TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022067935
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-09
出願番号2020176812
出願日2020-10-21
発明の名称定着装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/20 20060101AFI20220426BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】冷却ファンの風量ムラにより定着フィルムの長手温度ムラが発生し、低温オフセットおよびホットオフセットが発生することを防止できる定着装置を提供する。
【解決手段】冷却ファンの風量に合わせて、開口部Lb・Rbの形状を長手で変えることで、定着フィルムに流れる風量を長手で均一化し、定着フィルムの長手温度ムラを抑制することで画像不良が防止できる。
【選択図】図10
特許請求の範囲【請求項1】
定着部材と、加圧部材と、前記定着部材33の所定の領域を冷却するための開口部と、前記開口部に向けて送風する送風冷却手段と、前記開口部を開閉するシャッターと、を有する定着装置において、前記開口部の形状が長手で異なることを特徴とする定着装置。
続きを表示(約 190 文字)【請求項2】
前記開口部は、前記送風冷却手段の風量が多い領域の開口部高さが低く、前記送風冷却手段の風量が少ない領域の開口部高さが高いことを特徴とする請求項1に記載の定着装置。
【請求項3】
前記開口部は、前記送風冷却手段の風量が多い領域の開口密度が低く、前記送風冷却手段の風量が少ない領域の開口密度が高いことを特徴とする請求項1に記載の定着装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、記録材上のトナー像を定着する定着装置に関する。この定着装置は、例えば、複写機、プリンタ、ファクシミリ、及びこれらの機能を複数備えた複合機等の画像形成手段において用いられ得る。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
上記のような画像形成装置は、作像手段によりシート状の記録材(用紙)上に未定着トナー像を形成した後、定着手段により、該トナー像を固着像として定着させている。
定着手段には様々な方式が提案されているが、トナー像を加熱・加圧して定着させる熱圧定着方式の定着装置が一般に用いられている。この定着装置は、加熱手段で加熱される加熱回転体(定着ローラ、定着フィルムなど)と、これと圧接して定着ニップ部を形成する加圧回転体(加圧ローラ、加圧ベルトなど)を有している。
【0003】
そして、この両回転体を回転させ、定着ニップ部に未定着トナー像を担持させた記録材を導入して挟持搬送させることで、トナー像を加熱回転体の熱とニップ圧で記録材面に熱圧定着させるものである。
【0004】
このような定着装置においては、装置に通紙可能な最大幅を有する最大サイズ記録材よりも幅が小さい小サイズ記録材を連続的に通紙して定着を実行させた場合に、加熱回転体の非通紙域(記録材搬送領域外)の表面の温度が過度に上昇する。これは、小サイズ記録材を連続的に通紙すると、定着ニップ部の記録材の通過しない非通紙域では記録材によって奪われる熱が無い分だけ、部分的に蓄熱されるためである。
【0005】
この現象は、定着装置の端部昇温あるいは非通紙部昇温と称され、この端部昇温が過剰になると、定着不良の発生や装置構成部品の熱劣化につながる。
【0006】
小サイズ記録材の連続通紙時の端部昇温を抑えるために定着装置の非通紙域を冷却風によって冷却する構成が、例えば特許文献1や2に提案されている。
【0007】
特許文献1に記載の技術は、定着装置に配置した冷却ファンから前記非通紙域側に、冷却風を選択的に送風している。
【0008】
特許文献2に記載の技術は、定着装置の非通紙部に送風して冷却するためのファンを有し、その冷却ファンの送風領域を、シャッターを移動させることで記録材の幅に応じて調整可能な画像形成装置が開示されている。冷却ファンは、定着フィルムもしくはヒータの非通紙部のうち送風可能な領域に設けられた温度検知部材の検知温度に応じて制御される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0009】
特開平4-51179号公報
特開2013-134421号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
図1は、軸流ファンを用いて定着フィルムを冷却する冷却構成を示す図である。定着フィルムの両端部を冷却する開口部があり、この開口部に軸流ファンにより送風することで定着フィルムの両端部を冷却する構成となっている。ここで、図2(a)、(b)に、図1で示す測定位置における定着フィルム両端部に送風される風量を示す。軸流ファンからの風はダクトを介して開口部に送風しているが、整流されて風ではないため、開口部での風量が長手で異なってしまう。それにより、前側の開口部においては定着フィルム中央側の風量が多く冷えやすく、奥側の開口部においては定着フィルム奥側の風量が多く冷えやすくなる。そのため、図3に示すように、A4Rを100枚通紙した際の長手温度分布をみると、前奥で非通紙部領域での冷却ムラが発生し、通紙域の手前側が温度低いことによる低温オフセット、通紙域の奥側で温度が高いことによるホットオフセットが発生する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
4日前
キヤノン株式会社
トナー
11日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
20日前
キヤノン電子株式会社
羽根駆動装置
4日前
株式会社リコー
画像投影装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
20日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
ブラザー工業株式会社
定着装置
17日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
17日前
キヤノン株式会社
トナー
19日前
キヤノン株式会社
定着器
25日前
花王株式会社
液体現像剤
24日前
花王株式会社
液体現像剤
24日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
シャープ株式会社
画像形成装置
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
11日前
花王株式会社
液体現像剤
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
5日前
キヤノン株式会社
撮像装置
20日前
株式会社ミツトヨ
固定装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
25日前
キヤノン株式会社
アクセサリ装置
27日前
キヤノン株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
現像装置
13日前
三洋化成工業株式会社
トナーの製造方法
10日前
キヤノン株式会社
定着装置
13日前
続きを見る