TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022071259
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-16
出願番号2020180116
出願日2020-10-28
発明の名称画像形成装置
出願人シャープ株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/08 20060101AFI20220509BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】ユニット側端子と本体側端子との接触不良を防止できる画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置は、装置本体に対して着脱可能な現像ユニット34を備える。本体側端子を保持する端子保持部材104には、本体側端子を開閉可能に覆う端子カバー120が設けられる。そして、現像ユニットの装着動作に伴って、端子カバーが開位置に変位すると共に、端子カバーの支持突起132が回動して装置本体の押圧受け部102aを押圧することで、端子保持部材が移動されてユニット側端子に本体側端子が接触する。
【選択図】図11
特許請求の範囲【請求項1】
装置本体に対して着脱可能な着脱ユニットを備える画像形成装置であって、
前記着脱ユニットに設けられるユニット側端子、
前記装置本体に設けられ、前記着脱ユニットが当該装置本体に装着されたときに、前記ユニット側端子と接触する本体側端子、
前記装置本体に設けられ、前記本体側端子を保持する端子保持部材、
前記端子保持部材に回動可能に設けられ、軸部を支点に回動することで前記本体側端子を覆う閉位置と当該本体側端子を露出させる開位置と間で変位可能な端子カバー、
前記開位置から前記閉位置に戻る方向に前記端子カバーを付勢する第1付勢部材、
前記端子カバーに設けられ、当該端子カバーと共に回動する支持突起、および
前記装置本体に設けられ、前記支持突起を係止する押圧受け部を備え、
前記端子保持部材は、前記着脱ユニットの装着方向と交差する所定方向に移動可能に設けられており、
前記着脱ユニットの装着動作に伴って、当該着脱ユニットに押されることで前記端子カバーが前記閉位置から前記開位置に変位すると共に、前記支持突起が回動して前記押圧受け部を押圧することで、前記端子保持部材を前記所定方向であってかつ前記着脱ユニットに近づく方向に移動させ、前記ユニット側端子に対して前記本体側端子を接触させる、画像形成装置。
続きを表示(約 430 文字)【請求項2】
前記支持突起は、前記端子カバーの前記軸部に設けられ、当該支持突起の回動に伴い当該軸部の軸中心から前記押圧受け部との当接面までの距離が変化するカム形状を有する、請求項1記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記支持突起は、前記端子カバーのカバー本体から当該端子カバーを開く方向に突出するアーム状に形成される、請求項1記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記端子保持部材に設けられ、前記着脱ユニットが前記装置本体に装着されたときに、前記着脱ユニットに当接して当該着脱ユニットと前記端子保持部材との前記所定方向における距離を規定する押し当て突起を備える、請求項1から3のいずれかに記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記装置本体に設けられ、前記端子保持部材を前記所定方向であってかつ前記着脱ユニットから離れる方向に付勢する第2付勢部材を備える、請求項1から4のいずれかに記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は画像形成装置に関し、特にたとえば、装置本体に対して着脱可能な着脱ユニットを備え、着脱ユニットが装置本体に装着されたときにユニット側端子と本体側端子とが接触して電気的に接続される、画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来の画像形成装置の一例が特許文献1に開示される。特許文献1の画像形成装置は、装置本体に対して着脱可能な着脱可能装置(着脱ユニット)を備える。着脱可能装置には、情報記憶装置を保持した保持部が設置されている。情報記憶装置には、情報格納部と複数の端子とが保持されると共に、装置本体に設置された位置決め用の突起部に係合して複数の端子の位置を定めるための位置決め用の切欠部が形成された基板が設けられている。さらに、保持部は、装置本体に対する着脱可能装置の着脱方向に対して交差する仮想平面上を移動できるように情報記憶装置を保持する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-180558号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1の技術では、装置本体から着脱ユニットが取り外されたときに本体側端子が露出するので、本体側端子に埃およびトナー等の汚れが付着してしまい、ユニット側端子と本体側端子とに接触不良が発生してしまう恐れがある。
【0005】
また、特許文献1の技術では、着脱ユニットの移動方向と同じ方向にユニット側端子と本体側端子とが接触するが、着脱ユニットの移動方向における位置決めは不完全になり易く、ユニット側端子と本体側端子とに接触不良が生じ易い。
【0006】
それゆえに、この発明の主たる目的は、新規な、画像形成装置を提供することである。
【0007】
また、この発明の他の目的は、ユニット側端子と本体側端子との接触不良を適切に防止できる、画像形成装置を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
第1の発明は、装置本体に対して着脱可能な着脱ユニットを備える画像形成装置であって、着脱ユニットに設けられるユニット側端子、装置本体に設けられ、着脱ユニットが当該装置本体に装着されたときに、ユニット側端子と接触する本体側端子、装置本体に設けられ、本体側端子を保持する端子保持部材、端子保持部材に回動可能に設けられ、軸部を支点に回動することで本体側端子を覆う閉位置と当該本体側端子を露出させる開位置と間で変位可能な端子カバー、開位置から閉位置に戻る方向に端子カバーを付勢する第1付勢部材、端子カバーに設けられ、当該端子カバーと共に回動する支持突起、および装置本体に設けられ、支持突起を係止する押圧受け部を備え、端子保持部材は、着脱ユニットの装着方向と交差する所定方向に移動可能に設けられており、着脱ユニットの装着動作に伴って、当該着脱ユニットに押されることで端子カバーが閉位置から開位置に変位すると共に、支持突起が回動して押圧受け部を押圧することで、端子保持部材を所定方向であってかつ着脱ユニットに近づく方向に移動させ、ユニット側端子に対して本体側端子を接触させる、画像形成装置である。
【0009】
第1の発明では、画像形成装置は、装置本体に対して着脱可能な現像ユニットなどの着脱ユニットを備える。これら着脱ユニットおよび装置本体には、着脱ユニットが装置本体に装着されたときに、互いに接触するユニット側端子および本体側端子がそれぞれ設けられる。また、本体側端子を保持する端子保持部材は、装置本体には固定されておらず、着脱ユニットの装着方向と交差する所定方向に移動可能に装置本体に設けられる。この端子保持部材には、軸部を支点に回動することで本体側端子を覆う閉位置と本体側端子を露出させる開位置と間で変位可能な端子カバーと、開位置から閉位置に戻る方向に端子カバーを付勢する第1付勢部材とが設けられる。また、端子カバーには、端子カバーと共に回動する支持突起が設けられ、装置本体には、支持突起を係止する押圧受け部が設けられる。
【0010】
着脱ユニットを装置本体に装着する際には、端子カバーは、着脱ユニットに押されることで閉位置から開位置に変位する。また、支持突起は、この着脱ユニットの変位に伴い回動して押圧受け部を押圧することで、端子保持部材を着脱ユニットの装着方向と交差する所定方向であってかつ着脱ユニットに近づく方向に移動させ、ユニット側端子に対して本体側端子を接触させる。また、着脱ユニットが装置本体に装着されていないときには、第1付勢部材によって端子カバーが閉位置にある状態が保たれる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

シャープ株式会社
洗濯機
1日前
シャープ株式会社
洗濯機
1日前
シャープ株式会社
室内機
3日前
シャープ株式会社
フィルム
1日前
シャープ株式会社
空気調和機
3日前
シャープ株式会社
二成分現像剤
1日前
シャープ株式会社
加熱調理システム
3日前
シャープ株式会社
ディスプレイ支持装置
1日前
シャープ株式会社
表示パネル及び表示装置
2日前
シャープ株式会社
照明装置、照明システム
1日前
シャープ株式会社
表示装置及びその組付方法
3日前
シャープ株式会社
現像装置および画像形成装置
2日前
シャープ株式会社
動画像符号化装置、復号装置
2日前
シャープ株式会社
反射板ユニットおよび照明装置
1日前
シャープ株式会社
表示装置、表示方法、及び表示プログラム
3日前
シャープ株式会社
表示装置、表示方法、及び表示プログラム
3日前
シャープ株式会社
表示装置、表示方法、及び表示プログラム
3日前
シャープ株式会社
生体情報処理システムおよび生体情報取得方法
3日前
シャープ株式会社
情報検索装置、電子辞書、および情報検索方法
2日前
シャープ株式会社
電子機器および電子機器におけるログ保存方法
2日前
シャープ株式会社
画像形成装置、その制御方法、及びプログラム
2日前
シャープ株式会社
画像形成装置およびそのキャリブレーション方法
3日前
シャープ株式会社
拭き掃除用アタッチメントおよびそれを備えた掃除機
2日前
シャープ株式会社
配線基板、配線基板の製造方法及び配線基板の検査方法
1日前
シャープ株式会社
画像形成装置、画像形成システム、制御方法、プログラム
1日前
シャープ株式会社
難燃性ポリオレフィン樹脂組成物、成形体、及び成形体の用途
1日前
シャープ株式会社
衣類処理装置
2日前
キヤノン株式会社
トナー
3日前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
10日前
日星電気株式会社
定着装置用部材
2か月前
キヤノン株式会社
定着装置
2か月前
キヤノン株式会社
定着装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
19日前
株式会社リコー
画像投影装置
1か月前
続きを見る