TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022070815
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-13
出願番号2021167231
出願日2021-10-12
発明の名称印刷装置
出願人ブラザー工業株式会社
代理人個人
主分類B41J 2/17 20060101AFI20220506BHJP(印刷;線画機;タイプライター;スタンプ)
要約【課題】フィルタの収容部を汚す可能性を低減する印刷装置を提供すること。
【解決手段】印刷装置は、ヘッドと、インクミストを回収するフィルタ480を収容する収容部49と、収容部49の上方に配置され、収容部49に収容されたフィルタ480に前記インクミストによる廃インク滴200をガイドするガイド部100とを備える。ガイド部100がインクミストからなる廃インク滴200をフィルタ480にガイドし、フィルタ480は廃インク滴200を回収する。従って、ガイド部100が設けられない印刷装置よりも、収容部49が廃インク滴で汚れる可能性が低減する。
【選択図】図8
特許請求の範囲【請求項1】
インクジェットヘッドと、
インクミストを回収するフィルタを収容する収容部と、
前記収容部の上方に配置され、前記収容部に収容された前記フィルタに前記インクミストによる廃インク滴をガイドするガイド部と
を備えることを特徴とする印刷装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記ガイド部は、前記廃インク滴を前記フィルタに滴下させる形状を有することを特徴とする請求項1に記載の印刷装置。
【請求項3】
前記ガイド部は、前記収容部の上方に配置された側壁から側方に延びるガイド板を備え、
前記ガイド板の前記側方の先端から重力方向に下がった位置に前記収容部に収容された前記フィルタが配置されることを特徴とする請求項1又は2に記載の印刷装置。
【請求項4】
前記フィルタは、複数並ぶことによって、又は仕切りによって複数個所で上方に露出し、
前記ガイド板は、前記複数個所の位置の少なくとも1つで、前記先端が最下端となる形状を有することを特徴とする請求項3に記載の印刷装置。
【請求項5】
第1色の液体を吐出する第1ノズル列と、
前記第1ノズル列に対して副走査方向に配置され、且つ第2色の液体を吐出する第2ノズル列とを備え、
前記フィルタは、前記副走査方向に長手方向が一致して配置される、又は前記副走査方向に配置された複数の小フィルタから構成されることを特徴とする請求項1から4の何れかに記載の印刷装置。
【請求項6】
前記副走査方向において、前記第1ノズル列と前記第2ノズル列の配置領域に前記収容部の少なくとも一部が配置されることを特徴とする請求項5に記載の印刷装置。
【請求項7】
前記フィルタは、前記インクジェットヘッドよりも下方に設けられ、
前記フィルタよりも下方に前記インクミストを吸引するファンが設けられることを特徴とする請求項1から6の何れかに記載の印刷装置。
【請求項8】
前記収容部は、前記フィルタを収容位置に位置決めする位置決め部を有することを特徴とする請求項1~7の何れかに記載の印刷装置。
【請求項9】
前記収容部は、交換位置と使用位置とに移動し、
前記位置決め部は、
前記使用位置において、前記フィルタの前記収容位置の底面から前記フィルタの高さ以上離れた位置に設けられた第1位置決め部と、
前記収容位置よりも外側において、前記収容位置の底面よりも突出した第2位置決め部とを有し、
前記第1位置決め部と前記第2位置決め部は、前記フィルタの高さ方向において、前記フィルタの高さよりも短い距離離れていることを特徴とする請求項8に記載の印刷装置。
【請求項10】
前記位置決め部は、前記フィルタを前記収容位置へとガイドするガイド斜面を有することを特徴とする請求項8又は9に記載の印刷装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は印刷装置に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来のインクジェット式の印刷装置は、特許文献1に記載されているように、ヘッド、キャリッジ、印字領域、維持回復機構、及び吸収部材を備える。ヘッドはキャリッジに搭載され、主走査方向に移動し、印字領域に搬送された用紙等の被記録媒体に印刷を行う。維持回復機構は、印字領域に対して主走査方向側に設けられ、ヘッドの維持回復を行う。印字領域と維持回復機構との間に空間が設けられる。空間の底部にインクミストを吸収する吸収部材が設けられる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2011-235471号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来の印刷装置では、吸収部材が設けられる底部から上方に向かって延びる壁面をインクミストからなる廃インク滴が伝う。この結果、吸収部材が設けられている空間を形成する壁面を廃インクが汚す可能性があった。
【0005】
本発明の目的は、フィルタの収容部を汚す可能性を低減する印刷装置を提供することである。
【0006】
本発明の第一態様に係る印刷装置は、インクジェットヘッドと、インクミストを回収するフィルタを収容する収容部と、前記収容部の上方に配置され、前記収容部に収容された前記フィルタに前記インクミストによる廃インク滴をガイドするガイド部とを備える。ガイド部がインクミストからなる廃インク滴をフィルタにガイドし、フィルタは廃インク滴を回収する。従って、ガイド部が設けられない印刷装置よりも、収容部が廃インク滴で汚れる可能性が低減する。
【0007】
前記ガイド部は、前記廃インク滴を前記フィルタに滴下させる形状を有してもよい。ガイド部は廃インク滴をフィルタに滴下させる形状を有するので、廃インク滴はガイド部からフィルタに滴下し、フィルタが廃インク滴を回収する。従って、収容部が廃インク滴で汚れる可能性が低減する。
【0008】
前記ガイド部は、前記収容部の上方に配置された側壁から側方に延びるガイド板を備え、前記ガイド板の前記側方の先端から重力方向に下がった位置に前記収容部に収容されたフィルタが配置されてもよい。ガイド板は、収容部の上方に配置された側壁から垂れる廃インク滴をフィルタにガイドする。従って、収容部が廃インク滴で汚れる可能性が低減する。
【0009】
前記フィルタは、複数並ぶことによって、又は仕切りによって複数個所で上方に露出し、前記ガイド板は、前記複数個所の位置の少なくとも1つで、前記先端が最下端となる形状を有してもよい。ガイド板は、複数個所で上方に露出したフィルタに最下端から廃インク滴を滴下する。従って、廃インク滴をフィルタが回収して収容部が廃インク滴で汚れる可能性が低減する。
【0010】
第1色の液体を吐出する第1ノズル列と、前記第1ノズル列に対して副走査方向に配置され、且つ第2色の液体を吐出する第2ノズル列とを備え、前記フィルタは、前記副走査方向に長手方向が一致して配置される、又は前記副走査方向に配置された複数の小フィルタから構成されてもよい。第1ノズル列に対して第1色の液体と異なる第2色の液体を吐出する第2ノズル列が設けられるので、インクミストの発生領域が副走査方向に広がる。フィルタは、副走査方向に長手方向が一致して配置される、又は副走査方向に配置された複数の小フィルタから構成される。従って、フィルタが廃インク滴を回収して収容部が廃インク滴で汚れる可能性が低減する。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
印鑑
3か月前
個人
印鑑
1か月前
ブラザー工業株式会社
タンク
7か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
9か月前
ブラザー工業株式会社
タンク
8か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
9か月前
ブラザー工業株式会社
記録装置
7か月前
キヤノン電子株式会社
印刷装置
6か月前
キヤノン電子株式会社
印刷装置
6か月前
京セラ株式会社
プリンタ
8か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
8か月前
キヤノン電子株式会社
印刷装置
7か月前
キヤノン電子株式会社
印刷装置
7か月前
凸版印刷株式会社
偽造防止印刷物
6か月前
凸版印刷株式会社
グラビア印刷機
8か月前
凸版印刷株式会社
印刷物
3か月前
株式会社ISOWA
印刷機
8か月前
ブラザー工業株式会社
液体吐出装置
8か月前
株式会社リコー
液滴吐出装置
6か月前
ブラザー工業株式会社
画像記録装置
8か月前
凸版印刷株式会社
コピー牽制印刷物
8か月前
株式会社リコー
画像形成装置
6か月前
個人
サーマルヘッド用基板
2か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
9か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
9か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
6か月前
ブラザー工業株式会社
プリンタ
8か月前
個人
ガーメントプリント方式
1か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
1か月前
株式会社リコー
印刷物
2か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
8か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
2か月前
株式会社リコー
液体吐出装置
4日前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
8か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
7か月前
ブラザー工業株式会社
印刷装置
9か月前
続きを見る