TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022066948
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-05-02
出願番号2020175571
出願日2020-10-19
発明の名称定着装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/20 20060101AFI20220422BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】 ベルト内部に潤滑剤を塗布する定着装置において、潤滑剤がベルト端部から漏れ出し、定着や加圧部材の表面および記録材を汚染するという問題がある。
【解決手段】 端部フランジの内側に、定着フィルム内面とフィルム内部部材が当接しない領域を設けることで、フィルム端部の潤滑剤のはみ出し汚れを抑制する。
【選択図】 図5
特許請求の範囲【請求項1】
無端状で回転する定着部材と、
前記定着部材と互いに圧接させて回転駆動する加圧部材と、
前記定着部材の内部に接触し、前記定着部材を挟んで前記加圧ローラとニップ部を形成するニップ形成部材と、
前記定着部材の端面および内面に接触し、前記定着部材の軌道を規制する規制部材と、
前記定着部材と前記ニップ形成部材の接触部に塗布される潤滑剤と、
を有し、
前記定着部材が回転した際に、前記定着部材の内周面に、前記ニップ形成部材および前記規制部材が接触しない領域が存在することを特徴とする定着装置。
続きを表示(約 94 文字)【請求項2】
前記定着部材の内周面に、前記ニップ形成部材および前記規制部材が接触しない領域は、前記定着部材の長手両端部に存在することを特徴とする請求項1に記載の定着装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、複合機、複写機、プリンタ、ファックス等の記録材上に画像形成可能な電子写真方式の加熱定着装置および画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
未定着トナー画像を加熱溶融定着する定着装置として、内部にヒータを有する定着ローラに加圧ローラを圧接してニップを形成し、定着を行うローラ定着方式が一般的である。
【0003】
近年、ベルトを介して記録材上の未定着トナー画像を定着するベルト定着方式が盛んに用いられるようになっている。ベルト定着方式は、ローラ定着方式に比べ、装置を大型化することなく広いニップを形成することができるので、ウエイトタイム短縮、装置の小型化、高速化対応が可能である。
【0004】
特許文献1のようなベルト加熱方式の定着装置が実用化されている。ステイホルダと、加圧部材としての加圧ローラとの間に、誘導コイルで加熱された耐熱性樹脂ベルト(以下、定着ベルトと記す)を挟ませて圧接ニップ部(以下、定着ニップ部と記す)を形成させ、該定着ニップ部の定着ベルトと加圧ローラとの間に未定着トナー画像を形成担持させた記録材を導入して定着ベルトと一緒に挟持搬送させることで、定着ニップ部の熱と加圧力で未定着トナー画像を記録材面に定着させるものである。
【0005】
また、ベルト定着方式として、内部に加熱源を有する定着ローラと加圧部材として加圧ベルトから構成される定着装置も実用化されている。
【0006】
このような定着装置の場合、ベルトの内面とベルト内面と摺擦する部材との間には耐熱性の摺動グリスやオイル等の潤滑剤が塗布されており、ベルトの摺動性を保っている。このような方式においては、長期使用時に潤滑剤がベルト端部から漏れ出し、定着部材や加圧部材表面および記録材を汚染するという問題がある。
【0007】
特許文献2では、定着ベルト端部から潤滑剤が漏れ出す問題に対して、定着ベルト軌道のガイド部材(以下、定着フランジと記す)の外周面や定着ベルトの内周面に溝を設けることで漏れ出しを抑制している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0008】
特開2013-190535号公報
特開2002-357968号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
ところで、特許文献2に記載されているような定着フランジの外周面や定着ベルト内面に溝を設けた場合は、少量の潤滑剤であれば定着ベルト端部からの漏れ出しの抑制が可能である。しかしながら、長期に使用される場合や潤滑剤の量が多い場合においては、溝部で潤滑剤をせき止めきれずに、定着ベルト端部から漏れ出してしまうという問題が発生する。
【0010】
そこで、本発明の目的は、潤滑剤量にかかわらず長期に亘って、ベルト端部からの潤滑剤の漏れ出しを抑制することができる画像の定着装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
3日前
キヤノン株式会社
トナー
3日前
キヤノン株式会社
トナー
3日前
キヤノン株式会社
撮像装置
4日前
キヤノン株式会社
電子機器
1日前
キヤノン株式会社
電子機器
3日前
キヤノン株式会社
投影装置
3日前
キヤノン株式会社
撮像装置
2日前
キヤノン株式会社
搬送ハンド
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2日前
キヤノン株式会社
光学走査装置
3日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
3日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
3日前
キヤノン株式会社
視線検出装置
2日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
3日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
3日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2日前
キヤノン株式会社
液体吐出装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2日前
キヤノン株式会社
液体吐出装置
1日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
3日前
キヤノン株式会社
トナー製造方法
3日前
キヤノン株式会社
カメラシステム
4日前
キヤノン株式会社
トナー製造方法
3日前
キヤノン株式会社
放射線撮影装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成システム
3日前
キヤノン株式会社
トナーの製造方法
5日前
キヤノン株式会社
光学系及び面分光装置
3日前
キヤノン株式会社
光学系および表示装置
4日前
キヤノン株式会社
光学機器および生成方法
4日前
続きを見る