TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022071212
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-13
出願番号2022038851,2017138573
出願日2022-03-14,2017-07-14
発明の名称遊技機
出願人株式会社三洋物産
代理人特許業務法人勇智国際特許事務所
主分類A63F 7/02 20060101AFI20220506BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】遊技の興趣向上を図ることのできる遊技機を提供する。
【解決手段】遊技回実行手段は、第1の入球部への遊技球の入球に対応する第1特別情報遊技回、および、第2の入球部への遊技球の入球に対応する第2特別情報遊技回を並行して実行する手段を備える。遊技時間設定手段は、制御手段が特定の制御モードを実行中である場合には、第1特別情報遊技回の開始時に第1の特別情報に対する判定の結果に基づいて、第2特別情報遊技回の遊技時間の設定方法を、第1の設定方法から第2の設定方法に切り替えるか否かを判定する設定方法切替判定処理を実行するにも関わらず、他の制御モードを実行中である場合には設定方法切替判定処理を実行しない。
【選択図】図84
特許請求の範囲【請求項1】
取得条件が成立したことを契機として特別情報を取得する情報取得手段と、
取得された前記特別情報を記憶する取得情報記憶手段と、
前記取得情報記憶手段が記憶した前記特別情報が所定の条件を満たすか否かを判定する判定手段と、
前記判定手段による前記判定の結果を報知する遊技動作が開始されてから前記遊技動作が終了されることを遊技回の1回とした場合に、当該遊技回を実行する遊技回実行手段と、
前記遊技回実行手段が実行する遊技回の時間を遊技時間とした場合に、前記遊技時間を設定する遊技時間設定手段と、
遊技球を発射する発射手段と、
発射された遊技球が入球可能な入球部である第1の入球部と、
発射された遊技球が入球可能な入球部である第2の入球部と、
前記第1の入球部または前記第2の入球部への遊技球の入球を補助する補助手段と、
前記補助手段の状態を、前記第1の入球部または前記第2の入球部への遊技球の入球を不可能または困難にする状態である第1の状態と、前記第1の入球部または前記第2の入球部への遊技球の入球を可能または容易にする状態である第2の状態との間で遷移させる状態遷移手段と、
前記状態遷移手段を制御する制御手段であって、前記状態遷移手段が前記補助手段の状態を遷移させる態様が異なる制御モードを複数種類実行可能な制御手段と、
を備える遊技機であって、
前記情報取得手段は、
前記第1の入球部に遊技球が入球したことに基づいて特別情報を取得する手段と、前記第2の入球部に遊技球が入球したことに基づいて特別情報を取得する手段とを備え、
前記取得情報記憶手段は、
前記第1の入球部に遊技球が入球したことによって取得された前記特別情報である第1の特別情報、および、前記第2の入球部に遊技球が入球したことによって取得された前記特別情報である第2の特別情報を、各々、記憶する手段を備え、
前記遊技回実行手段は、
前記第1の特別情報に対する前記判定手段による判定の結果を報知するための遊技回である第1特別情報遊技回と、前記第2の特別情報に対する前記判定手段による判定の結果を報知するための遊技回である第2特別情報遊技回とを並行して実行する手段を備え、
前記遊技時間設定手段は、
前記制御手段が実行可能な前記複数種類の制御モードのうちの特定の制御モードを実行中である場合には、前記判定手段による前記第1の特別情報に対する前記判定の結果を報知する前記第1特別情報遊技回の開始時に、当該第1の特別情報に対する前記判定の結果に基づいて、前記第2特別情報遊技回の前記遊技時間の設定方法を、第1の設定方法から、設定する遊技時間の平均値が前記第1の設定方法と異なる第2の設定方法に切り替えるか否かを判定する設定方法切替判定処理を実行するにも関わらず、当該制御手段が実行可能な前記複数種類の制御モードのうちの前記特定の制御モードとは異なる制御モードを実行中である場合には、前記判定手段による前記第1の特別情報に対する前記判定の結果を報知する前記第1特別情報遊技回の開始時に、前記設定方法切替判定処理を実行しない手段を備える
ことを特徴とする遊技機。
続きを表示(約 450 文字)【請求項2】
請求項1に記載の遊技機であって、
前記第2の設定方法は、前記第1の設定方法よりも設定される遊技時間の平均値が短い
ことを特徴とする遊技機。
【請求項3】
請求項1または請求項2に記載の遊技機であって、
前記制御手段は、
当該制御手段が実行可能な前記複数種類の制御モードのうちの特定の制御モードを実行中である場合には、前記判定手段による前記判定の結果を報知する遊技回の開始時に、前記判定の結果に基づいて、実行中の前記特定の制御モードから当該特定の制御モードとは異なる他の種類の制御モードに切り替えるか否かを判定する処理である制御モード切替判定処理を実行するにも関わらず、当該制御手段が実行可能な前記複数種類の制御モードのうちの前記特定の制御モードとは異なる制御モードを実行中である場合には、前記判定手段による前記判定の結果を報知する遊技回の開始時に、前記制御モード切替判定処理を実行しない手段を備える
ことを特徴とする遊技機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、遊技機に関するものである。
続きを表示(約 6,600 文字)【背景技術】
【0002】
パチンコ遊技機やスロットマシン等の遊技機においては、遊技の興趣向上や、遊技機の処理負荷の低減、処理の最適化、制御の簡易化、構造の簡素化等を目的として、構造、制御、演出等の様々な観点から技術的な改良が行われている(例えば、特許文献1)。
【0003】
また、遊技者による不正な行為や遊技機に対する不正な改造の発見や抑止といった遊技の健全性の向上を目的とした様々な技術的な改良も行われている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2011-172988号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記のような遊技機においては、遊技の興趣向上や、遊技機の処理負荷の低減、処理の最適化、制御の簡易化、構造の簡素化、より健全な遊技の提供等を目的として、さらなる技術の向上が望まれている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、上述の課題の少なくとも一部を解決するためになされたものであり、以下の形態として実現することが可能である。
【0007】
[形態]
取得条件が成立したことを契機として特別情報を取得する情報取得手段と、
取得された前記特別情報を記憶する取得情報記憶手段と、
前記取得情報記憶手段が記憶した前記特別情報が所定の条件を満たすか否かを判定する判定手段と、
前記判定手段による前記判定の結果を報知する遊技動作が開始されてから前記遊技動作が終了されることを遊技回の1回とした場合に、当該遊技回を実行する遊技回実行手段と、
前記遊技回実行手段が実行する遊技回の時間を遊技時間とした場合に、前記遊技時間を設定する遊技時間設定手段と、
遊技球を発射する発射手段と、
発射された遊技球が入球可能な入球部である第1の入球部と、
発射された遊技球が入球可能な入球部である第2の入球部と、
前記第1の入球部または前記第2の入球部への遊技球の入球を補助する補助手段と、
前記補助手段の状態を、前記第1の入球部または前記第2の入球部への遊技球の入球を不可能または困難にする状態である第1の状態と、前記第1の入球部または前記第2の入球部への遊技球の入球を可能または容易にする状態である第2の状態との間で遷移させる状態遷移手段と、
前記状態遷移手段を制御する制御手段であって、前記状態遷移手段が前記補助手段の状態を遷移させる態様が異なる制御モードを複数種類実行可能な制御手段と、
を備える遊技機であって、
前記情報取得手段は、
前記第1の入球部に遊技球が入球したことに基づいて特別情報を取得する手段と、前記第2の入球部に遊技球が入球したことに基づいて特別情報を取得する手段とを備え、
前記取得情報記憶手段は、
前記第1の入球部に遊技球が入球したことによって取得された前記特別情報である第1の特別情報、および、前記第2の入球部に遊技球が入球したことによって取得された前記特別情報である第2の特別情報を、各々、記憶する手段を備え、
前記遊技回実行手段は、
前記第1の特別情報に対する前記判定手段による判定の結果を報知するための遊技回である第1特別情報遊技回と、前記第2の特別情報に対する前記判定手段による判定の結果を報知するための遊技回である第2特別情報遊技回とを並行して実行する手段を備え、
前記遊技時間設定手段は、
前記制御手段が実行可能な前記複数種類の制御モードのうちの特定の制御モードを実行中である場合には、前記判定手段による前記第1の特別情報に対する前記判定の結果を報知する前記第1特別情報遊技回の開始時に、当該第1の特別情報に対する前記判定の結果に基づいて、前記第2特別情報遊技回の前記遊技時間の設定方法を、第1の設定方法から、設定する遊技時間の平均値が前記第1の設定方法と異なる第2の設定方法に切り替えるか否かを判定する設定方法切替判定処理を実行するにも関わらず、当該制御手段が実行可能な前記複数種類の制御モードのうちの前記特定の制御モードとは異なる制御モードを実行中である場合には、前記判定手段による前記第1の特別情報に対する前記判定の結果を報知する前記第1特別情報遊技回の開始時に、前記設定方法切替判定処理を実行しない手段を備える
ことを特徴とする遊技機。
【発明の効果】
【0008】
上記形態によれば、遊技の興趣向上を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
第1実施形態におけるパチンコ機の斜視図である。
遊技盤の正面図である。
図柄表示装置において変動表示される図柄及び表示面を示す説明図である。
パチンコ機の電気的構成を示すブロック図である。
大当たり抽選などに用いられる各種カウンタの内容を示す説明図である。
第1始動口用の当否テーブルの内容を示す説明図である。
第2始動口用の当否テーブルの内容を示す説明図である。
振分テーブルの内容を示す説明図である。
電動役物開放抽選を実行する際に用いられる当否テーブル(電動役物開放抽選用当否テーブル)の内容を示す説明図である。
第1実施形態のパチンコ機が実行するポイント付与演出(ケース1)を説明するタイムチャートである。
ポイント付与演出X1が実行される様子を示す説明図である。
ポイント付与演出X2が実行される様子を示す説明図である。
ポイント付与演出X3が実行される様子を示す説明図である。
タイマ演出およびボタン押下演出を説明する説明図である。
第1実施形態のパチンコ機が実行するポイント付与演出(ケース2)を説明するタイムチャートである。
ステージの色を説明する説明図である。
待機中演出を説明する説明図である。
ポイントが付与されないポイント付与演出を説明する説明図である。
遊技回で実行されるタイマ演出およびボタン押下演出を説明する説明図である。
タイマ割込み処理を示すフローチャートである。
始動口用の入賞処理を示すフローチャートである。
先判定処理を示すフローチャートである。
大当たり・リーチ情報取得処理を示すフローチャートである。
変動時間情報取得処理を示すフローチャートである。
スルー用の入賞処理を示すフローチャートである。
通常処理を示すフローチャートである。
遊技回制御処理を示すフローチャートである。
データ設定処理を示すフローチャートである。
変動開始処理を示すフローチャートである。
変動時間の設定処理を示すフローチャートである。
遊技状態移行処理を示すフローチャートである。
大入賞口開閉処理を示すフローチャートである。
エンディング期間終了時の移行処理を示すフローチャートである。
電役サポート用処理を示すフローチャートである。
電役開閉制御処理を示すフローチャートである。
音声発光制御装置及び表示制御装置の電気的構成を中心として示すブロック図である。
音光側MPUにおいて実行されるタイマ割込み処理を示すフローチャートである。
コマンド対応処理を示すフローチャートである。
遊技回設定情報記憶エリアの構成を説明する説明図である。
入賞時の更新処理を示すフローチャートである。
演出情報設定処理を示すフローチャートである。
大当たり用演出シナリオテーブルを説明する説明図である。
リーチ用演出シナリオテーブルを説明する説明図である。
一例として大当たり用演出シナリオテーブルの仮変動時間T=t4に対応する演出シナリオを説明する説明図である。
大当たり・リーチ用ポイント付与シナリオテーブルを説明する説明図である。
大当たり・リーチ用ポイント付与シナリオを説明する説明図である。
非リーチ用演出シナリオテーブルを説明する説明図である。
一例として非リーチ用演出シナリオテーブルの仮変動時間T=t24に対応する演出シナリオを説明する説明図である。
非リーチ用ポイント付与シナリオテーブルを説明する説明図である。
非リーチ用の各ポイント付与シナリオを説明する説明図である。
演出設定処理を示すフローチャートである。
処理対象遊技回に設定された演出シナリオとポイント付与シナリオとに基づいて生成される演出パターンのイメージ図である。
ポイント付与演出用演出パターンテーブルを説明する説明図である。
ポイント付与演出用演出パターンテーブルに記録されているポイント付与演出用演出パターンの一例を示す説明図である。
ポイント付与演出実行処理を示すフローチャートである。
ポイント蓄積処理を示すフローチャートである。
ポイント充填時制御処理を示すフローチャートである。
ボタン押下演出処理を示すフローチャートである。
ポイントリセット処理を示すフローチャートである。
ステージ表示制御処理を示すフローチャートである。
表示制御装置のMPUにおいて実行されるメイン処理を示すフローチャートである。
表示制御装置のMPUにおいて実行されるコマンド割込み処理を示すフローチャートである。
表示制御装置のMPUにおいて実行されるV割込み処理を示すフローチャートである。
第1実施形態の変形例8における連続演出最終遊技回の演出シナリオおよびポイント付与シナリオを説明する説明図である。
第1実施形態の変形例9を説明する説明図である。
第1実施形態の変形例10におけるポイント付与演出を説明する説明図である。
第1実施形態の変形例13を説明する説明図である。
付与履歴エリアを説明する説明図である。
付与履歴エリアを説明する説明図である。
第1実施形態の変形例14におけるポイント付与演出の一例を示す説明図である。
乗算態様のポイント付与演出を説明する説明図である。
1回のポイント付与演出の実行中に加算態様と乗算態様との間で態様が変化する場合における、真珠の画像の表示態様を説明する説明図である。
蓄積されるポイントの表示態様の一例を示す説明図である。
蓄積されるポイントの表示態様として、1ポイント分に対応する真珠の部分的な画像の境界線を表示しない表示態様を説明する説明図である。
蓄積ポイントの表示態様が変更された様子を示す説明図である。
付与されたポイントを蓄積する機能を有する位置(画像)が表示面41aに複数個(複数箇所)表示される構成を説明する説明図である。
開始時に付与ポイント数が表示されるポイント付与演出について説明する説明図である。
閾値到達演出の一例を説明する説明図である。
繰越変更演出の一例を説明する説明図である。
タイマ時間延長演出の一例を示す説明図である。
第2実施形態におけるパチンコ機10の斜視図である。
遊技盤の正面図である。
液晶表示装置において変動表示される図柄及び表示面を示す説明図である。
パチンコ機の電気的構成を示すブロック図である。
当たり抽選などに用いられる各種カウンタの内容を示す説明図である。
第1始動口用の当否テーブルの内容を示す説明図である。
第2始動口用の当否テーブルの内容を示す説明図である。
振分テーブルの内容を示す説明図である。
電動役物開放抽選を実行する際に用いられる当否テーブル(電動役物開放抽選用当否テーブル)の内容を示す説明図である。
遊技機における遊技の流れを示す説明図である。
特別ボーナス処理を説明するタイムチャートである。
タイマ割込み処理を示すフローチャートである。
始動口用の入球処理を示すフローチャートである。
通常処理を示すフローチャートである。
遊技回制御処理を示すフローチャートである。
第1始動口用の変動開始処理を示すフローチャートである。
第1始動口用保留情報シフト処理を示すフローチャートである。
第1始動口用の判定処理を示すフローチャートである。
第1始動口用の変動時間の設定処理を示すフローチャートである。
第1変動停止処理を示すフローチャートである。
第2始動口用の変動開始処理を示すフローチャートである。
第2始動口用保留情報シフト処理を示すフローチャートである。
第2始動口用の判定処理を示すフローチャートである。
第2始動口用の変動時間の設定処理を示すフローチャートである。
低確時変動時間情報取得処理を示すフローチャートである。
高確高頻度時変動時間情報取得処理を示すフローチャートである。
高確低頻度時変動時間情報取得処理を示すフローチャートである。
第2変動停止処理を示すフローチャートである。
遊技状態移行処理を示すフローチャートである。
開閉シナリオ設定処理を示すフローチャートである。
オープニング時間設定処理を示すフローチャートである。
大入賞口開閉処理を示すフローチャートである。
エンディング期間終了時の移行処理を示すフローチャートである。
電役サポート用処理を示すフローチャートである。
電役開閉処理を示すフローチャートである。
音声発光制御装置及び表示制御装置の電気的構成を中心として示すブロック図である。
音声発光制御装置のMPUにおいて実行されるタイマ割込み処理を示すフローチャートである。
状態記憶処理を示すフローチャートである。
表示態様切替処理を示すフローチャートである。
特1用遊技回演出用処理を示すフローチャートである。
メイン表示領域用の特1演出パターンの設定処理を示すフローチャートである。
特1用遊技回演出実行処理を示すフローチャートである。
特1用変動時間計測処理を示すフローチャートである。
特2用遊技回演出用処理を示すフローチャートである。
メイン表示領域用の特2演出パターンの設定処理を示すフローチャートである。
特別ボーナス時の小当たり用の演出パターンの設定処理を説明する説明図である。
特2用遊技回演出実行処理を示すフローチャートである。
特2用変動時間計測処理を示すフローチャートである。
特別ボーナス演出設定処理を示すフローチャートである。
表示制御装置のMPUにおいて実行されるメイン処理を示すフローチャートである。
表示制御装置のMPUにおいて実行されるコマンド割込み処理を示すフローチャートである。
表示制御装置のMPUにおいて実行されるV割込み処理を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0010】
本発明にかかる遊技機の実施の形態について、図面を参照しながら以下の順序で説明する。
A.第1実施形態:
B.第2実施形態:
C.他の構成への適用:
D.上記各実施形態等から抽出される発明群について:
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
4日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
株式会社三洋物産
遊技機
6日前
続きを見る