TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022070187
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-12
出願番号2020189003
出願日2020-10-26
発明の名称専門家マッチングシステム
出願人FC株式会社
代理人
主分類G06Q 50/10 20120101AFI20220502BHJP(計算;計数)
要約【課題】依頼者の課題・要望等(以下「課題」という。)に対して複数の専門家が必要な場合に、依頼者に知識がなくても、課題に最適な複数専門家との自動マッチングが可能なマッチング用WEBアプリケーションを提供する。
【解決手段】専門家データベースには専門家の職種又は得意分野等(以下「解決能力」という。」)及び属性情報が入力されており、依頼者端末から、依頼者の課題及び専門家の希望属性情報を入力すると、自動で依頼者の課題に対して最適な専門家の中で最も希望属性が近い専門家がマッチングされるが、依頼者の課題が単独の専門家では満足しないとき、不足している課題に対して解決能力・属性の合う専門家が再度追加でマッチングされ、これを繰り返すことにより依頼者に対し複数専門家の自動マッチングを可能とする構成とした。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
インターネットを介して専門家端末から入力した解決能力情報を蓄積する専門家データベースと、
複数種類の文字列を蓄積した文字列情報及び前記各種文字列にそれぞれ紐づけられた異なるポイントを付与している情報を蓄積した文字列ポイント情報データベースと、
前記専門家データベースから解決能力情報を抽出する解決能力抽出部と、
抽出された前期解決能力情報をあらかじめ定義した解決能力情報と対になる前記複数種類の文字列へ変換し専門家文字列情報を作成する専門家文字列情報作成部と、
前記専門家文字列情報を蓄積する専門家文字列情報データベースと、
依頼者端末から入力した課題情報を蓄積する依頼者データベースと、
前記依頼者データベースから前記課題情報を抽出する課題情報抽出部と、
前記文字列ポイント情報データベースに蓄積存在する文字列と同じ文字列を抽出またはあらかじめ定義した文字列に変換して依頼者文字列情報を作成する依頼者文字列情報作成部と、
前記依頼者文字列情報を蓄積する依頼者文字列情報データベースと、
前記依頼者文字列情報及び前記専門家文字列情報を抽出して前記依頼者文字列情報の複数種類の前記文字列に対し前記専門家文字列情報の中に共通する前記文字列に前記文字列ポイント情報データベースに基づくポイントを付与合算するポイント計算部と、
前記ポイント計算部で最も高いポイントの専門家を単数あるいは複数選定する専門家選定部と、
選定された専門家の情報を蓄積する「選定専門家データベース」と、を有する複数専門家マッチングシステム。
続きを表示(約 860 文字)【請求項2】
前記専門家データベースには更に専門家の前記専門家端末から入力された属性情報が蓄積され、
前記専門家選定部で選定された専門家について前記専門家データベースから前記属性情報を抽出し前記専門家データベースに情報送信する選定専門家属性情報抽出部と、
前記依頼者データベースには更に依頼者端末から入力された専門家希望属性情報及び属性優先順位情報が蓄積され、
前記専門家選定部で複数の専門家が選定された場合に前記依頼者データベースから前記専門家希望属性情報及び前記属性優先順位情報を抽出する専門家希望属性優先順位抽出部と前記専門家属性情報抽出部により抽出された前記専門家属性情報と前記専門家気泡属性優先順位抽出部により抽出された前記専門家希望属性情報及び前記属性優先順位情報とを比較することにより最も依頼者の希望にあう専門家を1人に絞り込む専門家絞込部と、
前記専門家絞込部で絞り込まれた専門家の情報を蓄積するマッチング専門家データベースと、を更に有する請求項1に記載される複数専門家マッチングシステム
【請求項3】
前記マッチング専門家データベースから前記専門家文字列情報を抽出するマッチング専門家文字列情報抽出部と、
前記マッチング専門家文字列情報抽出部により抽出された前記専門家文字列情報と前記依頼者文字列情報を対比し前記専門家文字列情報に対して前記依頼者文字列情報の中で重ならない文字列が存在するかを識別する文字列対比識別部と、
前記文字列対比識別部で重ならない前記依頼者文字列情報が存在する場合に重ならない前記依頼者文字列情報を前記依頼者文字列情報データベースに送信上書きする依頼者文字列情報送信上書部と、
前記依頼者文字列情報送信上書部により上書きされた前記依頼者文字列情報により再度追加する専門家のマッチングを指示する再度マッチング指示部と、を更に有する請求項1又は請求項2に記載される複数専門家マッチングシステム

発明の詳細な説明【発明の詳細な説明】
【】
【技術分野】
【0001】
本発明は、課題の解決を希望する依頼者と専門家をマッチングさせるシステムに関する。
続きを表示(約 2,500 文字)【背景技術】
【0002】
現在、依頼者と専門家をマッチングさせるシステムは、依頼者がインターネットにより各種専門家を検索して、相談や業務依頼をすることができる専門家検索サイトがある。
【0003】
多くの専門家検索サイトは、地域や専門家の業種等を選択し、該当する専門家が表示された中から、依頼者は、その専門家の属性から判断し、専門家を1人選定する。
【0004】
特許文献1は、更に依頼者の問い合わせについて、その内容に対応できる職種の専門家に問い合わせを照会し、専門家の回答内容を依頼者に送信して、依頼者においては回答してきた複数の専門家の中から選定し評価するシステムを提案している。
【0005】
特許文献2は、相談内容に適応する複数の専門家に相談内容が送信され、各専門家が回答をすると依頼者にそれぞれ回答内容が表示されて、依頼者においては、その中から自分に適した複数の専門家とコミュニケーションを図れるシステムを提案している。
【先行特許文献】
【】
【特許文献】
【0006】
特開2003-67593号公報
特開2017-73007号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
しかしながら、特許文献1及び特許文献2を含めて従来のマッチングシステムでは、知識のない依頼者に専門家を人的に選定させることになる。
また、従来のマッチングシステムでは、複数の専門家が同時に必要な場合に、各種専門家を依頼者自らが複数のマッチングサイトで其々検索するか、マッチングした専門家に紹介をしてもらうしかないが、人的な手間がかかるとともに、専門家の紹介では依頼者自身の意思や希望が反映されず、専門家のグループが依頼者の課題解決にとって最適とは限らない。
さらに、従来のマッチングシステムでは、どの専門家に何を相談したらよいかわからない場合に対応が出来ず、その対応のため人的な連携又は提携により窓口のワンストップ化のサービスはあるが、依頼者からすると、連携又は提携している専門家からしか選定が出来ず、依頼者が希望する属性をもつ専門家を選定できない。
【0008】
本発明は、上述した事情に鑑み、知識のない依頼者においても、解決したい課題に最適な専門家とのマッチングの自動化を実現し、さらに依頼者において課題解決のために同時に複数の専門家が必要な場合においても、自身の課題を最適に解決するために必要な複数専門家とのマッチングを実現し提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記課題を解決するために請求項1の発明は、依頼者の課題に対して最適な専門家を自動でマッチングさせるものであり、
インターネットを介して専門家端末から入力した解決能力情報を蓄積する専門家データベースと、
複数種類の文字列を蓄積した文字列情報及び前記各種文字列にそれぞれ紐づけられた異なるポイントを付与している情報を蓄積した文字列ポイント情報データベースと、
前記専門家データベースから解決能力情報を抽出する解決能力抽出部と、
抽出された前期解決能力情報をあらかじめ定義した解決能力情報と対になる前記複数種類の文字列へ変換し専門家文字列情報を作成する専門家文字列情報作成部と、
前記専門家文字列情報を蓄積する専門家文字列情報データベースと、
依頼者端末から入力した課題情報を蓄積する依頼者データベースと、
前記依頼者データベースから前記課題情報を抽出する課題情報抽出部と、
前記文字列ポイント情報データベースに蓄積存在する文字列と同じ文字列を抽出またはあらかじめ定義した文字列に変換して依頼者文字列情報を作成する依頼者文字列情報作成部と、
前記依頼者文字列情報を蓄積する依頼者文字列情報データベースと、
前記依頼者文字列情報及び前記専門家文字列情報を抽出して前記依頼者文字列情報の複数種類の前記文字列に対し前記専門家文字列情報の中に共通する前記文字列に前記文字列ポイント情報データベースに基づくポイントを付与合算するポイント計算部と、
前記ポイント計算部で最も高いポイントの専門家を単数あるいは複数選定する専門家選定部と、
選定された専門家の情報を蓄積する「選定専門家データベース」と、を有する複数専門家マッチングシステムで構成されるものである。
【0010】
請求項2の発明は、依頼者の課題に最適な専門家が複数マッチングされたときに、依頼者の希望する属性に最も近い専門家を自動で1人に絞り込むものであり、
前記専門家データベースには更に専門家の前記専門家端末から入力された属性情報が蓄積され、
前記専門家選定部で選定された専門家について前記専門家データベースから前記属性情報を抽出し前記専門家データベースに情報送信する選定専門家属性情報抽出部と
前記依頼者データベースには更に依頼者端末から入力された専門家希望属性情報及び属性優先順位情報が蓄積され、
前記専門家選定部で複数の専門家が選定された場合に前記依頼者データベースから前記専門家希望属性情報及び前記属性優先順位情報を抽出する専門家希望属性優先順位抽出部と前記専門家属性情報抽出部により抽出された前記専門家属性情報と前記専門家気泡属性優先順位抽出部により抽出された前記専門家希望属性情報及び前記属性優先順位情報とを比較することにより最も依頼者の希望にあう専門家を1人に絞り込む専門家絞込部と、
前記専門家絞込部で絞り込まれた専門家の情報を蓄積するマッチング専門家データベースと、を更に有する請求項1に記載される複数専門家マッチングシステムで構成されるものである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社理研
演算装置
12日前
個人
喋るハイテク家電
17日前
個人
電子旅程システム
24日前
個人
回覧支援システム
24日前
個人
家系図作成システム
25日前
個人
ライフ情報提供装置
24日前
個人
遺言書作成システム
25日前
個人
曲目音声入力システム
17日前
株式会社鶴
管理サーバ
24日前
凸版印刷株式会社
メタルカード
5日前
日本精機株式会社
車載表示装置
2日前
個人
ゴーグル表示システム
24日前
個人
結婚活動支援システム
10日前
個人
情報提供システム
17日前
HENNGE株式会社
サーバ
20日前
東レ株式会社
シミュレーション方法
20日前
シャープ株式会社
家電システム
17日前
個人
統計モデルによる勤務時間の推定
13日前
株式会社ノーリツ
給湯装置
3日前
凸版印刷株式会社
非接触通信ICシート
2日前
ヤマキ有限会社
値引き管理システム
19日前
テルモ株式会社
表示装置
20日前
オグラ金属株式会社
食品カウンタ装置
4日前
東洋計器株式会社
ガスの集中監視方法
18日前
中国電力株式会社
業務時間管理システム
6日前
株式会社リコー
情報処理装置および方法
24日前
ビィデザイン株式会社
仮想空間システム
17日前
ソプラ株式会社
メタデータ抽出プログラム
6日前
タブソリューション株式会社
情報処理装置
25日前
トヨタ自動車株式会社
情報処理装置
13日前
沖電気工業株式会社
制御装置
12日前
NISSHA株式会社
静電容量方式の圧力センサ
10日前
日本放送協会
物体検出装置及びプログラム
24日前
個人
管理サーバおよび訃報自動送信システム
9日前
富士通株式会社
集計プログラム及び集計方法
12日前
株式会社オープンロジ
事故情報共有システム
12日前
続きを見る