TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022069708
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-12
出願番号2020178506
出願日2020-10-26
発明の名称測位システム
出願人個人
代理人
主分類G01C 5/06 20060101AFI20220502BHJP(測定;試験)
要約【課題】飛行体のための高度を推定できるようにする。
【解決手段】測位システムであって、飛行体が備える気圧計が測定した気圧である飛行気圧を取得する飛行気圧取得部と、飛行体の位置を取得する位置取得部と、位置に対応する地上気圧を取得する気象情報取得部と、地上気圧ならびに飛行気圧に基づいて、飛行体の高度を推定する高度推定部と、を備えることを特徴とする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
飛行体が備える気圧計が測定した気圧である飛行気圧を取得する飛行気圧取得部と、
前記飛行体の位置を取得する位置取得部と、
前記位置に対応する地上気圧を取得する気象情報取得部と、
前記地上気圧ならびに前記飛行気圧に基づいて、前記飛行体の高度を推定する高度推定部と、
を備えることを特徴とする測位システム。
続きを表示(約 260 文字)【請求項2】
請求項1に記載の測位システムであって、
前記飛行体の操作場所における気圧である操作場所気圧を取得する操作場所気圧取得部をさらに備え、
前記気象情報取得部は、前記位置に対応する第1の前記地上気圧に加えて、前記操作場所に対応する第2の前記地上気圧を取得し、
前記高度推定部は、前記操作場所気圧と前記第2の地上気圧とに応じて、前記第1の地上気圧を補正し、補正した前記第1の地上気圧と前記飛行気圧とに基づいて前記飛行体の高度を推定すること、
を特徴とする測位システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、測位システムに関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1では、気圧値を用いて高度を推定している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2013-002933号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1では高度を測定しようとする場所に基準面用無線センサー端末を設置してその場所の気圧を測定しなければならず、場所を移動する飛行体の高度に用いることができない。
【0005】
本発明はこのような背景を鑑みてなされたものであり、飛行体のための高度を推定できる技術を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するための本発明の主たる発明は、測位システムであって、飛行体が備える気圧計が測定した気圧である飛行気圧を取得する飛行気圧取得部と、前記飛行体の位置を取得する位置取得部と、前記位置に対応する地上気圧を取得する気象情報取得部と、前記地上気圧ならびに前記飛行気圧に基づいて、前記飛行体の高度を推定する高度推定部と、を備えることを特徴とする。
【0007】
その他本願が開示する課題やその解決方法については、発明の実施形態の欄及び図面により明らかにされる。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、飛行体のための高度を推定できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明の一実施形態に係る飛行体1の機能ブロック図である。
フライトコントローラ10の機能ブロック図である。
本実施形態のフライトコントローラ10の動作を説明する図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
<発明の概要>
本発明の実施形態の内容を列記して説明する。本発明は、たとえば、以下のような構成を備える。
[項目1]
飛行体が備える気圧計が測定した気圧である飛行気圧を取得する飛行気圧取得部と、
前記飛行体の位置を取得する位置取得部と、
前記位置に対応する地上気圧を取得する気象情報取得部と、
前記地上気圧ならびに前記飛行気圧に基づいて、前記飛行体の高度を推定する高度推定部と、
を備えることを特徴とする測位システム。
[項目2]
項目1に記載の測位システムであって、
前記飛行体の操作場所における気圧である操作場所気圧を取得する操作場所気圧取得部をさらに備え、
前記気象情報取得部は、前記位置に対応する第1の前記地上気圧に加えて、前記操作場所に対応する第2の前記地上気圧を取得し、
前記高度推定部は、前記操作場所気圧と前記第2の地上気圧とに応じて、前記第1の地上気圧を補正し、補正した前記第1の地上気圧と前記飛行気圧とに基づいて前記飛行体の高度を推定すること、
を特徴とする測位システム。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
タイヤの摩耗発生装置
11日前
個人
移動体の音波誘導装置
9日前
応用電機株式会社
照明装置
11日前
大和製衡株式会社
計量装置
10日前
株式会社チノー
計測器
9日前
東ソー株式会社
ヘモグロビン分析装置
6日前
マブチモーター株式会社
レゾルバ
3日前
東洋ガラス株式会社
容器検査システム
9日前
新日本空調株式会社
墨出し方法
3日前
富士電機株式会社
レーザ式ガス分析計
9日前
東ソー株式会社
吸光光度検出器及び分析装置
6日前
株式会社カセダ
キャリパーゲージ
5日前
倉敷紡績株式会社
被覆層の厚さ計測方法
5日前
富士電機株式会社
流体測定システム
9日前
株式会社明和eテック
製品の欠陥検出方法
4日前
中国電力株式会社
被覆電線用接続具
5日前
株式会社 Toshin
水道メータ
4日前
株式会社シーエックスアール
走行装置
4日前
ミネベアミツミ株式会社
ひずみゲージ
3日前
三菱マテリアル株式会社
土壌の評価試験方法
6日前
株式会社デルタプラス
センサユニット
10日前
イビデン株式会社
プリント配線板の検査方法
9日前
JFEスチール株式会社
残留応力の算出方法
6日前
個人
被測定製品を変換しやすい試料環境設備
3日前
大阪瓦斯株式会社
ガス検知装置
6日前
富士通コンポーネント株式会社
物体量測定装置
5日前
株式会社ミツトヨ
測定システムおよびプログラム
11日前
多摩川精機株式会社
多回転検出装置
9日前
TDK株式会社
電磁波センサ
10日前
株式会社ミヤワキ
計測装置ユニット
5日前
株式会社アイドゥス企画
スピーカ構造モータ音振動試験機
10日前
キヤノン株式会社
放射線検出装置の製造方法
3日前
トヨタ自動車株式会社
異音発生箇所特定方法
3日前
キヤノン株式会社
放射線検出装置の製造方法
3日前
トッパン・フォームズ株式会社
水分検知タグ
4日前
株式会社デンソー
車両制御装置
6日前
続きを見る