TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022069702
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-12
出願番号2020176020
出願日2020-10-20
発明の名称端末
出願人KYB株式会社
代理人特許業務法人後藤特許事務所
主分類H04Q 9/00 20060101AFI20220502BHJP(電気通信技術)
要約【課題】特装車の架装物を無線通信により適切に制御する。
【解決手段】ミキサ車1のミキサドラム2の駆動を制御するECU20と無線通信を行いミキサドラム2の駆動を制御可能な端末60は、情報を記憶する端末側記憶部60cと、車両識別信号に含まれる車両識別情報を端末側記憶部60cに記憶させることで端末60とECU20とを関連付ける端末側処理部60dと、を備え、端末側処理部60dは、ECU20との関連付けが可能な候補ミキサ車を識別し、候補ミキサ車が複数存在する場合は、複数の候補ミキサ車のうち一つを選び出して所定の作動状態になるように制御し、所定の作動状態に制御された候補ミキサ車のECU20と関連付けるか否かの作業者による操作入力を受け付ける。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
特装車の架装物の駆動を制御する制御装置と無線通信を行い前記架装物の駆動を制御可能な端末であって、
前記端末の周囲の前記特装車を探知する探知信号を送信する端末側送信部と、
前記制御装置が前記探知信号を受信すると送信する応答信号を受信し、及び、前記探知信号の受信に応じて前記制御装置から送信され前記制御装置を識別可能な車両識別情報を含む車両識別信号を受信する端末側受信部と、
情報を記憶する端末側記憶部と、
前記車両識別信号に含まれる前記車両識別情報を前記端末側記憶部に記憶させることで前記端末と前記制御装置とを関連付ける端末側処理部と、を備え、
前記端末側処理部は、前記制御装置との関連付けが可能な候補特装車を識別し、前記候補特装車が複数存在する場合は、複数の前記候補特装車のうち一つを選び出して所定の作動状態になるように制御し、前記所定の作動状態に制御された前記候補特装車の前記制御装置と関連付けるか否かの作業者による操作入力を受け付けることを特徴とする端末。
続きを表示(約 740 文字)【請求項2】
特装車の架装物の駆動を制御する制御装置と無線通信を行い前記架装物の駆動を制御可能な端末であって、
前記端末の周囲の前記特装車を探知する探知信号を送信する端末側送信部と、
前記制御装置が前記探知信号を受信すると送信する応答信号を受信し、及び、前記探知信号の受信に応じて前記制御装置から送信され前記制御装置を識別可能な車両識別情報を含む車両識別信号を受信する端末側受信部と、
情報を記憶する端末側記憶部と、
前記車両識別信号に含まれる前記車両識別情報を前記端末側記憶部に記憶させることで前記端末と前記制御装置とを関連付ける端末側処理部と、を備え、
前記端末側処理部は、前記制御装置との関連付けが可能な候補特装車を識別し、前記候補特装車が複数存在する場合は、複数の前記候補特装車を同じ作動状態になるように制御し、複数の前記候補特装車のうち一つを選び出して所定の作動状態になるように制御し、前記所定の作動状態に制御された前記候補特装車の前記制御装置と関連付けるか否かの作業者による操作入力を受け付けることを特徴とする端末。
【請求項3】
請求項1または2に記載の端末であって、
端末側受信部が複数の前記特装車の前記制御装置から前記応答信号を受信した場合、前記端末側処理部は、前記複数の特装車のうち、停車中であるもの、前記端末から所定の距離以内に存在するもの、前記制御装置により前記特装車の走行状態に応じて前記架装物が自動で制御される自動制御がされているもの、及び前記端末とは異なる他の端末と関連付けされていないもの、の少なくとも一つの条件に該当する状態であるものを前記候補特装車と識別することを特徴とする端末。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、端末に関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、架台に搭載され、投入方向及び排出方向に回転可能なミキサドラムと、ミキサドラムを回転駆動するための駆動装置と、駆動装置の動作を制御するコントローラと、を備えるミキサ車が開示されている。コントローラには、ミキサドラムの回転を調節するための有線リモコンが接続され、作業者が有線リモコンを操作すると、コントローラへと指令信号が出力されその指令信号に基づいてミキサドラムの回転方向及び回転速度が調節される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2010-228152号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載のミキサ車では、有線リモコンはコントローラと有線で接続されるものであるため、有線リモコンをコントローラから離れた位置に配置することは難しく、有線リモコンによりミキサドラムの回転を操作可能な場所は、コントローラに近い場所に限られ、ミキサ車の利便性が悪い。ミキサ車の利便性を上げるためには、コントローラと接続されるリモコンを無線化することが考えられる。しかしながら、リモコンを無線化すると、操作対象ではないミキサ車がリモコンからの無線信号を受信して、リモコンによって操作対象以外のミキサ車のミキサドラムが意図せずに操作されてしまうおそれがある。
【0005】
本発明は、上記の問題点に鑑みてなされたものであり、特装車の架装物を無線通信により適切に制御することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、特装車の架装物の駆動を制御する制御装置と無線通信を行い架装物の駆動を制御可能な端末であって、端末の周囲の特装車を探知する探知信号を送信する端末側送信部と、制御装置が探知信号を受信すると送信する応答信号を受信し、及び、探知信号の受信に応じて制御装置から送信され制御装置を識別可能な車両識別情報を含む車両識別信号を受信する端末側受信部と、情報を記憶する端末側記憶部と、車両識別信号に含まれる車両識別情報を端末側記憶部に記憶させることで端末と制御装置とを関連付ける端末側処理部と、を備え、端末側処理部は、制御装置との関連付けが可能な候補特装車を識別し、候補特装車が複数存在する場合は、複数の候補特装車のうち一つを選び出して所定の作動状態になるように制御し、所定の作動状態に制御された候補特装車の制御装置と関連付けるか否かの作業者による操作入力を受け付けることを特徴とする。
【0007】
この発明では、端末は制御装置を識別可能な車両識別情報を記憶し、車両識別情報により制御装置と関連付けられる。これにより、端末は、操作対象として関連付けられた特定の制御装置を備える特装車の架装物の駆動だけを制御するように構成することができる。よって、操作対象ではない他の特装車が意図せずに駆動されることを防止しつつ、作業者は、端末を介して、無線通信により操作対象の特装車の架装物の駆動を制御することができる。また、作業者は、複数の特装車のうち一つだけが所定の作動状態にされるため、端末が関連付けしようとしている特装車を容易に判別することができる。よって、端末と制御装置との関連付けをより確実に行うことができる。
【0008】
また、本発明は、特装車の架装物の駆動を制御する制御装置と無線通信を行い架装物の駆動を制御可能な端末であって、端末の周囲の特装車を探知する探知信号を送信する端末側送信部と、制御装置が探知信号を受信すると送信する応答信号を受信し、及び、探知信号の受信に応じて制御装置から送信され制御装置を識別可能な車両識別情報を含む車両識別信号を受信する端末側受信部と、情報を記憶する端末側記憶部と、車両識別信号に含まれる車両識別情報を端末側記憶部に記憶させることで端末と制御装置とを関連付ける端末側処理部と、を備え、端末側処理部は、制御装置との関連付けが可能な候補特装車を識別し、候補特装車が複数存在する場合は、複数の候補特装車を同じ作動状態になるように制御し、複数の候補特装車のうち一つを選び出して所定の作動状態になるように制御し、所定の作動状態に制御された候補特装車の制御装置と関連付けるか否かの作業者による操作入力を受け付けることを特徴とする。
【0009】
この発明では、端末側処理部は、複数の候補特装車を同じ作動状態になるように制御する。これにより、作業者は目視で候補特装車を判断することができる。よって、所望のミキサ車が候補特装車として識別されていない場合でも作業者がすぐに気づき、端末と制御装置との関連付けをやり直すことができるため、作業効率を上げることができる。
【0010】
また、本発明は、端末側受信部が複数の特装車の制御装置から応答信号を受信した場合、端末側処理部は、複数の特装車のうち、停車中であるもの、端末から所定の距離以内に存在するもの、制御装置により特装車の走行状態に応じて架装物が自動で制御される自動制御がされているもの、及び端末とは異なる他の端末と関連付けされていないもの、の少なくとも一つの条件に該当する状態であるものを候補特装車と識別することを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

KYB株式会社
液圧機器のシール装置および緩衝器
2日前
個人
スピーカ装置
18日前
個人
遮蔽物
29日前
個人
イヤーピース
28日前
個人
電子機器載置台
18日前
個人
デジタル通信方式
24日前
個人
立体映像表示装置
17日前
個人
メールアドレスホーン
1か月前
サクサ株式会社
画像処理装置
28日前
TOTO株式会社
リモコン装置
9日前
三菱電機株式会社
電源装置
1か月前
個人
新生児写真の生成方法
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
株式会社オカムラ
什器
1か月前
ブラザー工業株式会社
読取装置
15日前
個人
スピーカーの位相反転機構振動板
1か月前
オンキヨーサウンド株式会社
イヤホン
1か月前
シャープ株式会社
電波測定装置
18日前
オンキヨーサウンド株式会社
イヤホン
4日前
シャープ株式会社
電波測定装置
23日前
シャープ株式会社
電波測定装置
23日前
オンキヨーサウンド株式会社
イヤホン
1か月前
オンキヨーサウンド株式会社
イヤホン
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
2日前
キヤノン株式会社
読取装置
10日前
神田通信機株式会社
通信制御装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像機器
24日前
株式会社特殊金属エクセル
構造体
9日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
アイホン株式会社
インターホン機器
1か月前
株式会社村田製作所
識別子生成装置
24日前
アイホン株式会社
インターホン機器
1か月前
アイホン株式会社
インターホン機器
1か月前
アイホン株式会社
インターホン装置
23日前
三菱電機株式会社
映像表示装置
1か月前
続きを見る