TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022062546
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-04-20
出願番号2020170637
出願日2020-10-08
発明の名称自動車のドア構造
出願人株式会社ヒロテック
代理人
主分類B60J 5/04 20060101AFI20220413BHJP(車両一般)
要約【課題】
ドアの水抜き孔を通して侵入する騒音を十分な遮音効果を持って低減し、かつ水抜き孔を通して侵入した気流がドア内の空間で対流を発生するのを抑制し、かつこれらの課題を出来るだけ安価なコストで実現できる手段を提供することを目的とする。
【解決手段】
水抜き孔をドアインナーパネル下部に設けた車両用ドアにおいて、水抜き孔の上方にドアインナーパネルおよびドアアウターパネル双方に接着するように合成ゴムまたは硬化型樹脂から成る接着剤を塗布することにより、騒音および気流を遮蔽する遮蔽部を形成した。
【選択図】 図3

特許請求の範囲【請求項1】
ドアインナーパネルとドアアウターパネルにより構成され、内部に侵入した水の水抜き孔が前記ドアインナーパネル下部に設けられた車両用ドア構造であって、
前記ドアインナーパネルの前記水抜き孔の上方に合成ゴムまたは硬化型樹脂から成る接着剤を塗布することにより遮蔽部が形成され、
前記ドアインナーパネルと前記ドアアウターパネルとが加工により一体に接合されたとき、前記遮蔽部が前記ドアアウターパネルにも密着するよう構成されたこと、
を特徴とする車両用ドア構造。
続きを表示(約 89 文字)【請求項2】
前記遮蔽部の塗布形状が前記水抜き孔の上部を覆うような形状、例えば円弧状または傘状であることを特徴とする、
請求項1に記載の車両用ドア構造。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は内部に侵入した水を排出する水抜き孔を有する自動車用ドアに関する発明で、水抜き孔を通じて侵入する騒音および侵入した空気の対流による断熱性能低下を低減するためのドア構造に関する発明である。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
自動車用ドアにおいては、ウインドウサッシとドアパネルの隙間等から雨水等の侵入が避けられず、溜まった水がドア下部を腐食させるのを避けるため、通常ドア底部に水抜き孔が設けられている。通常この水抜き孔は車両外部に通じる部位に設けられるため、この水抜き孔を通してロードノイズ等の騒音の侵入が避けられない。またこの水抜き孔から侵入した気流がドア内部の空間に対流を発生させるため、ドアの断熱性能を低下させる要因となっている。
【0003】
この騒音の侵入を防止するため例えば特開2008-265655においては、水抜き孔を形成したドアパネルの屈曲片の一部を開口部上部に残し、侵入した騒音をこの屈曲片によって遮るようにした。しかしこの方法によれば、遮音板として作用する屈曲片の幅が水抜き孔の幅に限定され、また材質、板厚も限定されているため十分な遮音効果が得られない可能性がある。
【0004】
また特開平11-91633では十分な遮音効果を得るため、ドア内に溜まった水のみ排出させるようなフラップを組み込んだグロメットをドアパネルに装着する発明が提案されている。かかる発明によれば十分な遮音効果が得られる可能性はあるものの、グロメットの部品コスト、部品装着工数などコストアップにつながってしまうという問題がある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2008-265655
特開平11-91633
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
このような背景により本発明においては、内部に侵入した水を排出する水抜き孔を有する自動車用ドアにおいて、水抜き孔を通して侵入する騒音を十分な遮音効果を持って低減し、かつ水抜き孔を通して侵入した気流がドア内の空間で対流を発生するのを抑制し、かつこれらの課題を出来るだけ安価なコストで実現できる手段を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
請求項1の発明は、ドアインナーパネルとドアアウターパネルにより構成され、内部に侵入した水の水抜き孔が前記ドアインナーパネル下部に設けられた車両用ドア構造であって、前記ドアインナーパネルの前記水抜き孔の上方に合成ゴムまたは硬化型樹脂から成る接着剤を塗布することにより遮蔽部が形成され、前記ドアインナーパネルと前記ドアアウターパネルとが加工により一体に接合されたとき、前記遮蔽部が前記ドアアウターパネルにも密着するよう構成されたこと、を特徴とする。
【0008】
この構成によればドア下部の水抜き孔上方の空間がドアインナーパネルとドアアウターパネルとの間に密着した遮蔽部で塞がれているため、水抜き孔より侵入した騒音がこの遮蔽部に遮られてドア内の空間に伝播していくことを効果的に抑制することができる。
また同様に水抜き孔より侵入した気流が遮蔽部に遮られるのでドア空間内での対流の発生抑制により断熱効果を向上させることができる。
【0009】
請求項2の発明は請求項1の特徴に加えて、前記遮蔽部の塗布形状が前記水抜き孔の上部を覆うような形状、例えば円弧状または傘状であることを特徴とする。
【0010】
この構成によれば遮蔽部が水抜き孔を覆うような形状、例えば円弧状または傘状に形成されているので更に効果的な遮音効果と対流の発生抑制による断熱効果を得ることができる。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
タイヤ交換具
1か月前
個人
サンシェード
1か月前
個人
自動雨除け装置
1か月前
個人
キャスター装置
23日前
株式会社豊田自動織機
牽引車両
13日前
株式会社アイテック
デッキボード
1か月前
トヨタ自動車株式会社
車両
今日
日本精機株式会社
車両用表示装置
21日前
個人
タイヤ駆動車両
1か月前
個人
これは良いベ!!ルトカバー
2日前
トヨタ自動車株式会社
車両
1日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
20日前
日本精機株式会社
運転者監視装置
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
6日前
ダイハツ工業株式会社
車両
9日前
井関農機株式会社
作業車両
6日前
ダイハツ工業株式会社
車両
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車両
2か月前
日本精機株式会社
移動体用表示装置
21日前
豊田合成株式会社
エアバッグ
16日前
ダイハツ工業株式会社
シート
23日前
株式会社ブリヂストン
タイヤ
28日前
朝日電装株式会社
シフト装置
22日前
コイト電工株式会社
座席装置
20日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
20日前
ダイハツ工業株式会社
制御装置
1か月前
トヨタ車体株式会社
車両
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
2日前
ダイハツ工業株式会社
制御装置
1か月前
ダイハツ工業株式会社
全方向車輪
1か月前
マツダ株式会社
車両
1か月前
個人
窓ガラスの雨滴拭い取り装置
1か月前
マツダ株式会社
自動変速機
29日前
株式会社ユーシン
リッド開閉装置
1か月前
続きを見る