003】
このように、生活に必須の電気E、上水W、下水D、ガスG等は、地上の設置物、地中の埋設物等の公共設備を介して供給し、又、回収していたので、これら公共設備の構築、保守、改修には大規模な工事が必要であり、社会基盤(インフラストラクチャー)の構築等には膨大な時間、莫大な労力及び費用を要する、という問題が生じていた。
【0004】
又、比較的小範囲の市街地、過疎地では、図15に示すように、人Pはバス、タクシー等を利用して住宅221、ビル223、商業施設等へ移動し、物Aはトラック、バン等の商業車を使用して住宅221、ビル223、商業施設等に配送し、ゴミTは回収車を使用して住宅221、ビル223、商業施設等から回収していた。
【0005】
このように、生活に必要な人Pの移動、物Aの配送、ゴミTの回収等のサービスは、それぞれ別形態の自動車によって提供されていたので、市街地では自動車の数量が増大し、交通渋滞の要因となり、過疎地ではそれら自動車が確保できず、十分なサービスを提供できない、という問題が生じていた。
【0006】
一方、近年では、新規に開発した市街地にあっては、図16に示すように、電気Eは地中に埋設したケーブル311を介して供給し、ゴミTは地中に構築した回収管路312を介して回収することによって、市街地の景観を向上すると共に、市街地を走行する自動車の数量を削減する試みも見られるようになってきた。
【0007】
しかし、このような新規開発の市街地は、山地、丘陵を開墾し、海岸、河川を埋立し、又、過疎地を使用する等、新たに土地を造成する場合には可能ではあるが、既に存在する市街地を再開発する場合には、既に地中に地下鉄、貯水路等が網羅されていて、実質的に再開発工事が困難である、という問題があった。
【0008】
上記従来の問題点を鑑みて、市街地における人P、物A及びエネルギ資源Rの効率的な配送を図ることによって、図17に示すような、いわゆるスマートシティ400を実現することを企図して、これまで種々の物流システム、エネルギ配送システムが提案されている(特許文献1及び2参照)。
【0009】
特許文献1に記載された物流システムは、水素を燃料とする配送トラックを使用し、配送センターから商品を各店舗に配送すると共に、各店舗から廃棄食品を配送センターに回収する。そして、配送センターの水素生成施設において、廃棄食品から水素を生成し、それを配送トラックの燃料として利用するものである。
【0010】
特許文献2に記載されたエネルギ配送システムは、走行用バッテリーを備えた配送車を使用し、配送センターから商品を各店舗に配送する際に、所定店舗の蓄電池から余剰電気エネルギを充電すると共に、所定店舗の蓄電池には余剰電気エネルギを放電することによって、余剰電気エネルギを有効に使用するものである。
【先行技術文献】
【特許文献】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社理研
演算装置
12日前
個人
回覧支援システム
24日前
個人
喋るハイテク家電
17日前
個人
電子旅程システム
24日前
個人
遺言書作成システム
25日前
個人
家系図作成システム
25日前
個人
ライフ情報提供装置
24日前
個人
曲目音声入力システム
17日前
株式会社鶴
管理サーバ
24日前
日本精機株式会社
車載表示装置
2日前
凸版印刷株式会社
メタルカード
5日前
個人
災害管理サーバ
27日前
個人
ゴーグル表示システム
24日前
個人
結婚活動支援システム
10日前
東レ株式会社
シミュレーション方法
20日前
HENNGE株式会社
サーバ
20日前
個人
情報提供システム
17日前
シャープ株式会社
家電システム
17日前
個人
統計モデルによる勤務時間の推定
13日前
株式会社ノーリツ
給湯装置
3日前
凸版印刷株式会社
非接触通信ICシート
2日前
ヤマキ有限会社
値引き管理システム
19日前
東洋計器株式会社
ガスの集中監視方法
18日前
三菱電機株式会社
映像表示装置
25日前
オグラ金属株式会社
食品カウンタ装置
4日前
テルモ株式会社
表示装置
20日前
株式会社リコー
情報処理装置および方法
24日前
中国電力株式会社
業務時間管理システム
6日前
ビィデザイン株式会社
仮想空間システム
17日前
沖電気工業株式会社
制御装置
12日前
ソプラ株式会社
メタデータ抽出プログラム
6日前
株式会社野村総合研究所
商品販売システム
26日前
NISSHA株式会社
静電容量方式の圧力センサ
10日前
タブソリューション株式会社
情報処理装置
25日前
日本放送協会
物体検出装置及びプログラム
24日前
トヨタ自動車株式会社
情報処理装置
13日前
続きを見る