TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022063191
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-04-21
出願番号2020180019
出願日2020-10-09
発明の名称防災テント幕
出願人岸工業株式会社
代理人
主分類E04H 15/02 20060101AFI20220414BHJP(建築物)
要約【課題】 従来技術は、生地及びフレームを含み、四方側面及び上面を有するもので、自立式であり、強度的に考えれば、余り大きいものには不向きと思われる。また、気室に空気を注入し膨張させて基部を形成するもので、空気を入れる機具や電気が必要となり、災害時には使用できない場合がある。
【解決手段】 上面を開放した有底箱状のテント本体の少なくとも四隅及び上外周面に固定部を設けてなることを特徴とする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
上面を開放した有底箱状のテント本体の少なくとも四隅及び上外周面に固定部を設けてなることを特徴とする防災テント幕。
続きを表示(約 420 文字)【請求項2】
前記テント本体の四方側面の側幕に出入口や窓を設けてなることを特徴とする請求項1記載の防災テント幕。
【請求項3】
前記出入口の下端は、側幕下端より上方に位置させることを特徴とする請求項1又は2記載の防災テント幕。
【請求項4】
前記固定部が、紐であることを特徴とする請求項1、2又は3記載の防災テント幕。
【請求項5】
前記防災テント幕は、一般の屋形テントの各柱や桁に着脱自在に取り付けることを特徴とする請求項1、2、3又は4記載の防災テント幕。
【請求項6】
前記防災テント幕は、カーポート等に着脱自在に取り付けることを特徴とする請求項1、2、3又は4記載の防災テント幕。
【請求項7】
前記防災テント幕は、単管をクランプにて立体的に組み立てた柱や桁に着脱自在に取り付けることを特徴とする請求項1、2、3又は4記載の防災テント幕。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、災害時における既存の屋形テント内に取り付けて使用する防災テント幕に関するものである。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来の技術としては、生地およびフレームを含み、四方側面および上面を有する、折り畳み可能かつ展開可能なテントであって、四方側面および上面のうち少なくともいずれかに引手を備えているものがある。(特許文献1参照)
【0003】
また、別の従来技術として、災害用テントを、環状の気室と、この気室に接合された床布とを少なくとも有する基部と、基部に着脱自在に設けられる天幕と、天幕を支持するための支柱とを備え、床布の接地側、および気室の少なくとも接地側の外側壁を被覆する補強布を備えたものとし、気室に空気を注入し膨張させて基部を形成し、この基部に支柱で支持された天幕を設けて迅速に使用状態とすることができ、また、空気を抜いてコンパクトに折り畳み可能としたものがある。(特許文献2参照)
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2015-218441号公報
特開2017-25564号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
前者従来技術は、生地及びフレームを含み、四方側面及び上面を有するもので、自立式であり、強度的に考えれば、余り大きいものには不向きと思われる。
【0006】
後者従来技術は、気室に空気を注入し膨張させて基部を形成するもので、空気を入れる機具や電気が必要となり、災害時には使用できない場合がある。
【0007】
本発明は、上記の問題点を解決するもので、既存の屋形テントを利用し、この内側に防災テントを取り付けるのみで、災害時に早対応できる防災テントを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明は、上記目的を達成するために、上面を開放した有底箱状のテント本体の少なくとも四隅及び上外周面に固定部を設けてなること。前記テント本体の四方側面の側幕に出入口や窓を設けてなること。前記出入口の下端は、側幕下端より上方に位置させること。前記固定部が、紐であること。前記防災テントは、一般の屋形テントの各柱や桁に着脱自在に取り付けること。前記防災テントは、カーポート等に着脱自在に取り付けること。前記防災テントは、単管をクランプにて立体的に組み立てた柱や桁に着脱自在に取り付けることを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
1)、一般に使用(保有)されている屋形テントの内側に、有底箱状のテント本体を着脱自在に取り付けることができるため、専用のテントを必要とせず、また、専用の工具も必要とせず、雨や風を防ぎ使用できる。
2)、四方側面の側幕に出入口や窓を設けることにより、快適に使用できる。
3)、出入口の下端を接地面をより適宜上方に位置せることにより、接地面に水が浸入してもテント本体内に水が入ることはない。
4)、固定具を紐にすることにより誰でも簡単に桁や各柱に結んで取り付けることができる。
5)、カーポートの屋根に着脱自在に取り付けられるため、自宅にカーポートがあれば有効である。
6)、単管とクランプにより柱や桁を避難所(建物)内に仮設することにより、プライバシー等を守ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明の第1実施例を示す防災テント幕の縦断面図。
本発明の第1実施例を示す防災テント幕の平面図。
本発明の第1実施例を示す防災テント幕の第1使用状態図。
本発明の第1実施例を示す防災テント幕の第2使用状態図。
本発明の第1実施例を示す防災テント幕の第3使用状態図。
【発明を実施するための形態】
【実施例】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
住宅
2日前
個人
壁面材ホルダー
5日前
積水樹脂株式会社
19日前
積水樹脂株式会社
19日前
積水樹脂株式会社
19日前
積水樹脂株式会社
25日前
個人
免震構造物
1か月前
株式会社カナメ
屋根材
2か月前
個人
タイヤ止め
2か月前
個人
自動浸水防止装置
1か月前
個人
骨壺保管装置
3日前
ベック株式会社
化粧方法
1か月前
個人
フロアフレーム
2か月前
個人
外窓障子着脱補助器具
2か月前
株式会社岩や
壁パネル
2か月前
個人
猫の排泄物臭気軽減装置
1か月前
岸工業株式会社
防災テント幕
2か月前
積水ハウス株式会社
住宅
16日前
積水ハウス株式会社
住宅
2か月前
積水ハウス株式会社
住宅
1か月前
大成建設株式会社
免震構造
26日前
積水成型工業株式会社
畳表
12日前
株式会社熊谷組
木質耐火梁
2か月前
アイジー工業株式会社
スターター
9日前
株式会社竹中工務店
建物構造
2か月前
個人
太陽光発電パネル設置台
2日前
株式会社竹中工務店
建物構造
4日前
サンリット工営株式会社
手摺
1日前
株式会社高橋監理
シート型止水装置
2か月前
個人
木造住宅の新たな通気屋根工法
2か月前
株式会社勢和
移動式簡易住宅
1か月前
株式会社オメガ
物体等の収容構造物
2か月前
株式会社竹中工務店
制振構造
2か月前
世良鉄工株式会社
建築用支材
1か月前
個人
飛沫防止間仕切り具
11日前
東亜工業株式会社
ユニット建物
8日前
続きを見る