TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022068635
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-10
出願番号2020177421
出願日2020-10-22
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類G03G 21/10 20060101AFI20220427BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】 複数の回収トナー容器、両方の回収トナー容器に繋がる一つの搬送路、回転方向切り替えで回収トナー搬送先を切替えできる回収トナー搬送部材を持つ構成の場合、回収部材から搬送される回収トナーを各回収トナー容器に振分ける分岐部が存在し、一方の回収トナー容器が満杯になった場合、搬送路内の回収トナーは、回収部材から搬送される新たな回収トナーと、分岐部Aから回収トナー容器までの回収トナー搬送路に残っている回収トナーが存在する。この状態で回収トナー搬送先を切替えた場合、新たな回収トナーと分岐部Aから回収トナー容器までの回収トナー搬送路に残っている回収トナーが分岐部Aで合流する。搬送路の容量を超えた量の回収トナーが分岐部Aに集まるため分岐部Aで回収トナーが詰まる可能性がある。
【解決手段】 画像形成動作を停止する際、回収トナー搬送路下流の回収トナー250bは全て回収トナー容器210aまたは回収トナー容器210bに移送する。
【選択図】 図10
特許請求の範囲【請求項1】
像担持体上の残留トナーを除去するクリーニング手段と、
前記クリーニング手段により除去された回収トナーを収容する第1回収トナー容器及び第2回収トナー容器と、
前記クリーニング手段により除去された回収トナーを搬送する回収トナー搬送路上流と、
前記回収トナー搬送路上流と前記第1回収トナー容器及び前記第2回収トナー容器の両方の回収トナー容器に繋がる一つの回収トナー搬送路下流と、
前記クリーニング手段により除去された回収トナーを搬送する搬送手段と、
前記回収トナー容器に前記回収トナーが回収可能かを判断する回収トナー回収可否判断手段と、
前記回収トナー回収可否判断手段により回収トナーが回収不可能を検知した際に回収トナーを収容する回収トナー容器を切り替える手段と、
を備え、
画像形成動作を停止する際は、所定時間、前記回収トナーを搬送する前記搬送手段を停止しないことを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 140 文字)【請求項2】
請求項1に記載の画像形成装置において、前記所定時間とは、前記回収トナー搬送路下流内の前記回収トナーを搬送する前記搬送手段によって、前記第1回収トナー容器及び前記第2回収トナー容器への回収トナーの搬送が完了する時間であることを特徴とする画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、画像形成装置における回収トナーの搬送制御に関するものである。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
電子写真方式の画像形成装置においては、感光体ドラムや中間転写ベルト上に画像形成を行った際に残留したトナーをクリーニング部材により除去し、除去されたトナーを回収トナー容器に収容している。近年、このような画像形成装置は単位時間当たりの印刷可能枚数向上に伴い、大量印刷が行われるPOD(プリント・オン・デマンド)市場での運用が拡大している。POD市場では、画像形成装置の使用頻度が高いため、回収トナー容器の交換回数が多いという特徴がある。そのため、回収トナー容器の交換作業を装置が停止せずに行うことができるようにすることが重要である。
【0003】
そこで、特許文献1では、回収トナー容器と回収トナー搬送経路を複数持ち、片方の回収トナー容器が満載になった場合、もう片方の回収トナー容器に回収トナーを回収するように切り替える、といった技術が提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2008-203811号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
特許文献1において、例えば、2つの回収トナー容器(210a、210b)と、両方の回収トナー容器に繋がる一つの搬送路(207)と、回転方向を切り替えることで回収トナーの搬送先を切り替えることのできる回収トナー搬送部材(208)を持つ構成が考えられる(図8(a))。
【0006】
この構成の場合、回収部材から搬送される回収トナーを各回収トナー容器に振り分ける分岐部Aが存在する。この時、一方の回収トナー容器210aが満載になった場合(図8(b))、搬送路内の回収トナーは、回収部材から搬送される新たな回収トナー250aと、分岐部Aから回収トナー容器210aまでの回収トナー搬送路に残っている回収トナー250bが存在する。
【0007】
この状態で、回収トナーの搬送先を切り替えた場合、新たな回収トナー250aと分岐部Aから回収トナー容器210aまでの回収トナー搬送路に残っている回収トナー250bが分岐部Aで合流する。この場合、搬送路の容量を超えた量の回収トナーが分岐部Aに集まるため、分岐部Aで回収トナーが詰まる可能性がある(図8(c))。
【0008】
本発明は、前記課題に対し、回収トナー搬送経路内で回収トナーが詰まることを抑制することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
前記課題を解決するために、本発明の画像形成システムは、原画像を像担持体上に形成し、さらに記録媒体上に転写して重ね合わせることにより複数の色からなる画像形成をする画像形成装置において、像担持体上の残留トナーを除去するクリーニング手段と、前記クリーニング手段により除去された回収トナーを収容する第1回収トナー容器及び第2回収トナー容器と、前記クリーニング手段により除去された回収トナーを搬送する回収トナー搬送路上流と、前記回収トナー搬送路上流と前記第1回収トナー容器及び前記第2回収トナー容器の両方の回収トナー容器に繋がる一つの回収トナー搬送路下流と、前記クリーニング手段により除去された回収トナーを搬送する搬送手段と、前記回収トナー容器に前記回収トナーが回収可能かを判断する回収トナー回収可否判断手段と、前記回収トナー回収可否判断手段により回収トナーが回収不可能を検知した際に回収トナーを収容する回収トナー容器を切り替える手段と、を備え、画像形成動作を停止する際は、所定時間、前記回収トナーを搬送する前記搬送手段を停止しないことを特徴とする。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、回収トナー搬送経路内で回収トナーが詰まることを抑制できる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
撮像装置
1日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
1日前
キヤノン株式会社
カメラシステム
1日前
キヤノン株式会社
放射線撮影装置
1日前
キヤノン株式会社
光学系および表示装置
1日前
キヤノン株式会社
光学機器および生成方法
1日前
キヤノン株式会社
レンズ装置および撮像装置
1日前
キヤノン株式会社
液体タンクとその製造方法
1日前
キヤノン株式会社
液体吐出カートリッジ梱包体
1日前
キヤノン株式会社
撮像装置およびその制御方法
1日前
キヤノン株式会社
トナー及びトナーの製造方法
2日前
キヤノン株式会社
表示制御装置及びその制御方法
1日前
キヤノン株式会社
表示制御装置及びその制御方法
1日前
キヤノン株式会社
シート搬送装置及び画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
トナー容器及び画像形成システム
2日前
キヤノン株式会社
収容容器および画像形成システム
2日前
キヤノン株式会社
物品の製造方法および射出成形システム
1日前
キヤノン株式会社
操作装置、レンズ装置、および撮像装置
1日前
キヤノン株式会社
操作装置、レンズ装置、および撮像装置
1日前
キヤノン株式会社
駆動制御装置、撮像装置および制御方法
1日前
キヤノン株式会社
生成装置、生成方法、及び、プログラム
2日前
キヤノン株式会社
レンズ鏡筒、及びそれを有する撮像装置
1日前
キヤノン株式会社
収納装置、露光装置及び物品の製造方法
1日前
キヤノン株式会社
露光装置、露光方法、及び物品の製造方法
1日前
キヤノン株式会社
画像処理装置、画像処理方法、プログラム
2日前
キヤノン株式会社
成形品、電子機器、および成形品の製造方法
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置、画像形成方法及びプログラム
2日前
キヤノン株式会社
情報処理装置、その制御方法及びプログラム
1日前
キヤノン株式会社
画像処理装置、画像処理方法、及びプログラム
1日前
キヤノン株式会社
撮像装置、制御方法、プログラム及び記憶媒体
2日前
キヤノン株式会社
平坦化装置、平坦化方法、および物品製造方法
2日前
キヤノン株式会社
診療支援システム、認証方法およびプログラム
1日前
キヤノン株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
1日前
キヤノン株式会社
光学機器の表面に設けられる膜、光学機器、塗料
1日前
キヤノン株式会社
振動型アクチュエータ及びそれを備える電子機器
1日前
キヤノン株式会社
表示制御装置とその制御方法、プログラム及び記録媒体
1日前
続きを見る