TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022062965
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-04-21
出願番号2020171201
出願日2020-10-09
発明の名称通信装置
出願人株式会社デンソー
代理人弁理士法人サトー
主分類H04L 13/00 20060101AFI20220414BHJP(電気通信技術)
要約【課題】自ノードの低消費電力状態を極力維持しつつ、他ノードの通信スケジュール等への悪影響を抑制できるようにした通信装置を提供する。
【解決手段】 主制御部は、起動完了した後に他ノードとの間で通信制御可能になっている(S1、S2)。副制御部は、通信バスに送出されるフレームの検出結果に基づいて自ノードに関係するIDを含む通信か否か識別する(S6)。副制御部は、自ノードに関係する通信が行われていない場合に主制御部をスタンバイ状態で維持する。副制御部20は、自ノードに関係する通信が行われた場合に主制御部10をスタンバイ状態から起動させる(S7)と共に、主制御部10が起動完了するまでの間、自ノードに関係する通信の再送を促すように主制御部10の代わりに通信制御する(S8、S9)。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
通信バスに接続され前記通信バスに送出されるフレームに含まれるIDに基づいて自ノードに関係する通信か否かを識別する機能を備える通信装置であって、
通常動作モード及び前記通常動作モードより低消費電力で動作する低消費電力モードを備え、前記低消費電力モードから前記通常動作モードに起動完了した後に他ノードとの間で通信制御可能に構成される主制御部(10)と、
前記主制御部とは別に備えられると共に前記通信バスに送出される前記フレームの検出結果に基づいて前記自ノードに関係するIDを含む前記フレームが送出されているか否か識別し、前記自ノードに関係しない場合に前記主制御部を前記低消費電力モードで維持し、前記自ノードに関係する場合に前記主制御部を前記低消費電力モードから起動させると共に、前記主制御部が起動完了するまでの間、前記自ノードに関係する前記フレームの再送を促すように前記主制御部の代わりに通信制御する副制御部(20)と、
を備える通信装置。
続きを表示(約 1,400 文字)【請求項2】
前記副制御部は、
前記主制御部が前記低消費電力モードから起動していないときに、前記主制御部の代わりに前記通信バスに送出されるIDを途中まで監視するID途中監視部(26)と、
前記ID途中監視部により前記自ノードに関係するIDと判断されるときに当該IDを途中から調停勝ちするIDに変更して前記通信バスに送出し、前記主制御部が起動完了するまでの時間に対応するカウント値を含むデータ、又は、前記他ノードに対し前記自ノードに関する通信の再送を促すように予め定義したデータを送信する送信制御部(23)と、
を備える請求項1記載の通信装置。
【請求項3】
前記副制御部は、
前記主制御部が前記低消費電力モードから起動完了していないときに、前記主制御部の代わりに前記通信バスに送出されるIDを監視するID監視部(26)と、
前記ID監視部により自ノードに対するIDと判断されるときに、前記主制御部が起動完了するまでの時間に対応するカウント値を含むように予め定義されたデータ、又は、前記データに付加する誤り検出符号について故意にエラーを含むように設定されたデータを送信する送信制御部(23)と、
を備える請求項1記載の通信装置。
【請求項4】
前記副制御部は、
前記主制御部が前記低消費電力モードから起動完了していないときに、前記主制御部の代わりに前記通信バスに送出されるIDを監視するID監視部(26)と、
前記ID監視部により自ノードに対するIDと判断されるときに、IDパリティエラー、又はビットエラー等の所定のエラーを生じるように前記通信バスを駆動するエラー駆動部(31)と、
を備える請求項1記載の通信装置。
【請求項5】
前記自ノードに対するIDと判断したタイミングから予め設定した時間を経過した場合に前記主制御部が起動完了したと判定する起動完了判定部(22)を備える請求項1から4の何れか一項に記載の通信装置。
【請求項6】
前記主制御部が出力する出力信号を用いて前記主制御部が起動完了したか否かを判定する起動完了判定部(22)を備える請求項1から4の何れか一項に記載の通信装置。
【請求項7】
前記主制御部から送信信号として出力される、前記通信バスで規定されたパルスを用いて前記主制御部が起動完了したか否かを判定する起動完了判定部(22)を備える請求項1から4の何れか一項に記載の通信装置。
【請求項8】
前記主制御部の出力信号を用いて前記主制御部が起動シーケンス実行中と判定したタイミングから、予め設定された時間を経過した場合に前記主制御部が起動完了したと判定する起動完了判定部(22)を備える請求項1から4の何れか一項に記載の通信装置。
【請求項9】
前記通信バスのバスクロック、又は、前記バスクロックを分周したクロックを、前記主制御部が起動開始するタイミングから起動完了タイミングまでの測定に用いる請求項1から8の何れか一項に記載の通信装置。
【請求項10】
前記自ノードに対するIDを判断するための情報、及び、前記主制御部が起動完了するまでの間に送信するデータを外部から設定可能にしている請求項1から9の何れか一項に記載の通信装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、通信装置に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
車両内には多数のECU(Electronic Control Unit)が装備されており、これらのECUが通信しながら車両内に設置された様々なセンサ及びアクチュエータを電子制御している。これにより車両の安全性を保っている。
【0003】
従来より、通信処理技術は様々に提案されている(例えば、特許文献1~3参照)。特許文献1記載のシステムによれば、ECUが同一の通信バスに接続されている場合、動作を必要とするECUのみの電源を投入しており、これにより、通信時の消費電流を低減している。
【0004】
しかし、この方法では、通信装置とは別に電源を制御する必要があり、電源供給されていないECUからスイッチ入力などのイベント発生の通知ができないという問題があり、スイッチ入力などのイベント発生を通知するためには通信装置を起動する必要があった。
【0005】
また特許文献2、3記載のシステムによれば、ウェイクアップ用のパルスやパターンを複数種類用意することで、特定の1又は複数のECU群をウェイクアップさせることで消費電流を低減している。
【0006】
しかし、この方法では、ウェイクアップ用のパルス幅やパターンをECU群毎に予め定義する必要があり、クロックの精度等によりグループ分けの数が制限される。また、一部のECUがウェイクアップしている状態から、全てのECUをウェイクアップさせる場合、一旦、他の通信を止め、ウェイクアップパルス等を送信する必要がある。このため、各通信ノードの通信スケジュール等に悪影響を引き起こしてしまう。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
特開2015-081021号公報
特表2005-529517号公報
特開2013-062725号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、自ノードの低消費電力状態を極力維持しつつ、他ノードの通信スケジュール等への悪影響を抑制できるようにした通信装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記目的を達成するために、請求項1記載の発明は、通信バスに接続され通信バスに送出されるフレームに含まれるIDに基づいて自ノードに関係する通信か否かを識別する機能を備える通信装置を対象としている。主制御部は、起動完了した後に他ノードとの間で通信制御可能に構成されている。
【0010】
副制御部は、主制御部とは別に備えられると共に通信バスに送出されるフレームの検出結果に基づいて自ノードに関係するIDを含む通信か否か識別しており、自ノードに関係する通信が行われていない場合に主制御部を低消費電力モードで維持する。このため、通信バス上で自ノードに関係しないIDを含む通信が行われている場合には、主制御部を低消費電力状態に維持できる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社デンソー
送風装置
1日前
株式会社デンソー
表示装置
今日
株式会社デンソー
ガスセンサ
今日
株式会社デンソー
アンテナ装置
今日
株式会社デンソー
アクセル装置
今日
株式会社デンソー
電池監視装置
2日前
株式会社デンソー
電池監視装置
2日前
株式会社デンソー
エンジン制御装置
2日前
株式会社デンソー
情報収集端末装置
2日前
株式会社デンソー
基地局及びユーザ機器
2日前
株式会社デンソー
燃料噴射制御システム
今日
株式会社デンソーテン
調合装置および調合方法
今日
株式会社デンソー
内燃機関用のスパークプラグ
1日前
株式会社SOKEN
遠心送風機
1日前
株式会社SOKEN
回転電機の制御装置
1日前
株式会社デンソー
微小振動体の位置決め構造、慣性センサの製造方法
1日前
株式会社デンソーウェーブ
ロボットシステム用の操作端末及び情報表示システム
1日前
株式会社豊田中央研究所
バンク角算出装置および車両
2日前
株式会社デンソー
モータ
1日前
株式会社デンソー
回転電機
3日前
株式会社デンソーテン
調合装置
今日
株式会社SOKEN
車両側ユニット及び位置関係特定システム
今日
株式会社豊田中央研究所
メタン製造装置
1日前
株式会社デンソー
カメラモジュール
3日前
株式会社デンソーテン
調合装置および制御装置
今日
株式会社デンソー
カメラシステムおよびイベント記録システム
1日前
株式会社豊田中央研究所
ガス分離システム、および炭化水素製造システム
今日
株式会社SOKEN
運転支援システム、運転支援装置、運転支援方法、画像認識装置、及び画像認識方法
1日前
個人
遮蔽物
29日前
個人
イヤーピース
28日前
個人
スピーカ装置
18日前
個人
電子機器載置台
18日前
個人
立体映像表示装置
17日前
個人
デジタル通信方式
24日前
個人
メールアドレスホーン
1か月前
サクサ株式会社
画像処理装置
28日前
続きを見る