TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022064637
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-04-26
出願番号2020173372
出願日2020-10-14
発明の名称ケア支援システム
出願人株式会社シェルパ
代理人個人
主分類G06Q 50/22 20180101AFI20220419BHJP(計算;計数)
要約【課題】 経験が少ないケア実施者であってもケア対象者の希望を実現するためのケアプランの作成又はケアの実施を行うことができるケア支援システムを提供する。
【解決手段】 ケア支援装置100は、ケア対象者の基礎情報を入力し、入力した基礎情報に対応する希望の推奨候補を表示し、表示した希望からいずれかを入力し、入力した希望を実現するための目標の候補を表示し、表示した目標からいずれかを入力し、入力した目標を達成する上での1又は複数の課題を表示し、表示した課題からいずれかを入力し、入力した課題を解決するために必要な1又は複数の実施事項を表示し、表示した実施事項からいずれかを入力し、ケア対象者の氏名、入力した希望、目標、課題及び実施事項を含むケア管理情報を記憶装置42に登録する。そして、記憶装置42のケア管理情報に基づいて、ケア対象者ごとに、氏名、希望、目標、課題及び実施事項を表示する。
【選択図】 図10
特許請求の範囲【請求項1】
ケア実施者がケア対象者をケアすることを支援するケア支援システムであって、
第1ケア対象者の属性を示す対象者属性情報を取得する属性情報取得手段と、
前記ケア対象者の1又は複数の希望を示す希望情報を、当該ケア対象者の属性と対応付けて記憶する希望情報記憶手段から、前記属性情報取得手段で取得した対象者属性情報に基づいて、前記第1ケア対象者と同一の又は所定関係を有する属性に対応する1又は複数の前記希望情報を取得し、取得した希望情報に基づいて、前記第1ケア対象者について推奨される1又は複数の希望を提示する推奨希望提示手段と、
前記推奨希望提示手段で提示した希望からいずれかを入力する希望入力手段と、
前記第1ケア対象者を識別するための識別情報を入力する識別情報入力手段と、
前記識別情報入力手段で入力した識別情報及び前記希望入力手段で入力した希望を含むケア管理情報をケア管理情報記憶手段に登録するケア管理情報登録手段と、
前記ケア管理情報記憶手段のケア管理情報に基づいて、前記ケア対象者ごとに、前記識別情報及び前記希望を提示するケア管理情報提示手段と、を備えることを特徴とするケア支援システム。
続きを表示(約 2,800 文字)【請求項2】
請求項1において、
前記ケア対象者の希望と対応づけて、当該希望を実現するための1又は複数の目標を示す目標情報を記憶する目標情報記憶手段の前記目標情報に基づいて、前記希望入力手段で入力した希望を実現するための1又は複数の目標を提示する目標提示手段と、
前記目標提示手段で提示した目標からいずれかを入力する目標入力手段と、
前記目標情報に係る目標と対応づけて、当該目標を達成する上での1又は複数の課題を示す課題情報を記憶する課題情報記憶手段の課題情報に基づいて、前記目標入力手段で入力した目標を達成する上での1又は複数の課題を提示する課題提示手段と、
前記課題提示手段で提示した課題からいずれかを入力する課題入力手段と、を備え、
前記ケア管理情報登録手段は、前記目標入力手段で入力した目標及び前記課題入力手段で入力した課題をさらに含む前記ケア管理情報をケア管理情報記憶手段に登録し、
ケア管理情報提示手段は、前記ケア管理情報記憶手段のケア管理情報に基づいて、前記ケア対象者ごとに、前記目標及び前記課題をさらに提示することを特徴とするケア支援システム。
【請求項3】
請求項1において、
前記ケア対象者の希望と対応づけて、当該希望を実現するための1又は複数の目標を示す目標情報を記憶する目標情報記憶手段の前記目標情報に基づいて、前記希望入力手段で入力した希望を実現するための1又は複数の目標を提示する目標提示手段と、
前記目標提示手段で提示した目標からいずれかを入力する目標入力手段と、
前記目標情報に係る目標と対応づけて、当該目標を達成するために必要な1又は複数の実施事項を示す実施事項情報を記憶する実施事項情報記憶手段の前記実施事項情報に基づいて、前記目標入力手段で入力した目標を達成するために必要な1又は複数の実施事項を提示する実施事項提示手段と、
前記実施事項提示手段で提示した実施事項からいずれかを入力する実施事項入力手段と、を備え、
前記ケア管理情報登録手段は、前記目標入力手段で入力した目標及び前記実施事項入力手段で入力した実施事項をさらに含む前記ケア管理情報をケア管理情報記憶手段に登録し、
前記ケア管理情報提示手段は、前記ケア管理情報記憶手段のケア管理情報に基づいて、前記ケア対象者ごとに、前記目標及び前記実施事項をさらに提示することを特徴とするケア支援システム。
【請求項4】
請求項3において、
前記目標情報に係る目標と対応づけて、当該目標を達成する上での1又は複数の課題を示す課題情報を記憶する課題情報記憶手段の前記課題情報に基づいて、前記目標入力手段で入力した目標を達成する上での1又は複数の課題を提示する課題提示手段と、
前記課題提示手段で提示した課題からいずれかを入力する課題入力手段とを備え、
前記ケア管理情報登録手段は、前記課題入力手段で入力した課題をさらに含む前記ケア管理情報を前記ケア管理情報記憶手段に登録し、
前記ケア管理情報提示手段は、前記ケア管理情報記憶手段のケア管理情報に基づいて、前記ケア対象者ごとに、前記課題をさらに提示することを特徴とするケア支援システム。
【請求項5】
請求項1において、
前記希望と対応づけて、当該希望を実現するための目標を達成する上での1又は複数の課題を示す課題情報を記憶する課題情報記憶手段の前記課題情報に基づいて、前記希望入力手段で入力した希望を実現するための目標を達成する上での1又は複数の課題を提示する課題提示手段と、
前記課題提示手段で提示した課題からいずれかを入力する課題入力手段と、
前記希望と対応づけて、当該希望を実現するための目標を達成するために必要な1又は複数の実施事項を示す実施事項情報を記憶する実施事項情報記憶手段の前記実施事項情報に基づいて、前記希望入力手段で入力した希望を実現するための目標を達成するために必要な1又は複数の実施事項を提示する実施事項提示手段と、
前記実施事項提示手段で提示した実施事項からいずれかを入力する実施事項入力手段と、を備え、
前記ケア管理情報登録手段は、前記課題入力手段で入力した課題及び前記実施事項入力手段で入力した実施事項をさらに含む前記ケア管理情報をケア管理情報記憶手段に登録し、
前記ケア管理情報提示手段は、前記ケア管理情報記憶手段のケア管理情報に基づいて、前記ケア対象者ごとに、前記課題及び前記実施事項をさらに提示することを特徴とするケア支援システム。
【請求項6】
請求項1乃至5のいずれか1項において、
前記対象者属性情報は、前記第1ケア対象者の性別、年齢、血液型、要介護度、居住環境、病名、認知機能の程度、認知機能に係る症状の詳細、身体レベル、排泄の状況、食事の状況、経済レベル及び薬剤の使用状況の情報のうちいずれか1又は複数を含むことを特徴とするケア支援システム。
【請求項7】
請求項6において、
前記対象者属性情報は、前記第1ケア対象者の要介護度、居住環境、病名、認知機能の程度、認知機能に係る症状の詳細、身体レベル、排泄の状況、食事の状況、経済レベル及び薬剤の使用状況の情報のうち、当該対象者属性情報に含まれるいずれか1又は複数を前記第1ケア対象者の自立度として数値化した数値情報を含み、
前記希望情報記憶手段は、前記ケア対象者の1又は複数の希望を示す希望情報を、当該ケア対象者の前記数値情報に基づく情報と対応付けて記憶し、
前記推奨希望提示手段は、前記属性情報取得手段で取得した前記第1ケア対象者の対象者属性情報に含まれる前記数値情報に基づいて、当該数値情報に基づく情報と同一の情報又は所定関係を有する情報に対応する1又は複数の前記希望情報を取得し、取得した希望情報に基づいて、前記第1ケア対象者について推奨される1又は複数の希望を提示することを特徴とするケア支援システム。
【請求項8】
ケア実施者がケア対象者をケアすることを支援するケア支援システムであって、
ケア対象者の属性を示す対象者属性情報を入力する属性情報入力手段と、
前記ケア対象者の属性と当該ケア対象者の希望とが対応付けられた学習情報に基づいて学習を行った学習済みモデルを用いて、前記属性情報入力手段で入力した前記対象者属性情報から、当該学習済みモデルの学習の基となった1又は複数の前記希望を推定する推定手段と、
前記推定手段で推定した1又は複数の希望を提示する提示手段と、を備えることを特徴とするケア支援システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ケア実施者がケア対象者をケアすることを支援するシステムに係り、特に、経験が少ないケア実施者であってもケア対象者の希望を実現するためのケアプランの作成又はケアの実施を行うことができるケア支援システムに関する。
続きを表示(約 2,700 文字)【背景技術】
【0002】
従来、ケアマネージャ等のケア実施者が高齢者等のケア対象者をケアすることを支援する技術としては、例えば、特許文献1記載の技術が知られている。
特許文献1記載の技術は、組み合わせマスタと、問題点特定条件マスタと、問題点特定マスタとを予め登録しておき、ケア対象者個人のフェースシートとアセスメントテーブルを作成し、問題点特定条件マスタ上の判定期間と判定条件に該当するアセスメント値をアセスメントテーブルから取り出し、そのアセスメント値に該当する問題条件の問題点コードを組み合わせマスタから取り出し、その問題点コードに該当する問題領域と問題点項目と重みとケア目標と問題点とを問題点特定マスタの内容から特定して、順次作表するという順序で処理を行うように構成されている。これにより、いつでも必要のある時にアセスメント表の作成をすることができ、問題領域・問題点・ケースを特定し、ケアプランの作成をすることができるというものである。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平10-334147号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1記載の技術にあっては、ケア実施者側が設定した問題点や目標をもとにケアプランが作成されるので、ケア実施の結果がケア対象者の希望に沿わないこともあった。例えば、施設で生活するのではなく家に帰りたいという希望がケア対象者にある場合、理想的には、その希望が実現できるようにケアプランが作成されるべきところ、特許文献1〔0016〕~〔0019〕に記載されているようにケア対象者の身体機能やその問題にだけ着目して画一的なケアプランを作成しては希望の実現から遠のくし、ケア対象者やその家族の満足度が低下することにつながってしまう。
【0005】
一方で、そうはいっても、ケア対象者の希望を実現するためのケアプランを作成するには、上記のとおり単純に身体機能やその問題だけに着目すればよいものではなく、ケア実施者に豊富な経験が必要とされることから、経験が少ないケア実施者では作成が難しい。
そこで、本発明は、このような従来の技術の有する未解決の課題に着目してなされたものであって、経験が少ないケア実施者であってもケア対象者の希望を実現するためのケアプランの作成又はケアの実施を行うことができるケア支援システムを提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
〔発明1〕 上記目的を達成するために、発明1のケア支援システムは、ケア実施者がケア対象者をケアすることを支援するケア支援システムであって、第1ケア対象者の属性を示す対象者属性情報を取得する属性情報取得手段と、前記ケア対象者の1又は複数の希望を示す希望情報を、当該ケア対象者の属性と対応付けて記憶する希望情報記憶手段から、前記属性情報取得手段で取得した対象者属性情報に基づいて、前記第1ケア対象者と同一の又は所定関係を有する属性に対応する1又は複数の前記希望情報を取得し、取得した希望情報に基づいて、前記第1ケア対象者について推奨される1又は複数の希望を提示する推奨希望提示手段と、前記推奨希望提示手段で提示した希望からいずれかを入力する希望入力手段と、前記第1ケア対象者を識別するための識別情報を入力する識別情報入力手段と、前記識別情報入力手段で入力した識別情報及び前記希望入力手段で入力した希望を含むケア管理情報をケア管理情報記憶手段に登録するケア管理情報登録手段と、前記ケア管理情報記憶手段のケア管理情報に基づいて、前記ケア対象者ごとに、前記識別情報及び前記希望を提示するケア管理情報提示手段とを備える。
【0007】
ここで、希望情報記憶手段は、希望情報をあらゆる手段で且つあらゆる時期に記憶するものであり、希望情報を予め記憶してあるものであってもよいし、希望情報を予め記憶することなく、本システムの動作時に外部からの入力等によって希望情報を記憶するようになっていてもよい。このことは他の記憶手段についても同様である。
【0008】
また、希望情報を属性と対応づけて記憶することとしては、例えば、(1)希望情報及び属性を同一のレコードに登録するなど直接対応づけて記憶すること、(2)希望情報及び中間情報を対応づけて登録するテーブルと、属性及び中間情報を対応づけて登録するテーブルを設けるなど、中間に1又は複数の情報を介して記憶することが含まれる。すなわち、属性から希望情報を辿ることができる態様であれば、あらゆるデータ構造を採用することができる。以下、情報を対応づけて記憶する概念については同様である。
【0009】
また、本システムは、単一の装置、端末その他の機器として実現するようにしてもよいし、複数の装置、端末その他の機器を通信可能に接続したネットワークシステムとして実現するようにしてもよい。後者の場合、各構成要素は、それぞれ通信可能に接続されていれば、複数の機器等のうちいずれに属していてもよい。以下、発明2、3及び5のケア支援システムにおいて同じである。
【0010】
〔発明2〕 さらに、発明2のケア支援システムは、発明1のケア支援システムにおいて、前記ケア対象者の希望と対応づけて、当該希望を実現するための1又は複数の目標を示す目標情報を記憶する目標情報記憶手段の前記目標情報に基づいて、前記希望入力手段で入力した希望を実現するための1又は複数の目標を提示する目標提示手段と、前記目標提示手段で提示した目標からいずれかを入力する目標入力手段と、前記目標情報に係る目標と対応づけて、当該目標を達成する上での1又は複数の課題を示す課題情報を記憶する課題情報記憶手段の課題情報に基づいて、前記目標入力手段で入力した目標を達成する上での1又は複数の課題を提示する課題提示手段と、前記課題提示手段で提示した課題からいずれかを入力する課題入力手段と、を備え、前記ケア管理情報登録手段は、前記目標入力手段で入力した目標及び前記課題入力手段で入力した課題をさらに含むケア管理情報をケア管理情報記憶手段に登録し、ケア管理情報提示手段は、前記ケア管理情報記憶手段のケア管理情報に基づいて、前記ケア対象者ごとに、前記目標及び前記課題をさらに提示する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社理研
演算装置
12日前
日本精機株式会社
車載表示装置
2日前
凸版印刷株式会社
メタルカード
5日前
個人
結婚活動支援システム
10日前
株式会社ノーリツ
給湯装置
3日前
凸版印刷株式会社
非接触通信ICシート
2日前
オグラ金属株式会社
食品カウンタ装置
4日前
中国電力株式会社
業務時間管理システム
6日前
沖電気工業株式会社
制御装置
12日前
NISSHA株式会社
静電容量方式の圧力センサ
10日前
ソプラ株式会社
メタデータ抽出プログラム
6日前
三菱電機株式会社
品質状況可視化装置
5日前
富士通株式会社
集計プログラム及び集計方法
12日前
富士通コンポーネント株式会社
タッチパネル
11日前
個人
管理サーバおよび訃報自動送信システム
9日前
富士通株式会社
計算機および計算方法
2日前
株式会社オープンロジ
事故情報共有システム
12日前
個人
紙葉類計数装置及び紙葉類計数システム
5日前
弁護士トーク株式会社
料金管理システム
3日前
株式会社コムテック
ホルダ
3日前
東京瓦斯株式会社
処理装置、プログラム
11日前
株式会社新星流通サービス
混載輸送支援システム
4日前
理想科学工業株式会社
印刷制御装置
6日前
テクマトリックス株式会社
コメント投稿システム
2日前
デジタルバード株式会社
ギフト資産管理システム
12日前
トヨタ自動車株式会社
車両情報提供システム
5日前
株式会社コンフォール
宿泊施設の客室管理システム
4日前
大日本印刷株式会社
真贋判定装置およびプログラム
9日前
大日本印刷株式会社
真贋判定装置およびプログラム
9日前
富士電機株式会社
制御装置およびその保守支援装置
9日前
富士通株式会社
情報処理装置および制御方法
12日前
トヨタ自動車株式会社
部品交換支援システム
3日前
株式会社日立製作所
リザーバー計算機
6日前
日本カード製造株式会社
デジタル学生証変換システム
4日前
富士通株式会社
演算処理回路及び演算処理方法
6日前
個人
文字入力方法、文字入力プログラム、及び文字入力装置
6日前
続きを見る