TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022072794
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-17
出願番号2020182435
出願日2020-10-30
発明の名称給電装置
出願人矢崎総業株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類H02G 11/00 20060101AFI20220510BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】スライドシートに対する給電を、ワイヤハーネスの露出を抑えて行うことができる給電装置を提供することを目的とする。
【解決手段】給電装置1が、ワイヤハーネス11と、スライドシートSH1に固定されてワイヤハーネス11における余長部分を、スライドシートSH1の移動に応じて出し入れ口から出し入れ可能に収容するハーネス収容部12と、一端部がスライドレールSR1に連結されるとともに、他端部で出し入れ口を出たワイヤハーネス11を保持するハーネス保持部13と、ハーネス収容部12とともにスライドシートSH1に固定され、ハーネス保持部13における他端部を出し入れ口に対して接離させてワイヤハーネス11が出し入れされるように案内するとともに、出し入れ口から出し入れされるワイヤハーネス11を収容するハーネスレール14と、を備えたことを特徴とする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
スライドレールに沿って移動可能なスライドシートへと、自動車の車両本体から配策されるワイヤハーネスと、
前記スライドシートに固定されて前記ワイヤハーネスにおける前記スライドシートの位置に応じた余長部分を、前記スライドシートの移動に応じて出し入れ口から出し入れ可能に収容するハーネス収容部と、
一端部が前記スライドレールに連結されるとともに、他端部で前記出し入れ口を出た前記ワイヤハーネスを保持するハーネス保持部と、
前記ハーネス収容部とともに前記スライドシートに固定され、前記ハーネス保持部における前記他端部を前記スライドシートの移動に応じて前記出し入れ口に対して接離させて当該出し入れ口から前記ワイヤハーネスが出し入れされるように前記スライドレールに沿って案内するとともに、前記出し入れ口から出し入れされる前記ワイヤハーネスを収容するハーネスレールと、
を備えたことを特徴とする給電装置。
続きを表示(約 600 文字)【請求項2】
前記ハーネスレールが、前記ハーネス収容部と前記スライドレールとの間に当該スライドレールに沿って、前記ハーネス保持部における前記他端部、及び前記出し入れ口から出し入れされる前記ワイヤハーネス、を相互間に挟むように延在する一対の側板部を有していることを特徴とする請求項1に記載の給電装置。
【請求項3】
前記ハーネスレールの両端部を塞ぐように設けられ、前記ハーネス保持部を当接させることで前記出し入れ口に対する前記ハーネス保持部の移動範囲を規制する一対のストッパを更に備えたことを特徴とする請求項1又は2に記載の給電装置。
【請求項4】
前記一対のストッパのうち前記出し入れ口から遠いストッパが、前記ハーネスレールの端部を塞ぐとともに前記車両本体における前記スライドレールの設置面と前記スライドシートとの間を塞ぐように当該スライドシートの幅方向に延在していることを特徴とする請求項3に記載の給電装置。
【請求項5】
前記一対のストッパのうち前記出し入れ口に近いストッパが、前記ハーネスレールの端部を塞ぐように、前記ハーネス収容部の前記スライドレールの側の端縁における前記出し入れ口寄りの部分から、当該ハーネス収容部と一体の部位として前記スライドレールに向かって突出した突起部であることを特徴とする請求項3又は4に記載の給電装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、スライドシートに搭載された各種機器にワイヤハーネスを介して電源を供給する給電装置に関するものである。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
従来、自動車のスライドシートに搭載された各種機器に電源を供給する給電装置が知られている(例えば、特許文献1参照。)。この給電装置では、スライドシートが、スライドレールに沿って移動可能となっている。スライドレールが設けられる車両本体には、スライドレールにおけるスライドシートの位置に応じた給電用のワイヤハーネスの余長部分を収容するハーネス収容部が設けられている。ワイヤハーネスは、スライドシートと一緒に移動してハーネス収容部からワイヤハーネスを出し入れするスライダを経てスライドシートへと配策される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014-227050号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ここで、上述した構成では、車両本体に設けられたハーネス収容部におけるワイヤハーネスの出し入れ口からスライダを経てスライドシートに至るまでの間でワイヤハーネスが露出しがちとなる。露出したワイヤハーネスは、車室内の搭乗者によって見られるとともに触れられる可能性があり、望ましいものではない。
【0005】
従って、本発明は、上記のような問題に着目し、スライドシートに対する給電を、ワイヤハーネスの露出を抑えて行うことができる給電装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために、給電装置が、スライドレールに沿って移動可能なスライドシートへと、自動車の車両本体から配策されるワイヤハーネスと、前記スライドシートに固定されて前記ワイヤハーネスにおける前記スライドシートの位置に応じた余長部分を、前記スライドシートの移動に応じて出し入れ口から出し入れ可能に収容するハーネス収容部と、一端部が前記スライドレールに連結されるとともに、他端部で前記出し入れ口を出た前記ワイヤハーネスを保持するハーネス保持部と、前記ハーネス収容部とともに前記スライドシートに固定され、前記ハーネス保持部における前記他端部を前記スライドシートの移動に応じて前記出し入れ口に対して接離させて当該出し入れ口から前記ワイヤハーネスが出し入れされるように前記スライドレールに沿って案内するとともに、前記出し入れ口から出し入れされる前記ワイヤハーネスを収容するハーネスレールと、を備えたことを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
上記の給電装置によれば、ワイヤハーネスの余長部分を収容するハーネス収容部がスライドシートに固定されているので、ワイヤハーネスにおけるスライドシートの側の部分が略ハーネス収容部に収容されて隠されることとなる。更に、ハーネス保持部によって保持されてハーネス収容部の出し入れ口から出し入れされる、ワイヤハーネスにおける車両本体の側の部分は、当該部分を収容するハーネスレールによって隠されることとなる。このように上記の給電装置によれば、車両本体からスライドシートに至るワイヤハーネスの殆どが隠れることから、スライドシートに対する給電を、ワイヤハーネスの露出を抑えて行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
一実施形態にかかる給電装置を示す模式的な斜視図である。
図1に示されている給電装置を、スライドシートがスライドレールの上を最も前方側の位置まで進められたフロントモスト状態で示す模式的な斜視図である。
図1及び図2に示されている給電装置において、ワイヤハーネスが、ハーネス収容部、ハーネス保持部、及びハーネスレールを介して配策される様子を示す模式図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、給電装置の一実施形態について説明する。
【0010】
図1は、一実施形態にかかる給電装置を示す模式的な斜視図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

矢崎総業株式会社
端子
10日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
10日前
矢崎総業株式会社
溶接部品
2日前
矢崎総業株式会社
圧着端子
9日前
矢崎総業株式会社
半導体装置
9日前
矢崎総業株式会社
樹脂構造体
5日前
矢崎総業株式会社
編組接続構造
3日前
矢崎総業株式会社
被覆除去装置
10日前
矢崎総業株式会社
機器用コネクタ
5日前
矢崎総業株式会社
バッテリ制御装置
2日前
矢崎総業株式会社
災害支援システム
9日前
矢崎総業株式会社
コネクタ及び端子金具
10日前
矢崎総業株式会社
シールド電線の配索構造
3日前
矢崎総業株式会社
電線端末用の保護キャップ
9日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱及びワイヤハーネス
3日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱及びワイヤハーネス
3日前
矢崎総業株式会社
防水コネクタ及びコネクタ付き機器
5日前
矢崎総業株式会社
外装構造体、及び、ワイヤハーネス
3日前
矢崎総業株式会社
外装構造体、及び、ワイヤハーネス
3日前
矢崎総業株式会社
外装構造体、及び、ワイヤハーネス
3日前
矢崎総業株式会社
無線通信装置、および、無線通信システム
2日前
矢崎総業株式会社
ボランティア管理システム及びボランティア管理用のサーバ
9日前
矢崎総業株式会社
バックアップバッテリ制御モジュール及びバックアップバッテリ制御システム
2日前
個人
太陽電池
17日前
個人
発電機及び電動機
6日前
FDK株式会社
電源装置
2日前
個人
三相誘導性負荷電流制御法
20日前
個人
慣性力を利用して発電
9日前
ニチコン株式会社
蓄電システム
10日前
住友ベークライト株式会社
構造体
18日前
ウシオ電機株式会社
電池システム
3日前
中国電力株式会社
配電自動化システム
17日前
矢崎総業株式会社
電圧変換装置
18日前
株式会社ミツバ
回転電機
6日前
個人
三相インバータの3パルスPWM制御法
3日前
中国電力株式会社
配電自動化システム
17日前
続きを見る