TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022073235
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-17
出願番号2020183090
出願日2020-10-30
発明の名称タッチ入力装置
出願人ホシデン株式会社
代理人個人
主分類G06F 3/041 20060101AFI20220510BHJP(計算;計数)
要約【課題】シームレス化できる新規なタッチ入力装置を提供する。
【解決手段】タッチ入力装置は、筐体、可動部、外表部200及び可動部を移動させる昇降駆動部700と、を備える。可動部は、筐体の開口101内で縁部110に対して移動自在である。外表部200の可撓層210は、開口101の縁部110及び可動部を覆う。可動部の縁部110に対する第1高さ位置で、外表部200の外面の第1、第2領域201a、201bが略面一となり、可撓層210の第2部212が可撓層210の第1部211に対して第3高さ位置に位置する。可動部の縁部110に対する第2高さ位置で、第2領域201bが第1領域201aに対してZ’方向に位置し、第2部212が第1部211に対して第4高さ位置に位置する。可撓層210は部分的に可撓し且つ伸びる。
【選択図】図2A
特許請求の範囲【請求項1】
筐体と、少なくとも一つの可動部と、外表部と、少なくとも一つのタッチセンサと、少なくとも一つの昇降駆動部とを備えており、
前記筐体は、少なくとも第1方向の一方側に開放された少なくとも一つの開口と、前記少なくとも一つの開口の縁部とを有しており、前記少なくとも一つの開口の縁部が前記第1方向の一方側の第1面を有しており、前記第1方向は前記少なくとも一つの開口の軸方向であり、
前記少なくとも一つの可動部は、前記少なくとも一つの開口内で前記第1方向における第1高さ位置と前記第1高さ位置よりも前記第1方向の他方側又は前記第1方向の一方側の第2高さ位置の間で前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に移動自在になっており、且つ前記第1方向の一方側の第1面を有しており、前記第1高さ位置は、前記少なくとも一つの可動部の前記第1面が前記第1方向において前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部の前記第1面に対して所定の高さに位置する位置であり、
前記外表部は、可撓性及び伸縮性を有する可撓層を有しており、
前記可撓層は、少なくとも前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部及び前記少なくとも一つの可動部を前記第1方向の一方側から覆っており、且つ、前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部の前記第1面に直接的又は間接的に固定された少なくとも一つの第1部と、前記少なくとも一つの可動部の前記第1面に直接的又は間接的に固定された少なくとも一つの第2部とを有しており、前記少なくとも一つの第1部は前記第1方向の一方側の第1面を有しており、前記少なくとも一つの第2部は前記第1方向の一方側の第1面を有しており、
前記少なくとも一つの可動部が前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に前記第1高さ位置に位置した状態で、前記可撓層の前記少なくとも一つの第2部の前記第1面が前記第1方向において前記可撓層の前記少なくとも一つの第1部の前記第1面に対して相対的に所定の高さ位置である第3高さ位置に位置する一方、前記少なくとも一つの可動部が前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に前記第2高さ位置に位置した状態で、前記可撓層の前記少なくとも一つの第2部の前記第1面が前記可撓層の前記少なくとも一つの第1部の前記第1面に対して相対的に前記第3高さ位置よりも前記第1方向の他方側又は前記第1方向の一方側の第4高さ位置に位置しており、
前記可撓層は、前記少なくとも一つの第2部の前記少なくとも一つの第1部に対する前記第3高さ位置から前記第4高さ位置への相対的な移動又は前記第4高さ位置から前記第3高さ位置への相対的な移動に応じて、部分的に可撓し且つ伸びる、又は部分的に縮むようになっており、
前記少なくとも一つのタッチセンサは、前記少なくとも一つの可動部に設けられており又は前記少なくとも一つの可動部に対して前記第1方向の他方側に間隔をあけて配置されており、且つ前記外表部の前記第1方向の一方側の外面のタッチ領域に接触する検出対象を検出可能な構成であり、
前記少なくとも一つの昇降駆動部は、前記少なくとも一つの可動部又は前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部を前記第1方向において移動させることによって、前記少なくとも一つの可動部を前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に前記第1高さ位置から前記第2高さ位置へ又は前記第2高さ位置から前記第1高さ位置へ移動させる構成となっているタッチ入力装置。
続きを表示(約 2,900 文字)【請求項2】
請求項1記載のタッチ入力装置において、
前記外表部の前記外面は、前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して前記第1方向の一方側に位置する少なくとも一つの第1領域と、前記少なくとも一つの可動部に対して前記第1方向の一方側に位置する少なくとも一つの第2領域とを有しており、前記少なくとも一つの第2領域のうちの少なくとも一つは、検出対象によって接触される前記タッチ領域を有しており、
前記少なくとも一つの可動部が前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に前記第1高さ位置に位置した状態で、前記外面の前記少なくとも一つの第1領域と前記外面の前記少なくとも一つの第2領域とが略面一である一方、前記少なくとも一つの可動部が前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に前記第2高さ位置に位置した状態で、前記外面の前記少なくとも一つの第2領域が前記外面の前記少なくとも一つの第1領域に対して相対的に前記第1方向の他方側又は前記第1方向の一方側に位置しているタッチ入力装置。
【請求項3】
請求項1又は2記載のタッチ入力装置において、
前記少なくとも一つの可動部は、前記筐体の前記少なくとも一つの開口内に前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部との間に間隙を有して配置されており、
前記可撓層は、前記間隙に対して前記第1方向の一方側に位置しており且つ前記少なくとも一つの第1部と前記少なくとも一つの第2部との間に位置する少なくとも一つの第3部を更に有しており、
前記少なくとも一つの第3部は、前記少なくとも一つの第2部が前記少なくとも一つの第1部に対する前記第3高さ位置から前記第4高さ位置への相対的な移動又は前記第4高さ位置から前記第3高さ位置への相対的な移動に応じて、可撓し且つ伸びる、又は縮むタッチ入力装置。
【請求項4】
請求項2記載のタッチ入力装置において、
前記少なくとも一つの可動部は、前記筐体の前記少なくとも一つの開口内に前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部との間に間隙を有して配置されており、
前記外面は、前記間隙に対して前記第1方向の一方側に位置しており且つ前記少なくとも一つの第1領域と前記少なくとも一つの第2領域との間に位置する少なくとも一つの第3領域を更に有しており、
前記可撓層は、前記間隙に対して前記第1方向の一方側に位置しており且つ前記少なくとも一つの第1部と前記少なくとも一つの第2部との間に位置する少なくとも一つの第3部を更に有しており、
前記少なくとも一つの可動部が前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に前記第1高さ位置に位置した状態で、前記外面の前記少なくとも一つの第1領域、前記外面の前記少なくとも一つの第2領域及び前記外面の前記少なくとも一つの第3領域が略面一である一方、前記少なくとも一つの可動部が前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に前記第2高さ位置に位置した状態で、前記外面の前記少なくとも一つの第2領域が前記外面の前記少なくとも一つの第1領域に対して相対的に前記第1方向の他方側又は前記第1方向の一方側に位置すると共に前記外面の前記少なくとも一つの第3領域が前記外面の前記少なくとも一つの第2領域から前記外面の前記少なくとも一つの第1領域にかけて斜めに傾斜するタッチ入力装置。
【請求項5】
請求項1~4の何れかに記載のタッチ入力装置において、
前記可撓層の前記少なくとも一つの第2部の前記第1面が前記可撓層の前記少なくとも一つの第1部の前記第1面に対して相対的に前記第4高さ位置から前記第3高さ位置に復帰し且つ前記少なくとも一つの可動部が前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に前記第2高さ位置から前記第1高さ位置へ移動するときに、又は、前記可撓層の前記少なくとも一つの第2部の前記第1面が前記可撓層の前記少なくとも一つの第1部の前記第1面に対して相対的に前記第3高さ位置から前記第4高さ位置に復帰し且つ前記少なくとも一つの可動部が前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に前記第1高さ位置から前記第2高さ位置へ移動するときに、前記可撓層が部分的に復元する又は部分的に伸びるようになっているタッチ入力装置。
【請求項6】
請求項1~5の何れかに記載のタッチ入力装置において、
前記外表部は、前記外面を有する最表層を更に有しており、
前記最表層は、前記可撓層に対して前記第1方向の一方側に位置しており、前記最表層は、前記可撓層の部分的な可撓に伴って、部分的に可撓する、又は、前記可撓層の部分的な縮みに伴って、部分的に縮むタッチ入力装置。
【請求項7】
請求項1~6の何れかに記載のタッチ入力装置において、
前記外表部は、クッション層を更に有しており、
前記クッション層は、前記可撓層と前記筐体及び前記少なくとも一つの可動部との間に配置されており、且つ、少なくとも一つの第1部と、少なくとも一つの第2部とを有しており、
前記クッション層の前記少なくとも一つの第1部は、前記可撓層の前記少なくとも一つの第1部と前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部の前記第1面との間に介在しており、
前記クッション層の前記少なくとも一つの第2部は、前記可撓層の前記少なくとも一つの第2部と前記少なくとも一つの可動部の前記第1面との間に介在しているタッチ入力装置。
【請求項8】
請求項1~7の何れかに記載のタッチ入力装置において、
前記少なくとも一つのタッチセンサは、前記少なくとも一つの可動部の前記第1面上に設けられており、
前記可撓層の前記少なくとも一つの第2部は、前記少なくとも一つのタッチセンサを介して前記少なくとも一つの可動部の前記第1面に間接的に固定されているタッチ入力装置。
【請求項9】
請求項1~8の何れかに記載のタッチ入力装置において、
前記少なくとも一つの昇降駆動部は、ソレノイドであるタッチ入力装置。
【請求項10】
請求項2、4又は6記載のタッチ入力装置において、
前記外面は、前記少なくとも一つの第1領域と前記少なくとも一つの第2領域との間に前記第1方向の一方側に凸の少なくとも一つの装飾凸部及び/又は前記第1方向の他方側に凹の少なくとも一つの装飾凹部を更に有しており、
前記少なくとも一つの可動部が前記筐体の前記少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に前記第1高さ位置に位置した状態で、前記外面の前記少なくとも一つの第1領域と前記外面の前記少なくとも一つの第2領域とは、前記少なくとも一つの装飾凸部及び/又は前記少なくとも一つの装飾凹部を除いて略面一であるタッチ入力装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、タッチ入力装置に関する。
続きを表示(約 2,800 文字)【背景技術】
【0002】
下記特許文献1には、従来のタッチ入力装置が記載されている。このタッチ入力装置は、開口を有する枠体と、タッチセンサと、昇降機構と、制御部とを備えている。タッチセンサは、平面視において枠体の開口の形に対応した外形を有しており且つ枠体の開口内に初期位置と下降位置との間で昇降自在に配置されている。初期位置において、タッチセンサの表面(タッチ領域を含む。)と枠体の表面とは面一であって、シームレス化されている。下降位置において、タッチセンサの表面は枠体の表面よりも下側に位置する。昇降機構は、タッチセンサを初期位置と下降位置との間で昇降移動させるようになっている。制御部は、タッチセンサが所定の操作(例えば、スワイプ操作等)をされることによって、昇降機構を駆動させ、タッチセンサを初期位置から下降位置へ移動させるようになっている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2015-49601号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来のタッチ入力装置においては、タッチセンサの表面と枠体の表面とがシームレス化されるように、枠体の開口の形及びタッチセンサの外形を高精度に作成されている。しかし、タッチセンサと枠体とは別体であるため、その間にごく僅かな隙間が生じて外部に露出することになる。
【0005】
本発明は、シームレス化できる新規なタッチ入力装置を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の一態様のタッチ入力装置は、筐体と、少なくとも一つの可動部と、外表部と、少なくとも一つのタッチセンサと、少なくとも一つの昇降駆動部とを備えている。筐体は、少なくとも第1方向の一方側に開放された少なくとも一つの開口と、少なくとも一つの開口の縁部とを有している。少なくとも一つの開口の縁部が第1方向の一方側の第1面を有している。第1方向は少なくとも一つの開口の軸方向である。少なくとも一つの可動部は、少なくとも一つの開口内で第1方向における第1高さ位置と第1高さ位置よりも第1方向の他方側又は第1方向の一方側の第2高さ位置の間で少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に移動自在になっており、且つ第1方向の一方側の第1面を有している。第1高さ位置は、少なくとも一つの可動部の第1面が第1方向において筐体の少なくとも一つの開口の縁部の第1面に対して所定の高さに位置する位置である。外表部は、可撓性及び伸縮性を有する可撓層を有している。可撓層は、少なくとも筐体の少なくとも一つの開口の縁部及び少なくとも一つの可動部を第1方向の一方側から覆っており、且つ、筐体の少なくとも一つの開口の縁部の第1面に直接的又は間接的に固定された少なくとも一つの第1部と、少なくとも一つの可動部の第1面に直接的又は間接的に固定された少なくとも一つの第2部とを有している。少なくとも一つの第1部は第1方向の一方側の第1面を有しており、少なくとも一つの第2部は第1方向の一方側の第1面を有している。少なくとも一つの可動部が筐体の少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に第1高さ位置に位置した状態で、可撓層の少なくとも一つの第2部の第1面が第1方向において可撓層の少なくとも一つの第1部の第1面に対して相対的に所定の高さ位置である第3高さ位置に位置する。少なくとも一つの可動部が筐体の少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に第2高さ位置に位置した状態で、可撓層の少なくとも一つの第2部の第1面が可撓層の少なくとも一つの第1部の第1面に対して相対的に第3高さ位置よりも第1方向の他方側又は第1方向の一方側の第4高さ位置に位置している。可撓層は、少なくとも一つの第2部の少なくとも一つの第1部に対する第3高さ位置から第4高さ位置への相対的な移動又は第4高さ位置から第3高さ位置への相対的な移動に応じて、部分的に可撓し且つ伸びる、又は部分的に縮むようになっている。少なくとも一つのタッチセンサは、少なくとも一つの可動部に設けられており又は少なくとも一つの可動部に対して第1方向の他方側に間隔をあけて配置されており、且つ外表部の第1方向の一方側の外面のタッチ領域に接触する検出対象を検出可能な構成である。少なくとも一つの昇降駆動部は、少なくとも一つの可動部又は筐体の少なくとも一つの開口の縁部を第1方向において移動させることによって、少なくとも一つの可動部を筐体の少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に第1高さ位置から第2高さ位置へ又は第2高さ位置から第1高さ位置へ移動させる構成となっている。
【0007】
このようなタッチ入力装置による場合、筐体の少なくとも一つの開口の縁部及び可動部は、外表部によって第1方向の一方側から覆われているので、筐体の少なくとも一つの開口の縁部と可動部との間の隙間が第1方向の一方側に露出せずに、タッチ入力装置のシームレス化を図ることができる。
【0008】
外表部の外面は、筐体の少なくとも一つの開口の縁部に対して第1方向の一方側に位置する少なくとも一つの第1領域と、少なくとも一つの可動部に対して第1方向の一方側に位置する少なくとも一つの第2領域とを有する構成とすることが可能である。少なくとも一つの可動部が筐体の少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に第1高さ位置に位置した状態で、外面の少なくとも一つの第1領域と外面の少なくとも一つの第2領域とが略面一である一方、少なくとも一つの可動部が筐体の少なくとも一つの開口の縁部に対して相対的に第2高さ位置に位置した状態で、外面の少なくとも一つの第2領域が外面の少なくとも一つの第1領域に対して相対的に第1方向の他方側又は第1方向の一方側に位置している構成とすることが可能である。
【0009】
少なくとも一つの可動部は、筐体の少なくとも一つの開口内に筐体の少なくとも一つの開口の縁部との間に間隙を有して配置された構成とすることが可能である。この場合、可撓層は、間隙に対して第1方向の一方側に位置しており且つ少なくとも一つの第1部と少なくとも一つの第2部との間に位置する少なくとも一つの第3部を更に有する構成とすることが可能である。
【0010】
可撓層の少なくとも一つの第3部は、少なくとも一つの第2部が少なくとも一つの第1部に対する第3高さ位置から第4高さ位置への相対的な移動又は第4高さ位置から第3高さ位置への相対的な移動に応じて、可撓し且つ伸びる、又は縮むようになっている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

ホシデン株式会社
セルロースナノファイバー含有成形体
19日前
ホシデン株式会社
三次元構造物の製造方法および三次元構造物
3日前
個人
回覧支援システム
24日前
個人
喋るハイテク家電
17日前
個人
電子旅程システム
24日前
個人
保険契約管理方法
27日前
株式会社理研
演算装置
12日前
個人
マルチ集計シート
1か月前
個人
家系図作成システム
25日前
個人
遺言書作成システム
25日前
個人
ライフ情報提供装置
24日前
個人
曲目音声入力システム
17日前
株式会社鶴
管理サーバ
24日前
凸版印刷株式会社
メタルカード
5日前
日本精機株式会社
車載表示装置
2日前
個人
結婚活動支援システム
10日前
個人
ゴーグル表示システム
24日前
個人
災害管理サーバ
27日前
東レ株式会社
シミュレーション方法
20日前
個人
情報提供システム
17日前
HENNGE株式会社
サーバ
20日前
個人
統計モデルによる勤務時間の推定
13日前
シャープ株式会社
家電システム
17日前
凸版印刷株式会社
非接触通信ICシート
2日前
個人
個人間外貨両替マッチングシステム
1か月前
株式会社ノーリツ
給湯装置
3日前
キヤノン株式会社
情報処理システム
1か月前
ヤマキ有限会社
値引き管理システム
19日前
三菱電機株式会社
映像表示装置
25日前
テルモ株式会社
表示装置
20日前
東洋計器株式会社
ガスの集中監視方法
18日前
オグラ金属株式会社
食品カウンタ装置
4日前
ビィデザイン株式会社
仮想空間システム
17日前
積水ハウス株式会社
地図生成装置
27日前
中国電力株式会社
業務時間管理システム
6日前
積水ハウス株式会社
情報処理装置
27日前
続きを見る