TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022062796
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-04-21
出願番号2020170927
出願日2020-10-09
発明の名称ポンプ装置
出願人日本電産サンキョー株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類F04D 13/06 20060101AFI20220414BHJP(液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ)
要約【課題】溶着することが容易なインペラを備えるポンプ装置を提供すること。
【解決手段】本形態のポンプ装置1において、インペラ3は、円形の第1プレート31と、第1プレート31から一方側に突出するとともに周方向に一定の間隔で配置された複数の羽根部32と、羽根部32の一方側の先端部321と当接する円形の第2プレート33とを備える。第2プレート33は、一方側を向く第1面331と、第1面331とは反対側を向く第2面335とを備える。第1面331は、外周部分に回転中心軸方向と直交する平面である平面部332を備え、第2面335は、径方向内側から径方向外側に向かって第1プレート31に近づく傾斜面である第2面側傾斜部336を備える。第2面335と先端部321とは、軸線方向において平面部332と重なる位置で溶着されている。
【選択図】図7
特許請求の範囲【請求項1】
ロータを備えたモータと、
前記ロータの回転中心軸線が延在する軸線方向の一方側に配置され、前記ロータと一体に回転する樹脂製のインペラと、
前記インペラを収容するポンプ室を区画するケースと、
を有し、
前記インペラは、円形の第1プレートと、前記第1プレートから前記一方側に向けて突出し、前記回転中心軸線を中心とする周方向の複数個所で径方向に延在する複数の羽根部と、前記複数の羽根部の前記一方側の先端部が当接する円形の第2プレートとを備え、
前記第2プレートは、前記一方側を向く第1面と、前記第1面とは反対側を向く第2面とを備え、
前記第2面では、径方向内側が径方向外側より前記一方側に位置するように斜めに傾いた第2面側傾斜部が前記回転中心軸線を中心に周方向に延在し、
前記第1面では、前記回転中心軸線と直交する平面部が前記回転中心軸線を中心に周方向に延在し、
前記第2プレートは、前記軸線方向からみたときに前記複数の羽根部と前記平面部と重なる位置で前記先端部と溶着されていることを特徴とするポンプ装置。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
請求項1に記載のポンプ装置において、
前記第1プレートの前記第2プレートとは反対側の面では、前記軸線方向からみたときに前記平面部と重なる領域に前記回転中心軸線と直交する平面が設けられていることを特徴とするポンプ装置。
【請求項3】
請求項1または2に記載のポンプ装置において、
前記複数の羽根部は、前記第1プレートと一体に形成されていることを特徴とするポンプ装置。
【請求項4】
請求項1から3までの何れか一項に記載のポンプ装置において、
前記ロータは、磁石と、前記磁石を保持する樹脂製のホルダと、を備え、
前記第1プレートは、前記ホルダの前記一方側の端部に前記ホルダと一体に設けられていることを特徴とするポンプ装置。
【請求項5】
請求項1から4までの何れか一項に記載のポンプ装置において、
前記先端部は、前記軸線方向と直交する第1部分と、前記第1部分の径方向内側または径方向外側で径方向内側が径方向外側より前記一方側に位置するように斜めに傾いた第2部分と、を備え、
前記第2プレートにおいて前記第1部分が当接する被当接部は、前記回転中心軸線と直交する面であり、
前記第1部分と前記被当接部とが溶着されていることを特徴とするポンプ装置。
【請求項6】
請求項5に記載のポンプ装置において、
前記第2面には、前記第1部分が内側に嵌る第1収容溝を含む溝が設けられ、
前記第1収容溝の底面によって前記被当接部が構成されていることを特徴とするポンプ装置。
【請求項7】
請求項6に記載のポンプ装置において、
前記溝は、前記第2部分が内側に嵌る第2収容溝を含み、
前記第2収容溝の底面は、径方向内側が径方向外側より前記一方側に位置するように斜めに傾いた面であることを特徴とするポンプ装置。
【請求項8】
請求項6または7に記載のポンプ装置において、
前記第1部分は、前記第2部分の径方向外側に設けられていることを特徴とするポンプ装置。
【請求項9】
請求項7または8に記載のポンプ装置において、
前記溝の径方向外側の端部は、前記第2プレートの外周縁まで到達していないことを特徴とするポンプ装置。
【請求項10】
請求項1から9までの何れか一項に記載のポンプ装置において、
前記第1面では、前記平面部の径方向内側または径方向外側で径方向内側が径方向外側より前記一方側に位置するように傾いた第1面側傾斜部が前記回転中心軸線を中心に周方向に延在し、
前記ケースの前記ポンプ室を区画する内壁のうち、前記インペラに前記一方側で対向する部分は、前記第1面側傾斜部に沿って傾斜した傾斜面を含むことを特徴とするポンプ装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、一対の円形プレートの間に複数の羽根部が設けられたインペラを備えたポンプ装置に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
ポンプ装置では、ポンプ室に配置されたインペラをモータで回転させる。このようなポンプ装置は、例えば特許文献1に記載されている。同文献では、ロータの回転中心軸線が延在する軸線方向の一方側に樹脂製のインペラが配置されている。より具体的には、インペラは、ロータと一体に形成された第1円盤部と、第1円盤部から一方側に突出するブレードと、ブレードの先端と当接する第2円盤部とを備える。第2円盤部において、軸線方向の一方側の面の全体、および軸線方向の他方側の面の全体が、径方向内側が径方向外側より一方側に位置するように傾斜した傾斜面からなる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-108024号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載のポンプ装置のインペラは、第2円盤部の両面の全体が傾斜面からなるため、第2円盤部とブレートとを結合させるのが容易でないという問題点がある。例えば、第2円盤部とブレートとを接着や溶着等の方法によって結合させる際には、第2円盤部をブレードに向けて押圧する必要があるが、その際、傾斜面を介して第2円盤部を押圧することになるため、第2円盤部の位置ずれ等が発生しやすい。特に、第2円盤部とブレートとを溶着によって結合させる際には、第2円盤部に対して一方側から溶着ヘッドを押し当てる必要があるため、押し付け治具等により第2円盤部を位置決めしておく必要がある。
【0005】
以上の問題点に鑑みて、本発明の課題は、第1プレートと第2プレートとを羽根部を介して容易に結合させることのできるインペラを備えるポンプ装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために、本発明に係るポンプ装置は、ロータを備えたモータと、前記ロータの回転中心軸線が延在する軸線方向の一方側に配置され、前記ロータと一体に回転する樹脂製のインペラと、前記インペラを収容するポンプ室を区画するケースと、を有し、前記インペラは、円形の第1プレートと、前記第1プレートから前記一方側に向けて突出し、前記回転中心軸線を中心とする周方向の複数個所で径方向に延在する複数の羽根部と、前記複数の羽根部の前記一方側の先端部が当接する円形の第2プレートとを備え、前記第2プレートは、前記一方側を向く第1面と、前記第1面とは反対側を向く第2面とを備え、前記第2面では、径方向内側が径方向外側より前記一方側に位置するように斜めに傾いた第2面側傾斜部が前記回転中心軸線を中心に周方向に延在し、前記第1面では、前記回転中心軸線と直交する平面部が前記回転中心軸線を中心に周方向に延在し、前記第2プレートは、前記軸線方向からみたときに前記複数の羽根部と前記平面部と重なる位置で前記先端部と溶着されていることを特徴とする。
【0007】
本発明において、インペラに用いた第2プレートの羽根部側の第2面には斜面部が設けられているが、第2プレートの羽根部とは反対側の第1面には、ロータの回転中心軸線と
直交する平面部が設けられている。このため、第2プレートと羽根部の先端部とを溶着により結合させる際、溶着装置の溶着ヘッドを平面部に押し当てて、第2プレートを羽根部に対して軸線方向に押し付けることができる。従って、第2プレートと羽根部の先端部との溶着を容易に行うことができる。
【0008】
本発明において、前記第1プレートの前記第2プレートとは反対側の面では、前記軸線方向からみたときに前記平面部と重なる領域に前記回転中心軸線と直交する平面が設けられている態様を採用することができる。かかる態様によれば、第2プレートと羽根部の先端部とを溶着する際、第1プレートの第2プレートとは反対側の面を容易に支持することができる。
【0009】
本発明において、前記複数の羽根部は、前記第1プレートと一体に形成されている態様を採用することができる。かかる態様によれば、羽根部に流体圧が加わったときでも、かかる流体圧は第1プレートの側に加わる。従って、第2プレートが羽根部から脱落しにくい。
【0010】
本発明において、前記ロータは、磁石と、前記磁石を保持する樹脂製のホルダと、を備え、前記第1プレートは、前記ホルダの前記一方側の端部に前記ホルダと一体に設けられている態様を採用することができる。かかる態様によれば、ロータと第1プレートとを一体化しやすい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

シャープ株式会社
送風機
1か月前
個人
ポンプシステムの製造方法
11日前
豊興工業株式会社
内接歯車ポンプ
5日前
豊興工業株式会社
内接歯車ポンプ
1か月前
エドワーズ株式会社
真空ポンプ
9日前
シャープ株式会社
送風装置
1か月前
株式会社不二越
電磁ポンプ
1か月前
ダイハツ工業株式会社
圧縮機
2日前
リズム株式会社
空調服用送風機の取付構造
1か月前
株式会社デンソー
ファン装置
25日前
株式会社デンソー
ファン装置
1か月前
日本電産株式会社
遠心ファンおよび電気製品
24日前
エドワーズ株式会社
真空排気システム
2か月前
株式会社山田製作所
スカベンジポンプ
3日前
エドワーズ株式会社
真空ポンプ
10日前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
1か月前
株式会社電業社機械製作所
渦流抑制装置
4日前
株式会社神戸製鋼所
圧縮機
1か月前
NTN株式会社
電動オイルポンプ
2か月前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
1か月前
株式会社島津製作所
ターボ分子ポンプ
1か月前
エドワーズ株式会社
真空ポンプ
1か月前
株式会社クボタ
運転制御方法
25日前
株式会社クボタ
流体システム
2か月前
N-EMラボラトリーズ株式会社
除菌送風機
2か月前
株式会社IHI
電動圧縮機
1か月前
株式会社IHI
電動コンプレッサ
1か月前
日本電産株式会社
送液装置および冷却ユニット
1か月前
個人
回転自在の吹出シェルによる多方向同時送風装置
1か月前
株式会社神戸製鋼所
圧縮機ユニット
2日前
株式会社クボタ
外接型ギヤポンプ
18日前
株式会社川本製作所
給水装置
1か月前
株式会社川本製作所
給水装置
1か月前
日本電産株式会社
インペラ、送風装置、および、掃除機
1か月前
株式会社川本製作所
給水装置
2か月前
株式会社川本製作所
給水装置
1か月前
続きを見る