TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022070533
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-13
出願番号2020179641
出願日2020-10-27
発明の名称電池監視装置
出願人株式会社デンソー
代理人弁理士法人サトー
主分類G01R 19/00 20060101AFI20220506BHJP(測定;試験)
要約【課題】専用の信号線を用いることなく外部の制御装置からの指令に基づいてスリープ状態に遷移することができる電池監視装置を提供する。
【解決手段】電池監視装置1は、複数の電池セルCbが直列接続された組電池2を監視するものであり且つ電池セルCbから電力供給を受けて所定の動作を行う電圧検出回路6および通信回路7を備える。通信回路7は、外部のマイコン8との間で差動通信を行う。電池監視装置1は、差動通信を行うための一対の差動通信信号Sa、Sbを入力するための一対の通信入力端子P2、P3と、一対の差動通信信号Sa、Sbのうち少なくとも一方を用いて起動信号Seを生成する信号生成回路4を備える。電圧検出回路6および通信回路7は、起動信号Seに基づいて、所定の動作を実行する通常動作状態と通常動作状態に比べて電力消費量が少なくなるスリープ状態とを切り替えるように構成されている。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
複数の電池セル(Cb)が直列接続された組電池(2)を監視するものであり且つ前記電池セルから電力供給を受けて所定の動作を行う動作回路(6、7)を備えた電池監視装置であって、
前記動作回路には、外部の制御装置(8)との間で差動通信を行う通信回路(7)が含まれており、
前記差動通信を行うための一対の差動通信信号を入力するための一対の通信入力端子(P2、P3)と、
前記一対の差動通信信号のうち少なくとも一方を用いて起動信号を生成する信号生成回路(4、22、32、42)と、
を備え、
前記動作回路は、前記起動信号に基づいて、前記所定の動作を実行する通常動作状態と前記通常動作状態に比べて電力消費量が少なくなるスリープ状態とを切り替えるように構成されている電池監視装置。
続きを表示(約 760 文字)【請求項2】
前記信号生成回路(4、22、42)は、前記一対の差動通信信号のうち少なくとも一方の電圧変動を整流することにより前記起動信号を生成する請求項1に記載の電池監視装置。
【請求項3】
前記信号生成回路(4、22)は、
前記一対の差動通信信号をクロックとして動作するチャージポンプ回路(11、23)を備え、
前記チャージポンプ回路から出力される昇圧電圧を前記起動信号として生成する請求項1または2に記載の電池監視装置。
【請求項4】
前記信号生成回路(22)は、
互いに同じ回路構成を有する2つの前記チャージポンプ回路(11、23)を備え、
2つの前記チャージポンプ回路から出力される昇圧電圧のうち高いほうの前記昇圧電圧を前記起動信号として生成する請求項3に記載の電池監視装置。
【請求項5】
前記信号生成回路(32)は、
前記一対の差動通信信号が供給される通信経路のうち少なくとも一方に流れる電流を検出する電流検出部(34)を備え、
前記電流検出部による前記電流の検出結果に基づいて前記起動信号を生成する請求項1に記載の電池監視装置。
【請求項6】
前記動作回路は、
前記起動信号に基づいて前記通常動作状態に切り替えられた後、前記外部の制御装置から前記通信を介してラッチ設定の指令を受けると前記起動信号の変化にかかわらず前記通常動作状態を維持するようになっており、
前記ラッチ設定の指令を受けた後、前記外部の制御装置から前記通信を介してラッチ解除の指令を受けると前記起動信号に基づいて前記スリープ状態への切り替えが可能となる請求項1から5のいずれか一項に記載の電池監視装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、複数の電池セルが直列接続された組電池を監視するものであり且つ電池セルから電力供給を受けて所定の動作を行う動作回路を備えた電池監視装置に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、例えば車両に搭載された複数のリチウムイオン電池などの電池セルからなる組電池を監視する電池監視装置である監視ICに対する電源は、同じく車両に搭載された鉛バッテリーから絶縁電源を介して供給されるようになっていたが、この場合には高圧配線が増えるといった問題があった。そこで、監視ICの監視対象となる組電池から監視ICに対して電源供給を行う構成が考えられている。
【0003】
上記構成では、車両のイグニッションオフ時などに組電池の電力を監視ICで消費することがないようにするため、監視ICを通常動作状態に比べて電力消費量が少なくなるスリープ状態に遷移させる必要がある。そこで、監視ICは、マイクロコンピュータなどの外部の制御装置からの指令に基づいて、通常状態およびスリープ状態の切り替えが可能な構成とされている。なお、本明細書では、マイクロコンピュータのことをマイコンと省略することがある。上記した切り替えのための起動信号は、特許文献1に開示されるように、マイコンから監視ICへと専用の信号線を用いて伝達されることになる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特許第5599123号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
専用の信号線を介して起動信号が伝達される構成を採用する場合、監視ICを含む各種の電子部品を実装するためのプリント配線板である基板のスペースを、起動信号の配線を行う分だけ余分に確保する必要がある。そのため、上記構成では、監視ICなどを実装するための基板の大型化を招くなどして、製品を製造するためのコストが高騰するといった問題が生じる。
【0006】
本発明は上記事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、専用の信号線を用いることなく外部の制御装置からの指令に基づいてスリープ状態に遷移することができる電池監視装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
請求項1に記載の電池監視装置は、複数の電池セル(Cb)が直列接続された組電池(2)を監視するものであり且つ電池セルから電力供給を受けて所定の動作を行う動作回路(6、7)を備えている。この場合、動作回路には、外部の制御装置(8)との間で差動通信を行う通信回路(7)が含まれている。上記構成の電池監視装置は、差動通信を行うための一対の差動通信信号を入力するための一対の通信入力端子(P2、P3)と、一対の差動通信信号のうち少なくとも一方を用いて起動信号を生成する信号生成回路(4、22、32、42)と、を備えている。動作回路は、起動信号に基づいて、所定の動作を実行する通常動作状態と通常動作状態に比べて電力消費量が少なくなるスリープ状態とを切り替えるように構成されている。
【0008】
このように、上記構成では、電池監視装置と外部の制御装置との間で元々やり取りされている差動通信信号を用いて起動信号が生成されるようになっているため、起動信号を外部の制御装置から電池監視装置へと伝達するための専用の信号線が不要となる。したがって、上記構成によれば、専用の信号線を用いることなく外部の制御装置からの指令に基づいてスリープ状態に遷移することができ、その結果、電池監視装置の製造コストを低減することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
第1実施形態に係る電池監視装置の構成を模式的に示す図
第1実施形態に係る電池監視装置の各部の動作を説明するためのタイミングチャート
第2実施形態に係る電池監視装置の構成を模式的に示す図
第3実施形態に係る電池監視装置の構成を模式的に示す図
第4実施形態に係る電池監視装置の構成を模式的に示す図
第5実施形態に係る電池監視装置の各部の動作を説明するためのタイミングチャート
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、複数の実施形態について図面を参照して説明する。なお、各実施形態において実質的に同一の構成には同一の符号を付して説明を省略する。
(第1実施形態)
以下、第1実施形態について図1および図2を参照して説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ミツトヨ
測定機
1日前
株式会社ヨーマー
打撃分析装置
2日前
マブチモーター株式会社
レゾルバ
6日前
水戸工業株式会社
オイル劣化診断装置
2日前
新日本空調株式会社
墨出し方法
6日前
ニッカ電測株式会社
金属検出機
2日前
ミネベアミツミ株式会社
ひずみゲージ
6日前
株式会社デンソー
電池監視装置
1日前
個人
被測定製品を変換しやすい試料環境設備
6日前
富士電機株式会社
診断システム
1日前
キヤノン株式会社
放射線検出装置の製造方法
6日前
キヤノン株式会社
放射線検出装置の製造方法
6日前
トヨタ自動車株式会社
異音発生箇所特定方法
6日前
株式会社エンプラス
流量計
5日前
株式会社ディスコ
試験装置の検査方法、及び、試験装置
2日前
公立大学法人大阪
湿度センサ
2日前
NTN株式会社
油膜パラメータの算出方法
5日前
株式会社村田製作所
検査装置
2日前
トヨタ自動車株式会社
制御装置
1日前
株式会社クボタ
浮遊物観測装置
2日前
DMG森精機株式会社
自動補正方式
6日前
株式会社ダイカン
地図表示システムおよび地図表示方法
6日前
ユニパルス株式会社
測距回路、測距装置、測定装置及び倣い制御装置
6日前
株式会社芝浦電子
温度センサおよび調理機器
2日前
株式会社島津製作所
試料前処理装置
2日前
キヤノン株式会社
放射線撮像装置及び放射線撮像システム
6日前
株式会社SoBrain
検査装置、検査方法および検査プログラム
5日前
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
検体検査装置
5日前
富士電機株式会社
センサ装置および診断システム
2日前
株式会社SoBrain
検査装置、検査方法および検査プログラム
5日前
株式会社SoBrain
検査装置、検査方法および検査プログラム
5日前
アークレイ株式会社
ヘモグロビン測定用試薬
6日前
個人
中性子により突き抜けてターゲットに入射する材料性能試験装置
6日前
井関農機株式会社
トラクタ
6日前
澤藤電機株式会社
電池状態推定装置及び電池状態推定システム
6日前
アンリツ株式会社
PAM波形解析装置及びPAM波形解析方法
5日前
続きを見る