TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022072791
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-17
出願番号2020182432
出願日2020-10-30
発明の名称給電装置
出願人矢崎総業株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類H02G 11/02 20060101AFI20220510BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】スライドシートに対する給電を、スライドレールにおけるスリットの露出を抑えて行うことができる給電装置を提供することを目的とする。
【解決手段】給電装置1が、ワイヤハーネス11と、スライドシートSH1に固定されてワイヤハーネス11におけるスライドシートSH1の位置に応じた余長部分を、スライドシートSH1の移動に応じて出し入れ可能に収容するハーネス収容部12と、スライドレールSR1のスリットSL1における露出部分を塞ぐようにスリットSL1に沿って延在して配置される長尺カバー13と、スライドシートSH1に固定されて長尺カバー13におけるスライドシートSH1の位置に応じた余長部分を、スライドシートSH1の移動に応じて出し入れ可能に収容するカバー収容部14と、を備えたことを特徴とする。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
スライドレールに設けられたスリットに沿って移動可能なスライドシートへと、自動車の車両本体から配策されるワイヤハーネスと、
前記スライドシートに固定されて前記ワイヤハーネスにおける前記スライドシートの位置に応じた余長部分を、前記スライドシートの移動に応じて出し入れ可能に収容するハーネス収容部と、
前記スライドレールの前記スリットにおける露出部分を塞ぐように前記スリットに沿って延在して配置される長尺カバーと、
前記スライドシートに固定されて前記長尺カバーにおける前記スライドシートの位置に応じた余長部分を、前記スライドシートの移動に応じて出し入れ可能に収容するカバー収容部と、
を備えたことを特徴とする給電装置。
続きを表示(約 840 文字)【請求項2】
前記ハーネス収容部が、前記車両本体における前記スライドレールの設置面に沿うとともに当該スライドレールと交差する軸回りに前記ワイヤハーネスを巻戻し可能に巻取り収容し、
前記カバー収容部が、前記車両本体における前記スライドレールの設置面に沿うとともに当該スライドレールと交差する軸回りに前記長尺カバーを巻戻し可能に巻取り収容することを特徴とする請求項1に記載の給電装置。
【請求項3】
前記ハーネス収容部が、前記スライドレールの長手方向について、前記スライドシートにおける前記スライドレールの第1端部の側に固定され、
前記カバー収容部が、前記長手方向について、前記スライドシートにおける前記スライドレールの第2端部の側に前記ハーネス収容部に隣接して固定され、
前記ワイヤハーネスが、前記スライドレールの前記第1端部から前記ハーネス収容部に向かって前記スリットを塞ぐように当該スリットの内部に収められて配策され、
前記長尺カバーが、前記スライドレールの前記第2端部から前記カバー収容部に向かって前記スリットを塞ぐように配置されることを特徴とする請求項1又は2に記載の給電装置。
【請求項4】
前記ワイヤハーネスが、電線及び当該電線を内側に通す筒状の外装部材を有しており、
前記外装部材が、前記スリットを塞ぐように当該スリットの内部に収められる閉塞形状を有していることを特徴とする請求項3に記載の給電装置。
【請求項5】
前記長尺カバーが、前記スリットを塞ぐように当該スリットの内部に収められる紐状部分を有することを特徴とする請求項1~4のうち何れか一項に記載の給電装置。
【請求項6】
前記長尺カバーが、前記スリットの開口部を当該スリットの長手方向に延在して覆うように配置される帯状シート部分を有することを特徴とする請求項1~5のうち何れか一項に記載の給電装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、スライドシートに搭載された各種機器にワイヤハーネスを介して電源を供給する給電装置に関するものである。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来、自動車のスライドシートに搭載された各種機器に電源を供給する給電装置が知られている(例えば、特許文献1参照。)。この給電装置では、スライドシートが、スライドレールに設けられたスリットに沿って移動可能となっている。そして、ワイヤハーネスは、スライドレールにおけるスライドシートの位置に応じた余長部分を収容するハーネス収容部を経てスライドシートへと配策される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014-227050号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ここで、上述した構成では、スライドレールにおいて例えばスライドシートから外れた部分等のスリットが露出されることがある。このようにスリットが露出した状態は、車室内の見映えの上から望ましいものではない。
【0005】
従って、本発明は、上記のような問題に着目し、スライドシートに対する給電を、スライドレールにおけるスリットの露出を抑えて行うことができる給電装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために、給電装置が、スライドレールに設けられたスリットに沿って移動可能なスライドシートへと、自動車の車両本体から配策されるワイヤハーネスと、前記スライドシートに固定されて前記ワイヤハーネスにおける前記スライドシートの位置に応じた余長部分を、前記スライドシートの移動に応じて出し入れ可能に収容するハーネス収容部と、前記スライドレールの前記スリットにおける露出部分を塞ぐように前記スリットに沿って延在して配置される長尺カバーと、前記スライドシートに固定されて前記長尺カバーにおける前記スライドシートの位置に応じた余長部分を、前記スライドシートの移動に応じて出し入れ可能に収容するカバー収容部と、を備えたことを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
上記の給電装置によれば、スライドシートの移動に応じてハーネス収容部に余長部分が出し入れされるワイヤハーネスを介してスライドシートに対する給電が行われる。このとき、ワイヤハーネスと同様に余長部分がカバー収容部に出し入れされる長尺カバーによって、スライドレールのスリットにおける露出部分が塞がれる。従って、上記の給電装置によれば、スライドシートに対する給電を、スライドレールにおけるスリットの露出を抑えて行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
第1実施形態にかかる給電装置を示す模式的な斜視図である。
図1に示されている給電装置を、スライドシートがスライドレールの上を最も前方側の位置まで進められたフロントモスト状態で示す模式的な斜視図である。
図1に示されている給電装置を、図1中のV11-V11線に沿った断面が見えるように示すカット斜視図である。
図2に示されている給電装置を、図2中のV12-V12線に沿った断面が見えるように示すカット斜視図である。
第2実施形態にかかる給電装置を、図3と同様のリアモスト状態のカット斜視図で示す模式図である。
図5に示されている給電装置を、図4と同様のフロントモスト状態のカット斜視図で示す模式図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、給電装置の一実施形態について説明する。まず、第1実施形態について説明する。
【0010】
図1は、第1実施形態にかかる給電装置を示す模式的な斜視図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
発電機及び電動機
6日前
FDK株式会社
電源装置
2日前
個人
慣性力を利用して発電
9日前
ニチコン株式会社
蓄電システム
10日前
ウシオ電機株式会社
電池システム
3日前
株式会社ミツバ
回転電機
6日前
個人
三相インバータの3パルスPWM制御法
3日前
住友電装株式会社
ワイヤハーネス
3日前
住友電装株式会社
ワイヤハーネス
3日前
富士電機株式会社
受配電設備用装置
11日前
株式会社IHI
電力変換装置
16日前
株式会社GSユアサ
無停電電源装置
5日前
トヨタ紡織株式会社
電機子の製造方法
6日前
トヨタホーム株式会社
建物の給電設備
6日前
株式会社デンソー
電池監視装置
5日前
ニチコン株式会社
ハーフブリッジコンバータ
2日前
中国電力株式会社
ジャンパ線用クランプ
3日前
NITTOKU株式会社
巻線装置及び巻線方法
9日前
株式会社デンソー
回転電機
12日前
株式会社豊田自動織機
回転電機のロータ
2日前
大和ハウス工業株式会社
電力供給システム
10日前
日立Astemo株式会社
制御装置
6日前
株式会社明電舎
電力変換装置
6日前
大和ハウス工業株式会社
電力供給システム
10日前
本田技研工業株式会社
電動装置
9日前
株式会社明電舎
蓄電池制御装置
3日前
三洋テクノソリューションズ鳥取株式会社
充電装置
13日前
株式会社デンソー
電源システム
9日前
日本精工株式会社
ロータリーアクチュエータ
16日前
株式会社MR Japan
電力供給システム
5日前
株式会社マキタ
バッテリパック
5日前
キヤノン株式会社
電源装置及び画像形成装置
16日前
株式会社デンソー
モータ回転角検出装置
9日前
大東電材株式会社
電線保護管に取り付けられる固定具
13日前
スズキ株式会社
充電装置
13日前
株式会社ダイヘン
中継コイル装置、及びワイヤレス給電装置
5日前
続きを見る