TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022072889
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-17
出願番号2020182579
出願日2020-10-30
発明の名称遊技機
出願人株式会社三洋物産
代理人個人
主分類A63F 7/02 20060101AFI20220510BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】 演出を好適に実行可能な遊技機を提供する。
【解決手段】 遊技機において、操作部材を押圧する握り操作(所定の入力操作)を実行可能で、上下方向と左右方向とを含む平面に沿った回転移動により離間した形態(第1の形態)と連結した形態(第2の形態)との間で形態変化が可能な左入力レバーと右入力レバー(操作部)を備えており、両手参加型の殻割りミッション演出が発生した場合であって、左入力レバーと右入力レバーとが連結された形態をとる場合の一部で(時刻ti10~時刻tf17)、左入力レバーや右入力レバーの全体(可動部)が、連結した形態へと変化する場合の回転移動(変化過程の動作)とは異なり、前後方向へ移動(異なる動作)する構成とする。
【選択図】 図39
特許請求の範囲【請求項1】
所定の当選条件が成立した場合に、通常遊技状態よりも遊技価値が付与される入賞条件が成立し易い特別遊技状態が発生する遊技機であって、
所定の入力操作を実行可能であり、形態変化が可能な操作部と、
前記操作部の形態変化を制御し、前記通常遊技状態又は前記特別遊技状態で所定の演出発生条件が成立した場合に前記操作部の形態を第1の形態から第1の形態とは異なる第2の形態に変化させる形態制御手段とを備え、
前記操作部の少なくとも一部は、前記第2の形態をとる場合に、前記第1の形態から前記第2の形態への変化過程の動作とは異なる動作が可能な可動部によって構成され、
前記操作部が前記第2の形態をとる場合の少なくとも一部において前記可動部が移動可能に構成されていることを特徴とする遊技機。
続きを表示(約 52 文字)【請求項2】
前記遊技機は、パチンコ遊技機であることを特徴とする請求項1記載の遊技機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、弾球遊技機に代表される遊技機に関する。
続きを表示(約 3,400 文字)【背景技術】
【0002】
遊技機の代表例としてパチンコ機がある。従来の典型的なパチンコ機において、遊技領域に設けられた始動口に入球し、その入球に応じて行われた抽選において大当りに当選した場合に、通常遊技状態より有利な特別遊技状態に移行する構成が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2011-31031号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、従来の遊技機において通常遊技状態や特別遊技状態で様々な演出がなされるものの、当該演出を実行する構成について未だ改良の余地がある可能性があった。
【0005】
本発明は、上記例示した事情等に鑑みてなされたものであり、演出を好適に実行可能な遊技機を提供することを目的とするものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明に係る遊技機は、上記の課題を解決するために、
所定の当選条件が成立した場合に、通常遊技状態よりも遊技価値が付与される入賞条件が成立し易い特別遊技状態が発生する遊技機であって、
所定の入力操作を実行可能であり、形態変化が可能な操作部と、
前記操作部の形態変化を制御し、前記通常遊技状態又は前記特別遊技状態で所定の演出発生条件が成立した場合に前記操作部の形態を第1の形態から第1の形態とは異なる第2の形態に変化させる形態制御手段とを備え、
前記操作部の少なくとも一部は、前記第2の形態をとる場合に、前記第1の形態から前記第2の形態への変化過程の動作とは異なる動作が可能な可動部によって構成され、
前記操作部が前記第2の形態をとる場合の少なくとも一部において前記可動部が移動可能に構成されていることを特徴としている。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、演出を好適に実行可能な遊技機を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
遊技機の一例としてのパチンコ機の正面側斜視図
パチンコ機を開放状態で示す斜視図
パチンコ機を他の開放状態で示す斜視図
パチンコ機を更に他の開放状態で示す斜視図
パチンコ機の正面図
パチンコ機の前ブロックを取り外した状態を示す正面図
遊技盤の正面図
パチンコ機の背面側斜視図
パチンコ機の背面図
パチンコ機の電気的な構成を示すブロック図
主制御メイン処理の一例を示すフローチャート
主制御割込み処理の一例を示すフローチャート
左可動部材と右可動部材との作動状態を示す遊技盤の正面図
遊技盤の斜視図
図7のXM-XM線を含む切断面による複数の装飾部の近傍を示す部分切断斜視図及び断面図
図7のXD-XD線を含む切断面による複数の装飾部の近傍を示す部分切断斜視図及び断面図
図7のXU-XU線を含む切断面による複数の装飾部の近傍を示す部分切断斜視図及び断面図
反射装飾部を設けた遊技盤の正面図
反射装飾部による演出に関与する主要部の相対位置を示す遊技盤の正面図
図18のY1-Y1を含む切断面による反射装飾体の近傍を示す斜視断面図
環状配置光源からの光が反射装飾部に照射される形態を説明するために、図18のY1-Y1を含む切断面による反射装飾体の近傍を模式的に示す断面図
中央装飾体の発光に用いられる光源からの光が反射装飾体に照射される形態を説明するために、図18のY1-Y1を含む切断面による反射装飾体の近傍を模式的に示す断面図
特典領域に遊技球が進入可能なラウンドにおける上進入規制機構及び振分機構の動作制御を模式的に示すタイミングチャート
図7のY2-Y2線を含む切断面による断面により、上進入規制機構及び振分機構の動作形態を示す断面図
特典領域へ遊技球が進入可能となるラウンドにおける演出の制御を示すタイミングチャート
特典領域へ遊技球が進入可能となるラウンドにおける演出の推移を模式的に示す説明図
図5のX1-X1を含む切断面により入力操作装置の配置、構造及び動作を模式的に示す説明図
確変予定の特別遊技状態における片手参加型の演出の制御であって、当該演出に遊技者が参加する場合の制御を示すタイミングチャート
片手参加型の演出の推移を模式的に示す説明図
時短予定の特別遊技状態における片手参加型の演出の制御であって、当該演出に遊技者が参加する場合の制御を示すタイミングチャート
確変予定の特別遊技状態における片手参加型の演出の制御であって、当該演出に遊技者が参加しない場合の制御を示すタイミングチャート
図5のX1-X1を含む切断面により右入力操作装置及び左入力操作装置の配置、構造及び動作を模式的に示す説明図
確変予定の特別遊技状態における両手参加型の演出の制御であって、当該演出に遊技者が参加する場合の制御を示すタイミングチャート
確変予定の特別遊技状態における両手参加型の演出の推移であって、当該演出に遊技者が参加する場合の推移を模式的に示す説明図
時短予定の特別遊技状態における両手参加型の演出の制御であって、当該演出に遊技者が参加する場合の制御を示すタイミングチャート
確変予定の特別遊技状態における両手参加型の演出の制御であって、当該演出に遊技者が参加しない場合の制御を示すタイミングチャート
確変予定の特別遊技状態の両手参加型の演出に遊技者が参加する場合以外における両手参加型の演出の推移を模式的に示す説明図
図5のX1-X1を含む切断面により左入力レバー及び右入力レバーの前後方向の動作を模式的に示す説明図
確変予定の特別遊技状態における両手参加型の演出の図33に示す場合とは別の制御であって、当該演出に遊技者が参加する場合の制御を示すタイミングチャート
左入力レバーや右入力レバーが回転移動する場合の動作制御を示す説明図
確変予定の特別遊技状態における両手参加型の演出の図34に示す場合とは別の推移であって、当該演出に遊技者が参加する場合の推移を模式的に示す説明図
時短予定の特別遊技状態における両手参加型の演出の図35に示す場合とは別の制御であって、当該演出に遊技者が参加する場合の制御を示すタイミングチャート
確変予定の特別遊技状態における両手参加型の演出の図36に示す場合とは別の制御であって、当該演出に遊技者が参加しない場合の制御を示すタイミングチャート
【発明を実施するための形態】
【0009】
本発明に係る遊技機の実施形態について、遊技機の一種である弾球遊技機の一例としてのパチンコ機100を説明し、その後に変形例や他の種類の遊技機を説明する。まず、パチンコ機100の実施形態について、構造的な構成、電気的な構成、各種の制御処理を順に説明する。
【0010】
<構造的な構成>
まず、図1から図9を主に参照して、パチンコ機100の構造部分の構成について説明する。図1~図4は、パチンコ機100の各種状態を示す斜視図であり、図1はパチンコ機100の閉鎖状態を示し、図2は外枠101に対して前ブロック102及び中間ブロック103が一体的に開放されている状態を示し、図3は中間ブロック103に対して前ブロック102が開放されている状態を示し、図4は中間ブロック103に対して後ブロック104が開放されている状態を示している。また、図5は、パチンコ機100の正面図であり、図6は、図5の状態からパチンコ機100の前ブロック102を取り外した状態を示している。なお、各図において各種の配線は省略されており、また、図3及び図6において遊技盤400の構成の一部は省略されている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社三洋物産
遊技機
2日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
3日前
株式会社三洋物産
遊技機
3日前
株式会社三洋物産
遊技機
3日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
2日前
株式会社三洋物産
遊技機
5日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
5日前
株式会社三洋物産
遊技機
5日前
株式会社三洋物産
遊技機
5日前
株式会社三洋物産
遊技機
5日前
株式会社三洋物産
遊技機
5日前
株式会社三洋物産
遊技機
5日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
5日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
続きを見る